ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

地名の由来 宇陀野 有年野 有智野 内野 宇都野 宇佐野 加茂


【真鍋ノート】 

地名の由来 


宇陀野 有年野 有智野 内野 宇都野 宇佐野 加茂



今日は地名の由来について。
「ウチ・ウヅ・ウダ」系の地名が
山麓に展開する扇状地につけられ、
そこには鉱物を求めて加茂氏が移り住んだようすを
『儺の国の星 拾遺』からみていきたい。



P10
<山麓に展開する扇状地を、万葉の頃までは
宇陀野(うだの) 有年野(うねの) 有智野(うちの)
内野(うちの) 宇都野(うつの) などといった。

大和、近江、筑前、駿河などの諸国に今も郷名として生きている。
昔は宇佐野ともいったらしい。

万葉集巻一 間人(はしひと)連老作
  たまきはる 宇智(うち)の大野に 馬並めて
  朝踏ますらむ その草深野

伊都の北、葛城の南五條のあたりの風景である
中世からは津江(つや)の邑が開拓された。>

ウチ系統の地名は山から運ばれた土砂によって
形成された扇状地につけられるという。

津江に「つや」とルビが振ってあることから、
砂鉄関連の地名だということも見えてくる。

伊都の北は加布里山からの土砂崩れをさすのだろう。
葛城とは福岡の犬鳴連邦から宝満山の山系を指すと思われる。
すなわち、太宰府の五條の地のことか。


上記の万葉歌については「ウチ考」というタイトルで
すでに過去に考察した。

古田武彦氏の著書に啓発されて、現地調査したのだが、
氏の指摘する地名「内野」は江戸時代まで存在しなかったことが
証明されるという残念な結果となった。




今日のテーマはこれではない。



この扇状地に加茂氏が好んで集落を形成したという話だ。

<加茂の氏族はこの「うづみの」即ち山が崩壊して沢を
押し潰したところを選んで部落を形成した。

鉱脈が粉砕され、これが土地の下敷に沈殿しているからである。

橐師(たくし)を石上(いそのかみ)といい、
石を打ち金を鍛(う)つから、
その常用必携の団扇(うちわ)や扇子(せんす)を
その地形に見立てたものと考えられる。
(橐=ふいごう)

沼沢地であるから、水鳥がよくそばまで泳いできた。
特に鴨や加茂なる氏名に採られて今も京都に残っている>
<前述の万葉集の歌は、その狩場の描写であった>

うきは市、唐津市七山、京都市の
賀茂神社系を思うと、どれも清流のそばに鎮座する。

特に唐津市七山の地形は急斜面だ。
加茂氏が日本に入植してきて、
険しい山の麓という、あえて土砂災害の危険な地域に住むのは、
その下に沈殿する鉱物の存在を知ってのことだという。

「加茂」の地名も
山―川―扇状地
という地形で見ていくと、
全国に分布している理由がわかるのかもしれない。



                       <2017年10月17日>
                    <加茂氏><地名>




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-10-17 21:11 | <地名の由来> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/28031163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー