ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:にっき( 209 )

多年草







c0222861_2124997.jpg

ムスカリとスノードロップ








c0222861_21244343.jpg

スノードロップと忘れな草の先祖返り









c0222861_21245833.jpg

冬からまだ咲いてくれているツツジ



植えっぱなし (^^;

植物の生命力  ( ´∀` )





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-26 21:25 | にっき | Trackback | Comments(0)

くらじ



今日は早良(さわら)の歴史と自然をまもる会での講座でした。
磐井の末裔たち十人の話をしました。

その中でも、磐井の孫に当たる鞍橋君(くらじのきみ)が
百済王子を助けた話は『日本書紀』に出ているのですが、
当人が福岡県(鞍手)の人と知る人は少数です。

この人がいなかったら百済王家は消滅していたかもしれない。
そんな可能性もあったんですね。

今回はあらすじだけ話しましたが、
もっともっと日本の人に知ってもらいたいなと思いました。


歴史カフェも磐井の末裔たちⅡという形で、
鞍橋君に焦点を当てる予定にしましたが、それで正解だなと思いました。

さて、バスハイクの6回目の日程が入ってきたので、
今から原案を作ります。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-21 20:36 | にっき | Trackback | Comments(0)

谷の春・里の春




<谷の春・里の春>


c0222861_19341965.jpg

谷間の木立はまだ眠っているのか


空は春を連れてきて、芽立ちを促す









c0222861_19344082.jpg

空と交歓しながら
木立は春のきざしを身にまとい始める










c0222861_19345580.jpg

博多にお帰りなさい









c0222861_19351764.jpg

里はもう春の盛り



                      <2017年3月18日>


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-18 19:37 | にっき | Trackback | Comments(0)

麻氐良山に登ってきた




今日は朝倉の麻氐良山(まてら)に登ってきました。

実際に登るといろいろと発見、確認ができますね。

やはり、現地を知ることは大切。


もうひとつ、八女の飛形山(とびかた)にも登りました。
こちらは車で登れます(^^)/
「磐井の君の御霊」が祀られている山です。


とりあえず今夜は沢山の写真を整理します ( ..)φメモメモ


<2017年3月17日>



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-17 21:42 | にっき | Trackback | Comments(0)

最終回




今日は飯塚での古代史講座の最終回でした。
ご参加の皆さまありがとうございました。

神功皇后の5回シリーズでしたが、
最終回は出産から豊浦宮還宮まで。

短時間コースでは省略せざるを得ない筑豊での出来事と
北九州の古代豪族たちの話。

地元の方に話せて良かったです。

5回目の部分は『日本書紀』では完全に抹消されている部分なのです。

ガイドブックには情報は書いていますが、
解釈はなかなか伝えることができていません。


書紀に不自然に書かれて整合性が無い部分は
豊国での出来事を隠すためだということが分かりますし、
豊国隠しはこの時代も、また磐井君の時代、天智天皇の時代と続きます。

おいおい書いていきたいのですが、
話すのは数分のことも、書くとなると数時間を要するので、
じれったい思いをしています。


焦らずに一つずつこなしていきますね。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-03-16 21:23 | にっき | Trackback | Comments(0)

鉄人28号雲 古っ!




あれ?
巨大な人が飛んでる。


c0222861_22592634.jpg


何に見える?

鉄人28号に見える人!


前世紀の人物ですな (;'∀')




ズームしている間に、後ろにも。

c0222861_234290.jpg


右のこぶしを突き上げて。

元気だなあ。


今日は、ついに決心したことに取り掛かりました。

この雲のように元気に進もうっと。



オオカミ少年にならぬよう、
何をやってるかは、完成するまで内緒です ^^




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-06 23:08 | にっき | Trackback | Comments(5)

フェザー雲


あることを決めました。


その日の空にフェザー雲。



c0222861_23215279.jpg

片羽根が両の翼になるように、やり遂げよう。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-04 23:25 | にっき | Trackback | Comments(0)

キルトのある暮らし



「私のお気に入り」、なんてジャズがあったね。




c0222861_2224361.jpg







c0222861_22245288.jpg

仲間とのキルトとおしゃべり。









c0222861_22251221.jpg


そんな穏やかな暮らし。








c0222861_22252762.jpg








c0222861_22254339.jpg



かけがいのないもの。





c0222861_2226085.jpg


キルトのある暮らし。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-03 22:30 | にっき | Trackback | Comments(0)

古代史が盛ん



福岡では各地で古代史講座が盛んにあっています。

どれも受講したいのですが、なかなか動けないでいます。
でも、今日は久留米大学の公開講座に行ってきました。

古代の瓦が定説では飛鳥から始まったとなっているらしいのですが、
福岡や熊本からはもっと古いものが出ているそうです。

また、三角縁神獣鏡が中国では出ていないのが定説ですが、
三角縁の規矩鏡や神獣鏡的なものが「越」の国から出ていました。

画像を一瞥しただけですが、平原遺跡から出た鏡に似てましたよ。

古代史、もっともっとダイナミックに描かれる時期が到来する予感。

こういう在野の研究が真実の歴史の構築に繋がるように願っています。


私も真鍋について、一つずつまとめたいという思いがつのっています。

そのためには、これまでにやり掛けたものを完成させなくては
ならないという、ジレンマの中、時間を生み出す工夫をする日々です。

そして、今日はもう一つ、水沼の関連から
大木町の三島神社に参拝して、お話を伺う事が出来ました。

落ち着いたら報告したいと思います。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-02-26 23:26 | にっき | Trackback | Comments(2)

ハイランド




c0222861_2212544.jpg

キルトのパターンの最新作のパターン名が「ハイランドトレイル」
と気付いて笑っちゃいました。

ハイランドはスコットランドの高原地帯ですね。
ケルトの雰囲気があります。



以前、書いた話ですが、
スコッチウィスキー工場に掲げられていた創業時の働く人たちの集合写真が
明治時代の日本人とそっくりで二度見をしたことがあります。


シェイクスピアの生家も天井が低かったです。
入口が小学生の身長ギリギリだった。


部屋と部屋をつなぐドアは私でもかがまないと頭を打ちます。

ケルトも今では大柄かな。

ケルトが中央アジアから西に行ったのなら、
東に行った人たちもいたんだなと一昨日のテレビで思いました。

ケルトの風習と同じ「力石」が今は神社に奉納されていますが、
それを繋ぐ歴史を誰か研究していないかな。


日本の古墳時代の平均身長が165センチでしたっけ。

それでも関西の石棺はそれよりも短いのがあって、
膝を曲げたのか、小柄だったのかと思ったりしました。

きっと部族によって平均身長は違っていたんですね。

ニュージーランドに行った友人が、
山を隔てて全く違う人種が住んでいたと言ってましたが、
弥生時代ってそんな感じなんだろうなあと思ってます。


「ハイランド」からのいつもの連想パターン ^^






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-02-24 22:17 | にっき | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー