ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

2014年 12月 27日 ( 1 )

安曇族と天皇の食事・膳部(かしわでべ)


安曇族と天皇の食事

膳部(かしわでべ)
 
安曇族が天皇の食事に係わっていたという話は、
例の寝言「オイ、タカハシ~」という件があって、
覚えている方もあるかもしれません (^_^;)

安曇族と高橋族
http://lunabura.exblog.jp/20395727/


寝言を言ったのは、わたし。

私はその夢を全く覚えていないのですが、その翌日、トシさんから電話があって、
思いがけない展開が。
阿曇氏と高橋氏が半年交代で天皇の食事の調理を担当していたということを
知ったのです。

ホント驚きましたね、あのタイミングは。

その役職名が膳部(かしわでべ)です。
今回、「膳部」をもう一度ネットで調べると、詳しい話が載っていました。


日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
膳部かしわでべ
古代において朝廷の食膳(しょくぜん)を調えることを職とした専門集団の称。膳夫(かしわで)とも。

膳部の統領(伴造(とものみやつこ))を膳臣(かしわでのおみ)といい、孝元(こうげん)天皇の皇子大彦命(おおひこのみこと)(阿倍臣(あべのおみ)の祖)の孫磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)が景行(けいこう)天皇に堅魚(かつお)と蛤(はまぐり)を調進して嘉賞され、膳部の統領に任命されたのが起源であると伝える。

膳部は中央にあって天皇・百官の食事の調製にあたり、また各地に分散居住して食料品の貢納を担当した。

 律令制(りつりょうせい)下では宮内省(くないしょう)大膳職(だいぜんしき)に膳部160人、同省内膳司(ないぜんし)に膳部40人が所属し、それぞれ百官・天皇の食膳の製造に従った。

このうち、内膳司の長官(正(しょう))には膳臣(のち高橋朝臣(あそん))を任命することが多く、その場合とくに内膳奉膳(ないぜんのぶぜん)と称せしめ、一般官人を任じた内膳正(しょう)(かみ)と区別した。[黛 弘道]

上記の
「内膳司の長官には膳臣(のち高橋朝臣)を任命することが多く」なった背景には
高橋氏の讒言があっての阿倍氏の失脚があるようです。

ところが先日、その話が出た時、思いがけず、Yさんが、
高橋氏と安曇族は同族だったと教えてくれました。
へえ。そうなんだ。

高橋氏も阿倍氏も同じ安曇族として、半年おきに奉仕していたのが、
官僚社会になって、地位や利権争奪の渦巻く中、
一方が独り占めしようとしたのでしょう。

ところで、上の文の中に「大彦命」が出てきましたね。
阿倍臣の祖とあります。

この名前は黒殿神社(糟屋郡久山町)に出てきましたよ!
ちょいと寄り道しましょう。

黒男神社由縁の概略
第八代孝元天皇―太彦命―武渟川別命―阿部家祖先
           L 第九代開化天皇―第十代崇神天皇
           L 彦太忍信命―屋主忍男武雄心命―武内宿禰

当社では阿倍家のルーツは「太彦命」と書かれています。
「大彦」も「太彦」も同一人物でしょう。

阿倍家の祖先に太彦命の名が出て来た理由は次のように書かれています。

神功皇后に随っておられた太彦命の御子武渟川別命もカタ山に陣を張り、しばし足を止められている内に一子を挙げられ、その子孫が年月と共に繁栄し、数十戸に及んでいる。これが阿部家の先祖である。

武渟川別命は地元の娘との間に子供が出来ているのです。
(他でも現地の女性との間にも子が出来ています)

黒殿神社は神功皇后のための斎宮を守る陣営の跡地に出来た宮で、
香椎宮との連絡も容易な場所です。

香椎宮や斎宮の地理を知って、宮地として提供できたのは
地元の安曇族だろうとどこかで書きましたが、
ここまで伝承同士が合致するなら、
武渟川命が子を生ませた女性とは安曇の娘と見て問題ないでしょう。

その子の名が「磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)」かどうかは
分からないんですけどね。

しかし、上記の「磐鹿六雁命が景行天皇に堅魚(かつお)と蛤(はまぐり)を調進して
嘉賞され、膳部の統領に任命されたのが起源」という事は、
安曇族と天皇家に篤い信頼関係が在ったことを示しています。

時代的にはどうなんでしょうか。
十二代景行天皇の皇太子・日本武尊は武内宿禰と共に佐賀で戦っています。
十四代目が甥っ子の仲哀天皇ですから、系図を見ても、時代的には矛盾がありません。

回り道しましたが、今日のポイントは
阿倍氏である磐鹿六雁命が景行天皇にカツオとハマグリを調理して出して、
膳部の統領に任命されたという話です。

カツオとハマグリなら、春の食材かな ♪

これでようやく『儺の国の星拾遺』に取り掛かれます (^_^;)


c0222861_2161219.jpg

志賀島 二見岩と立花山と鵜


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-12-27 21:11 | 志賀海神社・しかうみ・福岡市 | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー