ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:スサノオ( 3 )

スサノヲ(2) 蹈鞴の神

スサノヲ(2) 蹈鞴の神 

今日も、スサノヲ命の過去記事からです。

高天原でのスサノヲの問題行動に関して、
真鍋の独特の視点で神話を読み解いています。

稲の民と鉄の民。
別の文化が出会ったとき、どんな問題が起こったのか、
またどんな利点があったのか。

そんな視点で読み返すと、まったく別の世界が見えてきました。

自分で過去記事を読み返すと、まだまだ推敲の余地があるなと、反省するのですが、
今日はそのままUPしなおします。




アマテラスvsスサノオ(1)

神話の暗号 スサノオの暴虐


「鉄穴流し」(かんなながし)は下流に土砂を流しこんで田畑を埋めてしまう。
そんな問題について、真鍋大覚は「玄海灘の海上気象」で、
高天原でのスサノオの狼藉(ろうぜき)を、製鉄における問題の神話化として読み取っています。

まずは、鉄穴流しにはどんな問題点があるのか、「和鋼スポット解説」
http://www.wakou-museum.gr.jp/spot1.htm
から引用します。

 (前略)
このうち、山土に微量に含まれる(0.5~10%程度)山砂鉄を採取する方法として、中国山地では、とくに宝暦年間から「鉄穴流し(かんなながし)」という方法が行われるようになりました。

幕末期の記録(「芸藩通志」「日本山海名物図会」「鉄山秘書」など)にのこっている鉄穴流しの方法は大雑把に分けると採取と洗鉱の2つの仕事からなります。

 その作業は、まず適当な地質の山を選び、花崗岩系の風化した砂鉄母岩を切り崩し、予め設けてあった水路(走りまたは井出という)に流し込みます。

この走りを押し流される間に土砂は破砕されて土砂と砂鉄は分離され下場(洗場、本場ともいう)に送られます。

下場では、一旦、砂溜り(出切り)に堆積されたのち、大池、中池、乙池、洗樋と順次下流に移送しますが、その際、各池では足し水を加えてかき混ぜ軽い土砂を比重の差で砂鉄と分け、バイパスで下流へ吐き出しながら砂鉄純度を高めて下流の池に移送し、最終的には80%以上の砂鉄純度にしました。

 一方、この方法は多量の土砂が下流に流出し、農業かんがい用水に悪影響を与えることから、一時期、農民の嘆願を受けて城郭の堀が埋まるとの名目で禁止されましたが、鉄山師の強い要請と藩財政を維持するために操業期間を農閑期である秋に彼岸から春の彼岸までと定めて解禁となり、逆に農民の冬場仕事ともなって農民にとって良い収入源であるとともに、鉄山自体もこれらの季節労働に大きく依存しました。

 また、鉄穴流しの跡地や、土砂流出によって膨大な土砂が下流に堆積して生じた平地は田畑として耕作され、山内(さんない:たたら集団の部落)の食糧の一部を補いました。今日、中国山地で棚田として残っているものはこのようにして形成されたものが多いのです

赤字で強調した所を書き抜きます。

1 多量の土砂が下流に流出し、農業かんがい用水に悪影響を与える
2 鉄穴流しの跡地や、土砂流出によって膨大な土砂が下流に堆積して生じた平地は田畑として耕作され、
3 棚田として残っているものはこのようにして形成されたものが多い

これは江戸時代の話ですが、
山を削って土砂を流すことで、土砂が灌漑用水を埋めてしまう被害が生じています。
一方で、跡地には平地が生まれて田畑となっていくという長所がありました。

真鍋はこの話が神話にシンボライズされて伝えられていると示唆しています。

それはアマテラスとスサノオが誓約(うけい)をして、
スサノオに邪心が無いことが証明されたあとの話に出てきています。

その部分を、るなの訳で御紹介。

こうして、スサノオの命がアマテラス大御神に言いました。
「私の心は清く、正しかった。だから、私の生んだ子は手弱女(たおやめ)でした。
ウケイの結果から言うと、私の勝ちですね。」と言いました。

それからは、スサノオの命は勝者としての振る舞いの度が過ぎて、アマテラス大御神の耕作している田のあぜを壊し、その溝を埋めて、またその大嘗(おおにえ…最初に収穫した米)を召し上がる御殿に糞をし散らかしました

スサノオの命がそんなことをしても、アマテラス大御神はとがめずに、
「糞をしたのは酔って吐き散らしたんでしょう。私の大事な弟がしたんだから(大目に見ましょう)。

又田んぼのあぜを壊して、溝を埋めたのは、土地が惜しいから広くしたいと思ったんでしょう。私の大事な弟がしたんだから(考えあっての事でしょう)。」
と、悪い事も良い方に解釈してかばいましたが、その悪い行為はやまずに、ますますひどくなりました。
神話の赤字の部分「田のあぜを壊し、その溝を埋め」
というのが鉄穴流しによる弊害を暗示しているという訳です。

びっくりですね。
でも、よく考えると、スサノオって鉄の民です。
稲の民であるアマテラスと鉄の民のスサノオの出会い。

稲の民の田を台無しにする鉄の民の生業。
しかし鉄のお蔭で鍬の先に鉄をつけて、生産力が上がるし、平地も増える。

両者の出会いにはそんな問題がありました。

さらに大嘗祭の時の直会でスサノオが糞をし、吐き散らかすことも、
真鍋には、酔っぱらいの所業ではなく、別の意味が見えていました。

天叢雲(むらくも)剣は、素盞嗚尊の手づから天照大神に捧げられたのであるが、顔をそむけさせる暴状は、仕事熱心のあまり、一酸化炭素あるいは熱射病の不慮の中毒に罹り、一時失神状態に陥って、嘔吐と排便を寛容しているものと解釈できぬこともない。

有明海特有の「へどろ」は膠質(こうしつ)性軟泥を指し、反吐(へど)から由来するものと聞いている。溝埋や畔放は砂鉄洗別による放出土砂の被害と解釈すれば、従来の水稲栽培田のことがらと別の意味が現れてくる。屎(しき)は鉄滓(かなくず)であり、反吐は炉の熱灰であった。
スサノオが神殿で吐いたり排便をしたのは、一酸化中毒や熱射病などの病状であったと考えると、なるほど、と納得できます。

溝を埋めたり、畔(あぜ)を壊したりするのは、砂鉄洗別のための土砂の被害だというのも、うなずけます。

さらに、スサノオは罪を重ねていきますが、
これについても真鍋には別の世界が見えていました。

(つづく)


c0222861_2348135.jpg

山鹿市 薄野神社(一ツ目神社)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-01-28 20:36 | スサノオ | Trackback | Comments(0)

スサノヲ(3) 蹈鞴の神として

スサノヲ(3) 蹈鞴の神として 


アマテラスvsスサノオ(2)

神話の暗号 天の斑馬


アマテラス大御神が、忌み清めた機織りの御殿に行って、神の御衣を織らせている時に、スサノオの命はその御殿の棟に穴を開けて、天の斑馬(ふちこま)を尾の方から逆に皮を剥いだものを落とし入れたので、天の機織女(はたおりめ)が驚いて、オサ(機織りの道具)で陰部を突いて死んでしまいました。

これは前回の『古事記』の続きです。
スサノオの行いは理解に苦しみます。なぜ、こんな残酷な嫌がらせをしたのか。

しかし、真鍋によると、この赤字の部分にもまた、鉄の民の大事なものが
描かれているというのです。
(「玄海灘の海上気象)p129 一部読みやすいように改変)

(略)『古事記』上巻の素盞嗚尊が天照大神の機屋(はたや)に逆剥(さかは)ぎにして投げ込んだ天の斑馬(ふちこま)について、
アマテラス大御神が、忌み清めた機織りの御殿に行って、神の御衣を織らせている時に、スサノオの命はその御殿の棟に穴を開けて、天の斑馬(ふちこま)を尾の方から逆に皮を剥いだものを落とし入れたので、天の機織女(はたおりめ)が驚いて、オサ(機織りの道具)で陰部を突いて死んでしまいました。(るな訳)
に出てくる「天の斑馬」とは「鹿」のことで、しかも白い斑点が鮮やかな夏秋は鞴(ふいご)の採取に絶好の繁殖力の盛んな時期であり、同時に熔鉄作業開始の時期でもあった。

斑馬は「ふく」である。ここを「鞴(ふいご)を吹く」ということであろうか。また背に負う負籠(ふご)もこれであろうか。

鹿は「しし」とも言う。鹿が乱獲され、これに代わる猪を充てたか。治承元(1777)年、平家追討の陰謀は洛中東山鹿ケ谷(ししがたに)で行われた。

 このときの平清盛、平重盛に由緒ある志摩郡金屋に十六町の小字名があり、これは鹿待(しかまち)を四四十六(ししじゅうろく)と戯化したものであろうか。鹿が可也山系から餌を求めて下りて来るところを、適当な頭数を揃えて捕獲していたところと思う。
引用文の中で、私が理解できる部分は言葉を補って改変していますが、
分からない部分に関してはそのままにしています。
(研究する方は原典をみてください)

アマテラスの神聖な仕事の一つに機織りがありますが、
その建物の屋根に穴を空けてスサノオはひどいものを投げ込みました。

それは「天斑馬」(あめのふちこま)の皮でした。
しかも尻の方からはぎ取ったものなのです。

この「天斑馬」とは「鹿」のことだと真鍋は言います。

当時の日本には馬は存在しているのですが、
魏志倭人伝に「そのほか、牛・馬・虎・豹・羊・鵲(かささぎ)は無い」と
書かれていることから、馬はいなかったというのが定説です。

しかし、対馬では馬がまるまる一頭出土していますし、
旧石器時代の馬の化石が発見されたので、きっと定説は変わるだろうと思っています。

で、話を戻すと、『古事記』に書かれた「馬」は「斑馬」と書かれて、
「斑点」が描写されているので、「馬」のことではなく「鹿」の事だと真鍋は言います。


c0222861_2317503.jpg

写真は鹿の斑点のようすです。(画像出典 フリースタイル)
この斑点が出ると、冬の製鉄作業に備えて鹿を捕獲していたわけです。

古代では鹿の皮を使って「フイゴ」を作っていました。

鞴(ふいご)の字には「革」篇がありますね。

ふい‐ご【×鞴/×韛/▽吹子/▽吹▽革】. 《「ふきがわ」の変化した「ふいごう」の音変化》火力を強めるために用いる送風装置。箱の中のピストンを動かして風を送る。古代から金属の精錬や加工に使用された。ふいごまつり【鞴祭(り)】
多く11月8日に、鍛冶屋(かじや)・鋳物師(いもじ)など、ふいごを使って仕事をする職人が、稲荷神または金屋子(かなやご)神を祭り、ふいごを清めて祝う行事。踏鞴(たたら)祭り。《季 冬》
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/189930/m0u/
(g00辞書より)
空気の漏れない袋を古代にどうやって作ったのかというと、
p131
四足を切り取って、空剥(うつはぎ)にした鹿の皮の袋がフイゴに利用された。

とあります。稲の民からみると、残酷極まりないのですが、これが現実です。
肉も大事に食されたことでしょう。
アジアでは牛?の浮袋を抱えて川を泳いで渡る人をテレビで見ました。

「鹿」(しか)は「しし」と読み、その例として、真鍋は「鹿ケ谷」を挙げています。
古賀市の地名「鹿部」は「ししぶ」と読みますね。

福岡市西区の「拾六町」という地名は九九の掛け算、シシジュウロクから来たもので、
「鹿」をシシと呼んだことから「拾六」となったのではないかと推測しています。

万葉集には九九を使った歌はいくつもあるので、
掛け算は早くから知られていたことが分かります。
「四四の乙女」とかは「十六の乙女」と訳します。

糸島では、可也山の鹿が山を下りてくるのを待って、
必要な数を捕獲するための鹿待(しかまち)を「ししまち」と呼んで
「拾六まち」と呼んだと推測しています。
都市高速のインターの名前にも出てきますね。

話は冒頭の神話に戻りますが、
スサノオの投げ込んだ「天斑馬の逆剥ぎ」とは鉄の民の大事な「フイゴ」だったことになります。

それにしても、機織り女の死に方は異様です。
これについて真鍋はこう言っています。

煤煙で黒くなった爐壁(ろへき)と中の赤い火種を陰(ほと)すなわち女体に比喩したのは、このように脚色することによって神話が永遠に語り継がれる事を意識した、更年四十を越した巫女の臆するところなき洞察と見なければならぬ。

大胆な脚色をすれば未来に語り継がれると考えた巫女、
きっと四十を越えた知恵のある巫女の洞察だろうと真鍋は言います。
なるほどですね。




拾六町





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-01-28 20:31 | スサノオ | Trackback | Comments(0)

スサノヲ(1) カノープス 諏訪星


スサノヲ(1)

カノープス 諏訪星
 
カノープスは地平線すれすれを通るため、めったに見られない星ですが、
それを見たら長生きできるということで老人星と呼ばれています。

そのカノープスをスサノヲに例える古代の文化がありました。

スサノヲはアマテラスとツキヨミの弟神。
アマテラスとツキヨミは目から生まれ、スサノヲは鼻から生まれた。

空ではカノープスは太陽と月に比べてずっと下の方を進んだ。
そのカノープスはナイルの氾濫を告げる星、スハヒル星(諏訪星)だった。

スサノヲは佐太大神、諏訪大神、草木の神、蹈鞴の神。雨風の神。
(諏訪大社の祭神とは違っています)

マミさんがスサノヲに御挨拶に行かれたということが心に残り、
過去記事から真鍋大覚のスサノヲ関連をまとめてみました。

古事記神代記に曰く、
天照大御神に「そなたは高天原を治めなさい」と言ってお与えになりました。次に月読命には「そなたは夜の食国(おすくに)を治めなさい」と言い、次に、建速須佐男命には「そなたは海原を治めなさい」と言われました。(るな訳)

月と星は夜に光を相争う存在であったから、月読命と須佐男命の永遠の仲違いは当然であった。

目は眼窩のなかで自由に動いても音はない。しかるに、鼻はイビキと鼻水を出し入れする。そのかしましい音を古人は「星、風を好むあり。星、雨を好むあり」の諺に則して、世の中に災いを残した須佐男命に見立てたのである。

そして、更に佐太大神或は諏訪大神の別称を奉って草木の神、或いは蹈鞴の神と祭ったのである。

日月が天空を通る道筋を黄道、白道と言う。鼻は目より下にあるから、古事記の須佐男命は地平線を徘徊する運命を背負わされた諏訪星、或いは大陸の言う老人星Canopus(カノープス)即ち雨風を司る神のことになる。

蒼穹の中枢たる北極星には永久に月日に隔てられて近づくを得ぬ存在であった『儺の国の星』「根堅洲国」p26
イザナギの禊から生れた三貴神。
アマテラス・ツキヨミ・スサノヲ。
アマテラスとツキヨミは目から生れましたが、スサノヲは鼻から生れました。

スサノヲが音を出す鼻から生れたことと
カノープスが雨風を司る神だということと重なっていました。


c0222861_1944848.jpg

志賀島 伊邪那岐の禊の場




サハラ沙漠の遊牧民族は、南の地平線の彼方にスハヒルの光芒を見出すと、たちまちにして駱駝と共に高所に居を移す。満々たるナイルの洪水が氾濫するからである。

スハヒルは水魔の象徴であった。そして永遠に天極から見放されて、大地の果てを放浪する運命を背に負わされた呪われた星であった。

何故に過去の宿業に悩まされているのか、近東の神話はその理由を語らない。しかしその鬱積した憤まんが天地晦冥(かいめい)のなかに暴水と怒涛をもって人類を漂没する悪神として敬遠されてきた。

前二十六世紀および前三十八世紀の二度にわたるノアの洪水も又、スハヒルの為すところと信ぜられている。
ナイルの氾濫を知らせる星としてはシリウスが有名ですが、
カノープスもまたその時を告げる星でした。
シリウスとカノープスは同じように南に出ます。

しかし、シリウスは道しるべのように天高く夜空を渡るのに対して、
スハヒル(カノープス)は地を這うように進んで、すぐに沈んでしまいます。

しかも、その星が出ると人々は肥沃な土地を捨てて、
水から逃れる旅に出なくてはなりませんでした。

自分たちの情けない姿とスハヒルの鬱屈した姿を重ね合わせたのでしょうか。
スハヒルは呪われた星という宿命を背負わされました。
日本神話でも同じ宿命を負った神がスサノヲでした。

c0222861_2324725.jpg



『古事記』神代記にいわく、
(こうして、それぞれがお言葉に従って、授けられた国を治めておいでになる中で、)スサノヲの命は授けられた国を治めないで、ヒゲが胸のところに伸びるまでひどく泣きました。その泣く様子は、青い山は枯れるまで、川や海は干上がるほどでした。そのために、悪い神の声はハエがワンワンとたかるように満ちて、いろんな災いが起こるようになりました。

そこで、イザナギの命がスサノヲの命に尋ねました。
「どうしてそなたは授けた国を治めないで泣きわめくのだ」
「わたくしめは亡き母の国、根の堅洲国に行きたくて泣いています」
とスサノヲの命は答えました。すると、イザナギの大神は大変怒って言いました。
「それなら、そなたはこの国に住んではならない」
と言って、そのまま追放されました。(るな訳)

須佐男命はまさにスハヒル即ち諏訪星を神格化した存在であったかもしれない。天照大神は日神であり、月読命は月神であり、そして須佐男命は星神であった。遠い祖先が人間の生活に時間の区切りを教える空間的存在の一つであった。星暦は今はない。 
『儺の国の星』p78
スサノヲは父から追放され、姉からも追放されます。
ナイルの氾濫を告げるスハヒルと、ナイル河畔から出て行かねばならない人々。
そして追放されるスサノヲ。すべてが重なるのですね。

毎年の洪水のために、ナイル流域の人々は家を建てることも出来なかったことでしょう。その地を捨てて東を目指した集団が出た理由はここにあったのかも知れません。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-01-26 20:20 | スサノオ | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー