ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

(9)武雄の大楠



武雄の大楠


武雄市内の黒尾神社と淀姫神社が500mしか離れていない…。
歩いて数分だ…。

そう考えた時、それぞれの祭神・山下影媛と豊姫が姑・嫁の関係になることに
思いが至りました。

豊姫わずか22歳。
竹内宿禰の母の山下影媛がまだ健在だとしたら、二人が会った可能性があるんだ…。

何度も書いていますが、
竹内宿禰が最初から白髭の老人だった訳ではないんですね。

次の時代、応神天皇の時代に、弟の甘美内宿禰が竹内宿禰を陥れようとしたということは、
甘美内(うましうち)宿禰も年齢的に差がないのです。

甘美内宿禰は『古事記』の方では、叔父の代に当たるのですから、
実は竹内宿禰よりもっと年上だったのかも知れない。

こうなると、竹内宿禰を当時200歳とするなら、甘美内宿禰も200歳前後。
こんな歳で兄弟争いは、あり得ないでしょう。

ぎらぎらとした野望を持つなら壮年の時代の事件になります。

竹内宿禰が豊姫を娶った歳も40代頃だったのではないでしょうか。
そうすると、母も60代にはなっていなかったかも知れませんね。

こう考えていくと、山下影媛が老いながらも健在で武雄に住んでいたとすると、
竹内宿禰が神功皇后と豊姫の姉妹を武雄温泉に連れて行ったけれど、
豊姫が病に臥して動けなくなってしまったので、
母方に預けることにしたのかも知れません。

これが若き妻を守る一番良い手段です。

竹内宿禰はその前に杵島の大町町に出城を作っています。
松浦郡との交通の要衝を守るためです。

景行天皇の時には土蜘蛛・八十女と戦い、
神功皇后の時には大鷹小鷹と戦って、守り抜いた湊です。


そんな竹内宿禰が父の武雄心を祀ったのが御船山でした。
(武雄市史下巻p250)

古代、この麓まで有明海が湾入し、神奈備と称えられただろう御船山は
現在も何処からも見える神の山です。


c0222861_1737659.jpg

その右手の中腹に大楠がありました。


c0222861_17372893.jpg

逢いたかった。


c0222861_17374829.jpg

その神々しさに、息をのみます。



c0222861_17381039.jpg

根元の左手に登山道路の階段が見えています。
今は使用されていないようすですね。



かつてはここから御船山に登って行ったのでしょう。
竹内宿禰もこの道を登ったかもしれませんね。


母の黒尾神社から歩いて一時間の所にありました。




c0222861_17385148.jpg

竹内宿禰が、この山に武雄心を祀ったのには、
どんな噂があろうとも、父は武雄心だ。
そんな思いがあったのかも知れません。



武雄の大楠 武雄神社近く




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-29 17:43 | 真根子と竹内宿禰 | Trackback | Comments(0)

黒尾神社・山下影媛を祀る宮


黒尾神社
武雄市
山下影媛を祀る宮

先日紹介した豊姫の宮・淀姫神社からわずか500m南に黒尾神社がありました。

c0222861_2051113.jpg


これは黒尾神社へ向かう車窓から撮ったもの。

車は山にどんどん近付いてまさに山の下に着きました。




c0222861_20443914.jpg

黒尾神社の一の鳥居です。



c0222861_2045494.jpg

もともと東南1丁(100m)ほどの田地に鎮座していたのですが、
天正十一年に現在地に遷座しました。


c0222861_20451893.jpg

御祭神は黒尾大明神。
「景媛(武内の宿禰の生母)を祭る」と書いてあります。


山下影媛が祀られた事情は分からなくなっているそうですが、
周囲には山下姓が多いと聞きました。


山下影媛の夫は武雄心(たけおこころ)。(日本書紀)
『古事記』では祖父の忍信命(おしのまこと)としています。

竹内宿禰が武雄心を祀ったのは武雄神社。(社伝とは少し違っています)
黒尾神社と武雄神社の距離は4キロほど。
歩いても一時間ほどの距離です。

山下影媛の父は紀直(きのあたひ)の遠祖菟道彦(うぢひこ)です。(日本書紀)
でも、影媛は『古事記』では木国造の祖、宇豆比古の妹となっています。


出身は表記が違っていても、どちらも「キ」国ですね。
ネットによると、山下影媛は和歌山には祀られていないそうです。


でも、佐賀や小郡市で祀られています。
特に、小郡市の竈門神社は山下影媛の廟ですので、
「キ」は紀伊でなく、基肆(きい)国と考えるのが矛盾ないでしょう。


c0222861_20455583.gif

武雄心を祀る宮はオレンジ。影媛を祀る宮は白。
このように武内宿禰の両親を祀る宮は佐賀を中心に分布しています。



基肆国の姫だった影媛に妻問いした武雄心が武雄に影媛を迎えて共に住み、
影媛の亡きあと、側近たちがそこに影媛を祀った。


そして、竹内宿禰を生んだ聖母として、
出身の国で、影媛を称えて神廟を営んだと考えています。





c0222861_20462873.jpg

黒尾神社から見える、小山。
そこが磐井の砦があった所だそうです。
磐井八幡宮と言います。


その奥の山に「おつぼ山神籠石」があるそうです。

今回はいずれも寄れませんでした。


黒尾神社


竹内宿禰は少年の頃、山に入って遊んだかもしれませんね^^



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-26 20:52 | (カ行)神社 | Trackback | Comments(0)

新月



今日は新月ですね。
久し振りに新月の願い事を十個書きました。
実際に書いてみると、自分が何を望んでいるのかよく分かります。

小さな夢。
人に言うほどのことはないけど、文字化することは案外大切な事かも。

夢を現実にしていく環境が、
現代の日本人にはたっぷりと与えられているんですもの。
感謝せずにはいられません。

さて、現実世界では、お話会が終わったタイミングで
ガイドブックの地図や原稿の手直しがドンと来ました。

神功皇后の神社をガイドブックにしたいという曖昧な夢が芽生え、
ある日、それを出版社に一言伝えた。

膨大な作業量があるとも知らず…。(@_@;)

その小さな行動が夢を現実化してくれています。


夢を見たら行動。
これは寝て見る夢も、心に描く夢も同じですね。

こっそりと、新たな夢の種蒔もしています。
勇気がちょっぴり要ります。
芽が出て、ここで報告できますように。^^



c0222861_2253776.jpg







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-24 22:54 | にっき | Trackback | Comments(0)

予定変更です



予定変更です

サイドバーに新しく「安曇磯良と神功皇后」の歴史講座の予定を書きました。
これは二回に渡ってお話します。
詳細は、もう少しお待ちください。

今日、構成を考えて書きとめた所です。
安曇族の話になると、海が舞台なので気持ちが深く入り込んでしまい、
なかなか他の事を考えることが難しくなってしまいます。
(誰か、何で、るなさん、こうなるのかリーディングして♪)

一方、サイドバーに書いていた「神功皇后と安曇族」「神功皇后と水沼族」
の予定を消しました。

日程変更が三度行われたため、当方のスケジュールに合わなくなってしまい、
キャンセルです。

ガイドブックの下巻の内容は来春、お話出来ればと思っています♪




c0222861_235469.jpg

武雄の大楠 ❤





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-23 23:07 | にっき | Trackback | Comments(0)

淀姫神社・豊姫はここで亡くなった


淀姫神社

佐賀県武雄市朝日町
豊姫はここで亡くなった


竹内宿禰を一カ月近く追って来たのですが、その途中、
配偶神の豊姫の死地に立つとは想像もしていませんでした。


私の中では、これまで、ずっと謎めいていた姫神だけど、
ここ武雄では豊姫の軌跡が濃厚に残っていました。

昨日、お話会を終えてなお、心に残り続けるのがこの姫神だったのです。

c0222861_21122511.jpg

ここは広い平野、石段は無く、石の橋を渡っていきます。



c0222861_2113518.jpg



c0222861_21173586.jpg

御祭神は淀姫命 ほか 六柱。

淀姫神社ですから、祭神が「淀姫」なのは当然なのですが、
境内の由緒書には思いがけないことが書いてありました。
「淀姫」とは「豊姫」のことで「神功皇后の妹」の事なのです。

淀姫神社の祭神は神功皇后の妹の淀姫命で、またの名を豊姫ともいい、朝日村の村社であった。
神社の創建のいわれは、神功皇后の朝鮮出兵の時、妹の淀姫が後をしたって武雄温泉に来られ、丸山の風景をながめ、長旅の疲れを慰められたという。
 皇后の旅立たれた後、淀姫は二十二歳の若さでここ川上の地で亡くなり、御霊を祀るため建てられたと伝えられている。

淀姫すなわち豊姫は姉を慕って武雄温泉に来て、のちここで亡くなったというのです。

わずか22歳。

年齢まで伝わっていたんですね。

姉の息長帯姫が皇后となった時、豊姫は13歳頃でしょうか。
姉は15歳ぐらいでしょうか。

これは『日本書紀』とは合わない想定ですが、
実は私はずっとこの年齢ぐらいではないかと思い続けていました。
昔の女子の適齢期は中学生ぐらいの年齢なんですね。

息長帯姫(神功皇后)が8年近く懐妊しなかったのは、
まだ幼い時に嫁いだからではないかという思いもありました。

昔は、年に二回年を取ったので、記事通りに三十代で嫁ぐことはなかっただろうとも。

古代は姉妹で嫁ぐ例も多いので、息長帯姫と豊姫は共に嫁ぎ、
のちに、豊姫は竹内宿禰に下されたのだろう、なんて想像もしてました。

この縁起には竹内宿禰の姿が見えませんが、武雄温泉にはその姿が見えています。

神功皇后三韓より凱旋の時、筑前にて御病臥、神諭あり「三日路の処に温泉あり入浴すべし」と、直ちに大臣武内宿禰を従え、御臨幸ありしと。
(佐賀県史蹟名勝天然紀念物調査報告上巻)

神功皇后が筑前で病臥したというなら、産後の肥立ちが悪かったのでしょうか。
病気を押して武雄まで湯治に来ています。

るな的想像では、この時、豊姫も一緒だったのではないかと。
ところが豊姫も病に伏してしまい、竹内宿禰は豊姫に心を残しながらも、
皇后を守護し続けて、筑前へと旅立ったのではないかと。

そして、豊姫は一人で黄泉の国に旅だった。
「武雄市史」には、お付きの者が一人いたことが書かれています。





豊姫は志式神社や高良玉垂宮の縁起に、
海神から干珠満珠を貰った人として登場していました。


c0222861_2113529.jpg

私は、豊姫が竹内宿禰の妻だったということを聞いても
イメージが湧きませんでした。

しかし、古代の人はみんな知っていたのでしょうね。

私はここに来て初めてそれを得心しました。





c0222861_21142475.jpg




c0222861_21143973.jpg

ここは「がばいばあちゃん」のロケ地。



c0222861_21145792.jpg

水がとても豊かな所でした。



佐賀県武雄市朝日町中野10247






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-22 21:18 | (ヤ・ラ・ワ行)神社 | Trackback | Comments(0)

ありがとうございます




今日は、沢山の方に来ていただいてありがとうございました。


織幡神社でも大変心地よい時を過ごしました。

何だか離れがたくて、不思議な感じ。

魂が懐かしがっていたのかな。

ひとまずはお別れして、新しい水平線をめざす準備に取り掛かりましょう。

この機会を与えて下さった、森のオアシスさん、
集ってくださった方々、
手伝ってくださった方々、
またブログを訪問してくださった方々ありがとうございました ♪


c0222861_1948405.jpg





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-21 19:49 | にっき | Trackback | Comments(4)

明日の資料



暑さ寒さも彼岸まで。


彼岸になるたびに、この言葉を思い出しては、
昔の人って、観察と描写が凄いなと思います。

今日は明日の資料を印刷しました。
テーマを竹内宿禰に絞っても、結構な量の資料があり、
それをまとめて行くと、面白い発見がいくつかありました。



c0222861_20462784.jpg


二つの丸、上は壱岐国、下は壱岐真根子の死地を示しています。
壱岐真根子の自害について、その理由に合理的な説明がつかず、
いくつもの説が出て来たことは先日書きました。

それでも、全体としては、真根子は「都」に向かう途中で死んだらしい。
え?都?
壱岐国から都に行くのに、なんで杵島郡を通過する?

真根子の死んだ現地で「ここから都ってどこ?」と思わず声を挙げると、
古川氏が間髪をいれず「高良山」
「あ、そうか」
それも在り?

ついつい、都を近畿に求める癖は直りません。

それどころか、都が志賀島にあった時代も…。
その場所は金印公園の上あたり。



明日は、これまでブログでは語らなかった話とかするので
面食らわないように、免疫をつけていただくために、
今日は、話題を小出しにしておきますね。



磯良は気比宮創建に関わった。
渡来人の秦氏と竹内宿禰の○○。
住吉族は報酬を求めた。
竹内宿禰が300歳なら、み~んな300歳^^
謎の九躰皇子は誰の子?


結論が出ないものもありますが、「ここで、こう繋がるの?」
という話題が続くので、どうお話したらいいか、一所懸命工夫している最中です。



明日は天気にも恵まれそうですね。
お会いできるのを楽しみにしています。

明日、飛び込み参加も大丈夫なように、資料を多めに刷っています。
でも、出来たら「森のオアシス」さんに御一報を♪






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-20 20:48 | にっき | Trackback | Comments(0)

お話会 『謎の竹内宿禰』のご案内



お話会のご案内です。
次のタイトルでお話会をします。

『謎の竹内宿禰』 〜 その実像を探る 〜


竹内宿禰は日本武尊と共に戦い、その子、仲哀天皇と神功皇后を筑紫の香椎に迎え、
祭祀者として、あるいは軍師として風のように自由に古代日本を駆け巡りました。

その陣営跡、織物の産地、楽隊の伝承、土木工事の現場。
父、母、乳母、妻、子供、末裔たち。
二度の謎の名前変え、などなど、
各地の伝承をつないで、謎多き竹内宿禰の全体像を探ります。

お話会のあと、自由参加で、竹内宿禰を祀る織幡神社に参拝します。
織幡神社はシキハム様とも呼ばれ、竹内宿禰が肉体を持ったまま、
ここから昇天したと伝わっています。
古代の岬がそのまま残る、風と光と海の宮へ。
移動は各自の車で、三々五々の解散となります。
(車でお越しでない方で、参拝ご希望の方は、お申し込みのときにお申し出ください)



★日時  9月21日(日)13:30〜15:30(開場13:00)

★場所  メイトム宗像(市民活動交流館) 202号 会議室 
     福岡県宗像市久原180 TEL:0940-36-0202
     (宗像ユリックスの裏手)
     交通アクセス http://kouryuukan.com/info/access.html  
      (公共機関をご利用の方…東郷駅から、12:22発の西鉄バスに乗り、
        ユリックスで降りて徒歩数分です)

★参加費 2000円(当日会場にて)

★申し込み方法 下記の「森のオアシス」にメールか電話で申し込んでください。

★問い合わせ・申し込み先 森のオアシス(代表 安座上真理子)
        morino-oasis@nifty.com    090-8623−5895



地図 メイトム宗像 織幡神社




織幡神社です。


c0222861_17302166.jpg



c0222861_17303966.jpg



c0222861_17305058.jpg






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-19 09:41 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

織幡神社にごあいさつ


織幡神社
 


今日は「森のオアシス」さんと、武内宿禰命に御挨拶してきました。


c0222861_21553643.jpg

竹内宿禰が仲哀天皇を慕って植えた銀杏の末裔は青々と茂っています。




c0222861_21561918.jpg

空気が清澄で、山も海もくっきりとしています。




c0222861_21563933.jpg

海も波がキラキラ。




c0222861_21565118.jpg

漁から戻って来る船が次々と港に入っていきます。

島々の名前が分からなくて、残念。
調べると、正面は勝島。左の岬は神湊のある所。
そうか、そこから「みあれ祭」を撮影したんだ。

「ご祭神のことが分かって参拝するのはいいですね」
そんな話をしながら、竹内宿禰の話をポツリポツリ。




c0222861_21572682.jpg


数年前は何も知らなかった、るなですが、
その方の事を知って参拝すると、また新しい世界が広がりました。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-16 22:00 | 織幡神社・おりはた・宗像市 | Trackback | Comments(0)

ジャイロスコープ



竹内宿禰のお話会もあと一週間後。
コツコツとピースを並べて繋いでいくのはパッチワークづくりと同じ。


c0222861_20154517.jpg





竹内宿禰という人物の一生を一つの側面から見て行ってますが、
形にしてみると、真実というのはシンプルで美しいものだと思いました。


c0222861_201646.jpg


(ジャイロスコープのパターン)



レジメを完成させたつもりが、朝目覚めると、
「応神天皇や仁徳天皇の時代まで書くこと」というイメージが伝わってきました。

どういう構成にしたら上手く伝えられるだろうかと考える段階に来ていましたが、
時系列に繋いでいくと、物語がサラサラと流れ始めました。

私が知り得た事をリアルタイムにお話しできる事がとても嬉しいです。



今、書きかけの杵島郡の「本惣」は竹内宿禰の出城ですが、
ここや武雄を押さえたことは、
私の話に「龍の眼に点を打つようなこと」だったと分かりました。


竹内宿禰を押さえると、こののち、筑紫から火の国にかけて
磐井が君臨した道筋も少し見えてきました。

神功皇后伝承も「列伝」に取り組む時期に来ていて、冒頭を飾るのが竹内宿禰でした。
この先、安曇磯良、水沼族、安曇族と、ワクワクドキドキが続きます^^



ジャイロスコープって、カーナビシステムにも使われているんですね。
今の私にぴったり。
必要な物をキルトで作っていました^^






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-15 20:18 | にっき | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー