ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

2017年 08月 31日 ( 1 )

ひめちゃご89 大中臣神社 藤原広嗣が創建した



ひめちゃご89

大中臣神社

藤原広嗣が創建した
 



前回の福童神社から600mほど南下した平地に大中臣神社がある。
将軍藤で有名だが、今は初冬。








c0222861_20101138.jpg


神社のランドマークともいえる銀杏が遠くからでも見えている。






c0222861_2010339.jpg

楼門は小郡市の文化財指定となっている。

案内板によると、
<平安時代の斉衡3年(856)作成の筑後国神明帳(高良下宮社神明帳)
に『西福童大中臣神』の神名が記載されており、
今から1100年以上昔、既に神社が存在したことを証するもので>
とある。







c0222861_2011169.jpg

楼門を潜るとさらに奥に社殿が鎮座していた。








c0222861_20111564.jpg


祭神は大中臣大明神、春日大明神、住吉大明神とあるが、
『福岡県神社誌』には「天児屋根命」とのみ記載されている。

地元の「小郡市の歴史を守る会」HPに、次のように記載されていた。

<【大中臣神社】
 大中臣神社は天平12年(740年)に藤原広嗣により創建され、
嘉禄2年(1226年)現地へ遷宮されました。

天保6年(1835年)、現在の社殿が再建されたと言われています。

祭神は天児屋根命(主祭神)、武甕槌命(脇祭神)、経津主命(ふつぬしのみこと)、
三筒男命(脇祭神)。>

この宮は藤原広嗣の創建だそうだ。




広嗣について、ウィキペディアによると、
<天平9年(737年)朝廷の政治を担っていた藤原四兄弟が
天然痘の流行によって相次いで死去した。

代って政治を担ったのが橘諸兄であり、
また唐から帰国した吉備真備と玄昉が重用されるようになり、
藤原氏の勢力は大きく後退した。



天平10年(738年)藤原宇合の長男・広嗣(藤原式家)は
大養徳(大和)守から大宰少弐に任じられ、大宰府に赴任した。

広嗣はこれを左遷と感じ、強い不満を抱いた。

天平12年(740年)8月29日、広嗣は政治を批判し、
吉備真備と玄昉の処分を求める上表を送った。
9月3日、広嗣が挙兵したとの飛駅が都にもたらされる。>

とある。


740年の上表文が挙兵と誤解されたのか?

大宰府で挙兵するとなると、何らかの勝算もあったはず。
ウィキペディアの説明では見えない構造的な問題があったのだろう。


この740年に大中臣神社を広嗣が創建したということは、
当社に並々ならぬ祈願があったということだろう。

この宮は1226年に現在地に遷宮したとあるので、
当初はどこで創建されたのかは分からない。


広嗣の古戦場は板櫃川(いたびつ)川だという。


到津(いとうづ)八幡神社(下巻91)はそのそばに鎮座する。

こちらは大将軍大野東人が戦勝祈願していた所だ。







c0222861_20163529.jpg


さて、次の宮に行こう。






大中臣神社








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-08-31 20:17 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー