ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ウーナ2 アリシアⅡ



ウーナ2 

アリシアⅡ
 


アリシアは初めは威嚇するふりをして、菊如を欺いたが、
名を明かしたあとは、様子が変わった。
もともと、結願では何者が現れるのか、予測はつかない。
ただ、現れるのは話したいことがあるからなのだ。

菊如は忍耐強く尋ねた。
「伝えたいことは?」
「伝えること。この宇宙全体が幾度となく危険に阻まれ、それでもこの形を留めている。シバは人の心に入りこみ、脳を麻痺させ、操る。
そなたらの投げ掛け      脳は操れても、心は操れぬ。心にしっかりと向き合い、自分は何故ここにいるのか、何が出来、何が出来ないか。知恵や仲間に頼ればよい。

君が代は石板の右下にある。モーゼの思いにして綴られている。
一人ひとりは強くはない。それぞれの役割の者が集まり、砕けても、また集まり一つになり、その心があれば、どんなに砕かれようが、シバに手を貸すアデルにとって、脅威となって働き始める。

頭脳は電気信号で操られようが、心は各々大事にしてきたものがある。電気信号ではどうにもならない。

今一度、そなたたち、この時、この場、この時代、この人たちと巡り合い、なぜ     さすれば、おのずと知れてくる。
皆の心ひとつでできることがあるはず」



<2017年11月8日>

※今日はとりあえず、ここまで。
あまり聞こえなかった部分はそのまま。
分かった部分はのちに訂正する。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-08 23:45 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/28217199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー