ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

2017年 03月 10日 ( 1 )

相島の鼻栗瀬


相島の鼻栗瀬




鼻栗瀬とは新宮町の相島の横にある小島で、大きな穴が開いています。

ブログ訪問者の方が、この穴に注目して、
春分の日にどこから朝日が差し込むのかを確認したいと話されたので、
現地入りする前の下調べ用に在庫から画像を少々取り出しました。








c0222861_19531546.jpg

これは漁港から撮ったものです。水平線の中央の岬の横の小島が鼻栗瀬です。







c0222861_19533218.jpg

フェリーから撮った鼻栗瀬です。穴が少し見えています。
左の岩は蒙古塚の巨石です。











c0222861_19535290.jpg

これは蒙古塚の遊歩道。奥に先ほどの巨石が見えています。
角度的にはこの巨石上から鼻栗瀬の穴が正面に見えそうですね。










c0222861_19542732.jpg

これは積石塚古墳群から撮ったもの。矢印が宮地岳です。
穴は向こうに向いています。










c0222861_1955433.jpg

宮地浜から撮ったもの。こんなんしか、なかった。
確か穴が見えた記憶があります。



宮地嶽神社の「光の道」が正しい東西でなく、やや角度がずれているので、
天文祭祀線ではないだろうと結論づけているのですが、
この鼻栗瀬の穴に春分・秋分の光が差し込むとしたら、
ついに天文祭祀線の発見となります。

海上からの観測となるのでしょうか。
天文観測所なら、陸地にあるはずですね。

るな探偵は蒙古塚の巨石が一番の候補と考えましたよ。
当たるかはずれるかはお楽しみ。

結果報告をお待ちしています。
天気次第ですが。










c0222861_19563037.jpg

さて、相島にある剣神社はこんな感じです。
視界は効きませんね。
ご参考までに。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-10 20:00 | 相島 | Trackback | Comments(2)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー