ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:◆ドリームレッスン( 8 )

夢とハイアーセルフ


今日は夢のシェアを皆さんとしました。

毎回、夢の傾向が違うのは当たり前ですが、
その日のテーマとシンクロするものが毎回発表されるのもまた、
当然といえば当然なのでしょうが、やはり驚かされます。

ハイアーセルフについての概念が日本に入ってきたのは
シャーリーマクレーンの本が翻訳された頃だったでしょうか。

ハイアーセルフに会いたいという思いは多くの人の願いとなりましたが、
一方で依存の対象にもなってしまうということを学ぶことにもなりました。

夢に出てくる登場人物は全部自分自身。
そういう考えを知ると、
すべてのシンボルがハイアーセルフの現われだと考えられるようにもなります。

ハイアーセルフというものを固定化して考えずに、
あらゆるものがハイアーセルフからのメッセージと考え、
それを受け取るしなやかな心があれば、
この現象界もまたメッセージに満ち満ちていると言えます。

この文を書いている時、ユーミンの
「すべてのものはメッセージ♪」というフレーズが浮かんで来ました。

ユーミンもまたそんなことを伝えたかったのですね。



夢の話は、昭和天皇が出て来たことから始まり、過去世の夢が語られるころには、
複数の人が何らかの関わりがあることが分かったりして、
今という時代がやはり千年、二千年単位のカルマを解消して、
一人ひとりが輝く時代に来ているんだなあと思わされるひと時でした。

夢を見ない方で、ノートを枕元に置いていたら、
ことばが降りるようになった方もでてきました。

夢見の中に戻って意図的に続きを見るようになった方も。これは明晰夢ですね。

十人十色の関わり方ができるのが夢の柔軟性。

夢見はすべての人に与えられたもの。
私たちの真実の姿を思い出す「よすが」かも知れませんね。

今日も分かち合って下さった皆さん、ありがとうございました。



そうそう、私の夢もシェアしておきましょう。

「女性から段ボール箱いっぱいのじゃがいもをいただきました。
一年分あるなあと思って開けると、数種類の根菜類が入っていました。」

野菜…実りですね!
根菜だから、潜在意識の世界の事。
すなわち、ドリームレッスン!多種多様の実り!
と解釈しました^^



c0222861_224082.jpg

(相島に咲いていたネムノキ)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-08-08 22:10 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(2)

虹色のヘビから



Iさんが、虹色のヘビの夢を見たことを話してくれたのは先週のことですが、
「虹色のヘビ」といえば、アボリジニーを思い浮かべてしまいます。

もし、チャクラが普段、見えていうる人は、人間が向こうから歩いてくると、
人間の中心線に沿って、赤、オレンジ、黄、緑、青、紫、白という縦の虹が見えるはず。

私たちの尾骶骨付近にヘビのように眠っているエネルギーが目覚めて、
上昇していく時、回転する虹色のチャクラを一つずつクリアしていく。

そんな光景が「虹色のヘビ」という連想につながりました。
アボリジニーがそう言っているかどうかは知りませんが。

この話を聞いて、Yさんが虹色のトンネルを通り抜けた夢を見たことを
思い出してくれました。
それ以来、神社参りが始まったそうです。

これはクンダリーニの視点からスシュムナ管を上昇する時に見える光景そっくりです。

夢は思いがけないことを教えてくれているんですね。


今日は何故かアボリジニーという単語を何度も出していたら、
Iさん自身が、オーストラリアに行くんですって!40日間も。

そりゃあ、アボリジニーの聖地、ウルル、きっと行けるでしょう。
意志さえ持てば、自ずと導かれてね。

c0222861_20575152.jpg




夢の中で百人の僧侶からマントラを唱えられて、
ついにそのマントラを暗記してしまったNさんは、密教の阿字観体験へ。
そしてついに高野山へと縁が繋がりました。

夢に出た沖縄の御嶽に実際に行ったTNさんは再び沖縄へ。

夢と現実がリンクしながら新しい展開へと行動する方がいる一方、
夢で過去世を見せられたりする方々も。

夢を通して、現世の「思い癖」が過去世にあると気付き、
さらにそれに取り組んで新たな気付きを得ると、人は笑顔がこぼれてくるんですね。

とてもナチュラルな笑顔。

意識すること、決意すること、それが人生の主体者となることに繋がります。

Sさんは、いくつもの人生が書きこまれた巻物を見せられたそうです。
折りたたまれていたそうですが、それって、アカシックレコードですねん。

それは人によって、図書館だったり、スクリーンだったりと、
色んな形で出てきます。

み~んな違っているけど、シンボルで解けば同じなんですね。


夢でギフトを貰っている人も、いったい何を貰ったのか、謎が解けて先に進めました。
夢を知ると、人生の応援団がいるのが分かって勇気百倍。

ある事を選択して不安でいても、夢を解釈してみると
「それでOK」と背中を押してくれるのが分かって不安が解消されます。

アボリジニーもまた、皆で夢見を話し合っていたとか。
今回のドリームレッスンも想像もつかない世界を見せてくれました。


最後にSさんのメールです。

「先日は貴重で愛おしい時間をありがとうございました。
私の過去生の浄化の話以上に、皆さんのお話を共有させてもらったことがとても有意義で、
帰りの車中では泣きながら帰ってしまいました(笑)」


みなさん、ありがとうございました。^^


c0222861_20595283.jpg



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-07-26 21:00 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(4)

夢のシェアと8月の日程


今日はドリームレッスンの新たな始まりの日でした。

皆さんと夢をシェアしましたが、何だかすごいことに。

過去世から引き継いだ心の痛みと体の痛みを清算する時期に来ていることを教えられた夢。
新たな趣味に踏みだした時、ガイドが祝福してくれた夢。

嫌な虫は、実は新しい世界へ飛び込むための後押しだったという夢。
傷ついた自分を癒した夢。

夢に出て来た聖地に実際に訪れた方。
マントラを教えられて、新たな世界に進む方。

子供の頃に見た忘れらない夢の謎解き。
事件の状況を観察した夢。

などなど、それぞれにガイドが付いていて、私たちを励ましてくれているのを
目の当たりにする思いでした。

豊かな才能を開花させているYさんは、
前回のドリームレッスンから参加されていますが、
「夢の登場人物はすべて自分自身だ」ということをさらに発展させて、
シェアしたメンバーの夢も自分自身への教えがあると考えて
深い境地を得られています。

すごく参考になりますね。

さて、基礎コースが終わった方のための、自由参加のクラスの8月の日程を決めました。
夢のメッセージを受け取って、人生を心豊かに楽しみましょう。


8月8日(金)
時間 午後2時~4時
会場 美葉
会費 1500円 + ドリンク500円

参加希望の方はメールでお知らせください。


c0222861_2144247.jpg


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-07-19 21:05 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(0)

幸せな一日


今日はドリームレッスンの2回目でした。
テーマは「クンダリーニとチャクラ」。

古くヒンズー教や仏教で発見されていたチャクラやクンダリーニの
仕組、働き、色、抱える課題などのお話をしました。

私たちは多次元に生きているので、夢から
エネルギー体として捉えるように促されることがあるのです。

夢はそれらをシンボルで伝えてくるので、
その辺りを理解すると、夢からのナゾナゾが解きやすくなります。

夢は個々人で見るのですが、
「人の夢を自分の事として聞いているとまた発見がある」という意見がありました。
卓見です。

いろんな夢がありました。

亡くなった友達が夢の中でくれた小箱を瞑想で開けてメッセージを受け取った方。
展望台に立って、多くの人に囲まれ、自分の可能性の大きさを教えられた方。

深い海の底で受け取ったものがあり、それがケルトの楽譜とあとで分かった方。
篝火の焚かれた舞台で古代の琴(きん)の琴(こと)を演奏した方。

麻の教えを受けた方。
取ったはずの盲腸を癒した方。

丸と四角のシンボルを受け取った方。
火山の噴火を見た方。
きれいな渚でつけまつげを拾った方。

などなど。
私たちは夢を通して、自分の現状を見せて貰いますが、
その暖かいユーモアには深い愛情を感じずにはいられません。

私たちは一人ぼっちで地球で過ごしているように思いますが、
夢の中では共に歩んでくれる人がいます。
ドリームレッスンはそれを思い出す時間でもありました。

終わったあと、お互いに離れがたくて海辺のお店へ。
波がキラキラと格別に美しい日でしたが、
海の向こうに見えたのは、今テーマにしている「相島」でした。
メガネ岩と岬。そして長井浜。
そう、積石塚の浜が津屋崎から真っ正面に見えたのです。

津屋崎の浜に立つと、相島への思慕が高まるのがよく分かりました。

どこからでも見える目の前の島で永遠の眠りにつきたいと思ったのは、
津屋崎の浜の人たちではないでしょうか。

朝な夕な、目に入ってくる相島。
そこに、愛する人や子や先祖が眠っている。
それを思うだけでも、生きる力を貰っていたことでしょう。

こうして続けざまに島と浜の両方に立った不思議を感じた日でもありました。

今日は、御参加のみなさま、心からの交流をありがとうございました。
お話ししたように、自由に交流できる機会を設けたいと思います。
またお会いする日を楽しみにしています。


c0222861_21512642.jpg




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-07-04 21:52 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(10)

リモートビューイングするかな…



今日はドリームレッスンの初日でした。
初めて夢に取り組む方、再び取り組む方、また長年取り組んでいる方などなど、
いろんなスタンスでの御参加でした。

穏やかでエネルギーにあふれるひと時は夢を語り合う時の独特のもので、
慈愛に満ちた世界でした。

今朝、私は参加する皆さんに何が出来るのか、と思っていると、
「リモートビューイング」(遠隔透視)という閃きが来ました。

夢をスピリチュアルな観点で解釈するには「シンボル」をある程度学ばないといけないのですが、
それを積み重ねているとある観点が生まれてきます。

それは自分を多次元でとらえる視点です。
心にべったりとくっついている感情の反応パターンに左右されなくなってきます。

この視点が、リモートビューイングを成功させるのに必要なんですね。

そうか、変性意識の中でアクセスするものとして、リモートビューイングか…。

そして、皆さんとリモートビューイングすると思うとワクワクする自分がいました。

ドリームレッスンは基礎を終えたら、フリー参加で継続できる形を考えています。
今朝のひらめきは、その先にあるものがリモートビューイングだという教えだったのです。



江原啓之さんに誰かが質問していました。
「(マクモニーグルのように)事件捜査など江原さんもしないのですか?」
「誰かが私に教育してくれたらできるんですが」
という内容の答えでした。

あの霊視の達人でさえ、トレーニングが必要だと言われます。
それはバットの振り方を教われば野球ができるわけではない。
ピアノの鍵盤を教わればピアノが弾けるわけではないというのと同じです。

リモートビューイングも夢の解釈も継続することが大切です。
普通の人が普通に暮らしながらそのトレーニングが継続できるにはどうしたらいいかな。

そんな事を考えながら帰りました。

そう、『ガイアの森』の「古代の森研究所」。
これを日常の中で実現する。
これが今年のチャレンジなのかな。




c0222861_21265740.jpg



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-06-27 21:28 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(8)

落城の夢か



一月以上も前になりますが、Mさん(男性)からメールをいただきました。
「夢見力」をご覧になって、夢をお尋ねになりました。

遅くなりましたが、その一つを紹介します。(一部変更しています)

前後の記憶は無し。

青畳のきれいな和室に私は正座している。両腕を二人の女性が掴んでいる。巫女姿の女性が入ってきて、私の後ろに私を抱きかかえるように座る。

そして短刀で私の首をスーッと切る。たくさんの血がゆっくり流れ出す。恐怖も痛みもなく幸せな気分。

「死んでいくとはこういうことか」という意識がある…
という全シーン無言の短い夢です。

上記の夢に追加がありました。

夢の説明に書き忘れがあったのですが、大事な要素の一つかもしれないと思いましたので、追加させていただきます。

この夢の青畳のきれいな和室は、きれいですが「狭くて薄暗い」部屋です。

この場面では、腕を掴んでいる女性の横にはぼんぼりがあったというのが現在の記憶としてあったのですが、メールのため当時のメモを見てみましたら、そのようなことは書いておらず、いつの間にか記憶に加わったものでした。

やはりメモすることが大切ですね。


この夢は十年以上前の夢だそうです。読んでいるだけでも、どきどきしてしまいます。
まるで自分もそこにいるような臨場感。
これは過去世の夢ではないか、と思いました。

次は私の返事です。

これは過去世の夢でしょうか。とてもリアルですね。
青畳ということなら、時代的には江戸時代以降なのでしょうが、
室内のことなので、城が落ちる時などでしょうか。


Mさんからの御返事です。

ご回答ありがとうございます。お忙しいところに煩わしい話を持ち込みご迷惑をおかけしました。

今回の夢は思い出しては、フッとため息をつくようなことが長く続いていましたが、誰かに話を聞いてもらうと、なにかホッとするものだなと思いました。

過去世のことではとのご推測ですが、私自身は漠然と死そして生まれ変わるということかとも思っておりましたが、なにせ夢では死にっぱなしなので、復活は希望的観測で、確かに落城して亡くなったというのが正解かもしれません。

返事がそっけなくて申し訳ありませんでした。
当時、忙しかったのと、内容が余りに深刻なので挨拶の返事がやっとでした。

リアル過ぎて、コメントがはばかられる思いがしたのです。

過去世の夢とは思い出すと細部まで描き出せるのが特徴です。


この時代を考えるのに、「青畳」に注目しました。
畳が敷かれた部屋というのは身分が高い人しか使えません。そこで江戸時代と考えました。

そして、処刑なら庭などが考えられますが、これは室内なので
貴婦人が屋敷内で亡くなろうとしている状況かと思われました。

両脇の女性と後ろの巫女からは愛情さえ感じられます。
姫として尊厳ある死を、そんな矜持も伝わってきます。

姫が死なねばならないなら、落城の時ではないか。
そう思った次第です。

過去世の夢を見るときには、現在抱えている問題がその時点から生じているのだと教えているときです。

人生の中で、人間関係を客観的に見直し、感情を見つめる、そんな時を持つことを
夢は教えているのでしょう。

若い姫が残した思い。
そういうものに思いを馳せることで、癒されていくのかもしれません。

思いのままに旅をしたら、きっと、その城に導かれることでしょう。

「誰かに話を聞いてもらうと、なにかホッとするものだなと思いました」というのも夢を語る効用ですね。

***

明日はドリームレッスンの初日です。

参加される方、夢をシェアしますので、印象深い夢や最近の夢など一つ思い出しておいてくださいね。

お待ちしています^^




c0222861_22223169.jpg

福岡城




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-06-26 22:25 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(2)

夢の解釈教室 ドリームレッスン・7月の開催日のお知らせ

 
夢の解釈教室
ドリームレッスン

7月の開催日のお知らせ


c0222861_20254823.jpg



「夢の解釈教室」の基礎コース、7月のレッスンは土曜日に開催します。

みなさん、朝、目が覚めた時、あれは何のメッセージだったんだろう、
と思ったことはありませんか?

夢が教えてくれていることが分かったらいいですよね。

夢は私たちが抱えている問題をユーモアたっぷりに見せてくれたり、ヒントをくれたりしています。
怖い夢も、書き出してみると全然違って見えたりします。


夢はシンボルを使って教えているので、解釈するにはシンボルを理解する必要があります。


このレッスンはユング心理学やベティ・ベサーズの夢辞典を紐解きながら、
夢日記をつけて自分で解釈できるようになるためのものです。

夢の解釈にはもう一つの大切な特徴があります。
夢を思い出している状態こそ、変性意識なのです。

『ガイアの森』にも書いたように、
「過去世を思い出す意識レベル」と「夢を思い出す意識レベル」は大差ありません。

変性意識こそ異次元への扉ですが、
夢日記をつけること自体が変性意識に留まるレッスンになります。

目が覚めてまどろむ時間はハイアーセルフと繋がりやすい意識状態です。
夢に取り組んで、内なる神との繋がりを大きくしましょう。


日時 一回目 2014年7月19日(土)14:15~15:45 
    二回目     7月26日(土)14:15~15:45           
(入場は14:00からですが、それより前にお茶や軽食をいただくこともできます)
追記 14:00から受付を開始します。

場所 ギャラリー カフェ 美葉(ビバ)
   福岡県古賀市花見東7丁目14-1 カサデヴィエント 1F
   電話 092-943-8400
   (車は店の右手の駐車場及び旧遠賀信用金庫、左手のセブンイレブンに止められます)

会費 2000円×二回=4000円(前納) 及び ドリンク代一回ごとに500円
    (レッスンを二回とも参加出来る場合のみ申し込んでください
     会費納入は当日、教室で受け付けます)

    (毎回500円のドリンク券を購入してください。
     ドリンク券はレッスン前あるいはレッスン後に使用できます)

定員 若干名

持参するもの 筆記具 夢日記用のノート 下記の参考書
参考書 『ドリーム・ブック』ベティ・ベサーズ 中央アート社 1800円+税
   (参考書は各自で購入して持参してください。
   購入する意志を持つ時点からドリームレッスンは始まります)

申し込み方法 「ひもろぎ逍遥」のサイドバーのメールから
 郵便番号 住所 氏名(ハンドル名を使っている方はハンドル名も)
 電話番号 メールアドレス
「ドリームレッスン参加希望」 とお書きください。

当方から返信しますので、その時点で受講決定となります。
土曜日の会場はカフェのオープンスペースがいいなと思っていたら、
思いがけない縁で美葉さんに決まりました。

駐車場がたくさんあるので遠方の方も大丈夫です。
バスやJRの公共機関も利用できます。



ギャラリー カフェ 美葉 HP FB
http://viva.on.omisenomikata.jp/

https://ja-jp.facebook.com/gallerycafeviva


地図 美葉












いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-06-16 20:24 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(2)

ドリームレッスン 開催のお知らせ


夢の解釈教室
ドリームレッスン 

開催のお知らせ

夢からのメッセージを理解するために、シンボルを学び、解釈していくセミナーを開催します。
基礎コースとして、一時間半のクラスを二回行います。
日時 一回目 2014年6月27日(金)14:15~15:45 第一会議室
   二回目        7月4日(金)14:15~15:45 第二会議室
           (入場は14:00からできます)
場所 ふくとぴあ 二階
   福岡県福津市手光南2丁目1-1 ☎0940-34-3351
   (現地では「夢の解釈教室」団体名「綾杉教室」としています)

会費 2000円×二回=4000円(前納)
    (二回とも参加出来る場合のみ申し込んでください)
     会費納入は当日、教室で受け付けます。
定員 10名 (受付終了しました)
持参するもの 筆記具 夢日記用のノート 下記の参考書
    参考書 『ドリーム・ブック』ベティ・ベサーズ 中央アート社 1800円+税
   (参考書は各自で購入して持参してください。
   購入する意志を持つ時点からドリームレッスンは始まります) ^ ^

申し込み方法 「ひもろぎ逍遥」のサイドバーのメールから下記の内容を書いて
申し込んでください。
 郵便番号 住所 氏名(ハンドル名を使っている方はハンドル名も) 
 電話番号 メールアドレス

「ドリームレッスン参加希望」 とお書きください。

これは自分の夢を自分で解釈出来るようになるためのセミナーです。
夢の解釈の基本、夢日記の付け方を紹介し、具体的な解釈を行います。

会場の福津市手光(てびか)は、宮地嶽神社の麓にあります。
古代、安曇族と竹内一族が共に栄えた場所です。駐車場も完備しています。
遠方の方も安心して車でお越しください。

取れた日程が偶然にも新月でしたよ^^

c0222861_1453711.jpg



会場


(丸い建物ではなく、横の四角い建物の方です)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-06-08 15:03 | ◆ドリームレッスン | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー