ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

水沼三女神  『日本書紀』一書第三



水沼三女神

『日本書紀』一書第三



『日本書紀』では三女神について、いくつかの伝承を集め、
整理して記録しています。

「本文」に対して「一書」という形になっています。

そこには、私たちが断片でしか知らない話が一つの物語になって
載せられています。

今回は「水沼君」(みぬまのきみ)が祭る三女神の記録です。
ここに初めて「海北道中」「道主貴」(みちぬしのむち)が出てきます。

地形的には「ありなれ川」が筑紫を貫いて
右佐(宇佐)島と左佐島(天原)に分かれていた時代です。

筑紫は筑前、筑中、筑後の三府がありました。

例の如く、短縮したり、追加したりして現代風にしています。


c0222861_2056135.gif



『日本書紀』【一書 第三】水沼三女神

アマテラス大神はスサノオ尊と天安河(あめのやすかわ)を隔て、
向かい合ってウケイをされました。

「もし悪い考えが無いなら、そなたが生んだ子供は男の子だろう。
もし男の子を生んだら私の子として高天原を治めさせよう」

そう言うと、
アマテラス大神はスサノオ尊の十握剣を食べて市杵島姫を生み、
九握剣を食べて湍津姫を生み、
八握剣を食べて田霧姫をお生みになりました。

 スサノオ尊がアマテラス大神の左の髷(まげ)の勾玉(まがたま)を
口に含んで左手に載せると男の子になりました。
「私の勝ですね」
そういうと、右の髷や首飾りなどから次々と男の子を六人お生みになりました。
この六人の男の神は約束どおり高天原を治めました。

 アマテラス大神が生んだ三柱の女神(ひめかみ)は
葦原中国の宇佐島に天下りされました。

今は海の北の道の中にいらっしゃいます。

名付けて道主貴(みちぬしのむち)と言います。
これは筑紫(ちくし)の水沼君らが祭る神です。


c0222861_2056135.gif




水沼君の聖地は久留米市の赤司八幡神社。(下巻56)ここの縁起が詳しい。
政治の地は同市弓頭神社(下巻57)
ありなれ川のそばの湊は同市大善寺玉垂宮(下巻78)


みなさん、【「ご来福」しよう】の鈴を鳴らしておみくじを引きましたか?
実は、私が引いたのは「宗像大社」でしたよ。

タイミングの良さに、笑ってしまいました。

来週になりますが、ラブFMの「古代の福岡」のイベントに参加します。
『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群世界文化遺産登録記念イベントです。

そこで、「宗像三女神」と「女神に逢える福岡の神社」みたいなテーマで
話をする予定です。

おみくじがタイムリーでした^^


10月7日(土)と8日(日)の二日間の参加です。
天神の三越前か、その近くです。
はっきりしたらお知らせします。

てか、もう一週間切れた(;’∀’)

(これは以前書いたマスメディアとは別件です)


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2017-09-30 20:58 | 赤司八幡宮・あかじ・久留米 | Trackback | Comments(0)

宗像三女神の誕生 『日本書紀』本文から



宗像三女神の誕生 

『日本書紀』本文から



宗像三女神の「誕生」にはいくつもの伝承があり、
また三女神の名も異説が沢山あります。

今日は『日本書紀』の本文を訳してみました。
現代人の理屈では理解できない部分があるので、
言葉を補ったり、簡略化したりしています。
(だからコピペはしないでね)


c0222861_2128296.gif

イザナギ尊は自分の子供たちを集め、
アマテラス大神には高天原を、
スサノオ尊には青海原を治めるように命じました。

スサノオ尊は姉のアマテラス大神にお別れの挨拶を
しようと思って高天原に昇る時、
海が荒れ、山も激しく吹き荒れました。

アマテラス大神は驚いて、
「海や山が荒れるのはスサノオの猛々(たけだけ)しい心の表われだろう。
わが高天原を奪うつもりではないか」
と思って、男の髪型のミヅラを結って袴(はかま)を着けました。
勾玉の腕輪を着け、ミヅラにも勾玉をつけて、
武装してスサノオを待ち構えました。

スサノオはそれを見て、
「私には悪い考えはありません。お別れに来ただけです。
まさか、姉上がこんなに怒っているとは」と言いました。

アマテラス大神が
「悪い考えがないかどうか、証明しなさい」と言われたので、
「それではウケイをしましょう。
ウケイで占ってお互いに子供を生みましょう。
もし私が女の子を生んだら悪い考えがあり、
男の子を生んだら清らかな考えだということで、どうですか」

「よかろう」
と言うと、アマテラス大神はスサノオ尊から
十握剣(とつかのつるぎ)を貰いうけました。

それを三つに折ると、天の真名井(まない)でそそぎ、
噛み砕いてフッと吹き出すと、
その息吹(いぶき)の中から三人の姫神が生まれました。

名付けて田心(たごり)姫、湍津(たぎつ)姫、市杵島(いちきしま)姫といいます。

 スサノオ尊は勾玉を貰いうけて五人の男の神を生みました。
「私は男の子を生んだのだから、清らかな考えということが証明されましたね」
それを聞いて、アマテラス大神は
「分かった。
五人の男の神は私の勾玉から生まれたから、私の子供にしよう。
三人の女神はそなたの十握剣から生まれたからそなたの子にしよう」
と言われました。

この三柱の女神(ひめかみ)は筑紫(ちくし)の胸肩(むなかた)君らが祭っています。


c0222861_2128296.gif


(このラインは「素材の小路」より)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2017-09-29 21:32 | 宗像大社・むなかた・宗像市 | Trackback | Comments(0)

