「ほっ」と。キャンペーン

ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:幣立神宮・へいたて・ホピ予言( 4 )

幣立神宮の不思議スポット



「高千穂神社に行く途中、幣立神宮の大きな看板があったんで、行って来たんです!」

夢で神社の光景を見せられるようになったくみりんが
ようやく現場を確認に出掛ける途中に偶然、幣立神宮に寄ったと嬉しそうに話してくれた。
そう、高速道路で松橋(まつばせ)で下りると、そんな看板があったなあ。

「そこで、境内で変な事があったんです。何もしないのに、変な格好で尻餅ついたんです。」
「え?尻餅?それって、石段を上がって右の所じゃない?御神木の近く。」
「そう。そこ。」

詳しく話を聞くと、御神木に掲げてあった説明板を見ていたら、
ハチが飛んで来たので、頭を動かしてよけたら、
そのまま、上と下が分からなくなって、グラングランとなって、尻餅をついていたそうだ。

子供が慌てて駆け寄って起こそうとしたが、
自分ではどうしてこんな風に尻餅をついているのか分からなくて、
すぐには立てなかったという。

これを聞いて、ずっと前に見かけた同様の光景を思い出した。

それより十年ほど前、その御神木の前で太極拳らしき動作を始めた男性を見た。
彼は回転をしようとして、ふわっと1、2メートル飛ばされて、ひっくり返りそうになった。

何か目に見えないエネルギーがいたずらしたような感じだった。
そこは何か不思議なエネルギーが発せられている所なのだろうか。
自分もくるっと廻ったら何か体験するだろうか。
しかし、こけたら嫌だな…と思うのだった。

その御神木で思い出すのは、ジュディス・カーペンターの話だ。
「ショーワ、ショーワと聞こえる」
と宮司さんに言ったという。
ショーワとは「昭和」のことで、その御神木は昭和天皇とゆかりのある木だったそうだ。

以前書いたように、
ジュディス・カーペンターはオーストラリアの霊能者だけど、
オーストラリアの浜辺で石を二つ拾った時、これをどこかに届けなければならないと捜し求めて、
一つはアリゾナのホピ族の所に、そしてもう一つは熊本の幣立神社に奉納した。

この話はジュディス本人が本に書いているだろう。
彼女は過去世で幣立神社の巫女をしていたそうだ。
私がいる時も、「あなたは前世で○○をしていました。」
と、近くの人に教えているのを何度か目にした。

幣立神宮では随分いろんな出会いがあったなあ。

幣立神宮で祈るのは個人の事でなく、世界の平和だと聞いています。






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-01-07 22:51 | 幣立神宮・へいたて・ホピ予言 | Trackback | Comments(4)

幣立神宮(1)ホピのメッセージ(1)


幣立神宮(1)
熊本県上益城郡山都町
ホピから日本人へのメッセージ(1)
6000年ぶりの幣立神宮の五色神祭に寄せて


1995年は幣立神宮の大祭の年でした。
その年には五色神面の開帳があり、木製の仮面を拝見する事が出来ました。
大きさや手法がそれぞれ違っていて、同一製作者によるものではありませんでした。
どの仮面も現代の日本人の顔を連想させるようなものはありませんでした。

五色人とは黄人、白人、赤人、青人、黒人の五種の人類を象徴するもので、
この年は世界の各地から五色人がこの宮に集う約束の年でした。

白人の代表となったジュディス・カーペンター女史は、オーストラリアで手に入れた二つの石の奉納先を探し求めて、この熊本の幣立神宮に辿り着き、石を奉納しました。もう一つの石はホピ族に奉納しました。

赤人で導かれて来たのはラルフークレイグ・カーペンター氏でした。
彼はアメリカでホピの長老と出会い、ホピのメッセンジャーとしての使命を教えられて、日本にやって来ました。その時の使命は、仲間である熊族と太陽族を日本で見つけることと、ビッグフットの足跡を見つけた人を探す事でした。そして幣立神宮に辿り着いたのでした。

たまたま私はこの二人がそれぞれに幣立神宮へと導かれる状況を傍から見ることが出来ました。

8月23日。約束の祭りの日に二人のカーペンター氏が白人と赤人の代表として集いました。黄人の代表は幣立神宮の氏子さんでした。あとの青人と黒人はやって来ませんでした。

拝殿から三人はそれぞれ参集者にメッセージを伝えました。

そして、数ヵ月後、ホピからのメッセージが幣立神宮に届けられたと聞いて、
再び訪れました。大晦日か、その前日でした。
それは日本人への特別なメッセージでした。
もう16年も前のメッセージですが、
これからの日本人の未来の創り方へのヒントが書かれています。

今回から、それを全文紹介したいと思います。

6000年ぶりの幣立神宮の五色神祭に寄せて
     ラルフークレイグ・カーペンター

 参拝された皆様には、特別なインスピレーションに従って参拝の労をいただき感謝申し上げます。皆さまの守護霊にも感謝申し上げたいと思います。

 こうして皆様の歴史上特別な本日の祭典に参列されたことが、お一人、お一人にとって重要であり、必然の出来事があったろうと思われます。

 母は私にラルフークレイグ・カーペンターと名付けましたが、年月を経て別の名が新たに与えられました。ラルフとは一匹で動き回る狼にちなんだ名で、クレイグとはごつごつした岩または人を寄せ付けない崖にちなんだ名前です。

カーペンターは木を使って道具や品物を作る大工さんを意味しています。特に家族や家畜を守るための家を作る人のことを指します。

 私の属するクラン(族)は熊ですが、父は水蛇または竜に属しています。沢山の鳥や動物や爬虫類、水辺の生物や虫たちが私をかわいそうに思ってくれて、メッセンジャーとしての私の仕事を支援してくれました。

 私の仕事はコロラド川近く、グランドキャニオン西側に住んでいる平和な人々ホピ族のメッセージを世界に伝達することです。

 5500年の人間の歴史のなかで、今のこの時は最も危機的な時代です。戦争勃発の恐怖、飢餓や病気、家庭崩壊などさまざまな不安があります。

ホピ族が生存しているという事実そのものが、平和というものが実現可能なものであり、本当に機能する真の民主主義が存在できるのだという事を、おのずと明らかに証明しています。

 私は混血のモホーク族で、モホークの言葉ではモホークのことをカナンヘヤーガといいます。北アメリカ(Amel-Rika=神々の国)のことをインディアンは「亀の島」と呼びます。私の出身地は五大湖の東の端にあります。

ホピは人間の歴史のなかで一度も戦争をしたことのない唯一の民族です。ホピの歴史は最後の洪水の時期やそのさらに先までも遡ります。

第二次大戦中、投獄されていたアメリカ人の良心的兵役拒否者は300人でしたが、その内、40人はホピ・インディアンでした。当時アメリカ市民の人口は5000万人でホピ族は7000人しかいなかったことを考えれば、ホピの人たちが精神的・倫理的に高い基準を持っていたことがわかると思います。

当時、日本の人口はアメリカの半分でしたが、日本では良心的兵役拒否者は30,000人でした。       
 (つづく)

※ホピ族の「ホピ」は「平和な人」という意味で、一切の戦いをせず、毎日四方に向かって平和の祈りをしています。戦わないという教えを守るために、兵役も拒否したために投獄されました。


幣立神宮 「あしこし九州」へ
http://www.ajkj.jp/ajkj/kumamoto/soyo/kanko/heitatejingu/heitatejingu.html




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-05-16 12:40 | 幣立神宮・へいたて・ホピ予言 | Trackback | Comments(0)

幣立神宮(2)ホピから日本人へのメッセージ(2)


幣立神宮(2)

ホピから日本人へのメッセージ(2)
6000年ぶりの幣立神宮の五色神祭に寄せて


ホピ族が平和的で精神的な人たちであるという例をもう一つ挙げさせて下さい。投獄された良心的兵役拒否者として記録に残っているのが、ホピ族のトーマス・バニヤッカです。

トーマス・バニヤッカは過去50年間ホピ族の伝統派およびスピリチュアル・リーダーたちの通訳をつとめてきました。大変信仰心が篤く、メッセンジャーとしても活動的でした。現在および過去のホピ族の歴史について、またホピの道を私に教えてくれました。

この「花の国」または「日の昇る国」と呼ばれる日本が、この世界の始まりから今日に至るまで、役割を全うしてきたことに対して、見えない精霊たちに感謝を捧げたく思います。

この日本と言う国の大地と生命は、不安や利己的な欲望、殺人などの否定的なエネルギーに屈せず、このように完全に守られ導かれてきました。

見えない精霊たちのたゆみない誠実なる守護なくして、今日のこの素晴らしい日本を迎えることは出来ないことでした。

この美しくて素晴らしい日本と言う国に私を招き入れてくれたことに対して、見えない精霊たちに感謝したいと思います。

カラス、はと、きつつき、猿、かまきり、蛇、とんぼ、くも、スズメバチ、蝶などの生き物が協力してくれました。またインスピレーションの強い人たちが上手に私を導いてくれました。

こうしてこの地において熊族であり、私の親戚である熊襲の人たちに会えたこと、また、蛇族、クモ族、亀族、火族、太陽族、猿族など、今だに最初の教えを忠実に全うしている人たちに会えたことに対して感謝したいと思います。

インスピレーションを受けた人たちが、この最も神聖なる場所へ私を導いてくれたことに対しても見えない精霊たちに感謝したく思います。この大地と生命の精霊たちに感謝の供御を捧げたいと思います。

ホピの長老と出会って、ホピ族のメッセンジャーとして、日本にやってきたラルフ氏は、
『ホピの予言―大いなる浄化の日』という映画を製作した宮田雪監督と共に、
日本を移動し、福岡に来て、熊本の幣立神宮へと導かれて行きました。

その時は熊本は熊襲祭りで盛り上がっている年でした。
「熊族や太陽族に出会ったかどうかは、帰ってから分かるものです。」
とラルフ氏は言っていましたが、熊族と言えば誰でも熊襲を連想します。
まさしくその通りだったんですね。

ラルフ氏は「日本の見えない精霊たち」に感謝をしてくれています。
この精霊たちこそ八百万の神々の事で、神社や大自然の中に営んで、
私たち日本人の精神構造の形成に大きく関与してくれました。
それに気づくことは、ホピの文化もまた精妙な意識世界の上に成り立っている証しです。

思いがけないことですが、この熊本の地の熊の神は私の崇拝する神であり、この地の太陽の女神は私の崇拝する神であることが分かってきました。

最も崇高で最もパワフルな太陽の女神について言及するとき、わたしたちは恐れ畏み隠喩的な表現を用いますが、この大変古い社では、その女神の名が明らかに示され、公に祈り奉られていることに目を見張る思いです。

※幣立神宮の祭神の一柱に「天照大御神」がありますが、それを「太陽の女神」と言っています。
ホピ族は「あのお方」と言う風に隠喩で呼んでいます。
私たちは祖先による最初の聖なる教えに戻って間違いを正さなければいけません。最初の祖先の与えた質素で謙虚で、地に足のついた平和な生活方法に戻らなければなりません。

地面の中から貴重な鉱物資源を取り出す事を止めなければなりません。そうしなければ生命を支えてくれている水、土を汚してしまうのだという警告をすでに与えられていました。また太陽の光と熱も汚してしまうとも警告されてきました。 

※「貴重な鉱物資源」とは「ウラン鉱石」です。
ホピ族は現在、インディアン居留地に住んでいますが、本来住んでいた土地があり、
強制移動させられました。かつて住んでいた土地の地下にはウラン鉱石がありました。

そこは不毛で痩せた土地ですが、ホピ族を導く精霊マーサウによって、
そこを守るように言われて住んでいました。
「ここは地球の背骨である。人間が安全な使い方が分かるまで、決して掘ってはならない。」
という教えと共に。

白人が現れてそれを掘り出し、ひょうたんに詰めて、広島・長崎に投下しました。
ホピたちは自分たちの守って来た土地から奪われたものが爆弾となって
大地を焼き尽くした事に心を痛め、予言の警告する時が来たことを知り、立ち上がりました。

掘りだされた鉱屑は山となって放置され、現地は放射能汚染にさらされています。
彼らもまた放射能汚染の被害者なのです。
     (つづく)




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-05-15 00:59 | 幣立神宮・へいたて・ホピ予言 | Trackback | Comments(0)

幣立神宮(3)予言が示す日本の理想の未来社会とは


幣立神宮(3)

ホピから日本人へのメッセージ(3)
予言が示す日本の理想の未来社会とは


最終的な結果として、すべての火の内で「一番強くパワフルな太陽の火」という見えない神性が働き、私たちを正そうとして浄化をもたらします。大地と生命の破壊行為を阻止するために私たちを滅ぼします。

それは「上空から層をなして降りてくるたくさんの稲妻で、その下に生きているものをすべて灰にしてしまう」のです。

そのあとに太平洋と大西洋は「かつてそうであったように再び一つとなって」大地を完全にきれいに洗い流します。そして天地が全く逆さまとなり、今上にあるものは下に沈み、今下にあるものは上に上がります。

この地に人間が住んでいたことを示すものはあとかたもなくなります。天地のひっくり返りが始まると、2・3回はゆさぶりが続きます。これらは昔にもあったことです。もしそれが起こってしまうと、この大地に人間がもう一度暮らすことが許されるかどうかは大変疑わしくなります。

私たちが幾度も繰り返し、やり損なってきたために、その権利を剥奪されてしまうでしょう。そしてその後には村単位の生活を営むアリたちがこの地球を受け継ぐでしょう。

遅すぎることのないように、地球の生命を破壊し続けている貴重な鉱物資源を掘りだすことを止めましょう。再び間違いを犯さないようにしましょう。トーマス・バニヤッカの言うように、地球の生命を破壊し続けている貴重な鉱物資源を掘り出すことを止めましょう。

工場や街、拝金主義的な考えを捨てて、食べ物、着る物、家屋、道具を自給自足できる村単位の生活に戻りましょう。隣人たちと相互扶助の行える生活をしましょう。村全体が一つの家族であるような生き方をしましょう。

平和と統合という大きな波のうねりを、この幣立神宮から押し出していきましょう。そして、地球全体がかつて始まりの時、そうであったように、真の平和、真の兄弟愛、地上天国での「永遠の命」の中で生きていけるようにしましょう。

(1)増加し続ける狂気および戦争
(2)不治の病の増加
(3)家庭崩壊の増加
(4)風、水、火、土の4元素による災害の増加
などで私たち自身を滅ぼさないようにしましょう。堕落しすぎないようにしましょう。
さもないと、阿蘇山の力が働いて火と水の力で大地や山が水浸しとなり、その高さが1600mにまで達してしまうでしょう。これは過去にもあったことなのです。

この地に奉斎されている崇高な太陽の女神に浄化を起こさせないようにしましょう。太陽の女神は「目には見えないが一番パワフルで決してきえることのない火」なのですから。

そうしたみっともない終わり方を迎える替わりに、1995年8月23日の11:30、こうしてここにいる私たちの「6000年ぶりの五色神(人)様の集まり」から「立ち止まってよく考え、自分を正し、変えて」行きましょう。過去の誤りを正して行きましょう。
「前に進み、幸福でいましょう。子供たちを養って行きましょう。」

以上です。
この阿蘇山はかつて富士山よりはるかに高くそびえていましたが、
大噴火のために山容を失いました。
その時大地震が起こり、1600m高さの津波となって、
ロッキー山脈を越えて東海岸まで達したという伝承をホピ族は持っていたので、
こうして、メッセンジャーを日本に送りました。

ホピの予言の中では、人類は今、分かれ道に立っていて、
一つは月にまで達する発展的生き方による破滅への道。
もう一つは大地を耕す循環的生き方をする平和への道
のどちらかを選択する時だと言っています。

私たちが今、消費によって成り立つ社会を見直し、それぞれが大地の暮らしに戻る時、
この悪い方の予言は成就しないのです。
ホピたちは日本人が大きな役割を担っていると伝えています。

私たちが目指す未来社会のヒントは
「工場や街、拝金主義的な考えを捨てて、食べ物、着る物、家屋、道具を
自給自足できる村単位の生活」
「隣人たちと相互扶助の行える生活」
「村全体が一つの家族であるような生き方」
です。

ダッシュ村のあり方はそのモデルだったなあと思っています。
一日も早く原発問題が終息しますように祈ります。
美しい日本を子供たちに残したいです。

c0222861_0122147.jpg

ララミー砦の協定
シャイアン族とスー族の長老たち 1868年


ホピ族は日本と同様に雛型思想を持っています。
(ホピで起こる事は、世界でも起こるという思想)

次のリンクは、阪神淡路大震災の後に出された日本人へ向けたメッセージなどが
書かれています。興味のある方はどうぞ。

ホピ族の長老マーティン・ガスウィスーマから日本人への伝言
「神戸地震について、日本の人たちへ伝えたいこと」 ほか
http://www.aritearu.com/Influence/Native/Nativeword/Word28.htm#1




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-05-14 00:15 | 幣立神宮・へいたて・ホピ予言 | Trackback | Comments(2)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー