ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ウーナ 終了



ウーナ

終了
 


いったい何が起こっているのか、知るために結願を記録したが、前回までで、おおよその事が分かった。

問題は石板に書かれた十戒の第一条だ。ウィキペディアを見ると、宗派による訳が二つ書かれている。

1.主が唯一の神であること。
       あるいは
1.わたしのほかに神があってはならない。
       という文言だ。

この「唯一絶対神への崇拝」を強制する第一条は私の考えとは対極にある。

これまでの歴史を振り返ると、唯一絶対神への崇拝は人類を分離に導き、争乱の元となってきた。

私は、外なる神への崇拝の呪縛から人類を解放し、内なる神への目覚めを願う者だ。

あらゆるものに神は宿る。
それは人間一人ひとりも同様だ。

そう思っている。

よって、考えの違う石板を巡る記録は終了することにした。



<2017年11月30日>




異世界小説 終




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-30 19:53 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://lunabura.exblog.jp/tb/28419255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 崋山 at 2017-11-30 21:55 x
神仏が何を学ばせ何を知らせ何を行動させたいのか・・・は分かりません。
が、私も『信じるところに神が宿る』と思ってる一人です。 間違ってるのかもしれません。でも、私の心は一人の人間としてどう生きていくかが一番大切だと思っています。
Commented by lunabura at 2017-11-30 22:06
崋山さん、早速コメントありがとうございます。
これは結願を否定するものではありません。
ただ、このブログのテーマとは路線が違うので、記録をやめるだけです。
この先もきっちりと見届けようと思っています。
よろしくお願いしますね。
Commented by 崋山 at 2017-11-30 22:29 x
全然そんなこと思っていませんよ(^^)
私の考えや思いが反映できる事柄ではないので『あちゃ~(*_*)』って思うこともしばしば・・・
ただ、私が感じてたり得たものを確実なものにするためにとてもるなさんのblogは大切なもので。
これからもよろしくお願いします。
Commented by lunabura at 2017-11-30 22:58
良かったです。
この話が進んでしまったあとになって、私の考えを述べるより、今述べる方が良いと思いました。
協力は惜しみません^^
Commented by g22 at 2017-12-08 03:35 x
生意気かもしれません。気分悪くなる人すいません。
宗教なんていらない時代に突入したと自分は考えますね。
元々 そういう人が作った偶像なんて信じないし。
宗教家ずらして、人を動かす母の背中見て育って、裏側
知ってるからかもです。
世界の歴史を見るとおおよそ政治がらみか宗教がらみが多い。
怨みつらみがまたさらにそれを呼ぶ。けど平和を守るため
また戦うし、必死で働いて金稼ぎ。がんじがらめデス。

いまは世界中と一応ヴァーチャルでは繋がるし
人口知能もまぁまぁ使えるようになって。。。って意味わかりませんねw

神社⛩いっても、パワースポット行っても そこに残る残留した思い?
とか風とか空気感とか、地場とか感じ取るだけで、なんか引っかかる
なら、好き好きで探求してるだけですが、無理してまでやらないのが
いいかなって最近思ってます。
けど宗像三女だけはw どうしても気になる。。。。
Commented by lunabura at 2017-12-08 19:56
宗教との出会いや発揚は人それぞれですし、一人の人生の中でも変化してきます。
それに対して判断を手放すことは豊かな歩みの一歩を促すと思っていますよ。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31