(祝)福岡県がついに神社と古代史のHPを出したよ (^^)/【「ご来福」しよう】



(祝)福岡県がついに
「神社と古代史」のHPを出したよ (^^)/

その名は【「ご来福」しよう】










このHP、入口が二つあるみたい。
どっちがいいかな♪


すごく躍動的で楽しい^^
二次元なのに動きがあって、ワクワクする。


福岡県が福岡の神社と古代史を全国に伝える企画を始めましたよ!
嬉しいですね。

私も行ったことのないスポットが沢山紹介されています。
寄り道のグルメスポットも。

福岡って総本社も沢山あって、ご利益もパワフル。
そんなワクワク感があふれています。

人々の願いと神社は密接に繋がっているんですね。

ご利益はあまり願わない私ですが、
神功皇后のガイドブックを素人が出せたという事自体が、
ご利益かもしれないなあ。



実は、わたくしこのHPの作成に当たって、
少しお手伝いしました。
投稿文も数本、寄せています。
少しずつUPされていくので、見つけてくださいね。

ヒント。
画像がいっぱい♪

私が撮った写真も切り取り方でこんなに変わるの?
と、目から鱗です。



以下は福岡県大阪事務所のフェイスブックからの引用です♪

【福岡古代の旅「ご来福」しようホームページがオープン!】

福岡では、知人が来ると、「◯◯さんご来福!」と言います。
なんと縁起の良い響きだと思いませんか!
実際、福岡は歴史的にも究極のパワースポットが集まる地。

今回、そんな福岡県内のご来福スポットを紹介する、
「ご来福」しようHPがオープンしました。
ご利益・歴史から見る古代スポットを随時更新予定です。

トップページの鈴を鳴らせば…
あなたにおすすめのご来福スポットが表示されます!
皆さまに多くの幸が訪れますように!

この機会に、あなたもご来福しませんか?

福岡古代の旅「ご来福」しようホームページはこちら↓

https://goraifuku.jp

(上の画像でリンクしてます^^)

(鈴を鳴らすとおみくじが出た(;'∀'))


コメントありがとうございます。
返事はお待ちくださいね。


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2017-09-28 20:40 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

秋月のバスハイクのプランニングをした



今日はバスハイクのプランニングをしました。

もう9回目になるんですね。
次回は朝倉です。

仲哀天皇崩御後、神功皇后は羽白熊鷲討伐に向かいますが、
筑前町から朝倉の秋月まで、
行軍ルートがずらりと連なっています。

車で5~10分の距離ごとに神社があります。

かつては神社誌を見ては探しに行ったので、
何度もバラバラに行きましたが、
今回はルート沿いに一気に行くので、楽しみです。

このルートはバイクで走ると体感が違うだろうなと思いつつ
時間調べをしました。
もちろん、「杉の馬場」は歩きですよ。


催行は11月に決まりました。
具体的には、「歴史と自然をまもる会」が公表されてから後の
案内になります。

紅葉がちょうどいいかも。
フルーツの里なので、それも楽しみです。



以下はパワーポイントの画像です。







c0222861_2295663.jpg

照英に羽白熊鷲の役をやって欲しい^^









c0222861_22101750.jpg

『日本書紀』に載ってる「安」(やす)の松峡八幡宮。








c0222861_22103991.jpg

軍士たちが敵前逃亡した大己貴神社。











c0222861_22105764.jpg

『日本書紀』に出てくる「荷物田村」(のとりたのふれ)










c0222861_22111386.jpg

黒門前が陣営地の一つ。










c0222861_22114432.jpg

垂裕(すいよう)神社の石段登りは御覚悟を。
メチャ、ハード。

などなど。




秋月、すごく好きなんです。




『神功皇后伝承を歩く』上巻40~47「羽白熊鷲との戦い」




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2017-09-26 22:13 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

リセットは




イベントの翌日はリセット日。

机上の資料をファイルしたり、元に戻したりしながら、
頭の中もリセットしていきます。

今日は、それでも頭の中がスッキリとしなかったので、
思い切って、気になる引き出しを覗き、
不要になったものを処分しました。

三つのうち一つはカラになりました。

ま、断捨離の手前のお片付けレベルですな(;’∀’)


「不要品を捨てる」ではなかなか手がつかなかったのですが、
「好きなものに囲まれる暮らし」という言葉を思いついたら、
少し動き始めました。

え?
そうですね。
このフレーズ、数年前に誰かがベストセラーに書いてましたね。

今頃、発動! でした。(*´з`)




c0222861_2011399.jpg







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2017-09-25 20:12 | にっき | Trackback | Comments(0)

15回 歴史カフェでした



ずいぶん久しぶりの歴史カフェでした。

近くから、あるいは遠くからのご参加ありがとうございます。


新たな会場で、皆さんの協力を得ながら準備をしました。

画像とテキストを併せて使っていくと、
発見がいろいろとありますね。

物部氏のスサノオ信仰、剣神信仰、三女神信仰。
賀茂氏の雷神信仰、京都と佐賀の千年以上の関連など、
シンボルを整理すると、
アバウトな世界が確固たる世界に変わっていきます。



一つ謎が解けると、新たな気付きがあり、
次なる点描へと導かれ、
留まることを知らない世界が広がっていることにも
気付かされます。

奥深いですね。


次回の歴史カフェ、テーマは決めましたが、
準備が出来てからお知らせします。


                <2017年9月24日>





c0222861_2185699.jpg


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
# by lunabura | 2017-09-24 21:11 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー