ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:山口県 ( 21 ) タグの人気記事

響灘を巡って 遺跡と伝承について考えた


響灘を巡って 
遺跡と伝承について考えた

駆け足で巡った響灘(ひびきなだ)沿岸の遺跡を振り返ると
思い出されるのは清らかな大気と打ち寄せる白波。
その波に乗って来た人々たちの営み。
力を合わせて暮らす豊饒の海。

そしてその暮らしの跡に堆積して行く美しい砂。

ここは日本人がどうやって形成されて行ったのかを教えてくれる重要な地でした。
考古学的に期待したいことは
一つ一つの遺跡の保護と研究。
遺跡同士の関係性。
そして、大陸や半島との比較。

土井ヶ浜・人類学ミュージアムはその中心核ですが、
山積する課題に対して、人手不足は明らかです。
もっと国が援助をしないと、これらの宝からのメッセージを
受け取るのは困難だと思われました。

望まれるのは、毎年行われているシンポジウムの成果をPDF化したり、冊子化して、
国民がいつでも最新情報を手に入れられるようにしてほしいということですが、
それも、多くの人手を要するものです。

国の予算が近畿に集中していると聞きました。予算をもっと分散して、
全国の研究の底上げにシフトする時期が来ているように思われます。


さて、ひもろぎを逍遥するはずなのに、古代人のお墓も逍遥する当ブログですが、
神社の御神体と遺跡の出土物が重なることから、
古代人の価値観を知るのに、遺跡を学ぶことは大切だと思っています。

言いかえれば遺跡の人々の信仰が神社に残されているのです。
人々は故郷の地名と神々を連れて移動します。
遺跡のそばにある神社には彼らの精神界を知る手掛かりがあります。
神社は世界的にも稀有なカタチで残されたタイムカプセルなんですね。


私は、各地の町おこしに、
歴史を学ぶという知的な分野を取り入れてほしいと思うようになりました。

自分の町の遺跡マップを作ることは、きっと町おこしの原動力になると思っています。
その時、遺跡マップと神社マップを共存させてほしい。

歴史――知っていたつもりで、何も知らなかった。
それに気づく喜び。

皆さんの町にはどんな遺跡と神社がありますか?
日本の始まりのころ、どんな暮らしがあったでしょうか?





響灘沿岸には、神功皇后伝承が重なったものがありました。

弥生時代から古墳時代にかけて、遺跡の人々が生きた時代に
下関市の豊浦宮は都として機能していた時期があるのです。

天皇がいる所が朝廷。
この時代の朝廷は「ヤマト朝廷」でなく
「穴門朝廷」あるいは「豊浦朝廷」とでもいうべきものです。
香椎宮に遷宮してからは「儺の朝廷」とか「筑紫朝廷」とか。

『日本書紀』や『古事記』は、「仲哀天皇は豊浦宮や香椎宮で天下を治めた」と
高らかに書いているのですから。

記紀によれば、豊浦宮があったのは西暦200年前後という弥生時代の後期。
考古学界では神功皇后は320年あたりらしいので、そうすると古墳時代です。
時代の捉え方は違っても、豊浦宮に朝廷があった。

仲哀天皇が穴門の豊浦宮で「天の下をしろしめした」時代、
蓋井島に辰韓(新羅)が上陸して占拠し、本土上陸を狙っていました。
神功皇后は吉見港から出向して戦ったのですね。

洞海湾にも賊がいて、仲哀天皇が軍船を率いて攻撃。
神功皇后が賊に追われて逃げたという事件があったという伝承も聞きました。

倭国はいったん、蓋井島で敵をせん滅したつもりが、
まさかの塵輪の豊浦宮攻撃という不測の事態に。


この時、仲哀天皇は自ら敵将を射殺したけど、
警護した武人たちには不名誉な事件となりました。
さらに香椎宮遷都の後、小郡市の仮陣(御勢大霊石神社)で天皇を戦死させてしまった不名誉。

この二つの大事件を記紀は記録しなかった。
でも、記紀は嘘をついてはいない。ただ、記録しなかっただけ。

そのやり方が功を奏したのか、
神功皇后の三韓攻撃が唐突なものとなった。

さらには
仲哀天皇や神功皇后などが存在しなかったという人が現れる事になった。

さあ、フィールドワークをしましょう。
机の前から離れて、筑紫の宮々を歩きましょう。

地形を知り、古代人の営みを知る時、
私たち現代人は古代人の智恵を授かり、
望ましい未来とはどういう社会なのか、それぞれが知る事になることでしょう。

c0222861_2214167.jpg


綾羅木郷遺跡 (あやらぎごう)
下関市立考古博物館



いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-22 22:15 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(4)

土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム (2)


土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム (2)


前回、パネルについて質問をいただいたので、写真を掲載します。

質問。ミュージアムの大きなパネルで、土井が浜、山口、北部九州から
筑後・熊本までを囲んだ青い線は何を意味するのでしょう?

c0222861_226876.jpg

該当部分を拡大しました。北部九州に描かれた二つの青いラインについて
パネル全体を撮っていないので、推測になりますが、
西北九州と北部九州の違いを表わしたもののようですね。
土井ヶ浜から吉野ヶ里は渡来系の弥生人という意味でしょうか。

西北九州というのは長崎を中心とした弥生人ということでしょうか。
縄文が色濃く残っているということでしょう。
(あくまでも推測なので、ミュージアムに問い合わせる方が確実ですね(・.・;))

c0222861_2315788.jpg

前回、掲載した二体の人骨の説明に「西北九州」という言葉が出て来ます。
引用すると
「弥生時代の人骨を研究すると、現在の長崎県を中心とする西北九州は
縄文人の特徴をそのまま受け継いだ弥生人が住んでいたことがわかりました。
彼らの特徴は、鼻が高く、顔のホリが深いということでした。
また身長は土井ヶ浜の人々と比べて低いことがわかっています。」
と書かれています。

土井ヶ浜遺跡については最新情報が知りたかったのですが、
人骨の比較研究などの本やシンポジウムの資料など見当たらず、手ぶらで帰って来ました。

家に帰って、過去のチラシなどを見ていたら、こんな記事が。

今から半世紀前の1953年、土井ヶ浜遺跡で初めて学術的な発掘調査が行われ、1957年の5次調査に至るまで、200体を越える弥生人骨とともに、数多くの弥生土器も出土しました。

お墓に供えられたと考えられるこれらの土器は出土人骨が弥生時代の人々であることを確証付け、集団墓地である土井ヶ浜遺跡の変遷過程や埋葬習俗、さらには当時の地域間交流を紐解く重要資料として古くから注目されてきました。

しかし、残念ながらこれらの土器資料の多くは長らく本格的な資料整理が行われないまま、限られた研究者以外、その全体像を目にすることは困難な状況にありました。
(平成21年度小企画展3)

誰かが土器資料を占有してしまったために、研究が出来なかったようです。
中ノ浜遺跡の場合は出土物が離散していたし…。
パンフレットに時代などが書かれていないのは、これが原因だったようですね。

響灘の遺跡全体の資料としては、
下関市立考古博物館 平成25年企画展Ⅰ
「響灘沿岸の遺跡 -海に生きた人々―」
の展示解説資料が、8ページほどのコピー資料でしたが、
全容が見渡せて読みごたえがありました。(6月30日まで)

これは展示されていた土井ヶ浜の土器です。

c0222861_2271411.jpg


愛読者さん、以上分かる範囲ですがお役に立てたでしょうか。



山口県下関豊北町神田上891-8
土井ヶ浜遺跡 人類学ミュージアム





いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-19 22:11 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(4)

4土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム・矢を浴びた英雄は持衰かシャーマン?


4 土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム

矢を浴びた英雄は持衰かシャーマン?

「遺跡にも運、不運がある。」
遺跡関係の本に書いてあったなあ。
この大きなミュージアムを見て、そんな言葉を思い出しました。
ここはとても幸運な遺跡でした。

土井ヶ浜人類学ミュージアムは、展示の建物と、遺跡保存の建物の二つの構成になっています。

さあ、いきなり遺跡に行きましょう。

c0222861_2302217.jpg

正面の小山の下に遺跡があります。
200体以上の弥生人骨が出土した中でも密度が高い所を公開しているそうです。
約80体の人骨が発掘時の姿で復元されています。

c0222861_2303716.jpg

顔を西に向けているのが、特徴だそうです。

c0222861_231483.jpg

一番確認したかったのは矢が刺さった人骨。「貝輪をした英雄」です。
友人が話してくれたとき、「敵が攻めてきた時、一人でムラを守った英雄だ」と言ったのですが、
写真を見て疑問が湧いたので、見に来たのです。

至近距離から射られています。
「これは処刑じゃない?」
「うん、死刑だね」
これは夫との会話です。
(持衰かシャーマンではないだろうか。この人は何か失敗したんではないか…)

持衰(じさい)とは魏志倭人伝に出て来る、倭人独特の風習です。

倭の者が船で海を渡る時は持衰(じさい)が選ばれる。持衰は人と接せず、虱は取らず、服は汚れ放題、肉は食べずに船の帰りを待つ。船が無事に帰ってくれば褒美が与えられる。船に災難があれば殺される。(ウィキペディア)

船を守るのに失敗した持衰。
あるいはムラの命運を握る占いに失敗したシャーマン。
そんな妄想を抱きました。

ただ、この人たちを倭人とすると、問題が起こります。
響灘の弥生人は渡来人だと言う説と矛盾するからです。

弥生人のルーツを朝鮮半島や中国大陸にだけ求めると、倭人が行方不明になります。
魏志倭人伝などを見ると、倭人と朝鮮半島の人たちとはかなり風習が違うんですね。

「ねえ、倭人って誰?」
「縄文人たい。」
これはTとの対話。
でも、これもピンとこない。
倭国と言ったとき、縄文人の国ということになってしまう。

c0222861_2313754.jpg

これは館内のパネル。
中央の青いイラストを見ると、土井ヶ浜の人たちは背が高く、縄文人は背が低い。
復元の顔は上が土井ヶ浜。左下が南九州・離島の弥生人。右下が関東の弥生人。
ずいぶん骨格が違うんだね。
この人たちみんなひっくるめて倭人というのだろうか。


c0222861_2315788.jpg

これもパネルから。
手前の熟年男性の顔つきや身長は他の土井ヶ浜の人々と変わらないけど、
奥の壮年男性の顔つきは鼻が高く、顔のホリが深く、身長も低く、
西北九州から来た弥生人ではないかということです。
長崎県を中心とする西北九州には縄文人の特徴を受け継いだ弥生人が住んでいたそうです。
あるいは、地元の縄文人の末裔かとも。

縄文系人の四隅には墓域を示すような石がありますね。
土井ヶ浜人はそれに沿って埋葬されているような感じもします。

c0222861_232217.jpg

これは出土した丹塗の土器。
磨き込みがすごい。デザインも洗練されていて美しい暮らしが想像されます。
特に、右の土器は各地で出ているので注目している土器です。

c0222861_2324063.jpg

三つともそっくりでしょ。
上の土器は朝鮮半島の金海市の池内洞遺跡から出土しています。
これは合わせ口甕棺のそばにそっと置かれていました。
朝鮮半島で出土したけど、倭人が持ち込んだと考えられるものです。
(逆にこの土器が倭国にもたらされたという意見もあるのでしょう。
この土器が半島から持ち込まれたとすると、この土器は弥生土器とは言えなくなります。
土井ヶ浜人が渡来人だとすると、やはり弥生土器とは言えなくなります)

ちなみに、金海市は狗邪韓国(くやかんこく)に比定されている所です。
倭人が最初に船を寄せる湊があり、帯方郡からの使者がここから倭国に向かう湊です。

何気なく使う言葉も、突き詰めると、人によって違う意味付けがされていたり、
矛盾していたりするんですね。

魏志倭人伝では、倭人像をくっきりと浮き出させているけど、
考古学的出土品を見ると、よく分からない。
う~ん。
どうなっているんだろうなあ。


山口県下関豊北町神田上891-8

土井ヶ浜遺跡 人類学ミュージアム






いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-18 22:47 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback(1) | Comments(4)

3 中ノ浜遺跡・土井ヶ浜南遺跡より少し前の時代の長身の弥生人たちの墓地だった


3 中ノ浜遺跡

土井ヶ浜南遺跡より少し前の時代の
長身の弥生人たちの墓地だった

吉見港を後にして、再び191号線を北上。川棚温泉を目指します。
道の左手に中ノ浜遺跡の案内板が見つかりました。
県指定遺跡なので、ちょっと期待。HPも確認して、ナビにも入力したし♪
191号線から西に左折。海に向かって走って行きます。

地図通りに川に出て、小さな橋を渡り、再び左折。
ところが、人家の間の生活道に入り込みました。
道を間違えたかな?
車がようやく一台通る道で、左右は生垣の枝に当たりそう。

正面から来た男性はさっさと自転車を降りて、道を譲ってくれる。
こんな細い道だから、自転車が譲るのが当たり前のような感じ。
お礼を言いながら、中ノ浜遺跡を尋ねました。
「この先、すぐですよ。」
間違えていなかった、と、一安心。

人家もすぐに終わり、砂の目立つ道に、「中ノ浜遺跡」の大きな標識を発見。
右に曲がると、墓場の中に入り込んでいた。
昭和のお墓…。
目指すのは弥生時代のお墓…。

このギャップにしばし呆然。
道の先は農道っぽく、舗装も終わり、Uターンもできそうにもない。
取り敢えず車をバックさせて、徒歩で先の方を確認。
「あった、あった。」
こちらからは見えない位置に、最後の案内板。
結局、昭和の墓地の中の駐車スペースに車を止めて歩いて行く。

あのHPを書いた人は、現地に行ってないな…。
適当に書いている。
ここは詳しい地図を出さないと不親切だよ…。ぶつぶつ…。

ま、このブログが道案内になるか…。
中ノ浜遺跡を書く人なんて滅多にいないだろうし。

c0222861_21274416.jpg

右は昭和の墓地。左の野原が弥生の墓地です。
砂丘の上で、とてもさわやかな場所でした。^^

c0222861_21275845.jpg

この外周円は環濠なのか!と気になって確認しにきたのですが、これは歩道でした。
どうやら草原になっている所がすべてが墓地です。
殆どが埋め戻されてこの円の中だけが露出しているようです。

c0222861_21281762.jpg

なだらかな砂丘のピークにあります。
埋葬方法がさまざまです。

説明板がありました。
山口県指定史跡 中ノ浜遺跡

中ノ浜遺跡は、北の土井ヶ浜遺跡(下関市豊北町)、南の梶栗浜遺跡(下関市大字富任)とならんで、響灘に面した砂丘上に営まれた弥生時代(前期~中期)の集団墓地です。

響灘沿岸は北部九州とともに弥生文化を最初に大陸から受容した地であり、全国的にも有数の規模を誇る弥生人の埋葬地がつぎつぎに発見されています。

当遺跡では、昭和35年以来、9次にわたる調査がおこなわれ、100基余りの墓と104体の弥生人骨が発見されました。

これらの人骨からみると、土井が浜遺跡の人骨に似て、面長でかつ長身という特徴をもっています。顔が丸く、背の低いそれまでの縄文人とは大きくちがっていることから、ここに葬られた人々は、弥生文化をもたらした渡来系の人であったと考えられています。

墓地の構成は、土壙墓、箱式石棺墓、配石墓などの多様な墓からなっていて、それぞれにつくられた時期やグループの異なりを表しています。

青銅の剣の副葬や断体儀礼の習俗もみられ、それらは全体として弥生時代の社会を明らかにし、かつ日本の文化の起源を知る上で大変貴重な遺跡となっています。

指定年月日 昭和50年3月22日

もう一つ、説明板がありましたが、ほぼ同様の内容。
追加として、
今から2300年ほど前、大陸や朝鮮半島から海を越えて来た人々がムラを作った。
弥生時代前期から中期にかけて数百年間にわたって営まれた。
ということです。

で、だね。
二つも立派な説明板があるのに、どこに行ったら人骨や出土物が見られるのか、
書いていない。これは各地の遺跡もそうだけどね。

写真だけでも掲載されていると、理解が深まるんですけどね。
(竹原古墳の悪夢を思い出す。悪夢とはオーバーだけど、あれほどの古墳なのに、
出土品の写真さえなく、尋ねてもどこに収蔵されているのかさえ分からなかった。

各地の出土品が現場から引き離されて、ただの美術品として資料館に陳列されている点が、
考古学と一般市民を引き離す原因の一つだと思ってます。

某館では、ずっと会いたかった石人像が故郷から引き離されて
デパートの陳列品のように、
その他大勢として並んでいたのを見た時のショックは今でも忘れられない…)

この中ノ浜遺跡から出土した土器については
たまたま下関市立考古博物館の企画展で見たので少し覚えています。
遺跡ごとに全く個性の違う土器群に驚いた中、
中ノ浜遺跡の土器は美しく、生活品でありながらも美的なものを求める日本人の
美しい手仕事の文化的ルーツかも!と思ったのです。
写真がないのでその印象も薄れつつあるのですが…。
(企画展は2013年6月30日まで。響灘沿岸の遺跡 -海に生きた人々)

写真がないかな~。
あ、そうだ。
チラシがあった、チラシ。
これこれ。
私はこのチラシを見て知ったのです。

c0222861_21301989.jpg


c0222861_21304062.jpg

これは裏。
細型銅剣の時代ですね。
小壺は上のカラーの分のようです。
凛としていますね…。
右下は壺でなく、土器棺。
こんなの初めて!大きさはどのくらいだろう。


そして現在の収蔵地を一つ一つ見て、なるほど…と思いました。
分散してしまっているんですね、この遺跡の出土品たちは…。


弥生遺跡として重要な位置を占める遺跡でありながら、これまであまり公開されていなかったそうです。
人々が関心を持たなかったら、研究されずに場所だけが残る運命のようですね。

墓があれば、生活遺跡もあるはずで、
きっと吉野ヶ里遺跡に匹敵する遺跡があるんだろうな…。

時代は弥生時代前期~中期のものだそうです。
北にある土井ヶ浜遺跡は弥生時代終末~古墳時代初頭となっています。
時代がちょうどずれていますね。
どちらも面長で高身長の人たちだそうです。

この遺跡が途絶えたのは、津波なんかがあったのかな…と思っていたら、
南にある梶栗浜遺跡では高さ4mを超える高潮もしくは津波の痕跡があったとか。
ここもまた海の傍なので、そんな事があったのかも知れませんね。

帰り道は、墓地を出て右に曲がり海岸の方に向かいました。
こちらの方は道も普通で、橋も広く、通りやすい道でした。

c0222861_2131485.jpg



地図 中ノ浜遺跡 山口県下関市豊浦町大字川棚字中ノ浜






いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-14 21:35 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(2)

2 吉見港 神功皇后が蓋井島の新羅兵討伐に向かった湊


2 吉見港

神功皇后が蓋井島の新羅兵討伐に向かった湊

さて、綾羅木郷遺跡を後にして、191号線を北上。
目指す吉見の手前のラーメン屋で腹ごしらえ。
思いがけず、そこから三つの島が見えました。

c0222861_20461451.jpg

海岸に下りて写真を撮りたかったけど、車の切れ目がなく断念。
波が荒くていい写真が撮れそうだったのにね。
右の島の向こうが目指す「吉見」で、
船を迎える三つの島はまさしく古代からのナビの島。


c0222861_20463785.jpg

さあ、再び車に乗って、吉見港に到着。
massyさんの二年前のコメントを見ると、あの三つ島は加茂島だと分かりました。
その向こうにうっすらと見える影は北九州市です。

では、コメントの一部から。
吉見、吉母の伝説について。
加茂島(帆柱瀬/古宿今昔記)古宿=こすく
海上自衛隊の敷地になっている。岩が三本並んだように見えます。船の帆柱が岩になったと伝えられています。
古宿の海岸で、皇后はこの地に船団を寄せて、宝をこの浜に埋めた。その後、この船の帆柱が岩になって残った。

この一帯の岩は、ピカピカ光る金属のようなものが見える。これは船釘であるといわれ、大正時代、岩をかき取って持ち帰り、神棚に供えている家があった。これを「神さん岩」と呼んだ。大正時代までの子供は、足をよく洗ってから、この岩の上を歩いた。

吉見は、皇后が良き眺めと云ったところから、吉見というようになった。船越からの眺めは、とくに夕焼けがきれいです。船越にも伝説がある。

龍王神社は、征韓前と後に立ち寄ってます。ここの楠で船を造ってます。

下関市綾羅木=神功皇后が三韓征伐之時、この地で「あやら」と掛け声をかけた。これも後世の捏造。「あやら」ってなに?意味不明。

ここは海上自衛隊の基地があるんですね。
古代も今も防衛に大事な所は同じなので、神功皇后や神武天皇の伝承地とよく重なります。
特に船の場合、大型船は湾の深さで入港が制限されるので、重なるのも納得。

新羅が占拠した蓋井島への渡航地ということで見に来たのですが、
皇后の伝承が色濃く残っていました。

この三つ山の島は加茂島と言い、帆柱が岩になったという伝承になっていました。
地名の「吉見」(よしみ)もまた、皇后が「良き眺め」と言ったことから付いたというのですね。
前回までの綾羅木もまた皇后が「あやら」と言ったということですから、ちょっと驚き。

セリフはともかく、豊浦宮から小舟で往来する道筋の手がかりとなると思います。
下関考古博物館の資料によると、弥生時代には小海進期があって、
2メートルほど水位が高かったということなので、島の間を小舟で移動して、
吉見から海洋船に乗り換えたと想定できます。
これなら関門海峡を通らずに済みますね。

c0222861_2048827.jpg

港の突先から陸地を撮りました。
神奈備の良い山があります!
地図を見ると、竜王山のようです。
そうすると麓に竜王神社があって、神功皇后は利用するたびに航海の安全を祈ったのでしょう。
この山からもクスノキを切り出して船を作ったんですね。

蓋井島はここからは見えなかったのですが、
新羅の兵がそこから本土上陸を狙っていたというのですから、
『日本書紀』では分からない状況が見えて来ました。
ここから倭国の軍船が何艘も島を目指して出港したんですね。

仲哀天皇は豊浦宮に7年ほど皇居を構えていたので、
もっと沢山の伝承があることと思います。
Massyさん、お元気かなあ。ようやく現地に立ちましたよ。

地図 吉見  蓋井島





いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-12 20:52 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(4)

綾羅木郷遺跡(2) ここも命懸けで守られたのか


綾羅木郷遺跡(2)
ここも命懸けで守られたのか


c0222861_14305074.jpg

下関市立考古博物館に入ったとたん面白い光景にぶつかりました。
あれ?
あれあれ?
良く見るとリアルな人形が、発掘をしている!
洗いざらしのシャツや、動きが本物そっくり。
と面白がっていると、左の方はナ、ナント、弥生人じゃないの。

そうか。
弥生人たちが貯蔵していたものを現代人が拾い上げているんだ。

一階と地下の高低差を巧みに利用した再現ドラマにしばし見入ってしまいました。


c0222861_1431764.jpg

目を引く大型壺。線画が繊細。
筑紫では資料館といえば甕棺のでかさに圧倒されるけど、当館では見当たりませんでした。


c0222861_14312348.jpg

陶笛。
手前中央は宗像市光岡の出土ですよ!その右が綾羅木郷遺跡出土。
どんな音が出るのか、レプリカがあったけど、上手く音は出なかった。


c0222861_14313679.jpg

おお、これなら筑紫でも出ているぞ。



そして、すごいものがあった!

c0222861_14315464.jpg

高さ数センチの人形です。
美豆良だ!
これこそ、一番知りたかった姿。
まさしく倭人のヘアースタイルです。
古墳時代より高い位置で結ってませんか?
意外に面長ですね。
これは貯蔵庫から発見されたそうです。

平成25年度 企画展 2013年6月30日まで
響灘沿岸の遺跡 -海に生きた人々―
観覧無料
この企画展は、各遺跡の出土品が展示されていましたが、
遺跡ごとにデザインや焼成温度などが違って、ここまで個性の差があるんだと驚きました。
土器に詳しい人はそれぞれの集落がどこから来た人たちなのか、分かるんだろうな…。
その中でもひときわ瀟洒で美意識が高い土器群があったのですが、
それが次の訪問地の中ノ浜遺跡のものでした。
企画展は撮影禁止だったので、残念。
(美術展のように、カタログがあればいいのに…)



私がこの綾羅木郷遺跡を知ったのは、銅鐸の鋳型に含まれる珪砂を検索していたとき。
下関に産地があって、その珪砂の下から遺跡が出て来たという話を見つけて、
ずっと気になっていたのです。

この遺跡はブルドーザーで破壊されようとするのを、必死で発掘したのですね。
最終日は11台のブルドーザーが集結して、一挙に破壊しようとする寸前、
ついに国指定がなされ、その破壊が止められたということです。
う~ん。飯塚市の王塚古墳を思い出す。
(なんで命を懸けないと先人の遺跡を残せないんだ)
関係者のみなさん、守ってくれてありがとう。

c0222861_14361745.jpg

(綾羅木郷遺跡への招待より)


地図 下関市立考古博物館





いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-08 19:27 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(2)

綾羅木郷から「史跡の道」へ


綾羅木郷から「史跡の道」へ


さて、リクエストがあった下関市立考古博物館で手に入れた「史跡の道」のマップをUPしましょう。

こりゃ、楽しそう!

c0222861_21104041.jpg

分かりにくいでしょうが、下関市立考古博物館から約4.5キロのウォーキングマップです。
ずらりと古墳が点在していて、1~2時間ぐらいで歩けそうですね。

ざっと、古墳の特徴を書いておきます。

秋根古墳(あきね) 明治20年ごろ、秋根八幡宮を修築中に石室を発見。

植松古墳(うえまつ) 南北に約19m、東西15m、高さ約3.6mの方形墳。未調査。

上ケ原古墳(うえがはら) 植松古墳の北約10m。方形墳。石で蓋をした墓2基。

史跡 仁馬山古墳(じんばやま) 瓢型(ひさごがた)古墳(前方後円墳)。全長約74m。後円部は直径約46m、高さ7m。この古墳は4世紀後半から5世紀初めごろに築かれた大分県宇佐市の赤塚古墳・春日田古墳や、畿内の前方後円墳とよく似ており、山口県内の畿内型の古墳としては最も古い古墳。被葬者は地域の位の高い人物で、畿内や九州の政治と深い関わりのあった人物。国指定。

みやばし古墳群 古墳時代の終わりごろ。

上の山古墳(うえのやまこふん)全長100mを超すとみられる下関市内では最大級の前方後円墳。明治42年に川北神社が造られたとき、後円部を削って社殿が建てられた。副葬品に六鈴鏡、鈴付釧(くしろ)、瑪瑙の勾玉ほか。6世紀後半。

c0222861_21112846.jpg

(下関考古博物館で見られます)
被葬者は貴婦人かも!



<百済との比較>
百済の前方後円墳の被葬者たちについてとても関心があるのですが。
(五世紀後半~六世紀前半 だそうです。)

参考文献
1 栄山江流域の前方後円墳の被葬者は副葬品から考えて「周防灘沿岸、佐賀平野東部、遠賀川流域、室見川流域、菊地川下流域などに出自をもつ複数の有力豪族と想定」される。

2 公州市丹芝里の横穴古墳群の被葬者は、その形態が周防灘沿岸と遠賀川流域のそれと類似する点から、北部九州地域の倭人であり、百済王都の防御と関連する集団と推定できる。

(「韓半島南部に倭人が造った前方後円墳」 ―古代九州との国際交流―  朴天秀(慶北大学考古人類学科教授)…PDFで見られますよ。

ざっと見ると、綾羅木の史跡の道の古墳は百済の前方後円墳の前後の時代のようですね。
一番近いのは、若宮古墳(5世紀中頃)かな。

若宮古墳(下関市立考古博物館そば)
http://lunabura.exblog.jp/20295842/




現地を上空から
c0222861_21125858.jpg

これはグーグルアース。
こんな丘陵地帯にずらりと古墳が並んでいるんですね。
地形的にいかにも古墳がありそうな感じ。
こんな道歩いてみたい!!

上の地図に神社と現地写真、形、副葬品写真が掲載された大きなマップができれば完璧だなあ。

とりあえず、このパンフレットは「史跡の道―コース・ガイド」といいます。
下関市立考古博物館で手に入ります。

こりゃあ、現地の人による詳細記事を期待したいですね!

地図 下関市立考古博物館付近




いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-06-05 21:21 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(5)

綾羅木郷遺跡(1)若宮古墳は鬼が城山を見ている?


綾羅木郷遺跡(1)

若宮古墳は鬼が城山を見ている?


c0222861_22175945.jpg

この古墳の前に立った時の強烈な印象を忘れないうちに書き留めておきましょう。
下関市立考古博物館で見学したあと立ち寄りました。
もしかしたら、うっかりと見過ごして帰ったかもしれなかった。(冷汗)

いかにも清浄な地に営まれた前方後円墳。
環境の素晴らしさに興奮しながら正面に立つと、思いがけない景色が展開しました。

c0222861_22181643.jpg

古墳の向こう側に山がある!
この古墳はあの山から気脈を取っている。

古墳を建造する時、中心線は山や祖先の古墳など、何かを基準にして決めていると思われますが、
これほど分かりやすいものを初めて見ました。


この古墳は「若宮古墳」といいます。
c0222861_22255710.jpg
この説明板を見ると、中心線は真北を向いていず、
やや東にブレています。
このブレは北でなく山の頂上を
意識したからではないだろうか…。















次は説明板の記事です。

若宮古墳 年代5世紀中頃

古墳の長さ39.7m
前方部の高さ2.3m、先端の幅15.1m
後円部の高さ 4.0m直径21.0m
周濠の幅4.3m

この古墳は、綾羅木郷遺跡北西隅近くに位置を占める南西向きの前方後円墳です。
墳丘は、後円部が3段、前方部が2段に築かれています。

墳丘は表面は葺石で覆われ、墳頂や段には円筒埴輪や壺形埴輪が並べられていました。
後円部中央には白色の粘土で密封された組合式箱式石棺が納められ、南には墓道の痕跡がありました。

この石棺の大きさは長さ2.85m、幅1.11m内外。中には2体以上の人骨が埋葬され、勾玉・管玉などの装身具、鉄製の刀や剣なとの武器、斧などの工具が副葬されていました。
墳丘の裾には、幅4.3mの濠がめぐらされていました。

この古墳は昭和33年から5回にわたる発掘調査の結果に基づき、昭和60年度に大きく復原し、斜面に芝を植え、周濠には砂利を敷いて整備しました。埴輪列の復元については、資料が少ないため今の調査をまつことにしました。

文化庁・山口県・下関市 昭和62年3月
古墳の周りの白い囲いがそのまま周濠だったようです。
水をたたえていたとしたら、さぞかし美しい古墳だったことでしょう。
やや小振りのサイズなので前方後円墳の形状を把握しやすくて魅力的です。

c0222861_2226363.jpg


これが「下関市立考古博物館」の中にあった復元レプリカ。
美しいな。
石棺の大きさは「長さ2.85m、幅1.11m」で、2体以上が埋葬されていたので、
ぎゅうぎゅう詰めだったみたいです。

(ぎゅうぎゅう詰めで思い出すのは久留米市の祇園山古墳。
男女の遺体が埋葬されていたはずなのに、報告書から消えているという謎の古墳。
しかも石棺は墳丘の上にあった。
くじらさんが、普通は石棺は墳丘の下にあるのではと言われた。
頂上部にある石棺は二次使用ではないか。
そんな事をこの数日思い出していたが、
この若宮古墳を見ていると、やはり祇園山古墳は変だと分かる)

おっと、話が逸れて来た。
もとい。

この若宮古墳がある古墳公園の中には他にも古墳や弥生住居などがあって、
見学していると、移動して復元したものもあったので、
もしかしたら、若宮古墳も移動したのかも知れない。
(そうすると、私の仮説はもろくも崩れ去る。)

そんな疑問が湧いたので、博物館に戻って確認しました。
学芸員が不在で分からないとのことでしたが、何としても確認したかったので
無理を言って、分かったら教えてくださいとお願いして博物館を後にしました。

ラーメン屋さんに寄った時、電話がなりました。
「若宮古墳は発掘当時から全く移動していません。そこにあったものです。」
(わざわざ連絡していただいてありがとうございます。)

この古墳は全く移動していませんでした。

c0222861_2331121.jpg

地図を見てみると、鬼が城山と竜王山のピークが見えているようだけど。
これは地元の人にしか分からない。
(Massyさん、まだ訪問してくれてるかな)

私の頭の中はまたぐるぐると廻りはじめました。
この古墳が5世紀半ばだって?
百済の前方後円墳は5世紀後半から6世紀前半だったよ。
周防灘沿岸の人たちも関連していると書いていたはず。

それに、豊浦宮の近くじゃないの。

(つづく)

地図 下関市立考古博物館

山口県下関市大字綾羅木字岡454
083-254-3061








いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-05-30 22:33 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(10)

響灘の遺跡めぐり


響灘の遺跡めぐり


今日は山口県下関市の響灘(ひびきなだ)の海岸線に点在する遺跡を巡ってきました。

1 綾羅木郷遺跡
あやらぎごう

c0222861_21314268.jpg

下関考古博物館とセットで見られます。
前方後円墳だったとは思いも寄らず、その美しいフォルムと環境にうっとり。
緩やかな丘のピークにありました。
前方部から見ると、正面の山のピークに中心線を合わせていて、
山からの気脈を引いているのが理解しやすい、お手本のような古墳。

この古墳の被葬者の集落らしきものは全く周辺から見つかっていないとのこと。



2蓋井島への渡船場

c0222861_21323226.jpg

その手前に三つ並ぶ小島があった。

蓋井島(ふたおいしま)には

「神功皇后は二つの井戸を敵に見つからないように蓋をしたと」いう話があるのですが、
永井功の収集した和布刈神社の社伝に
その島には「新羅の鬼が来て、本土襲撃を計っていたのを神功皇后が退治した」
という伝承があったらしく、島へ出港した湊の地形を確認に行きました。

和布刈神社の社伝には、ほかに
「皇后は筑紫を後にして、沖津嘉利島に向かった」という伝承もあり、
それが蓋井島だという話がネットにあったので、それも確認したかったけど、
やはり、文献史料がないと無理。
現場に行って、吉見の湊から六連島や北九州市の山々がよく見えて驚きました。

3 中ノ浜遺跡

c0222861_21335958.jpg

海にそそぐ河口付近のなだらかな微高地に立地。
昭和のお墓のすぐ裏なので、情報がないと分からない所。

そこの土器は下関考古博物館の特別展示でたまたま見る事ができた。
赤いベンガラで磨き込んで、模様が描かれ、コンパクトで美しい土器群だったなあ。


4 土井ヶ浜遺跡

c0222861_2134461.jpg

人類学ミュージアム

ずっと前から行きたかったところ。
この人たちがどこから来たのか一番知りたかった。
一人は山西省の頭がい骨とほぼ一致したそう。
頭蓋骨がみな海を向いているというのが現場を見てよく分かったけど、
はてさて、海の方=中国と限定できるのか気になる所。

一人は佐賀~長崎の頭がい骨のタイプだそう。
現在の研究がどこまで進んでいるのかを一番知りたかったけど、
それはどこで尋ねればいいのかな。

ここも集落は見つかっていないそうです。

ほぼ1時間半の行程の中で、タイミングよく休憩しながらの遺跡めぐり。
詳しい記事はずっと先になると思います。
今日は備忘用のメモです。


地図



いつも応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-05-06 21:40 | 響灘の遺跡めぐり | Trackback | Comments(2)

萩沖海底火山


萩沖海底火山


西日本新聞 2011年11月26日 朝刊

c0222861_10442777.jpg


1000万年前の日本海の火口が発見された記事で、もう一年近く前のものですが、
今日はこれをUP。

どうしてこの記事を保存していたかというと、
真鍋氏が玄界灘の火口について記述していたからです。

玄海灘を渡る船が火口の上を通る時、
お鉢にあたる周縁部は波が立って危険だが、いったん火口の中(上)に入ると
波が無くて安全だという話でした。

小戸神社のある小戸ヨットハーバーはそんな火口がつくった湾にあります。

海人族はこれを熟知していたんだなあと思っていたけど、
検証が出来なかったので、ちょっとだけ「高天原」の所に書いただけでしたが、
この記事を見てやはりそうだったんだと納得しました。


玄海灘沿いに良質の砂鉄があった理由はこの海底火山の噴火によるもので、
異変が起こると、海岸に砂鉄が打ち上げられて真っ黒になるそうです。
それがつやつやとしているので、地震ナマズと恐れられたとか。

志賀の島の海岸線の砂浜を見ると、玄界島に面する方は黒く、
新宮側はきれいなベージュをしています。


真鍋氏は必ず玄界灘の海底噴火が再び起こると予言しています。

ただちに日本も韓国も原発の津波対策を取った上で、廃炉にしないと
私達は住む大地を失います。

子孫に汚染されていない国土を伝える事が出来なくなります。
それは韓国も同様なのです。

争っている時ではありません。








ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-09-14 10:53 | 萩沖海底火山 | Trackback | Comments(5)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31