ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:「ひめちゃご」( 66 )

ひめちゃご63 景行天皇の三女神祭祀



ひめちゃご63

 景行天皇の三女神祭祀
 



ヤマトタケルの父、景行天皇は九州の各地を回った。
その戦いの記録は『日本書紀』にも書かれているが、
祭祀については触れられていない。

パワーポイントをつらつらと流していると、
どうしてもここで止まってしまう。

何度も書いてしまうが、
今日も、水沼(みぬま)の話にお付き合い願おう。







c0222861_20512411.jpg

福岡県の筑後川。向こうに見えているのは耳納(みのう)山脈。
かつては水縄とも書かれていた。


こちら岸に赤司八幡神社が鎮座する。



c0222861_2051504.jpg








c0222861_2052780.jpg

主祭神は道主貴(三女神)だ。
『日本書紀』には水沼君がもちいつくと書かれている。

止誉比咩命は豊姫、すなわち神功皇后の妹。(武内宿禰の妻)
與止比咩命は淀姫、すなわち津波を知らせてくれる水の女神。






c0222861_20522845.jpg

古くは筑紫中津宮といい、止誉比咩神社となった。

しかし、守り続けた水沼氏はキリシタン大名の大伴氏に
神殿を燃やすか、名を捨てるか、選択を迫られて、名を捨てた。
今は宮崎氏となっている。

この時、八幡神社となった。


かつて景行天皇がここで三女神を祀り、皇子を御手代として残した。
その皇子が国乳別皇子だ。

神功皇后でさえ、妹の豊姫を神形代に立てた。
何度も書いた話だ。



この国乳別皇子(くにちわけのみこ)の墓所が在る所が高三潴。
だから、古代の連玉ビーズが出ても何の驚きもない地だ。





そして飯塚での話で、景行天皇は日尾山(ひおさん)でも
三女神を祀ったと聞いた。
それが飯塚の厳島神社の由来だ。







c0222861_20532012.jpg

これは飯塚市の日若(ひわか)神社だが、
右の画像に日尾山が写っているので、ご紹介。
右の道を走ると行き止まり。


車で走ってもかなり大きな山塊だ。
ひおさんは「日尾山、日王山、日思山」の表記があった。








c0222861_2055251.jpg

この日尾山の重要性は何を意味するのだろうか。




c0222861_20534556.jpg

右の画像の川の右手の方から山道があるという。
古代の銅の道だ。

この日若神社そのものには景行天皇関連の伝承はないが、
日尾山が写っていたのでUPしてみた。

何故、景行天皇はこの山に三女神を祀ったのか。

三女神に祈り続けた景行天皇は何を知っていたのか。

『日本書紀』からは全く伺えない、筑紫の女神信仰。
景行天皇より古い時代からの水の女神。

それを消し去ろうとしたキリシタン大名。

そこらへんにも手掛かりがあるんだなと思う。





(神社についている番号は
拙著『『神功皇后伝承を歩く』の掲載番号。
ゆっくりと読み直してくださいませ)





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-28 20:59 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(3)

ひめちゃご62 二見岩の穴の向こうは八女の奥まで



ひめちゃご62

二見岩の穴の向こうは八女の奥まで
 




c0222861_2223279.jpg

この二見岩の穴はランドマークではなく
天文祭祀ラインではないかという新たな謎に、チェリーが応えてくれた。

以下、チェリーからのメールだ。

***

「志賀島 二見岩」の記事、ありがとうございました。
相島、立花山をのぞんだ写真がとても美しく、
やはり志賀島はこの周辺の中心的な意味を持った島なんだなぁ〜
と思いました。

さて、 二見岩の穴は、北西-南東の方向に近く穿たれていると思います。

可能性があるのは最も南寄りに出現する太陽=冬至の日の出が
この穴を通過するかどうかです!


二見岩から見た今年の冬至(2017年12月22日)の日の出の画像を作りました。
lunaさんの「志賀島 二見岩」の記事の最後の写真に合わせています。

http://lunabura.exblog.jp/26504548/


c0222861_2032337.jpg

カシミールの画像は二見岩の上に立った位置からですが、
それほど誤差はないと思います。

う〜ん、微妙ですねぇ…光が通ることは間違いないと思いますが、
それが志賀島の岸部に、または海面に届くかどうか、
これは現地で確認するしかないかなぁ…






c0222861_20323499.jpg

日が昇る地点は、三郡山と宝満山の間の稜線のどこかです。


もうひとつの考え方としてなんですが、
穴の正面がどこを向いているかなんですけど、
要するに、うちのサイトが扱っているところの「何かが通る」と
仮定した場合なんですけど…

志賀島の岸部から二見岩が南東に見える画像を添付します。
二見岩の上から南東方向をのぞむ画像も添付します。







c0222861_20331644.jpg

正面に見えるのは大嶽です。
そして、大嶽の向こうに見えるのは八女の一番奥、
大分県との境にそびえる山々でした。

釈迦岳には二つのピークがあって、普賢岳は標高1231mの最高峰ですが、
大分県に属します。

もうひとつの本釈迦が標高1229.5mで、福岡県の最高峰なのです。
(普賢岳の頂上には気象観測所があるようです。
本釈迦は魅力的な岩峰のようです。)

二見岩から大嶽神社まで 134.8°
二見岩から釈迦岳(普賢岳)まで 135.12°

そして、何故志賀島から直接八女の山々が見えるかと言うと、
大嶽の向こう側は海が続いていたのです。
「針摺の瀬戸」だったのでした!


※二見岩の上に立っての画像ですので、穴の中心から釈迦岳が見えるのかどうか、
微妙なところです。
でも、八女の山々が見えることは間違いないと思います。(石割岳も!)

逆に、釈迦岳から見た志賀島の画像は
「地図でつなぐ聖地の旅 筑前国一宮「筥崎宮」(1)九州王朝 その13 」

http://sakurasaku0911.blog.fc2.com/blog-entry-66.html  

を御覧ください。

***

どうやら冬至ラインはダメだった。

穴の正面の景観に意味があるのだろう。
そこからは、八女方面が見えているという。

チェリーのブログ記事には釈迦岳からの眺望が載せられていて、
それを見ると志賀島が見えていた\(◎o◎)/!

冬至のような真冬の澄み切った季節には志賀島からも釈迦岳が見えるのだ。
まさかの距離感だった。
大岳(地名)の木々が低ければ、容易に見えるのだろう。

その釈迦岳の裏側には鯛生金山がある!
考えすぎか。

しかし、八女の飛形山からの展望で思ったばかりだった。
「野望を持つ人」は見える範囲をすべて掌握したいと思うだろうと。
それが逆に身を滅ぼすことになった。

それが磐井の乱ではなかったかと。

そんな感想を持ったことが思い起こされた。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-24 20:36 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(4)

ひめちゃご61 君が代の発祥



ひめちゃご61

君が代の発祥
 



「君が代」が今でも語り継がれているのが「山誉祭」(やまほめさい)だ。








c0222861_21435518.jpg

社人が櫓(ろ)を漕ぎながら語らう中に「君が代」が出てくる。
「君が代」の発祥は志賀島だ。

左手前に正座する三人の後ろ手に持たれた藁は跳ねる魚を現している。

見守る八乙女のまなざしは母のように優しい。
八乙女の発祥もまた志賀島だ。




櫓を漕ぐ二人の社人の語らう神楽の中に、「君」とは誰か、答えが出てくる。








c0222861_2144453.jpg

あれこそは「阿曇の君」。

「君が代」とは「阿曇の君」を寿(ことほぐ)語りで生まれた。

この画像は志賀島の北部の勝馬。下馬の浜。
神功皇后が「皇神」(すめかみ)に祈るために馬から降りて歩いていったという。













c0222861_21455546.jpg

2番 君が代は 千尋の底の さざれ石の 鵜の居(ゐ)る磯と 現はるるまで

「君が代」の二番では荒磯の鵜が歌われている。
この画像は志賀島の二見岩の磯。
鵜が羽を広げるようすはなんとも心ゆかしい。


明治になって、鹿鳴館で外国の客に日本の歌を紹介するために、
資料を求められたのが香椎宮の宮司・木下美重(よししげ)だった。

多くの神楽が香椎宮に記録保存された中からこの「君が代」が選ばれた。

宮内省雅楽寮の奥好義(おくよしいき)によって作曲されたという。
(『儺の国の星拾遺』より)



この「君が代」は万葉集の時代には旅芸人によって、
節をつけられて広められた。

旅芸人とは傀儡女(くぐつめ)。

放浪する安曇だ。


<2017年3月22日>

『神功皇后伝承を歩く』下巻71 志賀海神社 参照





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-03-22 21:49 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)

楼蘭の4000年前の女性のミイラ




楼蘭の
4000年前の女性のミイラ

ろうらん



今日もテレビ番組から。




c0222861_20342140.jpg

タリム川の南の砂漠地帯のダリアブイで近年発見された謎の民。








c0222861_20343741.jpg

彼らは4~500年前に楼蘭から移住したそうです。赤印が楼蘭。








c0222861_20345453.jpg

その楼蘭で発見されたミイラは4000年前の人。
若いうちに亡くなった彼女はフェルトの帽子をかぶり、
羽根の飾りをつけていました。
まつ毛もそのまま残り、亜麻色の長い髪が波打っています。

シベリア南から移ってきたと推測されていて白人種です。






c0222861_20352414.jpg

靴は牛の皮。紐も有り、布も緻密な織です。









c0222861_20354331.jpg

こんな織と染色の布で飾られた人もいます。
(時代不明)





想像以上に古代の人たちは移動しているんですね。







c0222861_2036481.jpg

舟があれば日本にも来れるんだな。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-14 20:40 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(4)

ボウズ???




古墳みたいだなと思って撮影した。





c0222861_20195461.jpg


あとで見た時、一瞬、ボウズに見えた(´・ω・`)


これが分かる人、昭和っ子に認定します( *´艸`)




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-07 20:20 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)

ひめちゃご60 アイルランドのケルト テレビ備忘



ひめちゃご60

アイルランドのケルト 

テレビ備忘
 

昨夜、NHKでアイルランドのケルトを尋ねて
ロックルーの丘からタラの丘までを歩く特集があったので、
備忘録を書いておこう。



ロックルーの丘 ― クロッサキール ー ケルズ ー 
コージーファーム ー ワードの丘 ― ダンデリー ー タラの丘まで。


ハロウィンの原点の「ソーウィン」の祭を目指す旅だが、
当方は遺跡目当て。

今回はマウンドが空から写されていて興味深かった。







c0222861_20345355.jpg

ロックルーの丘。
魔女の椅子。



ケルト人は中央アジアから紀元前3世紀ごろにアイルランドに到達した。
鉄と馬を持っていたという。







c0222861_20351212.jpg

ケルト十字架の十字はキリスト教で、丸は太陽を表す。









c0222861_20352532.jpg

ケルト文化とキリスト教の習合による模様。










c0222861_20354072.jpg

途中で一瞬写ったマウンドの遺跡。
今ゆっくりと見ると、タオの勾玉から始まる文様だ。










c0222861_20355420.jpg

ハロウィーンの原点である「ソーウィン」。
大地の女神の名は「トラクタ」。
この祭は祖霊祭だ。









c0222861_20361659.jpg

最後にタラの丘。








c0222861_20363331.jpg

各地の王が年に一度集まって儀式をするという。





タラという地名は世界に分布する。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-02-23 20:39 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(8)

ひめちゃご59 ジンヨウとパオタン



ひめちゃご59

ジンヨウとパオタン
 


2016年12月5日 結願


スクネが現れて対話があったあと、話題は沖ノ島に移った。
菊如はスクネに島について尋ねた。

「沖ノ島は本来どんな島なのですかね。宝物がいっぱい出るんです」
「海から入ったり出たりする関所だ。
金の無い者はすべてを置いて行かせた。
入れるか入れぬかはそこで決める。
外からの金銀財宝が眠っている」

「神の島と言われているんですが」
「近寄らせぬためじゃ。参道の位置。湊から入って来た。
石があり、小高い山がある。そこから下に降りていく道がある。
あの大社はそれらを隠すためのもの。島には神などおらぬわ」

「誰が島に最初に入ったんですかね。
中国から三隻の船が入ってくるのが見えるんですが。
水軍の長はスサというのではないですか」



この時、新たな男が来ていたらしく、
菊如はスクネをはずしてその男を呼んだ。



「どけどけい」
男が割り込んできた。右手には武器を持って威嚇していた。

菊如は悠然として尋ねた。
「お名前は?」
「ジンヨウ。あの地、我の地。入るでない」

「中国から来たんですか?中国から三隻の水軍で来ましたね」
「関所を通してほしくば、置いて行け」

片手を出して金を催促するジンヨウの言葉に応じて
菊如はまるで船乗りのように演じはじめた。
「他のクニの船はどんなものを置いていってますか。
我らも置いて行きますよ。
ちょっと聞いたんですけど、あなたに任せた人を知ってるんです。
ムカカタにいる人から任されたんでしょ。
その人の名を出せば何もいらん。通行できると聞いてますよ。」
「パオタンか。パオタンがわれにこの地を守れと言った」

「どこからやって来たんですか」
「パオタンはわれと同じだ」

私が横から尋ねた。
「パオタンはどういう地域に住んでいるのですか」
「川だ」

「釣川ですね」
「関所で取ったものを箱に入れて腕に抱えて持って行って、
赤橋の所で待ち合わせをした」


菊如はそれが何処か分かったらしい。
「鎮国寺の橋の所ですね。今は宗像大社になっている。
何があったのですか。
三人の姫様がおられることになっていますが」
「神様は海に住むわけがない。
海に住む神といえば大亀か龍神かだ。ワニ族とか。
いいか。
われの時代は島ばかりだ。
陸などない。
海を船で行き来する。
領土、線引きなどないね。
今の宗像大社の所も海だ」

菊如はさらに突っ込んで行った。
「パオタンって誰?」
「われらの船は陸に停泊なぞしない。
海に留まって小さな舟で陸にあがるのだ」
ジンヨウは質問には答えなかった。

が、菊如はさらに尋ねた。
「三女神の話があるけど」
「われらの時にはいなかった。
月巫女は見たことがある。
金と銀の扇を持って舞う。
突起した岬の上で巫女が踊っていた。
われは神など見たことは無い。
海の安全保障などできないぞ。
で?」
ジンヨウは再び片手を出して金を催促した。

菊如はしらばっくれた。
「何もない。
その人が名前を言えば通れると言ったんで。
パオタン。
どんな漢字なの」
「みな地域の名前を付ける。泡丹と書く。
うちにもヒメがいるぞ」

*****

これはまだ三女神の信仰が生まれる前の話だ。
だからジンヨウは三女神の話を知らなかった。

これを聞いて思った。
日本海を航海するとき、沖ノ島は水の補給地として重要ではなかったか。
水の補給地は陸の方は年毛宮(としもぐう)だった。

安曇族も宗像族もここで水を汲みだして海に向かったという。
沖ノ島は現在、水は少ししか出ないようだが、
腐らないという貴重なものだ。

そうすると、航海中に水を分けてくれる関守がいたとしたら、
宝物を置いていくことは大いにあるだろう。
実務的だ。
水の話は出なかったが。

それにしても、ジンヨウの話は自分の発想と違っていて驚いた。


分からないで書いた部分はコメントで補ってくれるだろう。

*****

年毛宮については『神功皇后伝承を歩く』下巻70に縁起を書いています。
サイドバーからもどうぞ。

                <2017年2月19日>




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-02-19 21:05 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)

ひめちゃご58 ミヤズヒメ



ひめちゃご58

ミヤズヒメ
 


2016年3月10日 結願


ミヤズヒメはフルベの倉に匿われていた。

「暗い。誰も帰ってこない。このような所に閉じ込めて。
タケルさまは何処じゃ。
何があった。
タケルさまに何があった。
外のモノノベたちがざわついている。
こんな倉に入れて。

カネモチは何処じゃ。

みな、武器を持って固めている。
戦があるのか。

カネモチは何処じゃ」

「ははっ。ここにおります」
サンジカネモチは両手をついて頭を下げた。

「タケルさまはどうした」
「…」

「何をした」
「姫…。タケルの命はもはや…。
姫を苦しめたタケルは在らず。
姫のため、この手で。
守るため。

ご安心なされ。
カネモチがこの手で…。
姫、もう心配いらぬ。
姫、我に続け。
この地を去りましょう」

「わらわは待つ。
タケルさまを待つ。
あの方は死んだりなんかせぬ」

「タケルは二度と現れませぬ。何とぞ、我とともに」

「わらわの前から去れ」

「何とぞ我と共に」

「わらわの前から去れ」

「それほどまでに…。お許しくだされ!」

サンジカネモチの左手が剣を掴むと、次の瞬間、ミヤズヒメの喉できらめいた。

一瞬のことだった。
ミヤズヒメは自分の死さえ自覚できなかった。



ミヤズヒメの霊が語り出した。

サンジカネモチすなわち星読がまだ目の前にいた。


「わらわはカネモチに刺された。のどをやられた。
人を思う一途な気持ちが…
何故このような事態に流されねばならぬかのう。
遠い異国から来て、やっとこの地に根付き、このようなことになろうとはのう。
何故、タケルはわらわの元に来ぬ。

星読「戦のことで心がいっぱいだったのです。
人を思う気持ちの余裕がなかったのです。

「ジングウと会っているのではないか」

星読「密談をしていました」

「わらわよりジングウと会っているのではないか。
そんなにジングウはすごいのか」

星読「姫を苦しめている者をサンジカネモチが…。
姫は誰にも渡さぬ。
生まれ変わられて、また一緒に」

「われは行くぞ」

ミヤズヒメは崋山から離れていった。

ミヤズヒメの命を奪いし者、サンジカネモチ。


***

これもまた一年ほど前のことだった。

ようやく書くことが出来た。



<2017年2月11日>


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-02-11 19:52 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(4)

ひめちゃご57 金と銀の鞍



ひめちゃご57

金と銀の鞍
 



c0222861_21103218.jpg


このキラキラを見た時、金と銀色の世界が蘇った。

そう、「月の沙漠」の歌。

大人になって改めて歌詞を読む。



1 月の沙漠をはるばると
  旅の駱駝がゆきました
  金と銀との鞍置いて
  二つならんでゆきました

2 金の鞍には銀の甕
  銀の鞍には金の甕
  二つの甕はそれぞれに
  紐で結んでありました

3 さきの鞍には王子様
  あとの鞍にはお姫様
  乗った二人はおそろいの
  白い上衣(うわぎ)を着てました

4 広い沙漠をひとすじに
  二人はどこへゆくのでしょう
  朧(おぼろ)にけぶる月の夜を
  対(つい)の駱駝はとぼとぼと

  砂丘を越えてゆきました
  黙って越えてゆきました


作詞:加藤まさを



日本人の心の奥の記憶のような歌。


そう思った。



<2017年2月10日>











いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-02-10 21:12 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)

ひめちゃご56 ムナカタモノノベ


ひめちゃご56

ムナカタモノノベ
 



「脇巫女」のあらすじを書いていると、次々に疑問が湧く。
随時、星読に確認しながら詰めていったが、
資料を整理していると、一回目の結願のメモが出て来た。

結願の途中、「ムナカタモノノベ」が出て来た。
当時は理解できない内容だったので、書くことが出来なかったが、
今なら話が分かる。

そのあらすじは「脇巫女43―物部サンジカネモチ」に書いているが、
やはり分からずに書いていて、訂正が必要な部分があるようだ。
しかし、いまだに分からないというのが正直な感想だ。

今日はその時の対話を具体的に書いてみる。

足りない部分があるが、そこは関係者たちにコメントを入れてもらおう。

サンジカネモチは熱田モノノベの一員で、六ケ岳を守っていだが、
鞍手にはその前に開発者がいた。
それがムナカタ族だった。
のちにムナカタモノノベとなるようだが、
この日出て来た男は怒り心頭に達していた。


***


2016年2月23日。

ムナカタ「我の怒りをそなたは聞いておろう。
我らの思いを踏みにじるのが人間。
この地はそなたらものか。
この地を守るという我らの先人たちの思い。
何をもってもこの怒りはおさまらず。
守ろうとしたものが分かるか。

ムナカタを押さえるモノノベ。

我らムナカタ。

モノノベが分裂したのは知っておるな。
我らムナカタ族が大事な鉱山から採れるものをモノノベが奪い、
熱田神社の裏手に武器を隠しておった。
四方八方から狙われている。
ムナカタのものをモノノベが奪った。

フルベモノノベ358人。リーダーだ。
モノノベはヤマトタケルの出現で二手に分かれた。
思いを一つにしてまとまっていたのが、ヤマトタケルのせいで。
鉱山の武器の開発で思いがバラバラになった。

フルベモノノベはヤマトタケルについた。

何故モノノベが守っていた物をヤマトタケルに譲らねばならぬ。
我らはここを耕し、鉱山を見つけて暮らせるようにした。

ヤマトタケルは正義の味方か?
討ったわれらは悪役か?
ヤマトタケルは何人殺した。」

菊如「役がすり替わっているのですね。
ひもろぎに人が集まっています。
真実を解き明かしたいのです。
資料がないのです。
お手伝いさせてください。
モノノベの真実を知りたいのです。
知らなければ守れないのです。」

ムナカタ「九州は今の半分の大きさだった。
モノノベがいた。
この島国を狙い、シラギ、クダラらが船で目を盗んで住んだ。
日本を国外から守ることがせいいっぱいだった。
いつも戦い火薬や武器を造った。
元からの農耕の者とは仲良くやっていた。
戦闘が激しくなり、武器を持ち、隣国と戦った。
ヤマトタケルが統治するというが、全然違う。
モノノベは古くから日本にいた。

ムナカタモノノベの神はスサノオ。
三女神は熱田モノノベ。
鉱山には黒玉という貴重なものがあった。
相手を討てば一撃。ヤリ、カタナ、弓の矢、一撃で死ぬ。

星読「私の名前は分かりますか」

ムナカタ「サンジカネモチ。熱田だ。
お前が一番知っておろう。
サンジカネモチがヤマトタケルを殺した。
倒れて水を飲んだ。
血だらけで泉水で水を飲んだ。水銀の水。
鎧塚で死ぬと、鎧を埋めた。
五人のの守り人は中山の剣山にヤマトタケルを埋めて死んだ。
ミヤズヒメは熱田。
ヤマトタケルは日本人ではない。
ジングウは日本人。」
るなを見て
「そなたはヤマトタケルを。
どんな思いか、それは言えぬのう」
意味深な顔をして言った。
思いのたけを述べた男は「ああ、良い日だった」
と言って去った。

***

鞍手を開発したのはムナカタ族だが、
のちにモノノベに吸収され、ムナカタモノノベとなったようだ。
シラギやクダラの国名はずっとのちの時代のものだ。
現代人に分かるように代表する国名で表現されるのは、
よくあることだと理解している。

三韓を馬韓・辰韓・弁韓・伽耶諸国といわず、
百済・新羅・高句麗・任那というようなものだ。

楽浪郡と言っても分からない時には古代中国と言えば分かるのと同じ。

<2017年2月6日>











いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif



[PR]
by lunabura | 2017-02-06 21:33 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(8)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー