ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:にっき( 270 )

小春



小春




雪や雨が続く日々。

福岡は日本海気候なので、冬はおおむね、どんよりとするのですが、
気が付くと庭に花がいくつも咲いていました。






c0222861_1954953.jpg







c0222861_19542741.jpg








c0222861_19544569.jpg








c0222861_1955165.jpg








c0222861_19551376.jpg

これは真冬にも咲くようになったツツジ。







c0222861_19552821.jpg








c0222861_19555092.jpg





今、小さな花を咲かせるべく、パソコンに向き合っています。


いずれご案内できる日が楽しみです。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-02-19 19:56 | にっき | Trackback | Comments(0)

木の芽起こし



木の芽起こしの雨もよう。
紅梅が咲き始めました。

お正月に室内の梅を咲かせるためには、
霧吹きで優しい雨を再現すると咲き始めます。

そんな優しい春の先駆けの雨が降っています。

そして、この季節は「木の芽どき」でもあります。

そんな春の訪れに、少しバタバタしていました。
ようやく平常モードです。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

[PR]
by lunabura | 2018-02-15 20:26 | にっき | Trackback | Comments(0)

今日



今日はRKBラジオの収録でした。
何と、鞍手の剣神社の続き、古物神社からでしたよ。
そこから高良玉垂宮まで、仲哀天皇と神功皇后の足跡も当然ですが、
その行程を支えた物部氏などの話をずいぶんしました。

高良玉垂宮を話すのは難しかったです。
少しカットしてもらう方がシンプルでいいのかな。
そんなことを考えましたよ。

それから、急な用事でみやま市へ。
夜になったのですが、帰りしな、
女山(ぞやま)の後ろの山脈から十六夜の月が昇るのを見ました。
煌々と照らす月は、昨夜とは全く趣が違います。
とても良いものを見ました。
来月にはまたみやま市に行きますよ。

月ではなく、太陽の話になりますが、
この山脈から上る朝日を毎日二年間観測した方の話を思い出しました。
いつか、この話も紹介しなきゃ。
と思いつつ帰って来たのでした。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-02-01 23:04 | にっき | Trackback | Comments(0)

こっち向いて♪ 真冬


こっち向いて♪

真冬



c0222861_2025157.jpg

植込みが揺れると思ったら、小鳥がいたよ。
背中のラインがきれいだね。


ねえ、こっち向いて。








c0222861_2031071.jpg

おお、虫を取ってる。










c0222861_2033094.jpg

ほっぺが白い。
君の名は?









c0222861_2034660.jpg

メジロもいたよ。
つがいかな。
サザンカの蜜を吸ってる。

ねえ、こっち向いて。






c0222861_204593.jpg

おお。
不思議な顔だね。


真冬なのに、寒くないんだね。


枝にピントがあってるなあ(;'∀')

しかも、部屋から窓越しに撮る、ずぼらさ(^^♪




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-01-28 20:10 | にっき | Trackback | Comments(0)

夢の一つが





賀茂氏の資料作りのラストスパートです。
ラストに来て、シンクロが始まりだしました。
それでもって、ミッシングリングが繋がったのです。

ずっと漠然とした世界がこれほどクリアになるとは。

神社縁起と真鍋と古代中国の歴史。
渡来人たちが九州に来て、葦原を「ささら舟」で渡って蹈鞴を始める。
糸島、安心院、筑後、熊本。
そこに残る営みの断片。

断片の意味は真鍋が教えてくれた。

思いがけず、一つの民の歴史が描き出されました。

歴史カフェで早速、話が出来るのが嬉しいですし、
一度では話し尽せないストーリーでもあります。

ようやく願っていた夢が一つ、叶いました。

このパターンを手にして日本を回れば、かなり応用が利くような世界。

豊葦原、すなわち豊かな葦原の物語。
葦は稲ではない。
葦は葦。
真実が語り出す。

<20180122>





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-01-22 23:13 | にっき | Trackback | Comments(2)

小春日和に





今日のお昼の気温は18度。ほっかりとする小春日和でした。

この数日、小論を書いていました。
目覚めのメッセージはその訂正箇所の指摘ばかりで、
ブログの案が浮かびません(;’∀’)

小論の合間には歴史カフェの準備をしています。
賀茂氏があれこれと繋がって、謎がいくつも解けています。

歴史カフェでは、その説明をしていくのでストーリが分かるのですが、
ブログに書くにはボリュームがありすぎで、書けないでいます。

でも、どうやったら伝えられるか、いろいろ考えています。
何度か書いていますが、
バラバラに知ったことをまとめる時期に来ているんですね。

るな的な興味は、権力闘争ではなく、
渡来氏族たちがどうやって調和していったのか、
そんな所です。

毎日、発見するワクワクを伝えられるように、
力を付けていきたいな。




c0222861_2225121.jpg





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-01-16 22:03 | にっき | Trackback | Comments(0)

にっき



歴史カフェの日程を決めました。2月11日(日)2時~4時です。
ちょうど一か月後ですね。
賀茂氏です。
詳しい案内は少しお待ちくださいませ。

今日は、磐井の乱を改めて読み直していました。
歴史は読み直す度に発見がありますね。
そして、知らないことがあるのにも気づかされます。
歴史はキリがありませんな。

失われた歴史を再発見するのに、一人で歩いても仕方がありません。
少しでも発見内容をシェアしながら共に進みたいと思っています。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-01-11 23:00 | にっき | Trackback | Comments(0)

天智天皇の足跡の取材に高宮、春日、大宰府へ



天智天皇の足跡の取材に

高宮、春日、大宰府へ



今日は中大兄皇子が関連する神社の取材に行ってきました。

高宮八幡宮(福岡市)、春日神社(春日市)、王城神社(太宰府市)です。

高宮八幡宮は中大兄皇子が神功皇后を祀り、
春日神社は天児屋根命を祀った神社です。
長津宮にいた時代ということで、戦勝祈願のために
祭祀をしたことがよく分かります。

王城神社は四王寺山から事代主命を遷したと言われています。
すなわち白村江戦後ですね。

取材に当たって、車の少ない日を選びましたが、
街中の神社は駐車場の問題があって、
一人ではなかなか参拝できないのでようやくいけました。

でも、今日の太宰府市は天満宮付近には近づけなかったです。
あまりに車が動かないので、脇にあったラーメン屋さんで
昼食を取りましたが、渋滞は減らず、
いったん逆方向に戻って、アプローチを試みました。
でも、ナビはすぐに渋滞路に導こうとします。

もう、数百メートルの所まで来ているのは分かるのですが。

運転してくれた夫も限界が近づいたのが見えたのであきらめて帰ろうとしたとき、間道を抜けようとする車を見つけ、最後の望みをかけて付いていきました。地元民が渋滞を避けていると思ったからです。それを追跡して、ようやくヒット。

取りあえずは榎社に到着して、徒歩で王城神社を探しに出かけました。
200mほどの距離です。

これで、何とか三社を回ったのですが、曇りの上にpm2.5のガスが濃くて、暗い写真しか撮れませんでした。撮り直すかどうか、後で判断しなければ、と思っています。


話を戻しますが、斉明天皇と天智天皇の関わる神社と寺は二十ほどあります。
意外に多いですね。

これも時系列に並べると、忘れ去られた歴史が浮かび上がります。
しかも、白村江戦の前と後。

この二天皇を追うことで、失われた倭国の終焉期を描いていこうと思っているのです。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-01-07 19:53 | にっき | Trackback | Comments(11)

散歩




c0222861_20264637.jpg









c0222861_2027031.jpg

やあ






c0222861_20271899.jpg

また会えた






c0222861_20273619.jpg










c0222861_20275837.jpg










c0222861_20282339.jpg





いい年になりそうだね。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-01-03 20:30 | にっき | Trackback | Comments(2)

2018明けましておめでとうございます




c0222861_22534694.jpg


明けましておめでとうございます。
どうぞ光り輝く2018年でありますように。
そして、本年もよろしくお願いします。


さて昨年を振り返ると、たくさん書いた記事のマトメを一つの目標にしたのですが、その一つが福岡に伝わる「斉明天皇と天智天皇」の伝承の整理でした。


正月から執筆を始めましたが、途中で中断して覚悟を決めて、
「宮地嶽神社と筑紫君磐井の末裔たち」の書き換えに取り組みました。

完全に一から書き直し、暑い夏に終えました。
書き換えて本当に良かったなと思っています。
(出版はいつになるか、相変わらずお待たせすることになりそうですが)


それが終わるとマスメディア関係から話をいただき、ソラリアステージやRKBテレビ、そしてRKBラジオと続きました。

そうして、12月から再び執筆に戻り、ようやく推敲に取り掛かっています。

一段落したら、今年も、あちらこちら、気のおもむくままに古代をさまよいたいと思います。また歴史カフェもご案内したいと思います。

お付き合いの程、よろしくお願いします。(^^♪




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-01-01 00:01 | にっき | Trackback | Comments(4)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー