「ほっ」と。キャンペーン

ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:風早神社・かざはや・那珂川町( 1 )

風早神社・製鉄の民の隠れ宮?


風早神社
かざはやじんじゃ
福岡県那珂川町安徳
製鉄の民の隠れ宮?

那珂川町の地図を広げて見ていると、奈東南雄さんが、
風早神社を見つけて「こりゃあ物部氏の神社だ」と言い出しました。

それなら行かなくてはと言う事で、伏見神社の後で訪れました。
地図上では簡単に見つけたけど、そこへ至る道は普通の道ではありませんでした。
そこで頼りになるのは、くるま座さん。
那珂川のフィールド・ワークをかなり重ねたらしく、
地元の人しか分からない道を縫って、私道のような道を通って到着しました。

c0222861_14512457.jpg

人家の間から突然開けた農地の向こうに、なんとゆかしい佇まいの鳥居。
歓声を上げて走り出しました。

c0222861_152544.jpg

杉林の中を縫っていく急斜面の石段。
この斜度の険しさは、これまでも何社かあった。
まさしく製鉄所がある急斜面。
風早という神社の名前からして、風の神様が祀られているはず。
きっとここは製鉄の現場。

c0222861_14514843.jpg

丘の頂上は直径30mほどの円形の平地で、その正面に小さな祠があるだけでした。
祠を守るために新たに覆い屋が重ねられていました。

c0222861_1452210.jpg

覆い屋の中の神殿の側面。

境内には何もありません。何と簡素な。これこそ、祈りの原点。
この地形こそ大切な場所なのです。

杜の中の境内はとても心落ち着く所で、参拝を済ませると、
みんな座り込んでしまいました。
小さな丘の頂上の森に囲まれた境内。なんと心地よい。
木々の隙間からは川が見えます。先ほどの那珂川が流れています。

c0222861_14522018.jpg

登って来た石段を上から見下ろしました。
新しく塗り替えられていた赤い手摺から、
今なお地元の人々に大切にされているのが分かります。
くるま座さんがコンパスを取り出して確認すると、何と神殿は北向きでした。

地図を広げて、地形を確認。

c0222861_14523466.jpg

左下に風早神社の杜がこんもりとしています。
伏見神社の前を流れていた那珂川が、この丘にぶつかったために
急カーブを描いて蛇行していました。
「え?隣は安徳台?」
最初の裂田神社とは、安徳台を挟んでほぼ反対側に来ていたのです。
「なんだ。今日は安徳台の周囲をぐるぐる廻っているんだ。」

奈東さんが、地形を説明してくれました。
「製鉄には北西の風が必要で、この谷川から正にその風が吹き付けて来る。」
「そうすると、この風早の製鉄所と安徳台とはどちらが先?」
「製鉄所が先だね。それを守るために安徳台がある。」
鉄製品を作るには製鉄と冶金の作業があって、冶金の方が危険な作業だったとか。

地元の眞鍋氏の本によると、人々は夏は米を作り、冬の北西の風が吹き出すと、
製鉄をして農具を作っていた時代があったとか。
いったん火を入れると、三日三晩燃やし続けなければなりませんでした。
火を燃やすために風が必要だし、二酸化炭素が溜まらぬためにも風が必要でした。
この地形は海からの風が川を通って風速を増すような、まさに理想的な場所でした。

祭神は風の神と想像されますが、今の段階では分かりません。
(追記 現人神社の摂社 風早神社・伏見神社(級長津彦命・息長足姫命) 
                          福岡神社誌より)
この神社は隠れ宮のような風情です。
そっとして置くのがふさわしい静けさが漂っていました。

安徳台そのものからも、紀元前2世紀の製鉄所跡が発掘されているので、
この町はかなり早くから開発された重量拠点に間違いありません。
渡来人たちはこの地形を発見して歓喜したことでしょう。
海に近く、風を利用出来、天然の要害の地。安徳台。
水田を潤すために裂田溝を作って水の供給を安定させた。

この安徳台を中心としてクニづくりをした、製鉄と土木建築に優れた民たち。
いくつかの渡来人の集団の技術を集めた複合都市のように見受けられます。
そしてここは那の国です。

安徳台は未開発で、畑があるだけなので、考古学的な発掘が期待されます。
2200年前の住居跡からは勾玉や青銅器の鋳型、鉄器や鉄片ほかが出土。
飛鳥時代の柱の建物あとなども見つかっています。
しかも物部氏の末裔である眞鍋氏は地元の伝承を書き残している。
日本書紀には轟の岡として登場している。

研究資料が揃っていて、古代社会のようすが総合的に明らかに出来る、
目を離せない場所になりました。
また日を改めて安徳台には行きたいと思います。

地図 風早神社





気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-05-21 14:55 | 風早神社・かざはや・那珂川町 | Trackback | Comments(2)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー