ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご91 朝日山宮地嶽神社 葛子は守り抜いたのだろう



ひめちゃご91

朝日山宮地嶽神社 

葛子は守り抜いたのだろう
 




c0222861_2153316.jpg

私たちは姫古曽神社からさらに南西に向かった。
四キロほどの所に朝日山があり、頂上に宮地嶽神社が鎮座している。


鳥栖市の朝日山頂上には宮地嶽神社があるが、
すでに「ひめちゃご38」に訪問のようすを記録している。



ここはチェリーの測量で、総本社の福津市宮地嶽神社がこの真北にあり、
筑紫国造が調べた十連寺古墳上の宮地嶽神社が真南にあることが分かった。

古代筑紫と肥前の南北をつらぬく宮地嶽信仰ラインが存在したのだ。

宮地嶽神社は安曇族の一族である阿部氏だ。
これこそが磐井の姓でもあった。
阿倍磐井という。

その子が葛子。






c0222861_21611.jpg

さて、この朝日山には葛子の伝承があった。
磐井が火君と通婚して葛子が生まれたという。


地図を見ると、ここは物部の福童神社とみやき町の物部神社の中間点にある。
ここで物部たちと戦ったのか。

もともと磐井と物部麁鹿火(あらかひ)が戦う必要はなかった。
大伴金村の差し金で、両者が戦わざるを得なくなった。
結果、磐井は殺されたが、葛子はこの砦を守り抜いたのだろう。

物部麁鹿火は磐井の亡き後数年で没した。

このあと、筑紫はどうなったか。
再び磐井の一族に政権は戻った。

すなわち葛子へ。そして勝村・勝頼へ。

だから、葛子のもう一人の子の鞍橋(くらじ)は百済に派遣され、
百済王子を助けた。
そして、『日本書紀』は鞍橋の本名を抹消した。

だが、真実は蘇るのだ。




c0222861_2163012.jpg





<今回のコース>
1 媛社神社 小郡市
2 福童神社 小郡市
3 大中臣神社 小郡市
4 姫古曽神社 鳥栖市 姫方
5 朝日山宮地嶽神社 鳥栖市
6 千栗神社 三養基郡 
7 物部神社 三養基郡
8 若宮八幡神社 三養基郡 中原
9 北浦天神 三養基郡
10 雌塚 三養基郡 姫方










いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-06 21:08 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/27355996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g22 at 2017-09-07 01:02 x
お久しぶりです。 とうとう先祖が。。。です。戦争があるたびに悲しみが増えますね。ʅ(◞‿◟)ʃ
Commented by lunabura at 2017-09-07 22:15
この朝日山では、佐賀の乱の戦場にもなったそうですよ。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー