ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

2017年 11月 04日 ( 1 )

第16回歴史カフェ 真鍋大覚の世界「ありなれ川」のご案内




第16回歴史カフェ

真鍋大覚の世界「ありなれ川」
のご案内



今回は真鍋大覚の世界を紐解きます。

久留米市大善寺の広川を現代でも「ありなれ川」と言います。
この言葉は「高良玉垂宮神秘書」にも出てきます。
そして、「日本書紀」にも登場するのです。

真鍋によると、
「ありなれ川」とは空にあっては「天の川」であり、
古代福岡においては筑紫を左右に分ける川の名を指した
といいます。

赤司八幡神社の縁起には「九州二島惣鎮守」とあり、
九州が「二島」だったことを思わせる記述があります。

この「二島」を、「ありなれ川」によって左右に分かれた九州島
の描写と考えると、よく理解することができます。

福岡の古代史や魏志倭人伝を紐解くにあたって
必要不可欠の「ありなれ川」の理解。

そこには正史に伝わらぬ歴史がありました。

針摺瀬戸を埋めた土砂災害と大水害が起こり、
防災と灌漑用水のために水城が造られたといいます。

それを築造したのは磐井と稲目。
それから百年後の水城の崩壊、
疎水式に切り替える工事をした天智天皇。
など、大宰府の天官だった家系だからこそ伝わる歴史です。

また、ずらりと並ぶ「三」がつく地名の意味、
古代氏族たちの分布、
など、真鍋大覚の口伝を紐解き、整理していきます。

タイトルは

真鍋大覚の世界 「ありなれ川」
―針摺瀬戸、水城、大宰府、筑後川、古代氏族ー

です

会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。

ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。


日時 2017年11月26日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名とヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ1126希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-04 15:25 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー