ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

磐井八幡宮2 磐井の乱の3年前に築造した砦



磐井八幡宮2 

磐井の乱の3年前に築造した砦





c0222861_2193745.jpg

磐井の丘にどんどん近づいてます。






c0222861_2195370.jpg

こちらが正面。右手に駐車場があります。







c0222861_21101439.jpg

参道は簡易舗装になっていて、
小さくて馬力がある車なら登れそうですが、
最後に急カーブの急坂があるので、覚悟してください。








c0222861_21103916.jpg

歩いて行くと、こんな景色が見えます。
双峰の御船山です。神功皇后の船が山になったという。


武雄神社がありますね。

主祭神は武内宿禰です。父の武雄心命も祀られています。
組織は武雄組というようですが、
系譜からいうと物部氏ではないかと思っています。


磐井の時代はどのようになったのでしょうか。
物部氏なら、のちに戦うことになります。







c0222861_21131772.jpg

いよいよ社殿の前の石段を上ります。








c0222861_21133118.jpg

拝殿前に出ました。

磐井の砦跡なので、「磐井」の社号はついてますが、
祭神は応神天皇で、磐井は祀られていません。


磐井がこの砦を築いたのは524年。
磐井の乱が527年ですから、3年前だったことが分かります。
磐井が領土を広げていく中で、ここにも拠点を置いたのでしょう。

砦があるということは本丸があるのでは?

すぐ近くの柏岳(238m)がふさわしいように思われますが、
ざっと見て、その記録は見当たりません。
ご存知の方は教えてください。



帰り道、高橋駅前を通過しました。
武内宿禰がこの「高橋の津」を奪還したのでしたね。
福母八幡宮あたりで調べました。



また、朝倉林田の美奈宜神社の社伝には神功皇后の船は、
この高橋の津に凱旋したと書かれています。
(上巻43)


磐井がここを重要な拠点と考えた理由に
この「高橋の津」の存在が挙げられるでしょう。
湊は絶対条件ですよね。


また、書いていて気になったのが、この地名の朝日町です。
もう一つ砦がありましたが、鳥栖市の朝日山山頂でした。
共通するのが「朝日」という地名。
何らかの符合を感じるのですが。
これも情報があったら教えてください。



この近くには「がばいばあちゃん」のロケ地となった
淀姫神社があります。
神功皇后の妹の豊姫がここで亡くなりました。

そこには「武以」が祀られています。
仲哀天皇の重臣の大伴武以だと思っています。
また、武内宿禰の母山下影姫に関わる黒尾神社。
などなど。
既にいっぱい書いている。
曖昧なままでは困りますね。(^^;
この周辺の過去記事を復習する必要がありそうです。


この磐井八幡宮は次著でも紹介します。

磐井八幡宮
武雄市朝日町中野5483










いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2017-08-12 21:17 | 神社(イ) | Trackback | Comments(2)

磐井八幡宮1 筑紫君磐井は武雄に砦を作った



磐井八幡宮1

筑紫君磐井は武雄に砦を作った





さて、今日は磐井が砦を作ったという
佐賀県武雄市の磐井八幡宮に行ってきました。

北から向かっている途中、通行止めに遭いました。
火事で通れないということで、
約1時間ほど迂回して辿りついたのですが、
おかげで思いがけない角度で山々の姿を見ることができました。







c0222861_21142564.jpg

この中に磐井の砦があります。
あなたなら、どの山や丘を選ぶ?











c0222861_21144280.jpg

正解は右の丘です。
見晴らしがよく、攻めにくい形ですね。
磐井の砦があったということで、「磐井の丘」と呼ばれているそうです。


(つづく)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2017-08-11 21:16 | 神社(イ) | Trackback | Comments(0)

もう一つ 再開




今日から、中断していた「斉明、天智天皇」の本の執筆を再開しました。

決心しなおすために、数日かかりました。

改めて文章に向かうと、この半年間、
いろんなサインが出ていたのに気づきます。
少し成長したかな。

それについて、ここで書こうとするのですが、上手く表現できないです。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2017-08-10 22:42 | にっき | Trackback | Comments(0)

第15回歴史カフェのご案内 新会場にて



第15回歴史カフェのご案内

新会場にて「二つの七支刀」





さて、歴史カフェの再開のお知らせです。

これまでの会場が日曜日に使えなくなったので、
新たな場所を探していましたが、友人の協力を得て、
福津市の福津市中央公民館を借りることが出来ました。

駐車場は145台分あり、部屋も広いです。
これまでは少人数しか入らなかったので二回に分けていましたが、
一回で行います。
パワーポイントも使えるので、画像もお楽しみに。

ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。



さて、歴史カフェも15回目を迎えます。
タイトルは
「二つの七支刀」-福岡と佐賀の物部氏と賀茂氏―
です。

「二つ」の七支刀というのは、奈良の石上神宮の「七支刀」と、
福岡旧山門郡の「こうやの宮」(磯上物部神社)の神像の持つ「七支刀」
のことです。

共通するのは「物部」と「いそのかみ」。

筑後と奈良にある物部氏の信仰や環境などを確認して、
その実像を描いていくための基礎準備をしていきたいと思います。

また、七支刀のデザインの元は「ヒカゲノカズラ」だという真鍋大覚の話を
検証して、これに関わる京都や佐賀の賀茂氏も確認します。


基本内容は一年前の「七支刀」と一緒ですが、
少し視点を変えて、
筑紫や肥前の物部氏と賀茂氏を見ていくことになります。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参くださいね。



日時 2017年9月17日(日)2時~4時

会場 福津市中央公民館 研修室1「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222

会費 1500円(当日払い)

申し込み
1 氏名 ヨミガナ(お持ちの方はハンドル名)
2 住所 市町村字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ917希望

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)をご希望の方はその旨書いてくださいね。
当日お持ちします。

申し込みはコチラ
あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から
1~3を記入してください。

メールが使えない方はコメント欄をご利用ください。
(必ず「非公開」にしてくださいね)

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)


福津市中央公民館 
所在地:福岡県福津市手光(てびか)2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。

 






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2017-08-09 21:49 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(6)

ひめちゃご84 マエズ・ハウⅡスコットランド オークニー島&スカイ島



ひめちゃご84

マエズ・ハウ(メイズハウ)Ⅱ

スコットランド 
オークニー島 & スカイ島の小島
 


82回の続き。ひと月以上も経ってしまった。






c0222861_22423859.jpg

スコットランドのオークニー島にある5000年前の墓「マエズ・ハウ」の測量図だ。
横から見たら日本の古墳そっくりだが、チェンバーが三つあり、
内容はかなり違っていた。










c0222861_2243292.jpg

冬至の夕陽が入っている画像ではないかと思う。







c0222861_22431939.jpg

落書きされたルーン文字。
これはバイキングによるもの。


5000年前の文化とはいったいどれほどのものか。
このようなものを見ると、自分の想像力の小ささをいつも痛感する。




さて、82回に書いていた「とんでもないもの」を今見直してみると、
大したものではなかった。

答えはスカイ島の小島の様子だ。
相島の鼻栗瀬とそっくりなのだ。








c0222861_22434372.jpg

ホテルからすぐ目の前にある小島が目に入った。









c0222861_2244040.jpg

島のピークにダン・ベーガン城があって、そこからも良く見えた。

私は洞穴があるのを確信して、ギリギリの所まで歩いて行った。


そして撮った画像がこれだ。








c0222861_2245314.jpg

こうしてみると、鼻栗瀬のようであり、志賀島の二見岩のようでもある。



どうやら、「相島とケルト」は私の心の中では一つの導火線に当たるようだ。
これからも、この導火線が一つの物語を紡ぎ出すのだろう。

メモを見ると、
このダン・ベーガン城で偶然、一人のアメリカ人(?)に遭遇していた。
彼は日本で8年間修行し、ここに呼ばれて来たのだという。

この日、こうして出会ったことも今では何か意味があったのかと、懐かしく思う。


そして、夜中にUFOが出たのもここ。

スコットランドはこうして心の中にいつも生きていた。

日本―エジプトースコットランド

というラインで。


(画像はアルバムを撮ったので、光が写りこまないように斜めになったりしています。
きれいにしようとすると、さらに記事が遅れるので、このままUPしますね)

<2017年8月6日>











いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2017-08-06 22:47 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(2)

ネコ雲




福岡の空が久しぶりに青い。

そう、ホントの空の色はこんな色。








c0222861_2243673.jpg


雲を撮ってたら、左から白いネコ(=^・^=)?









c0222861_22510100.jpg

お尻が可愛い、耳も二つ見えてる。
食い過ぎのネコだい。



夏の空にどことなく秋の気配を感じたら、
もうすぐ立秋ですって?

例年より季節の進行が早いのかな。

どうぞ、台風が静まってくださいますよう。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2017-08-04 22:06 | にっき | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー