「ほっ」と。キャンペーン

ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:萩沖海底火山( 1 )

萩沖海底火山


萩沖海底火山


西日本新聞 2011年11月26日 朝刊

c0222861_10442777.jpg


1000万年前の日本海の火口が発見された記事で、もう一年近く前のものですが、
今日はこれをUP。

どうしてこの記事を保存していたかというと、
真鍋氏が玄界灘の火口について記述していたからです。

玄海灘を渡る船が火口の上を通る時、
お鉢にあたる周縁部は波が立って危険だが、いったん火口の中(上)に入ると
波が無くて安全だという話でした。

小戸神社のある小戸ヨットハーバーはそんな火口がつくった湾にあります。

海人族はこれを熟知していたんだなあと思っていたけど、
検証が出来なかったので、ちょっとだけ「高天原」の所に書いただけでしたが、
この記事を見てやはりそうだったんだと納得しました。


玄海灘沿いに良質の砂鉄があった理由はこの海底火山の噴火によるもので、
異変が起こると、海岸に砂鉄が打ち上げられて真っ黒になるそうです。
それがつやつやとしているので、地震ナマズと恐れられたとか。

志賀の島の海岸線の砂浜を見ると、玄界島に面する方は黒く、
新宮側はきれいなベージュをしています。


真鍋氏は必ず玄界灘の海底噴火が再び起こると予言しています。

ただちに日本も韓国も原発の津波対策を取った上で、廃炉にしないと
私達は住む大地を失います。

子孫に汚染されていない国土を伝える事が出来なくなります。
それは韓国も同様なのです。

争っている時ではありません。








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-09-14 10:53 | 萩沖海底火山 | Trackback | Comments(5)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー