ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:豊玉姫と玉依姫( 5 )

豊玉姫 『日本書紀』



豊玉姫

『日本書紀』



豊玉姫については、これまでは『古事記』の話を前提にしていました。
あらためて『日本書紀』を訳してみると、ずいぶん雰囲気が違います。

特に出産のシーンは「八尋ワニ」(神亀)ではなく、
「竜」になっていました。

豊玉姫を「竜女」というのはこれから来ているんですね。

志賀海神社を「龍の都」(たつのみやこ)というのも、
安曇族のトーテムが龍(たつ)だったことを示しているのでしょう。

『日本書紀』には、
海神(わだつみのかみ)豊玉彦が山幸彦に干珠満珠を渡すシーンが
書かれていますが、これは今回省略しています。


c0222861_2171375.gif



山幸彦は兄の釣り針を探しに海神(わだつみのかみ)の宮にやって来ました。

井戸のほとりに湯津(ゆづ)桂(かつら)の木があったので、
そこにたたずんでいると、
一人の乙女が屋敷から出て来て水を汲もうとしました。

山幸彦と目が合うと、乙女は驚いて屋敷に戻り、
父母に「珍しい客人が木の下にいました」と言いました。

父の海神が出ていって山幸彦に事情を尋ねると、
山幸彦は釣り針を探しに来た事を伝えました。

海神が大小の魚を集めて調べると、
鯛の口に釣り針が刺さっていました。

この縁で、海神は山幸彦を留めて娘の豊玉姫と結婚させ、
二人は幸せに暮らしました。

ところが、三年経つと、山幸彦は自分の国に戻ってしまいました。

豊玉姫は懐妊していたので、妹の玉依姫を連れて
海を越えて山幸彦の元にやってきました。

出産する時に「見ないでください」と言いました。

ところが山幸彦は我慢ができずに覗き見をすると、
豊玉姫は龍になって出産していました。

それを知った豊玉姫は、
「どうして約束を破ったのですか」
と嘆き、子供を萱(かや)で包んで海辺に捨て、
海の道を閉じて去ってしまいました。

生まれた子供は萱にちなんで「ウガヤフキアエズ命」と言います。


c0222861_2171375.gif




竜に戻って出産した豊玉姫が自分の姿を見られ、
恥じて子を捨てて戻って行ったという神話の真意は
何らかの政治的な事情で子を奪われたことを示しているのだろうと
いつも思っていました。

マーリンさんが、志式神社のビジョンで、
船に乗る直前、豊玉姫がずらりと並んだ兵士の前で
必死で話をしているようすを見たそうです。

その時、兵士たちは皆顔を伏せていたと。

(少々表現が違っていますが、リンク先、あとで探しておきます。)

そんな事情が込められたのが神話化されたのでしょうね。



さて、
10月7日(土)と8日(日)の講演の概要が決まりつつあります。

三越前のライオン広場というのは通路の一部のようです。
通行人にお話しするって、すごく難しそう。

音楽ではないので、足を止める方がいるのかどうか。

皆さん、応援に来てください (^^)/

サイドバーに日時を書いています。



『神功皇后伝承を歩く』志式神社 下巻72



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-10-01 21:10 | 豊玉姫と玉依姫 | Trackback | Comments(2)

豊玉姫の岩 sanpo



糸島






c0222861_2041483.jpg


染井の森







c0222861_20421033.jpg


木漏れ日


豊玉姫が彦火火出見と共に祀られている宮



豊玉姫は愛しき人を追って糸島へ



c0222861_2043011.jpg


この木の下の岩の上で髪をくしけずった


同じ光景を見たのだろう





撮影場所 上二枚
『神功皇后伝承を歩く』下巻63 染井神社
神功皇后がウケヒで白糸の鎧を井戸につけると赤く染まった

下 志登神社



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-07-11 20:45 | 豊玉姫と玉依姫 | Trackback | Comments(0)

豊姫・豊玉姫・淀姫


豊姫・豊玉姫・淀姫


c0222861_1943173.jpg




昨日、質問があったので、もう一度整理してみることにしました。




豊姫、豊玉姫、淀姫は
福岡や佐賀を中心に祀られている女神たちですが、
トヨヒメ・トヨタマヒメ・ヨドヒメと発音が似ている上に、
神社でも一緒に祀られていたりして混同しそうですが、
基本的な姿は三柱とも別のものだと思っています。

豊姫
豊姫は神功皇后の妹で、竹内宿禰の妻と言われています。
久留米市の赤司八幡神社はもともと止誉比咩神社という社号でした。

それは神功皇后が妹の豊姫を神形代(かみかたしろ)として立てたことから
ついた社号ではないかと考えています。
神形代とは「形代」だけで神が依り憑くという意味があるのですが、
さらに神の字を付け加えたものでしょう。

豊姫は神と人をつなぐ神懸りをしていた人です・

神功皇后には虚空津姫という妹がいたといいます。
虚空津姫(そらつひめ)も神懸りをする女性でした。
多分同一人物なのではと思っています。

志式神社の神楽や高良玉垂宮の縁起絵巻の中では、
干珠満珠を海神もしくは磯良から授かって、竹内宿禰に渡すようすが描かれています。

その豊比咩は佐賀県武雄市朝日町の淀姫神社で
二十二歳の若さで亡くなったと伝えています。
この神社では豊姫のまたの名を淀姫とも言っています。
混同して伝わっているのではと考えています。

淀姫
 有明海が針摺瀬戸まで湾入していたころ、七十年に一度の津波が起こっていました。
七十を「よと」と言い、夜渡とも書いたそうです。

いったん津波が湾内に入ると何度も反復し、収束するのに時間がかかる事を
私たちは知っていますが、これが実際に起こっていたので、
その津波が押し寄せた所に夜渡姫の祠を祀りました。

七十年に一度なので、孫世代に伝えるために夜渡祭として伝えたのでしょう。
佐賀には淀姫神社が多くて驚きましたが、その地形を見ると
二つの川が合流するような所に鎮座しています。
淀姫は洪水を治めてくれる女神でもあったのでしょう。

豊玉姫
豊玉姫は安曇族の姫です。
海神豊玉彦の娘で、玉依姫の姉に当たります。
豊玉姫は山幸彦と結ばれてウガヤフキアエズを生みます。

その当時、夜空には北極星がなくて、ポラリスとツバーンが傍らに並んでいました。
海人の長は二つの星を祀って青玉と白玉を捧げ、船人の無事を祈りました。
この二つの玉が干珠満珠です。
この二つの玉(星)を人々は豊玉姫と玉依姫になぞらえて祈りました。
豊玉姫は満珠、玉依姫は干珠。
ですから、豊玉姫は津波の寄せ波の象徴でもありました。
そうすると、トヨタマ姫もヨド姫も津波の象徴になるので、
佐賀辺りでは同じ女神として祀られたと考えています。

豊玉姫と豊姫は実在の人物で、淀姫は自然現象の象徴です。

神話とされている話の中に真実の歴史が暗喩で伝えられているので、
そこらへんを明らかにしたいなと思っています。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-01-12 19:44 | 豊玉姫と玉依姫 | Trackback | Comments(12)

豊玉姫と玉依姫


豊玉姫と玉依姫


さて、と。
原稿が一つ片付き、ブログの響灘めぐりも一段落。
新たなスタートが切れる状態になりました。

記事の中で、いくつも中断したものがあり、
どこから再スタートしてもいいんですが、
何でも有りなので、かえって迷っています。

思えば、平戸トレッキングの大歳神社で豊玉姫のエネルギーに触れたのか、
話題は想定外の豊玉姫に移行したあと、志式神社に再び舞い戻って
中断しているのが一番の気がかり。

安曇族の姫である豊玉姫が幸薄い人生を送ったことが、
目の前にだんだんとクローズアップされていくのを日々感じています。

安曇磯良が神功皇后の要請になかなか応じなかった理由に、
豊玉姫の事が大きく絡んでいることが分かった今、
女神復活の願いの中に、豊玉姫の真実を解き明かしたいという思いが膨らんでいます。

日本全国、それこそ津々浦々に女神として祀られている神功皇后。
この女神もまた真実とは違った形で誤解されて伝わっていることが分かりました。

神功皇后という名はずっと後に付けられた名称。
息長足姫(おきながたらしひめ)という名も、出自を示す名前なので、
本当は何と言うのか、今だに分かりません。
古代では、自分の名前を他人に教える事がなかったから、仕方がありませんね。

神功皇后が安曇磯良から貰った「干珠と満珠」は「玉依姫と豊玉姫」の「聖なる力」でもありました。
玉依姫と豊玉姫の故郷たる宮、志賀海神社には玉依姫だけしか祀られていないようので、
先日、神社に行って確認してきました。
やはり、豊玉姫は志賀海神社には祀られていませんでした。

代わりに、すぐ近くの志式神社に祀られています。
しかし志賀海神社が志式神社の祭りに関連する事はないそうです。

豊玉姫の宮々を廻る事で、また一人の女神の真実が明らかになればいいなと思っています。
でも、スワッ豊玉姫シリーズか!って期待しないで下さいね。

歴史はぐるぐる回りながら、明らかになっていくもので、
遠回りや道草に謎を解くヒントがあるのがこれまでのパターンでしたから。

さて、ホントどれから取り掛かろうかな…。

c0222861_20133852.jpg

聖洲

このイラストの二人の女性が豊玉姫と玉依姫です。
名島神社の上にはこんな竜宮城があったという想定です。
金メッキのカワラも出土しているので、
綿津見のイロコの宮の一つでもあるのでしょうね。

記事にはしていませんが、二見が浦付近には龍宮に行った青年の伝承があります。
志賀海神社は龍の宮。

龍神の姫たち
豊玉姫と玉依姫が揃うことは、今、意義があることかもしれません。







いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-24 20:15 | 豊玉姫と玉依姫 | Trackback | Comments(2)

豊玉姫


昨日は染井神社を手直しした。
かつてこの山には豊玉姫が祀られていたという。
上宮、中宮、下宮と栄えていたらしい。
最初は豊玉姫が夫婦で祀られていることだけに関心が行った。
彦火火出見尊と共に祀られている。
が、それは後の人の優しい心で夫君が合祀されたのだろうと思う。
神功皇后の時には豊玉姫だけが祀られていた可能性が高い。

しかも、ここは五十迹手の国なのだ。

ことばに表現できない感覚がある。
それは伊都国周辺の神社を調べている事に感じたもので、豊玉彦という王の存在だ。

この王は豊玉姫と玉依姫の父君。
歴史の地層の奥にある。
消されたという訳ではないが、消えている。
しかし、その存在に触れたのだ。
そして、それを表現する術がない。

そんな時、最近亡くなった百嶋氏も豊玉彦の名を挙げられた。
やっぱり。と思ったが、やはりそれを説明は出来ない。
私の中の芽生えに過ぎないのだ。
そして、数日でその感覚は消えた。

しかし、荒ぶる神となった豊玉姫。
今、大歳神社、志式神社、染井神社と、続けてこの女神に出会った。
豊玉姫のことを考えずにいられない。

その子は何処にいる。
ウガヤフキアエズという子はいったいどこにいる。
まだ一度も祀る宮に遭遇していない。

ところが、百嶋氏はウガヤフキアエズの末裔という方を連れて来た。
旧山門郡から。
ネットで調べるとウガヤフキアエズを祀る宮は熊本~鹿児島に多い。
いわゆる熊襲国か。
そして、妻となった玉依姫の伝承は那の国に多い。

明らかになろうとしている歴史がある。
言葉に出来なくてもどかしい。
が、今日は敢えて書き残しておこう。

これは別の話だが、ブログ村に登録する時に、
写真が必要だったので、豊玉姫のイラストを載せた。
当時の計画としては、月替わりでイラストを出そうと思っていた。
イラストは上手くなくても、書かないと上達しないと知っているからだ。
しかし、変更する方法を調べる余裕が無くて、そのままだ。
だから、私の写真は「とよたまひめ」のままだ。
もう、これを偶然とは思っていない。

そして、さらに遡ると、このブログを書き始める前に、
海の底の女神の夢を何度か見たことを思い出した。

女神。
日本神話の女神たちは、遠い神話の彼方にあるのかと思っていたが、
筑紫の各地でその息吹を残していた。
福岡の神社こそ、そのかすかな息遣いを感じる事が出来る所だった。

息長足姫の生きざまを垣間見たように、
女神たちの真実の姿に触れることはできるだろうか。

女神復活。
そんなメモをしたら、翌日長野剛の女神のカレンダーが届いた。

そう、私はずうっと女神に恋しているのだ。

c0222861_2310260.jpg

by 長野剛 Sound of sea



ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-02-15 23:00 | 豊玉姫と玉依姫 | Trackback | Comments(12)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー