ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

神在神社・大伴の狭手彦が祀った宮だった


神在神社
かみあり
福岡県糸島市神在
大伴の狭手彦が祀った宮だった 

「神在」(かみあり)という地名は
神功皇后が「霞たなびき、神が在られる」と言ったことから付いたといいます。
どんな所でしょうか。
前回の宇美八幡宮から北の方に3キロほどで着きました。
c0222861_20133881.jpg

小さな住宅街の最奥に神社はありました。

c0222861_20143477.jpg

境内は花が植えられていて、よく手入れがされています。

c0222861_20144917.jpg

一段高い所に本殿がありました。
由緒書きがあったので、写します。(一部ひらがなに)
神在神社由緒
1.鎮座地 福岡県糸島市神在801
2.祭神 
   天常立尊(あめのとこたちのみこと)天を守る神、陸・海交通守護、特に航海安全、縁結び
   国常立尊(くにのとこたちのみこと)地を守る神、縁談成就、子授け、安産など
                 もろもろの願い事
   伊弉諾命(いざなぎのみこと)国土の基礎を築いた神、国家安泰、子孫繁栄、五穀豊穣
   伊弉冊命(いざなみのみこと)国土の基礎を築いた神、家内安全などの願いごと
   瓊瓊杵命(ににぎのみこと)五穀豊穣、大漁、交通安全の神
   彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)五穀豊穣、豊漁、雨乞い、一家繁栄の神
   菅原神(すがわらのかみ)文章博士であったので学問の神様として敬う。
               学問全般にわたり御利益あり。

3.由緒
 第28代宣化天皇の2年壬辰(みずのえたつ―572年)征新羅将軍に任ぜられた大伴連狭手彦(おおとものむらじさでひこ)は、新羅遠征と任那(みまな)百済(くらだ)救援の成功と渡海の安全を為すため都(奈良県高市郡)より七世の神(国常立命・伊弉諾尊・伊弉冊尊・瓊瓊杵尊・彦火火出見命・保食命(うけもちのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)を勧請し、当地に神社を建立したのが神在神社の始まりとされています。

最初は牧の天神山に在って勝れた神徳に人々が集まり村ができ、盛んに信仰されました。しかし戦国時代となり激しい戦乱のなかで祭りは途絶え社殿は荒廃し、神社の古いいわれを知る人もわずかになりました。

戦乱が終わり、平和な世の中になった、寛文4年(1664)識者と村の有力者が、小社を今の宮所神在に建立しました。さらに宝永4年(1707)古屋敷(ふるやしき)にあった社殿などを再建し、相殿左に菅原神を祀り、右座に六柱天神を祀りました。

また野崎の天神山に祀られていた埴安命(はにやすのみこと)も合祀して現在の神在神社の姿になりました。(後略)
御祭神が天常立尊から始まって国常立・イザナギ・イザナミなどと、
そうそうたる顔ぶれですが、これらが大伴連狭手彦の勧請によるものだと知って、
興味深く思いました。
大伴の狭手彦は唐津の佐用姫伝説で、佐用姫が恋い慕う人として、
馴染み深い名前だからです。
彼は戦うために二度も朝鮮半島に渡っています。
その将軍を恋い慕うあまり、佐用姫が石になったという伝説は今も人々に語り継がれています。
詳しくは、鏡山稲荷神社(1)~(2)に書いています。

その狭手彦とはどんな人でしょうか。日本書紀から拾い出してみましょう。
宣化天皇2年。(536年)冬10月1日に、天皇は、新羅が任那を攻撃したことを知って、大伴の金村大連に命じて、その子の(いわ)と狭手彦(さでひこ)を遣わして、任那を助けました。その時に磐は筑紫に留まって、その国の政治を行い、三韓に備えました。狭手彦は行って、任那を鎮圧し、また百済を救いました。

欽明天皇23年(562年)8月に、天皇は大将軍大伴の連狭手彦(さでひこ)を派遣して、兵数万を率いて高句麗を討たせました。狭手彦は百済の計略を用いて、高句麗を打ち破りました。その王は垣を越えて逃げました。

狭手彦はついに勝って、宮殿に入り、珍しい宝物の数々と・七織物のカーテンと鉄屋(くろがねのいえー内容不明)を手に入れて帰還しました。(鉄屋は高句麗の西の高殿の上にあったもので、織物のカーテンは王の奥の部屋のものという)七織物のカーテンは天皇に献上しました。

甲二領、金細工の太刀二振り、彫刻を施した銅の鐘三つ、五色の幡二棹、美女姫(おみなひめ)に侍女の吾田子(あたこ)を付けて、蘇我の稲目の宿禰の大臣に送りました。大臣はその二人を召し入れて妻にして、軽の曲殿(まがりどの)に住まわせました。(鉄屋は長安寺にあるが、どこの国にあるのかは分からない。)
(※長安寺趾が朝倉市にあります。朝倉の橘の広庭宮の候補地の近くです。
悲恋の感想は鏡山稲荷神社の方にて)

狭手彦の戦いの相手は一回目が新羅。二回目が高句麗です。
常に倭国は韓半島の情勢を把握しているのが分かります。
船を出すのは唐津からです。
ですから、この神在という所は、近畿からも筑紫からも
唐津に往来するために通過する要衝の地だと思われます。

狭手彦が渡海の安全と勝利を願ってこれらの神々を祀った背景が分かりました。
神社の由緒からは神功皇后の名は消えていますが、
「霞がたなびき、神が在られる」というほど神秘的な場所だったのでしょう。

神功皇后が祭祀した所に狭手彦が改めて祭祀をしたと考えます。
同じように海を渡っての戦いなので、神功皇后の功績にあやかれるよう、
心から望んだ事でしょう。
現在の神社は各地から遷座しているようなので、それぞれの宮の元の場所が分かれば
もっと具体的な古代の景色が再現できるのではないかと思いました。

c0222861_20203757.jpg

これは拝殿から境内を写したものですが、向こうに山が見えます。
地図を見ると宮地岳のようです。
神奈備型の秀麗な山を各地で宮地岳と付けています。
宮地岳とは北極星を祀る山だと聞きます。
ですから、この宮地岳のずっと南にその祭祀場があると思われます。
(地図を見ると南に天降神社があり、祭神はニニギの命なので、
これはまた調べることにします。)

この神在神社は宮地岳の南西にあるので北極星を祀る訳ではないですが、
遥拝所の一つだったのかも知れませんね。

<蛇足>
ところで、日本書紀の
大伴の金村大連に命じて、その子の磐(いわ)と狭手彦(さでひこ)を遣わして、任那を助けました。その時に磐は筑紫に留まって、その国の政治を行い、三韓に備えました。
の一文が気になりました。
「大伴の磐が筑紫で政治を行った」と書いてあります。
当時の筑紫の施政所はどこにあったのでしょうか。

大宰府でしょうか。磐瀬宮でしょうか。愛宕山でしょうか。
分捕り品の鉄屋というものが運ばれた長安寺跡が朝倉にあるので、
朝倉だったのでしょうか。
これって、九州王朝と関係あるのでしょうか?

う~ん。どなたか調べた方、ありませんか?


地図 神在神社




狭手彦と佐用姫の話はこちら
http://lunabura.exblog.jp/i80/
鏡山稲荷神社(1)佐賀県唐津市松浦佐用姫伝説の石を見に行ったけど
鏡山稲荷神社(2)異世界は盤座の世界だった イナリと鉄と悲恋







ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-28 20:25 | (カ行)神社 | Trackback | Comments(3)

宇美八幡宮・糸島(1)仲哀天皇の殯斂地と特殊神事


宇美八幡宮(1)
福岡県糸島市長野
仲哀天皇の殯斂地と故事を伝える特殊神事

前回の雉琴神社から西へ約1.5キロ弱に宇美八幡宮があります。
県道12号線から見ると丘の麓に鳥居が見えて「こっちだよ」と教えてくれるのですが、
正面には道がありません。

c0222861_22383277.jpg

この写真だと右の方に八反田の信号があるので、そこから左折して
すぐにもう一度左折すると、案内板があって農道を通って辿り着きました。

c0222861_22385468.jpg

車道は参道の途中を横切るように通っているので、
この鳥居は二か三の鳥居になります。
参道の左には見事な藤棚があったので、それを目印にするといいです。

c0222861_22391037.jpg

二つ目の石段です。丘の上に上って行きます。

c0222861_22395048.jpg

すぐ右側に拝殿がありました。森厳な感じが伝わって来ます。

c0222861_2240431.jpg

拝殿は広くて、浮彫りが施され、建物は向こうが透けています。

c0222861_22402091.jpg

神殿に廻ると武官像が左右に控えていました。
このような造りを見るのは初めてです。
格式の高さを感じさせられます。宝暦9年(江戸時代)の建立です。


この宇美八幡宮には本宮上宮があって、現在地は本宮です。
上宮には仲哀天皇が祀られています。
今回は上宮には参拝しなかったのですが、仲哀天皇の御棺が一時期納められていたと伝えます。

まずは神社にあった縁起を書き写します。
宇美八幡宮縁起
祭神 
上宮 仲哀天皇
本宮 気比大神、応神天皇、神功皇后、清瀧権現、玉依姫、瓊々杵尊

由緒
上宮 長嶽山(前の山)南方に鎮座(周囲45間)丸型山稜、頂上に石祠がある、祭神は仲哀天皇。当社の縁起によれば、神功皇后の摂政元年、武内宿禰に命じ、香椎に在るところの先帝のお棺を当山に収めて、築陵したとある。皇后の三韓御渡航の折の御殯斂(ひんれん)の地か。


c0222861_22422922.jpg

これは長嶽山を上から見た図です。
北に本宮が有り、南に仲哀天皇を祀る石祠があって上宮と言います。
縁起では、「香椎宮にあった棺をここに収めたので、三韓に渡航する間の殯斂地としたのか」
とあります。

大分宮(だいぶぐう)の裏の山にも仲哀天皇の殯斂地があるので、
天皇の御印のようなものを棺に入れて、共に行動したのだろうかと、
ちょっと考えました。真実はどうなんだろう…。

宮司さんの家がすぐ隣にあったので勇気を出して訪ねました。

ちょうど在宅で、話を伺うと、
「仲哀天皇は幡振山(はたふりやま)→不動池
→筒原という神籠石の水門の下の不動滝
嵯峨里の集落→雉琴神社の横のしょうずの水
(雪が降っても積もらない所で、25度~26度の湯が湧く)
を通って室小路で急に亡くなられた」
という話でした。死因は分からないそうです。
(話を聞いた時は地名がよく分からず、順や名称が違っているかも知れません。)

「そこで、仮埋葬するモガリの宮の場所を占った所、すぐ近くの小高い丘に決まったんです。
それがここで、長嶽山と言います。
のちに武内宿禰がやって来て、棺を掘り出していったと聞きます。

仲哀天皇が亡くなった場所では毎年お祭りをします。

10月15日(に近い土日)は朝8時から神饌を調理しますが、
宮方二名と宮司が一の膳から五の膳まで52種類の料理を作ります。
それから室小路へと進みます。

室小路が亡くなった場所で、現在はそこは田んぼになっているので、
横の道路で行いますが、昔は稲を刈って神事を行っていました。
宮司と宮方2人。男子、女子の正稚児で催行します。

正稚児が八幡宮を向いて、杯についだ甘酒を飲んで青豆を3粒食べて、
それを三回繰り返します。」
この稚児の不思議な動作は当時の占いを模したものでしょうか。

「三台の神輿が鎮懐石八幡宮(ちんかいせき)まで七日かけて往復します。」
(かつての道はウケの森(ウブゲの森)→ボラ峠→下向道→こゆがはら)
驚く事ばかりでした。宇美八幡宮が鎮懐石八幡宮と繋がった…。

このように故事にちなむ祭事を聞くのは初めてで、
メモを取るのがやっとで、話の断片をつないだものなので、
これから先、訂正する事があろうと思います。

(不正確な文なので、引用はしないでくださいね。
何度か電話でも教えていただいたのですが、まだまだ不十分です。)
ただただ、「この祭は大変な文化財だ」という思いがします。

これほどの祭事にしてまで伝えられる仲哀天皇の崩御の地。

あの記紀の話は?
あの御勢大霊石の話は?

どれが真実なのか?
伝承をつないで来た私はここで途方に暮れたのでした。

それでも、さらにこの伝承に厚みをもたらしたのはこの話をしてくださった宮司さんの姓です。
その姓は武内。
武内宿禰の子孫81代目だそうです。
                                        (つづく)

地図 宇美八幡宮







ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-27 22:53 | 宇美八幡宮・うみ・糸島 | Trackback | Comments(2)

宇美八幡宮(2)武内宿禰の子 平群の木菟の末裔が祀る宮


宇美八幡宮(2)

武内宿禰の子 平群の木菟の末裔が祀る宮


c0222861_223105.jpg

「先祖は武内宿禰の第四子と聞いて来ます。」
その言葉に、思わず宮司さんを見上げてしまいました。
大変背が高く、堂々とした体格です。

この宇美八幡宮は代々、武内宿禰の子孫が祀っていました。
第四子って誰だろ?
家に帰ってUPしていた系図を引っ張り出しました。

c0222861_223217100.gif

古事記の系図ですが、右から四番目は「平群の都久」です。
この「ヘグリのツク」には不思議な名前交換の話があります。
父親たちが子供たちの名前の交換をしているのです。
父親たちとは応神天皇竹内宿禰の事です。

子供たちが同じ日に誕生していました。
応神天皇の子供は仁徳天皇です。
平群のツクの「ツク」は仁徳天皇に付けられるべき名前だったのです。

『古事記の神々』に口語訳したものがあるので、そこだけ抜粋します。
〔仁徳天皇〕
始め、仁徳天皇が生れる日には、ミミズクが産殿に飛び込んできました。
その翌朝、(父親の)応神天皇は大臣・武内宿禰を召して
「これは何のしるしだろうか。」と尋ねました。大臣は
「吉祥です。たまたま、私の妻が出産したのですが、ミソサザイが産屋に飛び込んできました。これまた不思議な事です。」
と言いました。

この時天皇は言いました。
「今、我が子と大臣の子と、同じ日に生まれたとは。どちらも吉瑞があった。これは天の表(しるし)だ。思うに、その鳥の名を取り換えて、お互いの子に名付けて、後の世の契りとしよう。」と。

そこでミソサザイ(サザキ)の名前を太子(仁徳天皇)に付けて、オオサザキの皇子としました。ミミズクの名を大臣の子に付けて、ツクの宿禰としました。これは平群臣の始祖です。この年、太歳がありました。(日本書紀)
少し変な気分です。
だって、壱岐真根子が竹内宿禰の身代わりで死んだ原因は、
応神天皇が竹内宿禰の殺害命令を出したからでした。

ところが、今度はお互いの子供が同じ日に生まれたから、名前を交換して契ろうという訳なのです。
ずいぶん信頼関係が変化しました。応神天皇はもちろん神功皇后の御子です。
系図を出しましょうね。

c0222861_22332599.gif

このあたりは話も年代も一貫しないので、私は「捏造しているな」と疑うようになっています。


c0222861_2234248.jpg
それはさておき、書紀によれば
ミソサザイは竹内宿禰の妻の産屋に飛び込んできました。
そして仁徳天皇の名前になりました。




c0222861_223430100.jpg
ミミズクは応神天皇の妃の産屋に飛び込みました。
そして竹内宿禰の子の名前になりました。
ミミズクの古名はツク。ズクとも。


これはいったい何の暗号なのでしょうか。まだ手掛かりは掴めません。

取り敢えず「平群のツク」について事前準備が済みました。

それでは本題の宇美八幡宮の縁起の続きを読みましょう。
本宮 
古名を長野八幡宮という。

神功皇后、三韓御渡航の折、船上に神あり。「吾は新羅の神、清瀧権現なり」と「皇后の国土を守護せん。」よって、神功皇后が無事御帰朝の際、当山にて報賽の祭りを執り行ったという。

その後、第16代仁徳天皇の治天10年、平群木菟(つく)の宿禰の子、博公を神主として、この霊蹟に神社を建立し、気比大神(天日鉾尊)を祀らせたのが本宮の起源である。
古名を長野八幡宮というのは、所在地が長野という地名だからです。

縁起では神功皇后の渡航の船に新羅の神が現れて守護してくれたので、
凱旋後、ここで報賽の祭を行い、
平群のツクの子が気比大神を祀ったのが起源だと書いてあります。

気比大神はアメノヒボコだと書かれています。
(気比神宮ではイザサワケです。)
新羅攻撃なのに新羅の神が現れて、倭国の方の応援を約束したという事になります。

古事記によると、このあと13年後には応神天皇と気比の大神の名前交換も行われています。

二代にわたって行われた名前の交換と混線する神の名前。

しかもこの話が西暦200年頃の話だとすると、実は新羅はまだ建国前です。
便宜上新羅と呼んでいるだけです。辰韓、シャグク、サログクのどれでしょうか。
まだまだ、分からないことだらけです。

それでも、ここに来て分かったのは、
アメノヒボコの伝承のある雷山神籠石を通って仲哀天皇と神功皇后が雷山から降りてきた。
そして、その直後、重大な変事が起こり、竹内宿禰の末裔が今なお神社を守っているという事です。

ここに気比の神が祀られている事は、古代史の謎を解く手がかりになる事でしょう。
伊都国は解かれるのを待つ謎がたくさん残っています。

c0222861_22364085.jpg

一の鳥居の前の川です。この話の舞台となった雷山などが一望できました。

(つづく)

なお、竹内宿禰を祀る織幡神社にある、
気比と筑紫に共通する沈鐘伝説の話を書いています。

織幡神社(5)沈鐘伝説と海女
http://lunabura.exblog.jp/14829157/





ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-26 22:41 | 宇美八幡宮・うみ・糸島 | Trackback | Comments(0)

宇美八幡宮(3)長野宮ノ前支石墓


宇美八幡宮(3)
長野宮ノ前支石墓

宮司さんからお話を伺ったあと、石段を下りて車に戻ろうとしましたが、
一の鳥居への参道の雰囲気がいいので、道路を渡って歩いて行きました。
すると。
c0222861_204015100.jpg

あれ?これは支石墓?

c0222861_2040473.jpg

同じ三石を反対から。
ちょっと小振りだけど、やっぱり支石墓です。
こんなに綺麗に並んでいるからこれは移動したのかな?

c0222861_2041511.jpg

反対側にも三つ並んでいて、
これは後世に字が彫られた石などが支えに代用されています。
注連縄が張ってあるので、何らかの伝承を持っているようです。

説明板がありましたよ。
長野宮ノ前支石墓
この支石墓は現在地から300m東に位置する長野宮ノ前遺跡から発見され、当地に移築復元したものです。
遺跡は弥生時代の初めごろ(今から2300年前)の総数40基にのぼる共同墓地で、1987年の県営ほ場整備工事の際に発見されました。

この花崗岩の大石は重さが約3トンあり、石下から大きな壺の棺が出土しました。
支石墓とは墓穴に遺体を埋葬した後、地表に大石を据えて墓石にしたものです。
通常は大石と地表の間に人頭大の支え石を挟んでおり、これが墳墓の名称の由来となりました。

支石墓は朝鮮半島から伝えられた墓制で、糸島市の志登支石墓群(国史跡)石崎矢風遺跡、新町遺跡、唐津市の葉山尻支石墓群(国史跡)など糸島から唐津にかけての玄界灘沿岸地域から多く発見されています。
古代のわが国と朝鮮半島の人々の活発な交流を物語る資料として貴重です。
平成7年3月31日 糸島市教育委員会



c0222861_20433570.jpg

これを見ると、縄文人の集落と弥生人の墓域が並んでいます。
この二つの異文化は調和して融合出来たのでしょうか。

c0222861_20435180.jpg

これは一の鳥居から見える東の風景です。
川がすぐ前を流れていて、向こう岸の田んぼの中に支石墓があったようです。

縄文時代から人々が暮らしていた所に渡来人がやって来ました。
どんな文化的ショックが起こったでしょうか。
糸島に生まれた神話は日本神話の源流の一つになって行きました。

もう少し糸島を逍遥しましょう。
次回は神在神社です。




ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-24 20:45 | 宇美八幡宮・うみ・糸島 | Trackback | Comments(0)

雉琴神社・夢の中で日本武尊が教えてくれた


雉琴神社
きじこと
福岡県糸島市飯原
夢の中で日本武尊が教えてくれた 

雷山から降りた所に走っている49号線沿いに雉琴神社はありました。

c0222861_1314130.jpg

一の鳥居です。

c0222861_13142527.jpg

珍しく平地にある神社なので、石段が少しです。

c0222861_13144144.jpg

拝殿はすぐそこ。

c0222861_1314567.jpg

拝殿の中のようすです。

c0222861_1315126.jpg

平地の明るい境内の神社ですが、古木ぶりがすごいです。

c0222861_13153729.jpg

いったいどれだけの長さを生きて来たのでしょうか。

ここは雷神社から降りてきた神功皇后の一行が休んだ所と伝わっています・
境内の由緒書きより。(一部改変)
雉琴神社
祭神 日本武命(倭建命)
祭日 9月23日
日本武命は第12代景行天皇の第2皇子として生まれ、性勇猛果敢、父天皇に命ぜられ、東方12ヶ国の荒ぶる神たち、従わざる者たちを討たんとして、相模の国に至り、国造にだまされて野原に入り、火をかけられ、焼打ちにあわれ給うが火打石・草薙剣により、逆火をつけ給い、辛うじて難を逃れ給う。(火焼、やけどの神)

神功皇后高祖より御坂(三坂)を経て雷山に登り給い、層々岐岳にて天神地祇を祀り、戦勝を祈り給う後、山を(嵯峨里)給い此処に宿陣したまう夜、夢枕に日本武命(やまとたけるのみこと)が立たれ、賊徒討伐の法を教えられたという。

雉子(きじ)の鳴く声を琴の音に聞きて目覚められ、帰還の後、日本武命を祀り雉琴神社と崇(あが)め奉り、ここを雉琴を名付けられた。
(古事記、神社縁起による)
ここにヤマトタケルが祀られているのは、神功皇后の夢枕に立たれたからですね。
ヤマトタケルは仲哀天皇の父君です。
雷神社で参籠して祈った答えが下山してから得られました。

嵯峨里という地名は天皇皇后の一行がそこを下がって来たからだ
という地名由来が残っています。
不動池、雷山神籠石を通って下る途中の地名です。

ここに泊まった皇后はケーンと鋭く鳴く雉の声に目が覚めたのですね。
それを琴の音と思ったというのですから、とても美しい伝承です。
そして夢を見ていた事に気づきます。
ヤマトタケルはどんな戦法を授けたのでしょうか。
この時、仲哀天皇は隣に休んでいたのでしょうか。

例の如く、神社伝承には神功皇后の名前しか残っていませんが、
仲哀天皇も一緒の旅です。
なぜなら仲哀天皇が雷山下山の途中に突然崩御したという伝承があるからです。

仲哀天皇の崩御地については、記紀では香椎宮
御勢大霊石(みせたいれいせき)神社では小郡市、または香椎宮に搬送してから、
と伝えますが、この糸島にも崩御の伝承があるのです。
戦いの準備中に急逝したので、秘密にされて真実が分かりません。
死因も突然死、神の祟り、矢に受けた傷、はたまた毒殺説もあります。

この糸島ではどのような崩御だったのでしょうか。

c0222861_13193718.jpg

これは境内から見える雷山。

c0222861_13195722.jpg

これは雉琴神社の一の鳥居から見える雷山から下山するルートです。

山の中で亡くなったのか、雉琴神社から移動する途中で亡くなったのか。
あるいは別人なのか。
その伝承を伝える宇美八幡宮に行ってみましょう。
(宇美八幡宮は、ここ糸島と粕屋と二か所あります。)

c0222861_1320195.jpg

(観光パンフレットより)

地図 雉琴神社








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-23 13:22 | (カ行)神社 | Trackback | Comments(2)

雷神社・盤座と記紀にはない歴史の記録


雷神社
いかづちじんじゃ
福岡県糸島市雷山
記紀にはない歴史の記録があった
盤座の聖地
 

前回の三坂神社から、雷山(いかづちやま)へ向かう登山道路があります。
ぐんぐんと高度を上げながら車を走らせると、休憩所が左手に。
次に出て来るのは雷山千如寺大悲王院
それを通り過ぎてしばらく行くと右手に雷神社が出て来ます。
駐車場があります。

c0222861_17452481.jpg

車を降りると目に入ってくるのは巨大な杉たち。
その間を通って参道に向かいました。自然と人間が作り出した聖地です。

c0222861_17454486.jpg

ここはパワースポットです。
石段の左にある巨木はイチョウの木。一本でこの大きさです。
今から黄色に染まろうとしていました。

c0222861_1746820.jpg

石段を上がるとすぐに拝殿です。参籠出来るような広い拝殿です。

c0222861_17462994.jpg

拝殿の右にまわって正面付近を撮りました。
人々が見上げているのは先程紹介したイチョウの木。

c0222861_17464546.jpg

そばに立つとこんなふうです。樹齢900年。県指定天然記念物です。

c0222861_1747456.jpg

拝殿前から参道を撮りました。
どのアングルでも、深山のしめやかな趣に満ちています。
神功皇后たちがここに滞在したと麓の宮々で伝えていました。

由緒を福岡県神社誌で見てみましょう。(口語訳。一部変更)
祭神 火雷神、彦火火出見尊、香椎大神、住吉大神、応神天皇
社記によれば、第6代孝安天皇より第11代垂仁天皇の御代まで、異国から我が国に襲来する事が何度もあり、当社の神が大雷火となり異賊を降伏させられた。垂仁天皇がこの御神徳を畏こんで社殿を建てて、敵国降伏の神として尊崇された。

神功皇后が三韓征伐の時、武内宿禰に命じて宝剣宝鏡を供えて祈願された。
それより代々の天皇は勅願所として綸旨(天皇の命令)を賜い、将軍家は祈願所として御教書を下して数十町の神領を寄付された。

下って文永公安の役(元寇)にも御教書を下して敵国降伏を祈られた。永禄天正の際、九州は大いに乱れ、干戈日夜を継ぐに及び、神領はことごとく将士が略奪した。
(後略)
ここには孝安天皇の時代からずっと異国の襲来があったと書いてあります。
孝安天皇などは欠史八代と言って、具体的な歴史が書かれていない時代の天皇だそうです。
その謎の時代についてこの宮では異敵と戦っていたことを伝えています。

この異敵の襲来については、忌宮神社で新羅の塵輪が襲撃していた事が
記紀に書かれていないことが分かりましたが、
ほかに楯崎神社(福津市)や高良玉垂宮の「神秘書」にも書かれています。

「神秘書」にはイルヰという敵の具体的な名前まで書かれていました。
山口県の土井が浜の戦闘跡などはその名残だと思っています。
弥生時代の二重環濠もまた戦いの連続だった事を教えています。

c0222861_17491218.gif

香椎宮に出した系図に孝安・孝霊天皇を追加してみると、
オレンジの丸に囲まれた天皇たちの世代は
ずっと海からの襲撃に備えていたという事になります。

仲哀天皇の時代は遂にこちらから海を越えて戦おうという展開だったのです。
彼の時代になって唐突に新羅と戦うのではない事が分かります。
だから仲哀天皇は先代の例にならい、この山に祈りに来ました。

祭神を見ると、
 火雷神、彦火火出見尊、香椎大神、住吉大神、応神天皇
となっていますが、香椎大神とは神功皇后です。
ですから、当時の神は火雷神と彦火火出見尊になります。

彦火火出見尊は高祖神社の祭神でもありました。
五十迹手(いとて)はここも守り続けたのでしょうか。

伊都国は天孫降臨の候補地としてよく名前が出ますが、
糸島の中心的な山、雷山と高祖山の神がニニギの命でないことが
心に引っ掛かりました。
ニニギノ命を祀る山はこの地方の何処かにあるのでしょうか。
現地の方教えて下さいね。

神域の素晴らしさに酔いしれながら、一の鳥居の前に出ると、
舗装道路を隔てて急に下がっていく石段を見つけました。
下りて行くと盤座がありました。

c0222861_17502814.jpg

岩陰(いわかげ)祭祀の痕跡があります。

c0222861_17512912.jpg

横から撮りました。このようなカーブは盤座の特徴で、よく見かけます。
この盤座こそ雷神社の奥宮で、
神功皇后が祈ったとしたらこの盤座なのだと思いました。
近くには清らかな小川が流れています。
古代祭祀跡として大切にしたいものです。

雷山は層増岐岳ともいいます。
「ソソキ」という山名から、羽白熊鷲と戦うための陣営の地という説がありますが、ここには羽白熊鷲はいません。
「ソソキノ」は朝倉市の「層増岐野」が該当する土地だと確信しました。
(⇒砥上(とがみ)神社・松峡(まつお)八幡宮にて詳細)

仲哀天皇の一行はこの雷山で過ごしたあと、
不動池や雷山神籠石を廻って下山したそうです。(糸島の宇美八幡宮伝承)
次回はその通り道の雉琴神社に行きましょう。

地図 雷神社







ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-21 17:55 | 神社(イ) | Trackback | Comments(0)

三坂神社・神功皇后は雷山登山前に休息した


三坂神社
みさかじんじゃ
福岡県糸島市三坂
神功皇后は雷山登山前に休息した

五十迹手(いとて)が守り続けた高祖神社で戦勝祈願をしたあと、
神功皇后は雷山に向かいます。その途中の三坂神社で一行は休憩をしました。

c0222861_19425039.jpg

三坂神社は平野の中の微高地にあり、さらに急な石段を上って行きます。

c0222861_19431572.jpg

広い境内に大きな拝殿がありました。

c0222861_19433091.jpg

「三坂神社」と書いてあります。
聖地であり、氏子さんたちが集ってお祭りをするような風情です。

c0222861_19435153.jpg

拝殿から見える境内のようすです。

c0222861_1944860.jpg

「お。人面石。」

c0222861_19443588.jpg

祭神は埴安彦命、埴安姫命、豊受姫命です。
埴安(はにやす)の神は「土の神さま」で、豊受姫は「食べ物の神さま」です。
この糸島では甕棺がたくさん出土するので、その工人たちが祀る神社だったのかも知れません。

神功皇后たちがここで休息したという事は、甕棺製作集団の首長の屋敷があったのかも知れません。

福岡県神社誌から。
往古、神功皇后は雷山に登ること、数十日。また下山の時、当所にしばらく休息されたという。三坂と書くのは間違いで、古書にはすべて御坂と書いていた。
登山前に休息したのかどうか文脈がはっきしないのですが、
他の伝承では雷山登山前に休息したとなっています。
登山前後で休息したとも考えられますね。流れから考えて登山前は確実だと判断しました。
(小さなことですが、実は雷山下山後、天皇が突然亡くなるという
重大事件の伝承が糸島の宇美八幡宮にあるので、こだわっています。)

面白いのは、雷山に数十日滞在したのがここに伝わっていた事です。
山は涼しいので、夏場に避暑も兼ねたのかもと想像しています。

c0222861_19461869.jpg

境内からは前回の高祖山までの平野が見渡せました。
左から高祖山(416m)叶岳(347m)、王丸山(453m)でしょうか。
(糸島の方、間違っていたら教えて下さいね。)
目的の雷山は写真では右の山塊の方に行く事になります。

さて正面の山との間に丘陵地帯が見えます。そこには遺跡群があります。
平原遺跡、三雲・井原遺跡、伊都国歴史博物館などなどです。
伊都国の首長たちが活躍し、永眠した場所です。

五十迹手と神功皇后たちが生きた時代には
あの平原古墳の「日の巫女(みこ)」は生きていたのでしょうか。

彼女は周溝墓の中の割竹型の木棺に埋葬されました。(⇒平原遺跡
良く似た遺跡が辰韓(新羅)から弁韓(伽耶国)にかけての範囲で出ています。
彼女は新規渡来者だったのでしょうか?

彼女の古墳の周りには鍛冶道具が奉納されていました。鉄の民だったのです。
糸島の大形甕棺を愛好した人たちとはどんな関係を結んだのでしょうか。
神社伝承と考古学遺跡がつながると面白いですよね!

さて伊都国の王・五十迹手(いとて)の語源について眞鍋氏はこう語ります。(⇒シリウスの和名
シリウスの輝きの連想から、坩堝の達人を石上(いそのかみ)あるいは五十師(いそし)あるいは伊覩率(いとし)などと呼んだ。
「イソシ」とは「坩堝(るつぼ)の達人」という意味だそうです。
五十迹手について日本書紀はこう語ります。
仲哀天皇はイトテを褒めて「いそし」と言いました。これから、イトテの本国を名付けて伊蘇(いそ)の国と言うようになりました。今、伊都と言うのは訛っているのです。
「いそし」は「いそいそしい」と訳されますが、
実は「いよ~。名人!達人!」というニュアンスだったのが分かります。
五十迹手は青銅の民か鉄の民の王のようです。
というのは、五十迹手がアメノヒボコの末裔だったのが分かったからです。

前回の宿題となった「筑前名所図会」に書かれていた一文。
五十迹手(いそとて)は高麗国意呂山より天降って来た日拝の苗裔であると筑前風土記に書いてある。
の訳ですが、高麗国を私は高句麗と訳しました。
高麗国は古くは高句麗で、新しくは高麗を指します。
この本は江戸時代のものなので、後者で、韓国ほどの意味だったようです。

解決したのはいただいたコメントからです。
「糸島郡史」に
天日槍(あめのひぼこ)は、まず、白羅(しらぎ)往来の要津たる伊都を領有し、ここに住して五十跡手の祖となり、更に但馬(兵庫県)に移りて但馬家の祖となった。雷山に存する神籠石は天日槍が築いた古跡である。
と書いてあることを教えていただきました。

五十迹手が新羅系だとすると、神功皇后とのつながりが深くなります。
末裔同士になります。
(雷山神籠石にも天日槍説が…。
仲哀天皇・皇后がそこに行った伝承があるのですが、これで理由付けが出来るかも。)

五十迹手と平原遺跡の「日の巫女」はどんな関係にあったのでしょうか。
神功皇后は彼女と面会したのでしょうか。
それとも生存期間は、ずれていた?

新たな謎が生まれながらも、少しずつ伊都国のようすが見えて来ました。
次回は雷神社へ行ってみましょう。

c0222861_19501888.jpg

観光案内で貰える「いいね、糸島」より。赤い丸が今回の話題になった場所です。

地図 三坂神社






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-19 19:58 | (マ行)神社 | Trackback | Comments(0)

高祖神社・五十迹手が祀る宮


高祖神社
たかすじんじゃ
福岡県糸島市
五十迹手が祀る宮

今日から糸島シリーズです。

c0222861_22131165.jpg

糸島のどこからでも目に入る秀麗な山。これが高祖山です。標高416m。
山には城があり、麓には神社や古代の遺跡がたくさん残っています。
平原遺跡三雲遺跡細石神社日向峠も緑の田んぼの向こうにあります。
縄文人も弥生人もこの山を見ながら暮らしました。
その山の名を戴く高祖神社に行きましょう。

c0222861_22142518.jpg

麓を走る56号線にある案内に従って山を少し上ります。
駐車場から降りたらすぐ横に参道が。別にここを通らなくてもいいんですけどね。

c0222861_22144640.jpg

苔ファンとしてはこのような道は通らずにはいられません。

c0222861_2215168.jpg

そして大きな石垣の上の本殿へと出ました。
大きな神鏡があります。木漏れ日で見えにくいですね。
深山の趣を残して緑陰が深いのです。

c0222861_22152478.jpg

拝殿は昔のままに開放的です。
ご祭神は天津日高彦火々出見命、玉依比売命、息長足姫
彦ホホデミ命と玉依比売の神社は初めてですね。
息長足(おきながたらし)姫はもちろん神功皇后です。

このお宮は神功皇后(いぬい=北西)に向かって社を建てたと言います。
どんな物語があるのでしょうか。今日は福岡県神社誌を現代語にして行きます。
社説に曰く、当社の創立の起源ははっきりしないが、怡土県(いとのあがた)の鎮土の社として上代から鎮座していて、怡土県主(いとのあがたぬし)の崇敬が厚かったことがはっきりしている。

怡土県主・五十迹手(いとて)の勤王ぶりはひとえに当社を尊崇しているからだと思われる。神功皇后が三韓を征伐する時、香椎宮からここまで御幸があって、高祖の神に異国降伏の御恵みを祈願されて、その通りに神助が深くあったので、皇后は帰還ののち、報恩のお祭りとして新たに御宮を造り、乾に向かって御社を建てられた。

時代が下がって、奈良朝の孝謙天皇の御代に吉備真備に命じて怡土城を築かせたが、その時、当社を怡土(いと)城の鎮護の神とされた。当社は城内の中央の岡の上にある。
三代実録に(略)高磯比咩神従五位下とある。
五十迹手といえば仲哀天皇が香椎宮に遷宮するとき、
下関の彦島まで船で迎えに行った人です。
彼もまた熊鰐と同様に三種の神器を飾って正装して迎えに行きました。

「勤王」と書いてありますが、彼の皇家への忠誠ぶりが記憶されていたのですね。
神武天皇が東征してしまったあと、五十迹手の一族は
ここでヒコホホデミと玉依姫を祭祀し続けてくれていたのです。
この二神はどういう系図だったっけ。

c0222861_22181396.gif

久し振りに系図のストックから探し出して来ました。
(何度見ても忘れるので、いつも新鮮な気持ちで見られます…。)

ホホデミの命は「ホの一族」で、(と勝手に呼んでます→馬見神社)
玉依姫は海神の娘であり、神武天皇を生んだ人です。
五十迹手はどうしてこの組み合わせで祀ったのか理由が分からないのですが、
天皇家との関係が深い事はよく分かりました。

だから仲哀天皇たちは香椎宮で一段落したあと、この五十迹手の奉斎に報いる為に
糸島にやって来て祭祀したと思われます。
そして五十迹手の軍備の状況も視察したと思われます。

神功皇后は凱旋後、神恩に報いようと神殿を建てますが、
それを乾(いぬい)北西に向けたといいます。
北西は糸島の遺跡の銀座通りです。
五十迹手の屋敷があったのかもと想像するだけでも楽しいですね。

この五十迹手(いとて)を調べて行くと「筑前名所図会」にその出自が書かれていました。
五十迹手(いそとて)は高麗国意呂山より天降って来た日拝の苗裔であると筑前風土記に書いてある。
高麗国とは高句麗の事です。
五十迹手は高句麗のウルソンから天下って来た日拝の末裔だそうです。
「日拝」はネットで調べるとどうやら「日鉾」という事になっています。
誤植でしょうか。手元に筑前風土記がないので確認出来ません。
どなたか風土記が手元にある方、「日拝」か「日鉾」か確認してコメントで教えてくれませんか!!
「日鉾」なら新羅なので話が全然変わってしまいます。

c0222861_22203326.jpg

この高祖神社は神楽が有名です。拝殿の前に神楽殿が設置されています。
春の4月26日と秋の10月25日に舞われているそうです。

(高祖神社は奥が深いですね。高磯比咩は高祖の神ながら女の神さまだし…。
このつづきはもう少し勉強してチャレンジします。

地図 高祖神社






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-18 22:26 | (タ行)神社 | Trackback | Comments(2)

壱岐神社・壱岐真根子を祀る宮・九州王朝三階松


壱岐神社
福岡市西区下山門1―9-3
壱岐真根子を祀る宮
九州王朝の三階松があった

福岡市は北が海なので住宅がひしめいていても開放感があります。
大都会に残る松林「生の松原」は「いきのまつばら」と読み、
それに接して壱岐神社があります。

c0222861_17102028.jpg

祭神は壱岐真根子。(いきのまねこ)

c0222861_17111086.jpg

そう、竹内宿禰の身代わりになって死んだ人です。
その経緯は織幡神社(3)に詳しく書いていますが、
織幡神社は玄界灘の東・宗像市の岬にあります。
そこには壱岐真根子も祀られていて、その末裔が代々宮を守っているそうです。
そして、壱岐真根子を主祭神として祀るのは玄界灘の懐(ふところ)にあります。

c0222861_17122441.jpg

驚いたのが手水舎の「三階松」の紋です。
c0222861_17124491.jpg

これは九州王朝の紋だそうです。
これまでに見たのは宮地嶽不動神社(福津市)、剣神社(鞍手郡木月)・高良下宮社(久留米市)・
松崎天満宮(小郡市)です。そしてここで五社目。
松崎天満宮以外は竹内宿禰の名が見え隠れします。
この五社だけでも地図上にプロットすると、大変広範囲だった事が分かります。

九州王朝は神功皇后が立ち去った後の話になると思っていますが、
彼女の移動ルートを押さえると
彼女を援助した筑紫の豪族たちがどこに居たのかが分かるので、
こうしてコツコツと歩いているのです。
そうすれば九州王朝の基盤が見えて来ると思っています。

それでは、この神社の由緒を見てみましょう。(一部現代語へ変更)
壱岐神社
御祭神 壱岐真根子命
創立 延宝8年 明治梧5年11月3日村社
御神徳 仁愛開運
例祭 10月15日・9月1日・7月28日
由緒 壱岐真根子命は武内宿禰の身代りとなり、無実の罪にて死亡。信仰篤き黒田藩主はその忠魂を称え、松林4128坪を安永4年5月寄附された。近くに神功皇后さまの植えられた逆松は有名である。(戦勝祈願)
鳥居 安永年午正月 従四位源朝臣継高公寄附
壱岐神社宮司 菊池友久

延宝8年は1680年。江戸時代です。この宮は黒田藩主によって創建されました。
この広大な松林もその時に寄進されたものだと分かりましたが、
その前にはここには何もなかったのでしょうか。

この生の松原という地名の由来は神功皇后が逆さに植えた松が生きたと言う事から
ついた名だといいますが、この神社には「壱岐」の漢字がついているので、
長崎の壱岐との関わりがないのか、疑問が出て来ます。

c0222861_17143724.jpg

境内は不思議に古木がなく、この松だけが時代を語ってくれています。

c0222861_1714551.jpg

御神木ですが、神功皇后のゆかりの松なのかどうかは分かりません。

c0222861_17151436.jpg

古式の鳥居に惹かれてそのまま松林の参道を辿ってみました。
ここの松は元気ですね!

c0222861_17153996.jpg

そして、海!この宮は海から参拝するようになっていました。

c0222861_1715548.jpg

浜に立つと能古島(のこのしま)が見えます。
右の岬は妙見崎。岬の根元には小戸(おど)があります。
神功皇后の船が出港した湊です。ここからはわずか2キロ。
この距離からすると、あの湊を経営していたのは壱岐真根子でしょうか。
ここは壱岐真根子の息がかかった場所?

伝承ではこれ以上は分からず、永井功氏の「神功皇后の戦略」を見てみると、
「姪の浜町の鷲尾山(蒙古襲来以後北條氏が築いた鷲尾城址があり、今愛宕山という)の東側浦山に、武内宿禰の出城があったという伝えがあり」
と書いてありました。

愛宕山の東に竹内宿禰の出城が?!
そうするとこの湊は竹内宿禰が経営していた?

c0222861_1718051.jpg

緑色の都市高速道が愛宕で曲がっているのは愛宕山を避ける為で、
計画では愛宕神社の上を通るようになっていたのが住民運動のお蔭で迂回するようになりました。

愛宕神社はもともと鷲尾神社と言い、景行天皇の時代に祀られた所だそうです。
その麓、川と海が接するあたりに竹内宿禰は出城を持っていたというのです。

竹内宿禰は壱岐真根子の娘の豊子を妻にしたという系図があります。
(妻はもちろん何人もいたはずで…)
そうすると二人は舅と婿の関係になり、壱岐真根子が見かけがそっくりだったというので、
同族の結婚ではないかとも思ったりしています。

近畿で竹内宿禰殺害を命じられた使者はどうやって彼を見つけ出すのでしょうか。
やはり出城や居城をまずは目指すでしょう。

壱岐真根子の死の現場を見つけると、そこに竹内宿禰がいたことがわかります。
その伝承は武雄市若木町の伏屍(ふし)神社(伏尺神社)にあります。
壱岐真根子の遺体を壱岐に運ぼうとしたが遺体が重すぎてそこに葬ったのだそうです。

竹内宿禰の本拠地で事件があったのかも知れません。
地図で確かめると「御所」という地名もあります。
この辺り、なかなか面白そうですね。またいつか探索したいと思います。

壱岐真根子は壱岐の直(あたい)の真根子。
壱岐真根子は壱岐国から百済や倭国(小戸や武雄)を自由に往来していた人で、
竹内宿禰は彼の情報を頼りにしていたと考えています。
愛宕山の麓の出城は留守の間は壱岐真根子に貸していたかも知れませんね。

織幡神社(3)祭神・壱岐真根子の悲劇
祭神・竹内大臣と壱岐真根子臣

http://lunabura.exblog.jp/14790197/



地図 壱岐神社 伏屍神社








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-17 17:25 | 神社(イ) | Trackback | Comments(0)

山口八幡宮・神功皇后はいよいよ見坂峠を越える


山口八幡宮
福岡県宮若市山口
いよいよ見坂峠を越える
 
仲哀天皇の一行は遠賀川流域から物部の里々を通って、
那の国への峠へと向かいます。その前に休息したのは山口八幡宮でした。

c0222861_2191244.jpg

山口川にかかる橋を渡ると大きな灯籠が迎えてくれました。
この先には九州自動車道のガードがあり、そのまままっすぐ行くと
数軒家が建っていて、それが終わる所に鳥居が真横に立っています。
右側を注意して見ていないと見逃しそうです。

c0222861_2193375.jpg

周囲は山と田んぼです。

c0222861_2194913.jpg

石段を上ると巨大なクスノキや狛犬たちが迎えてくれました。

c0222861_211053.jpg

拝殿は新築されたばかりのようです。

c0222861_21102474.jpg

神殿は昔のままの姿が残されていました。
二の鳥居の手前に由緒書きがありました。(現代語に改変)
山口八幡宮 由緒
鎮座地 福岡県 鞍手郡 …
御祭神 主祭神 応神天皇    
相殿 神功皇后 武内宿禰明治5年11月3日 村社に被定。
社説に曰く、昔、神功皇后がこの村を行幸された時、ここでお休みになった。それより見坂越え におもむかれ、遥かに海原を眺められた。

その後、延喜2年(西暦902年)9月9日。初めて小方隼人と言う人が皇后の行幸の例にならって八幡宮を建立する。今の宮所がこれである。

昭和7年9月9日鎮座1000年祭を執行する。詳細は宗像神社の末社記にある。
また筑前早艦および筑前国続風土記拾遺附録にも記述がある。年中数度の祭事がある。(略)
この宮の名前は「若八幡宮」から「八幡宮」という名に変わり、
今は「山口八幡宮」となっています。
祭神は応神天皇になっていました。
原文には延喜2年に「皇后の行幸の例に任せ八幡宮を」とあるので、
当時、神功皇后の行幸先が八幡宮に置き換えられて行った背景が伺えます。

c0222861_21115727.jpg

狛犬がいくつもありました。

c0222861_21121773.jpg

参拝を済ませた帰り道に山口川の橋から見坂峠方面を写しました。
見坂峠という地名の由来は
神功皇后がそこから初めて海を見た事から付いたと言われています。

この先は比較的緩やかな上り道になりますが、
下りは絶壁のような急坂となり、ヘアピンカーブが出て来ます。
冬はチェーン規制があるような所です。
その途中にも小さな鳥居が二か所ほどあり、休息所だったのかなと気になるのですが、
車が止められず通り過ぎるだけです。

c0222861_21125297.jpg

見坂峠からは今でも一瞬だけ海が見えます。ずっと向こうの水平線が分かりますか?
山道を歩き続けた一行は陽光きらめく海を見て
きっと嬉しかっただろうなと思われるような峠道です。

さあ、いよいよ那の国です。
香椎宮までのルート上に小山田斎宮や五所八幡宮があります。


小山田斎宮(Ⅰ)オキナガタラシ姫の神懸かりの地を捜して
      (Ⅱ)オキナガタラシ姫の神懸かりの地を捜して
      http://lunabura.exblog.jp/i3/


五所八幡宮 ムーミンの木に会いに来たよ
      http://lunabura.exblog.jp/i106/


地図 山口八幡宮






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-02-10 21:18 | (ヤ・ラ・ワ行)神社 | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー