「ほっ」と。キャンペーン

ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:若八幡宮・わか・福岡市( 1 )

若八幡宮・多々良川―古代の製鉄―イラスト


若八幡宮
福岡市東区多々良
多々良川―古代の製鉄―イラスト

福岡市には多々良川という名前の大きな川が流れています。
「多々良」まさしく「蹈鞴」と同じ発音です。

今回は地元の地名と地形に詳しい聖洲さんに
古代の多々良川を案内してもらいました。

多々良川の下流の右岸から300メートルほど入ったあたり、
車が一台ようやく通るような細い路地を通ると「若八幡宮」がありました。
c0222861_9532889.jpg

c0222861_9541796.jpg

石段を上っていきます。

c0222861_959042.jpg

拝殿は小さな丘の頂上にあり、周囲を見晴らすことができます。
境内の広さは、先週紹介した風早神社とほぼ同じで、川の傍という点も似ています。
すると?―そうです。
やはりここには古代には製鉄所があり、鉄を守る神様が祀られていたそうです。

c0222861_9592387.jpg

拝殿前から参道の方を撮りました。

次は現代の多々良地区の航空写真です。こんもりとした所に若八幡宮が見えています。
(写真を一度クリックすると、自由に動かせますよ)
地図 若八幡宮 顕孝寺 香椎宮

1000年以上も前にワープすると、こんな感じ!
c0222861_1035943.jpg

聖洲さんがこの神社の周囲の古代の光景を再現してくれました。
今立っているところは中央の上の森あたりになります。
手前の川は多々良川。現在はまっすぐの堤防が作られていますが、
古代にはこうして岬になっていて、地名にもその名残が残っているそうです。
また、ビルの下からは古代のドッグの積み石が発見されています。

絵の左に黒煙を上げている大きな窯があります。製鉄の窯です。
調べても古代の製鉄窯は残っていないので、全く想像だそうです。
でも、それらしい雰囲気があります!

すぐ近くに小舟が停留していますが、砂鉄が山のように積まれています。
燃料は、ここから少し離れた八木山で天然の無煙炭が露天掘りで採れていて、
「しょうけ(籠)」に入れて運ばれていたそうです。
地の利がとてもいい所だったのですね。

「しょうけ」と言えば、八木山が難所のために神功皇后の赤ちゃんを「しょうけ」に入れて運んだために「しょうけ越え」という地名が起こったという伝説が有名ですが、
この無煙炭を運んだ話と入れ替わって伝わっているのだそうです。
そう言えば、そうですね。赤ん坊をショウケに入れて運ぶ方が難しい。

絵には遣唐使船が描かれていますが、これは遣唐使船というより、
韓半島などから直接やって来る民間の大型船だそうです。
その船が繋留されているのは顕孝寺
当然ながら大陸から韓半島までの最新情報が入ってきます。
この情報を求めて、はるばると香春岳の採銅所や宇佐(神宮)から
情報収集に集まって来ていたそうです。

次はここで採れていたスズ鉄のイラスト。

c0222861_1043895.jpg

葦の根元にバクテリアが鉄を集めて、茶色の塊が出来ているようすです。
葦は海と川の水が交わる所で育つそうで、それを刈り取って乾かして燃やし、
灰にして水に混ぜ、沈殿させて比重差を利用してスズ鉄を採ったそうです。
聖洲さんの子供頃までは葦がいっぱい生えていて、鳥も沢山いたそうです。
古代では多々良川の三つの支流で葦を刈り取ったあと、
一部に稲を蒔いていたそうです。一年ごとに稲作の場所が変わったとか。
葦と稲の輪作なんです!

これは同じ絵の全体のようす。
c0222861_105243.jpg

ここには神功皇后の伝説も残っていました。
彼女は出産するために、この辺りから上陸したと伝わっているそうです。
左には名島神社。そして廻り込むと向こうに香椎宮が見えています。

神功皇后はこの辺りで破水しかけたという話もあるそうです。
タタラの鉄が流れ出す様子とあいまってそんな伝承が生まれたのか、
実際そうだったのかは遠い昔の事で、霧のかなたです。

それにしても、イラストのお蔭で古代社会のイメージがよくつかめました。
聖洲さん、ありがとうございました。

ここも安徳台のあった那珂川町と同様に那の国なんですよ。




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-05-27 10:13 | 若八幡宮・わか・福岡市 | Trackback | Comments(12)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー