ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:君が代ゆかりの三社・福岡市( 1 )

「君が代」ゆかりの三社参り


「君が代」ゆかりの三社参り

志賀海神社・名島神社・香椎宮


アケオメ号は、やはり神社ですよね。
一年間、福岡の神社と伝承を見て行くうちに、
「君が代」が国歌になっていった流れが見えて来ました。
という事で、今日は「君が代」ゆかりのブログ内三社参りをしましょ。

志賀海神社
「君が代」が福岡市の「志賀海神社」の神事で連綿と歌い継がれているのを
知る人はまだまだ少ないようです。その一部を紹介します。
意味が分からなくても、口ずさんでみて下さい。

えびら弓たらしの歌
〇志賀の浜 長さを見れや いく夜経るらむ いく夜経るらむ
〇香椎路の あの向こうなる 吹き上げの浜に 千代に千代まで

〇今宵の夜中に 着き給いたる み船はや 誰がみ船なりけるや 
あれこそは 安曇の召されたる み船なりける
〇ゆらがやゆらか 塩屋のゆらか ゆらかゆらか

〇今宵の夜中に 着き給いたる み船なりけるや あれこそは 
安曇の召されたる み舟なりけるや
〇君が世は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔のむすまで
     略   (古伝神楽歌 天保初年)

えびら=箙 
これは江戸時代に書きうつされた資料です。
数人の人が問答形式で詠みあげるようになっています。
これが現在でも歩射祭で、詠み継がれています。

c0222861_13302277.jpg

志賀海神社 拝殿
c0222861_13312078.jpg

境内の新緑

名島神社
この「君が代」は名島神社にも伝わっていました。

今宵 夜半に着き給う 御船こそ たが御船ありけるや
あれはや あれこそは 阿曇の君の召し給う 御船なりけるよ

君が代は 千代に八千代に  細石の 巌となりて 苔のむすまで

(今夜 夜半に到着なさる 御船は誰の御船だろうかなあ。
あれはなあ、あれこそは 阿曇の君が乗っておられる 御船だよ。)
この名島は今は陸続きですが、昔は文字通り、島でした。
「那の国の島」という事ですね。那の国の王の宮殿とも、離宮とも言われています。
金箔の瓦が出土しています。

c0222861_13325190.jpg

名島神社 拝殿
もともとは島の頂上にあったのが、秀吉によって、中腹に降ろされました。
今は頂上が公園化されて、誰でも入れるようになっています。
c0222861_13332941.jpg

臥龍桜

香椎宮
この「君が代」は万葉集の時代には旅芸人によって、
節をつけられて広められたようです。

明治時代になって、鹿鳴館で外国の客に日本の歌を紹介するために、
資料を求められたのが、「香椎宮」の宮司・木下美重(よししげ)氏です。
多くの神楽が香椎宮に記録保存されていたそうです。
その時に選ばれたのがこの「君が代」です。
宮内省雅楽寮の奥好義(おくよしいき)氏によって、作曲されました。
(『儺の国の星・拾遺』より)
c0222861_13345422.jpg

香椎宮 拝殿

c0222861_13353590.jpg

境内の綾杉

細石って何?
この「さざれいし」が何を表すのか、多くの人が考察しています。
今日は、真鍋大覚氏の説明を紹介します。

「さざれいし」とは砂鉄、即ち磁鉄鉱(Fe3O4)の結晶である。これを鉄に還元する名匠が伊迹師(いとし)、或いは五十氏(いそし)、後に万葉の頃は石上(いそのかみ)であった。

「いわほ」とは鉄のことである。鉄が分解して赤鉄鋼(Fe2O3)にサビとなって、苔が吸収されるまでの過程を述べた古歌だった。

しかし、この歌の内容を見る限り、砂礫が地球の造岩作用によって岩石に固結し、ついには風化して塵埃となり、草木に吸収されるまでの過程を説いたことになる。
(『儺の国の星・拾遺』)

砂鉄を集めて鉄を作りそれが再び風化するのには大変長い月日がかかります。
その長い月日ほどに永く栄える事を寿(ことほ)いだ歌だという事です。
歌の含む地球規模の壮大な風景が、国歌に選ばれた背景にあるのですね。

この三社参りは、那の国の始まりの頃の逍遥になります。
詳しくは、サイドバーから各神社を海辺の美しい景色とともにどうぞ。

地図 志賀海神社 名島神社 香椎宮




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-01-01 13:47 | 君が代ゆかりの三社・福岡市 | Trackback | Comments(6)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー