ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:バスハイク( 10 )

第五回バスハイク鞍手・宮若2




第五回バスハイク鞍手・宮若2




神功皇后の伝承を辿るバスハイクの続きです。







c0222861_16481972.jpg

これは鞍手の古月横穴から見える山並み。→の所が六ケ岳です。
この古墳群は正面に六ケ岳を見ていました!
(上巻60ページ)









c0222861_16484823.jpg

鞍手を離れて宮若へ。
春日神社です。この神紋は撃鼓神社と同じもの。
榊でしょうか。
(上巻20番)









c0222861_16491662.jpg

トヨタ工場を抜けてすぐに笠松神社。
丘を越えて百官百寮も、ここで休憩です。
(上巻21番)









c0222861_16493311.jpg

山口川に出ました。ここは沼口の若八幡宮。
桜並木が道案内してくれます。
神社を背に犬鳴連峰を撮りました。
(上巻22番)



この山の手前に竹原古墳が。
壁画はとても綺麗に見えました。
出土品がどこに収蔵されているのか、やっぱり不明です。
写真だけでも見たいですね。
(上巻64ページ)









c0222861_16501453.jpg

最後の山口八幡宮。最後の石段を振り返ったところ。
どの神社も少し高台にあり、た~くさん石段を上りました。
仲哀天皇と神功皇后の一行も、このあとは厳しい見坂峠越えです。
(上巻23)

万歩計は一万歩越えでしたよ^^


明日は歴史カフェです。
この鞍手のお話も出てきます。
磐井ファンの方も、新情報をご紹介。
飛び込み参加もOKです。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-04-15 16:51 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

今日のバスハイクは桜吹雪のなかで 鞍手・宮若





今日のバスハイクは桜吹雪のなかで



2017年4月13日の鞍手、宮若のバスハイクは
天気に恵まれ、遅れた桜を満喫してきました。

桜吹雪の舞う中、
鞍手の里は桜の里という新しい姿を見せてくれました。

明日、明後日なら間に合うかも。
あるいは来年行く?



桜狩の里として物部の里、鞍手は要チェックですよ(*´ω`)





c0222861_21183992.jpg

木月剣神社(上巻17)

桜のトンネルです。3月31日はつぼみだったので、再参拝しました。
「脇巫女」姫巫女たちを養育した舞台。







c0222861_21191170.jpg

古物神社も桜の園。(上巻18)

「脇巫女」ふるべもののべの舞台です。










c0222861_21193223.jpg

神崎神社。(こうざき)(上巻19)
「脇巫女」神崎もののべ。










c0222861_21194798.jpg

同じく神崎神社。
池の色とのコントラストがお気に入り。











c0222861_2120376.jpg

古月横穴。(上巻60ページ)(ふるつきよこあな)

600年前後。









c0222861_21203370.jpg


山ン神。(昼食)
鷹ノ口おだ山が見えました。










c0222861_21204876.jpg

銀冠塚古墳出土レプリカ。(上巻60ページ)
600年前後。
鞍手歴史民俗博物館にて。






仲哀天皇と神功皇后が豊浦宮から香椎宮に至る道を
バスハイクで辿っていますが、5回もかかりました。
真冬の旅だったので、大変だったでしょう。

6回目はようやく香椎宮です。
6月の菖蒲の季節に参ります。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-04-13 21:23 | バスハイク | Trackback | Comments(2)

第五回バスハイク 鞍手・宮若 物部の里 ご案内


神功皇后の足跡をたどるバスハイク
 
第5回 鞍手・宮若
物部の里
     
2017年4月13日(木) 

   

「歴史と自然をまもる会」主催のバスハイクで、案内を務めます。
今回は鞍手町から宮若にかけての神社を訪れます。

香椎に向かう道中、仲哀天皇と神功皇后は遠賀川を後にして鞍手で上陸します。
古物神社はその行在所で、
隣には『太宰管内志』を著した伊藤常足の邸があります。


c0222861_183549100.jpg

(古物神社)


天皇と皇后は神崎神社を通って白山嶺を越え、宮若市の春日神社、
笠松神社、若八幡宮、山口八幡宮にその足跡を残していきました。




c0222861_18361495.jpg

(左手前 剣岳 正面 六ケ岳)


今回はこの物部の里を訪れ、国指定史跡の古月横穴、
教科書に出てくる装飾古墳の竹原古墳も見学します。



c0222861_18364066.png

(竹原古墳)



天神8:30―(鞍手)古物神社・伊藤常足邸―神崎神社
―古月横穴―鞍手歴史民俗博物館―剣山―
(宮若)春日神社―笠松神社―竹原古墳―若八幡宮―山口八幡宮―天神



①古物神社・伊藤常足邸(上巻18)鞍手町 仲哀天皇と神功皇后の行在所
②神崎神社(上巻19)鞍手町 神功皇后が通過した
③古月横穴 国指定史跡
④鞍手歴史民俗博物館
⑤剣山
⑥春日神社(上巻20)宮若市 神功皇后の馬の鞍を大楠に掛けた
⑦笠松神社(上巻21)宮若市 神功皇后が笠を松の木に掛けた
⑧竹原古墳 国指定史跡
⑨若八幡宮(上巻22)宮若市 神功皇后がここに立ち寄った
⑩山口八幡宮(上巻23)宮若市 神功皇后がここで休んで見坂峠に向かった

つつじの美しい季節ですね。
「脇巫女」の舞台としては古物神社(ふるべもののべ)と神崎神社が該当します。
剣岳はヤマトタケルの旧跡ですね。

どなたも参加できます。

申し込みは「歴史と自然をまもる会」へ。
http://rekishi-shizen.com/
メールも受け付けますが、電話やFAXが確実です。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-03-12 18:41 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

第4回 バスハイクご案内 3月

4回 バスハイクご案内 3月

「歴史と自然をまもる会」の3月のバスハイクのガイドを務めます。

神功皇后の足跡をたどる
 第4回 遠賀川中流域

神夏磯姫・夏羽・田油津姫の里
    2017331日(金)   


c0222861_20010742.jpg
    

中間市の埴生(はぶ)神社は仲哀天皇と神功皇后の(あん)在所(ざいしょ)です。
桜の名所で、垣生(はぶ)羅漢百穴があります。

今回はこの桜を見ながら、遠賀川の中流域、香春(かわら)岳の麓の鏡山大神社、
(かむ)(なつ)()姫や夏羽(なつは)田油津(たぶらつ)姫の話を伝える若八幡神社、
神功皇后の産屋を守った田原麿の正八幡神社、
日本武(やまとたける)尊ゆかりの剣神社、
皇后の連れていた神楽人を指導したという(げき)()神社などを訪れます。

天神―剣神社(鞍手)-埴生神社・垣生羅漢百穴(中間)-若八幡神社(田川)―鏡山大神社(田川)―正八幡神社(田川)―撃鼓神社(飯塚)―小正(おばさ)西(にし)古墳公園(飯塚)―天神



神功皇后のガイドブックでは次のように対応しています。


➀剣神社(上巻17 神功皇后は日本武尊の旧跡で祈った

②埴生神社 (上巻13 仲哀天皇と皇后は航海の安全を祈った

 垣生羅漢百穴

④若八幡神社(下巻60 皇后軍は夏羽を滅ぼした

③鏡山大神社(上巻14 神功皇后は自分の御魂を鏡に鎮めて祀った

⑤正八幡神社(上巻16) 田原麻瑠は皇后の三韓征討に随行した  

⑥撃鼓神社 (上巻15) 太鼓と笛の神が神功皇后の神楽を指導した 

⑦小正西古墳公園 まりこふんによる美人埴輪コンテスト第一位!



いよいよ「脇巫女」「ひめちゃご」の舞台に差し掛かってきました。

➀剣神社(上巻17)は鞍手町の木月の剣神社です。

ガイドブックをご覧くださいね。

ヤマトタケルの行在所で、のちに神功皇后が祈った場所として伝わっています。

「脇巫女」では「月守の民」の子供たち(巫女)を養育した所

という設定になってますよ。

天神を8:30に出発します。

集合場所は日銀の横の路地、ローソンのそばです。

(初めての方は必ず場所を確認してください)

満席の場合は8:10から座席のくじ引きがあります。

申し込みは以下の「歴史と自然をまもる会」までどうぞ。
(リンクしてます)






いつもポチっと応援ありがとう

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-02-07 20:03 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

行ってきました^^



「歴史と自然をまもる会」のバスハイク、
「神功皇后の足跡を辿る」の第3回目に行ってきました。









c0222861_2103749.jpg

この写真は織幡神社から高倉神社に向かう途中、バスの中から撮りました。
海は響灘。
「はつの海」です。
もともと「はたの海」と言ったそうです。

天気予報は曇りだったのですが、抜けるような青空になりました。

久しぶりにクリアな空気の福岡でしたよ!

第四回目は桜の季節に行きます。
守る会のホームページで公開されたのちに
こちらでも案内します。



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-01-13 21:01 | バスハイク | Trackback | Comments(2)

北九州の豊かな自然を楽しんだ



北九州の豊かな自然を楽しんだ



12月2日の洞海湾沿いのバスハイクは天気に恵まれました。

かつて参拝した神社でも、アプローチの方角が違うと全く違う顔を見せます。

取材の時には縁ごと、バラバラに探査するので全体像はよく見えないのですが、
今回のように洞海湾に絞って回ってみると、
遠賀水軍の長である熊鰐一族がどのように洞ノ海(くきのうみ)を
掌握したのか、かなり体感することができました。


今回、心に残ったのは北九州の自然の豊かさ。
特に、山沿いの神社の杜は深く、植物相が豊かに残されています。









c0222861_2062911.jpg

最初に行った一宮神社(上巻2)の磐境神籬は神秘的な世界。

朝という時間帯は格別で、異次元への祈りの場として、
聖地のパワーを今なお留めていました。

ここに神武天皇が立ち、神功皇后も立った。

そんな場所がそのままの地形で残されています。
福岡はこんな聖地が自由に参拝できて、素晴らしいなとよく思います。

太陽の方角から、この天円地方は南に向いている印象を受けました。








c0222861_2065762.jpg

勝山勝田神社(上巻3)は深い森が、参拝者の心を癒します。










c0222861_2071598.jpg

飛幡八幡宮(上巻6)は前日、戸畑祇園大山笠が世界遺産に登録されたばかり。
晴れの日に参拝です。











c0222861_2073273.jpg

お昼ご飯は高塔山。
熊鰐一族がここから出入りする船を見張っていたのが良く分かりました。











c0222861_2075771.jpg

若松恵比須神社(上巻7)は、おえべっさんの縁日!
くじに当たった人もいましたね^^




魚鳥池神社(上巻8)や貴船神社(上巻9)では標高から
古代の海の地形を想像。







芦屋歴史民俗資料館で縄文のシャーマンを見学して、
近くの洞山(どうのやま)で磯歩きをしてきました。









c0222861_2083312.jpg


「足場が悪いから、不安な人は待っていてください」
というと、
「そう言われたら(じっとしておれん)」
とワンパク時代の心が蘇り、
全員が凸凹の荒磯を歩いて大きな穴を見学。







c0222861_2085368.jpg

ここにも神功皇后の伝承がありました。


山あり、海あり、の北九州!
その魅力を満喫するバスハイクでした。




私の新しいカメラは知らないうちに動画になって、
足ばかり写っていて、びっくらこん。(;’∀’)

動画ボタンがすぐ横にあった(´・ω・`)

少しずつ親しんで行こうと思います。








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-12-04 20:10 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

バスハイク 神功皇后3 福津~遠賀川河口 ご案内



バスハイク 神功皇后3

福津~遠賀川河口 ご案内



来年2017年1月13日のバスハイクの御案内です。

「神功皇后伝承を辿る 第3回」では
玄界灘から響灘沿岸部、遠賀川河口に点在する神功皇后ゆかりの宮を訪ねます。

仲哀天皇が豊浦宮で天下を治める間、筑紫で軍備が着々と進められました。

今回はその中で、船の帆を縫った宮、軍旗を織った宮、
また、仲哀天皇が香椎宮に遷宮する時に船を引き止めた男女の二神を祀る宮、

天皇と皇后が祭祀をした神武天皇ゆかりの宮、
神功皇后が凱旋後に住吉神を祀った宮などをまわります。

コース
新原奴山古墳群(車窓)
縫殿神社(上巻5) 皇軍の船の帆を織った神が祀られている
織幡神社(上巻4) 神功皇后と竹内宿禰が紅白の軍旗を織らせた
高倉神社(上巻11) 男女の二神が天皇の船を引き止めた 
岡湊神社(上巻10)岡の水門で仲哀天皇の船が進まなくなった
神武天皇社(上巻12)仲哀天皇と皇后は宗像三神を遥拝した
住吉神社(下巻98) 神功皇后は松を植えて住吉大神を祀った
唐ノ松神社(下巻98)(車窓) 神功皇后は松を植えて住吉三神を祀った
          (番号は拙著『神功皇后伝承を歩く』の掲載番号)


天神を8:30に出発します。
集合場所は日銀の横の路地、コンビニのそば です。
(初めての方は必ず場所を確認してください)
8:10から座席のくじ引きがあります。


申し込みは「歴史と自然をまもる会」までどうぞ。
http://rekishi-shizen.com/



集合場所






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif




[PR]
by lunabura | 2016-12-03 19:40 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

バスハイクのお知らせ 12月2日 「洞ノ海 魚鳥池」 


バスハイクのお知らせ 
12月2日 (北九州市)

「洞ノ海 魚鳥池」 




「歴史と自然をまもる会」のバスハイクのご案内です。

12月のバスハイクは「神功皇后の足跡をたどる②」で、
北九州市の洞海湾の湾岸地域をまわります。

1.一宮神社(上巻2)八幡西区 熊鰐一族が守った神武天皇の岡田宮跡 磐境神籬
2.勝山勝田神社(上巻3)八幡西区 大倉彦の領地 竹竿供出
3.飛幡八幡宮(上巻6)戸畑区 仲哀天皇が祈った千曳の岩
4.若松恵比須神社(上巻7)若松区 武内宿禰が祈った光る石
5.魚鳥池神社(上巻8)若松区 神功皇后の船が立ち往生した洞ノ海あと
6.貴船神社(上巻9)若松区 船留の松 神功皇后が貴船の神を祀った
7.芦屋歴史の里 山鹿貝塚 赤ん坊を抱いた縄文人

山鹿半島は、かつては島で、
陸との間の穏やかな海を「洞ノ海」(くきのうみ)と言いました。
今は洞海湾(どうかいわん)と言いますね。

この海域で船団を組織し、造船をして修理もしていたのが
岡県主(おかのあがたぬし)の祖(おや)である熊鰐です。

遠賀水軍の長と言われています。

当ブログではよく登場しましたね^^

豊浦宮(下関)から周防にいったん疎開していた
仲哀天皇と神功皇后を熊鰐は迎えにいきます。

その途中から天皇と皇后は別の船に乗って遠賀川に向かいます。

皇后の船が魚鳥池(ぎょちょうがいけ)で立ち往生した話が
『日本書紀』に載っていますが、
その現場が田んぼになって残っています。

その周囲の神社も廻っていきます。

勝山勝田神社と貴船神社は水の神様をまつるので、
独特の神秘性があります。
私ももう一度行けるのが楽しみです。

最後に時間があれば「芦屋歴史の里」で縄文人の埋葬復元を見ます。
二人の女性が赤ん坊を挟んで眠っていますが、
その胸には大きな緑の石がかけられていました。
北九州の歴史を知りたい人必見の資料館です。

拙著『神功皇后伝承を歩く』上巻の2~9までのうち、
6社をまわります。

申し込みは「歴史と自然をまもる会」までどうぞ。
http://rekishi-shizen.com/

2016年12月2日(金)
天神8:30出発です。

(第一回は弁当を作って持っていったのですが、
唐戸市場に行ったので、海鮮丼を買って食べちゃいました。
自分の弁当はお持ち帰りです( *´艸`)

今度もおいしそうな所に連れていってもらったら、やばいから
弁当なしで参加します。

もちろん、歴史の案内は私がします!)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-10-20 20:41 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

バスハイクの集合場所



明日のバスハイクに参加される方へ

明日は「歴史と自然をまもる会」主催のバスハイクですが、
集合場所は天神の日銀の「横」の路地だそうです!

日銀の横にコンビニがありますが、
その近くということです。

お天気も大丈夫そうね。

ではまた明日。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-09-15 22:48 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

バスハイクのご案内 忌宮神社と綾羅木郷遺跡



バスハイクのご案内

忌宮神社と綾羅木郷遺跡

 

「歴史と自然をまもる会」で
毎月二回、バスハイクが行われていますが、
2016年9月16日(金)のバスハイクの講師を務めることになりました。


「神功皇后の足跡をたどる」
―仲哀天皇の皇宮があった忌宮神社と綾羅木郷遺跡―

訪問先 下関市
1、豊功(とよこと)神社 忌宮神社飛地境内 干珠満珠展望 
2、忌宮神社 仲哀天皇の豊浦宮あと
3、仲哀天皇殯斂(ひんれん)地(日頼寺)
4、火の山展望台 360度の展望 地形の観察 昼食
5、住吉神社 長門一宮 神功皇后を守った住吉神
6、下関市立考古博物館 綾羅木郷(あやらぎ)遺跡
 神功皇后が「あやら」と言った
 
また、時間があれば、
7、吉見港(新羅が占拠した蓋井島への港)
8、土井ケ浜遺跡(人類学ミュージアム)
も回ります。

マイクロバスで、手作りのバスハイクということで、
スケジュールは当日変更になる場合もあります。
その点は一般の観光ツアーとは違うのでご承知おきください。

弁当か、あるいはレストランがあればそこでということなので、
弁当持参の方が安心だと思います。

会費は4000円。



拙著『神功皇后伝承を歩く』は
福岡県を対象とした神社のガイドブックですが、
どうしても、当時の都であった下関の忌宮神社は外せませんでした。

そこで、第一番に登場させましたが、
バスハイクでは境外社の豊功神社や仲哀天皇の殯斂地など、
重要な所も押さえます。

また、下巻の最後にやはり紹介せずにはいられなかった
長門の住吉神社も案内します。

集合場所は天神の日銀前、朝8:30分です。


申し込みは会員でなくても出来るということで、
希望の方は以下のホームページから連絡してください。

締め切りは9月9日です。


歴史と自然をまもる会
http://rekishi-shizen.com/?p=426




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-08-19 17:21 | バスハイク | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー