ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ウーナ9 宮地嶽神社から相島と鼻栗瀬が見える



ウーナ9

宮地嶽神社から相島と鼻栗瀬が見える
 




c0222861_22232115.jpg

宮地嶽神社から相島を撮っていた。左端に鼻栗瀬の穴が良く見えている。
正面の浜には積石塚群がある。





相島から見える鼻栗瀬











スコットランドの似た岩






今日はグラウンディングしよう。



異世界小説 



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-15 22:24 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(4)

ウーナ5 いとしまの豊玉姫を求めて



ウーナ5 

いとしまの豊玉姫を求めて
 




2017年11月11日。







c0222861_2151122.jpg

先月、10月10日にテレビロケでここに来た。

二見ケ浦は人の世界と海の世界をつなぐ門。
かつて、豊玉姫がこの門を閉ざして竜宮へ帰ったという。

同じ日に、菊如と崋山が岡垣で豊玉姫に出会っていた。
この不思議なシンクロを解くために、
今度は三人で二見ケ浦に来た。
正確にはもう一人、白皇を連れていた。

二見ケ浦の後は夕方、再びここに戻ってくることになっていた。
あとは何も決めていなかった。








c0222861_21513539.jpg

そこで、若宮神社に行くことにしたが、道に迷って綿積神社に出た。









c0222861_21515453.jpg

そして、引津神社。









c0222861_21523057.jpg

ようやく桜谷の若宮神社。












c0222861_21525665.jpg

豊玉姫が上陸した志登神社。










c0222861_21531138.jpg

そして、再び二見ケ浦へ。

ここで起こったことはノート数ページに書いている。

これも、順を追って記すことにしよう。



そうそう。
テレビ放映は明日夕方4:56から3分間。
RKBテレビ。
「福岡県庁知らせた課」「ご来福しよう」
リンクの桜愛美さんと。
二見ケ浦と平原遺跡のご紹介。



 <2017年11月11日>






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-11 21:55 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(0)

ウーナ3 みやま市へ



ウーナ3 

みやま市へ
 



今日はみやま市へ。
熱田物部の星読が旧山門郡の物部の宮に参拝したいという、
二年越しの希望を実現するために、みやま市に向かった。

同行したのはアリサと弓月。
思えば、昨年の12月に宇佐に行ったメンバーだった。
約一年間、それぞれの人生に向き合っていた。

そんな話をしながら、午前中は釣殿宮、物部田中社、こうやの宮、
午後からは卑弥呼の御霊を祭る八楽会、
女山(ぞやま)展望所、女山神籠石へ。

地元の郷土史家の方に案内いただく。
自分たちで行っても分からなかっただろう。

女山は本来、女王山、大塚は王塚、蜘蛛塚は女王塚。

発見された銅矛は女山神籠石の内側、中腹より。
等高線に平行に、刃を立てて2本。

たくさんの方にご協力をいただいて、無事に終了。
今日は備忘のために、工程の記録のみ。

書ききれない内容はおいおいと。

帰りのエンジェルナンバーは「1111」

<2017年11月9日>















いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-09 23:10 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(0)

お帰り






パソコンの修理がようやく終わって、
今日メーカーから戻ってきました。

お帰りなさい(^^♪

ちょうど一か月経ちました。


今、83個もの更新プログラムをインストール中。
セキュリティーとか、設定とか、
環境を整えるのに、しばらく時間がかかりそう。

この夏、持ち運び用のパソコンを購入していて、
ほんと良かったです。

字が小さくて見づらかったのですが、もうすっかり慣れました。
戻ってきたパソコンがすごく大きく見えます。



今週は、二か所ほど遠征するので、
その準備であちこち電話を入れました。

これだけでも、結構エネルギーを消耗するものですね。

秋晴れを利用して窓を拭いたりカーテンを洗ったりもしました。

これも、かなりエネルギー消耗(;^_^A

今夜はゆっくりと過ごしましょう。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-06 21:52 | にっき | Trackback | Comments(0)

検見谷遺跡3 谷を愛でる民



ひめちゃご番外

検見谷遺跡3 

谷を愛でる民
 


さて、佐賀県三養基郡(みやきぐん)の検見谷遺跡から
12本の銅矛が出土したが、その場所が分からなかった。

ありがたいことに地元の方からも連絡があった。

ところが、記事を書いた日、資料を保管するために整理していると、
北茂安町の史跡巡りマップが出てきた。

すっかり忘れていた。
見ると、そこに検見谷遺跡が書かれているではないか。

ゴルフ場内の左端に番号がふってあるだけだが。

目安は、
白石神社から南南西約500m。
北茂安中学校から東北より少し下がったところ約500mほどの地点。
通瀬川の谷の支流(支谷)に当たる。

これまた、アバウトな説明だが、これを元にチェリーが調べてくれた。





c0222861_1939257.jpg













c0222861_19392330.jpg













c0222861_19394150.jpg













c0222861_1941960.jpg


なんと面白い地図だろう。

あとは、調査報告書と照らし合わせれば良いだけになった。

メールでは、他に北茂安中の西400mの大塚古墳の連絡があった。
時代は違うが同じ台地にあるようなので、
いろいろと考察すると面白そうだ。

地元の方こそ、時代順に史跡を並べたりして、
基礎資料を作れば大きく進展する。

縁があれば、私もまた探訪することになるだろう。



さて、話を戻すが、私が出土地にこだわるのは、
これが出雲と同様の急斜面であることだ。

実は、女山(ぞやま)にも谷に埋納した銅矛が出土している。

土蜘蛛・田油津姫が逃げ込んで殺された場所が女山。
そこには神籠石があり、谷に埋納した銅矛二本が出土している。

谷に祈る人たち。
その存在が神籠石や銅矛から透けてみえてくる。


阿志岐、鹿毛馬、杷木の神籠石は谷を囲む構造になっている。
神籠石と銅矛の埋納に共通するのは「谷」への崇敬なのだ。

土蜘蛛たちが何故、渡来してきて山に住んだのか。
その答えは鉱山にある。

だから、私は出土地に強く関心をもっている。


さて、次回の歴史カフェは福岡での渡来人たち(古代氏族)の分布を
簡単に確認する。

そして、少しずつ、個々の渡来人たちに取り組みたいというのが
私の願いなのだ。



<2017年11月5日>   <ひめちゃご>番外編






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-05 19:41 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)

第16回歴史カフェ 真鍋大覚の世界「ありなれ川」のご案内




第16回歴史カフェ

真鍋大覚の世界「ありなれ川」
のご案内



今回は真鍋大覚の世界を紐解きます。

久留米市大善寺の広川を現代でも「ありなれ川」と言います。
この言葉は「高良玉垂宮神秘書」にも出てきます。
そして、「日本書紀」にも登場するのです。

真鍋によると、
「ありなれ川」とは空にあっては「天の川」であり、
古代福岡においては筑紫を左右に分ける川の名を指した
といいます。

赤司八幡神社の縁起には「九州二島惣鎮守」とあり、
九州が「二島」だったことを思わせる記述があります。

この「二島」を、「ありなれ川」によって左右に分かれた九州島
の描写と考えると、よく理解することができます。

福岡の古代史や魏志倭人伝を紐解くにあたって
必要不可欠の「ありなれ川」の理解。

そこには正史に伝わらぬ歴史がありました。

針摺瀬戸を埋めた土砂災害と大水害が起こり、
防災と灌漑用水のために水城が造られたといいます。

それを築造したのは磐井と稲目。
それから百年後の水城の崩壊、
疎水式に切り替える工事をした天智天皇。
など、大宰府の天官だった家系だからこそ伝わる歴史です。

また、ずらりと並ぶ「三」がつく地名の意味、
古代氏族たちの分布、
など、真鍋大覚の口伝を紐解き、整理していきます。

タイトルは

真鍋大覚の世界 「ありなれ川」
―針摺瀬戸、水城、大宰府、筑後川、古代氏族ー

です

会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。

ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。


日時 2017年11月26日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名とヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ1126希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-04 15:25 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

ひめちゃご104 始まりの宮へ



ひめちゃご104

始まりの宮へ
 

物部神社から姫方若宮八幡宮へ向かった。

「ひめちゃご」の始まりの宮だ。







c0222861_21102777.jpg

真直ぐの古代道が綾部八幡宮まで続くという。
その途中に姫方若宮八幡宮がある。

狭い車道を北上した。

この日、ウメとタケと私は現地でミノリ一家と合流した。

ミノリこそ「ひめちゃご」という言葉を生み出した人だった。






民家の前を通って
c0222861_2152085.jpg

狭い参道を上っていくと、









c0222861_215424.jpg

見慣れた姫方若宮八幡宮に出た。
銀杏が輝く季節だった。


ここもまた古代の岬の先端に建っていた。
ここから見える山々は古代の天文観測の名残を教えてくれた。



この宮の祭神は『中原町史』によると、
住吉大神、仁徳大神、武内大臣となっている。

八幡三神でも、次世代の三神ということか、
応神天皇の名が見られない。










c0222861_2161375.jpg

その拝殿にはめずらしい葡萄が彫られていた。
江戸時代の建造なのか、明治に入っての建造かは不明だが、
葡萄とはこれまた瀟洒な西洋的モチーフだ。











c0222861_2195939.jpg

神殿の方には龍と桐。天皇を祀るにふさわしい。










c0222861_2165194.jpg

ところが、他はどうだ。










c0222861_217861.jpg

波と花に埋め尽くされていた。

いかにも女神の装いなのだ。

ミノリが参拝する時に現れるのは女神だという。


この姫神が誰なのか、それを探す旅でもあったのだろうが、
市杵島姫命が最有力候補だった。


町史も
「原始八幡信仰の神籬から、宗像女神に、宇佐八幡系が入りこみ、
若宮八幡の占有する姿を漂わせている気がする。」
と書いている。

この「中原宿は姫方村の枝村であった」ので、
そこと同じ神を祀っていた可能性があると考えているようだ。

この点は氏子からも「同じ神を祀っている」と聞いている。

町史はさらに、次のように鳥栖の「姫古曽神社」を引き合いに出していた。

<鳥栖市旧基里邑に「姫古曽神社」があって、集落を姫方とよぶ。
祭神は「市杵島姫命、住吉大神、八幡大神」である>

総合すると、この「姫方若宮八幡宮」は鳥栖の姫方の飛び地なので、
「市杵島姫命」を祀っていたと考えられるのだ。

時代は違うが、ここには「中原宿」があり、伊能忠敬が宿泊していた。

<肥前国三根郡なる堤村、寒水村字中島姫方村内中原町駅場止宿>
と書いていることから、当地は「姫方村」と称していたことが分かる。


明治になって、鳥栖の方の祭神は元の形に復元されて
市杵島姫命が再び祀られるようになったが、
この枝村には及ばなかったのだろう。

市杵島姫命の名は公には出ないままとなった、と考える。



神殿に彫られた「波と花」。
それらは市杵島姫命が「水」を司ることを象徴していると思われた。

恵みをもたらす側面と災害をもたらす側面の
二つの顔を持つ「水の女神」
それが市杵島姫命だったのではないか。







c0222861_21899.jpg

さて、私たちは参拝を済ませると、
中原中学校の校庭にある前方後円墳に向かった。

『中原町史』は以下のように、被葬者を女首長と考えていた。


<中学校前提の前方後円墳に収めた墳主は、
この地の部族の女の首長ではなかったかと考えられる>
さらに、
<この神社のある姫方原一帯は広い範囲に、世代を異にする弥生住居跡が、
多数出土する遺跡である>
とも記す。

これは6世紀の古墳だそうだ。
グラウンドには弥生の墓地もたくさんあったのだろう。



このあと、私たちはさらに、北浦天神社と雌塚に行った。
日が沈む時間が近づいていた。

晩秋の姫方郷をそぞろ歩きして戻ってくるとき、ミノリが
「あの綺麗な女神は市杵島姫」
と言った。
やはり、そうだったのか。

ミノリは鞍手に行って星読とも会っている。

星読が、
イチキシマ姫は佐賀に逃げた、と言ったことを思い出す。
不思議な附合があったことになる。
こうして、ヒメコソ神の三社参りは五社参りとなった。


この「ひめちゃご」は2016年8月から書き始めていて、
いつのまにか一年以上も経っていた。

この始まりの宮で筆を置こうと思う。

すでに、次の巻物が開かれている。

何が書かれているのか、先はわからないが、
これからも日々の記録を残していこうと思う。





        終




                      <2017年11月3日>




メールやコメントの返事が遅れています。
少々お待ちくださいね。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-03 21:11 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)

ひめちゃご103 検見谷遺跡付近地図に画竜点睛を



ひめちゃご103

検見谷遺跡付近地図に画竜点睛を
 


前回、検見谷遺跡の場所が分からないと書いたが、
チェリーが出土したという佐賀カントリー倶楽部の地図を作製してくれた。








c0222861_23225581.jpg


以下はそのコメント。

<いろんな地図を合成して、マウスでなぞったという荒い地図ですけど…
黒い線が佐賀カントリー倶楽部の範囲です。

赤い線が標高20mの等高線、暗い赤の線が標高30mの等高線です。

佐賀カントリーの左上の端あたりに、西から入って南に登る谷がありますが
(白石神社・白石焼窯元への道を登り詰めて、
クラブハウスへの道に合流して、南に進むのですが)、
佐賀カントリーに達する前に標高30mを超えてしまいます!
該当する場所が見つかりません!!>

赤い標高線のラインより4m高い所に遺跡があるという。
<背振山地南麓から白壁地区に向かって延びる丘陵の西側に位置している。

この一帯の斜面にはたくさんの谷が複雑に入り込んでいるが、
銅矛出土地点は、その谷の一つの最奥部、南へ入り込む小支谷の斜面上で、
標高約24メートルの場所である。>

これを追求するのも面白そうだが、これは是非とも地元の方にお願いしたい。


今、12本の銅矛は文化庁にあるという。
文化庁や他県の大学に行ったものは地元から忘れさられる可能性がある。

そうやって、九州の歴史は失われていく。

背振山系の南麓にはずらりと古代の最高レベルの文化が花開いている。

奇跡的に保存された吉野ケ里遺跡レベルのものが
台地ごとに存在して、古代人の営みがあったのだ。
その古代人の心の支えが神社だった。

佐賀の奇跡はもう一つ「肥前風土記」が伝わっていることだ。

景行天皇の時代を軸にして、古代道を今でも感じることができる。

誰か、チェリーの描いた地図に赤い点を打ってほしい。

画竜点睛。

方法は、検見谷遺跡の発掘報告書を手に入れるか、
佐賀カントリー倶楽部に問い合わせる。

そうして、その人には、新たな旅が始まるのだ。
古代の歴史がアイデンティティとなり、
次世代の子供たちのチカラとなっていくのだ。



<ひめちゃご>
<2017年11月1日>






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-01 23:24 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー