ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:祭り・イベント・遊び ( 190 ) タグの人気記事

糸島バスハイク2  染井の古道を探検した



糸島バスハイク2

染井の古道を探検した
 


c0222861_20002.jpg

染井神社の下宮にいた時、地元の方が話をしてくれました。

下宮から中宮への道があるというのです。
「道は今は無い」と古書に書いてあったので、
まさかのまさか。

しかも、歩いて5分というのです。

5分( ゚Д゚)
5分♪

中宮ヘは染井信号から車で上れます。
一般車両はUターンできますが、
マイクロバスは厳しいので、今回の予定から外していました。

でも、下宮から5分?
なんでそんなに近い?

人の言う5分はきっと15分ぐらい。
と疑うのですが。

皆さん「行こう」「行こう」と張り切ってある。

道についての説明は
「下宮から突き当りを左に行って右。納骨堂はダメ。」

これだけの情報で山道に入るのはいくらなんでも。
しかも、大勢。

でも、行ったことのある私はいいけど、
初めての人は行きたいよね。

ま、道に迷って遭難しても5分だけだし。
お昼御飯が遅れる程度だし。
予定より30分早く進行しているし。

と、登るのを決定。








c0222861_2003534.jpg

すぐに突き当たって左。
山道でも、石段があってどんどん行きました。
出たのは納骨堂。
「ああ、ここはダメですね。」

そして戻って脇道を発見。
確かに右だったのですがね。
陰になっていて、見逃すのが当然。

皆さんの後について山道を登ると、すぐに中宮の脇に出ました。









c0222861_201515.jpg

確かに迷わなければ5分。

神功皇后が下宮で鎧を染めたとして、山の中腹になんで持っていく?
という謎があったのですが、
歩いて5分なら、有り得ますね。

ちなみに、本当は鎧ではなく「旗」だったようです。

と、知らない山道の探検は無事に終わりました。
行けて良かった(*´з`)








c0222861_2013539.jpg

いいでしょ。こちらは染井神社中宮の参道です。



『神功皇后伝承を歩く』下巻63 染井神社



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-09-22 20:04 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

糸島の秋 彼岸花と赤米アート!



糸島の秋

 彼岸花と赤米アート!




秋のバスハイク、糸島を堪能してきました。
今日は旬の光景です。






c0222861_2142054.jpg

天神からの都市高速でのシーホークとドームの光景。
大好きな構図だけど、シャッターチャンスは一瞬!
助手席でないと撮れないんですよね。
ついにゲット。でも、ランプが正面(´・ω・`) 
また、いつか。








c0222861_21422656.jpg

カメラを持ってたら、一度は撮りたい彼岸花。
稲と彼岸花を撮るなら糸島、お勧め♪





c0222861_21424329.jpg











c0222861_21425869.jpg

染井神社の所。
あちこちの田圃で見れますよ。











c0222861_21432642.jpg

こちらは二丈町。
赤米のハート。








c0222861_21434220.jpg

「いいね!」

マムシ温泉を目指してから浮嶽神社に行く途中です。

『神功皇后伝承を歩く』下巻61浮嶽神社
           下巻63染井神社




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-09-21 21:45 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

明日はバスハイク




明日は久しぶりのバスハイクです。
真夏を避けて、9月にしたのですが、
朝晩もずいぶん涼しくなって、行楽日和の季節が到来していました。

一年半ぶりの糸島です。
このバスハイクは拙著の順を基本にして回っています。

神功皇后の足跡と古代道は、かなり面白いです。
天皇家の協力者の里を訪ねる感じがとても強まります。

五十迹手(いとて)は天皇家の祖神を祀る高祖神社を
代々祀り続けましたが、
五十迹手自身の居城はどこにあったのかな、
そんな謎が残っています。
船出は周船寺から今津の西端なので、
どこに居城を構えたら、治めやすいのかな。

つまり怡土の県主の居城です。
平原遺跡との関連もすごく興味深い。

糸島は多民族が棲み分けをしていたような所なので、
日本の始まりがシャープに描き出せそうな地域ですね。

龍がとぐろを巻いているという雷山の雷神社にも行きますよ♪

新しい写真を撮るのも楽しみです。



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-20 21:07 | にっき | Trackback | Comments(2)

第15回歴史カフェは924に変更です


第15回歴史カフェは

924に変更です




台風18号のために、明日の歴史カフェは延期にしました。

本日、新たな日程を調整して、
来週の9月24日(日)2時~4時に決定しました。

すぐ来週に会場が取れてよかったです。

この日程で都合が悪くなった方、ごめんなさいね。

申し込みの方は只今から受け付けます。

メールフォームを使わずに、
当方からの返信を利用していただければ簡単かと思います。
改めて申し込んでください。

日程の都合がついた方の新たな申し込みも歓迎します。


以下は再掲です。

第15回歴史カフェ924は「二つの七支刀」

サブタイトルは ー福岡と佐賀の物部氏と賀茂氏ー


目次の案内です。
第1章 こうやの宮(磯上物部神社)の七支刀 
第2章 石上神宮の七支刀
第3章 物部氏の剣神信仰 フル 石上
第4章 デザインの元 ヒカゲノカズラ
第5章 賀茂氏の雷神信仰 京都、佐賀、福岡
第6章 まとめ

今回は「二つの七支刀」で共通する物部氏について、
また佐賀唐津と京都の賀茂氏の比較からその信仰など、
古代に重要な役割をする二氏族の基礎を押さえたいと思います。

c0222861_20491175.jpg


左は福岡の南部の物部の里・旧山門郡の瀬高太神(おおが)にある
「こうやの宮」の神像の手にある七支刀。
右は物部氏の武器庫と伝える石上神宮の七支刀です。

「ひめちゃご」で話題になった、
天智天皇が「乞食の相」を果たすために滞在した場所が
瀬高太神です。
ここに「こうやの宮」があります。

滞在した宮を「腹赤宮」と言います。
腹赤魚とはウグイであることが皆さんの協力で分かったのですが、
この魚は次の天武天皇にも??野で献上されます。
それを献上したのは国栖です。

「こうやの宮」には七支刀の武人だけでなく、河童も祀られています。
河童とは国栖(くず)のことです。
瀬高太神と紀州??野をつなぐ国栖の存在がありました。

また、「腹赤宮」や「太神宮」では天文観測の痕跡がみられましたね。

物部の剣神であるフルの御魂とフツの御魂の素材には
「隕鉄」と「砂鉄」の違いがあることを真鍋は語っています。

「隕鉄」は人類が最初に出会った鉄だそうです。

c0222861_2049422.jpg



「ひめちゃご」や「脇巫女」に登場する物部氏。
バラバラのキーワードの断片をつないで整理していきます。




会場は福津市の福間中央公民館です。(宮地嶽神社の手前)
駐車場は145台分あります。
ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。

日時 2017年9月24日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2F 研修室1「ひもろぎ歴史愛好会」

所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)

交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分
会費 1500円(当日払い)

申し込み方法
1 氏名 ヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ924希望と記入。


なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)をご希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

コメント欄で申し込みも大丈夫ですが、必ず「非公開」にしてください。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合がありますが、
受け付けておりますので、安心してお越しください。

返事が戻って来た時には、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地:

電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。









いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-16 21:21 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(2)

歴史カフェ917 延期のお知らせ



歴史カフェ917 延期のお知らせ


いよいよ台風18号が九州に接近する状況になってきました。

残念ですが、9月17日(日)の歴史カフェを延期します
申し込まれた方、申し訳ありません。

明日、会場にキャンセルを入れて、新たに日程を設定します。
決まったらお知らせします。

今回の台風は上陸しても勢力が弱まらないということで、
災害が無いように願いたいものです。



<申し込まれた方へ>
申し込まれた方にはメールを送りましたが、
届いていない方があります。
こちらの記事でご了承ください。


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-15 20:12 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

第15回歴史カフェ917は「二つの七支刀」ー福岡と佐賀の物部氏と賀茂氏ー



第15回歴史カフェ917は

「二つの七支刀」
ー福岡と佐賀の物部氏と賀茂氏ー




目次の案内です。

第1章 こうやの宮(磯上物部神社)の七支刀 
第2章 石上神宮の七支刀
第3章 物部氏の剣神信仰 フル 石上
第4章 デザインの元 ヒカゲノカズラ
第5章 賀茂氏の雷神信仰 京都、佐賀、福岡
第6章 まとめ

今回は「二つの七支刀」で共通する物部氏について、
また佐賀唐津と京都の賀茂氏の比較からその信仰など、
古代に重要な役割をする二氏族の基礎を押さえたいと思います。






c0222861_20491175.jpg

左は福岡の南部の物部の里・旧山門郡の瀬高太神(おおが)にある
「こうやの宮」の神像の手にある七支刀。
右は物部氏の武器庫と伝える石上神宮の七支刀です。

「ひめちゃご」で話題になった、
天智天皇が「乞食の相」を果たすために滞在した場所が
瀬高太神です。
ここに「こうやの宮」があります。

滞在した宮を「腹赤宮」と言います。
腹赤魚とはウグイであることが皆さんの協力で分かったのですが、
この魚は次の天武天皇にも??野で献上されます。
それを献上したのは国栖です。

「こうやの宮」には七支刀の武人だけでなく、河童も祀られています。
河童とは国栖(くず)のことです。
瀬高太神と紀州??野をつなぐ国栖の存在がありました。

また、「腹赤宮」や「太神宮」では天文観測の痕跡がみられましたね。








物部の剣神であるフルの御魂とフツの御魂の素材には
「隕鉄」と「砂鉄」の違いがあることを真鍋は語っています。

「隕鉄」は人類が最初に出会った鉄だそうです。


c0222861_2049422.jpg


「ひめちゃご」や「脇巫女」に登場する物部氏。
バラバラのキーワードの断片をつないで整理していきます。




会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。
ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。

日時 2017年9月17日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 研修室1「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名 ヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ917希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)をご希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。
(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。






<連絡>
9月8日申し込みのA・Nさま。受け付けました。

9月10日17:10:09にドコモのメールで申し込まれたKさま。
返信が戻ってきます。 申し込み受け付けております。


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-04 20:54 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

資料完成^^



歴史講座の資料が出来上がりました。
来週の分です。
8ページにもなりました(^^;

最近は紙を節約する事より、
ページ配分をゆったりとして、見て楽に思える方を優先しているので、
ページ数がだんだん増えてます(;’∀’)
(空白が増えている^^)

二時間内にまとめるのに、また一工夫が必要なのです。

今回は物部氏や賀茂氏。
シンボルを理解していくと、随分昔から各地に展開していたのが
見えてきました。

どちらも冶金の民と言えますが、
物部氏は武器を造ってたのかな。
賀茂氏は農機具などがメインということでしたよね。

七支刀は鉄の刀です。
各地に出土するのは青銅器が多いですよね。
どの部族が作ったのかが分かると面白いんだろうなあ。







c0222861_21274624.jpg







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-08-21 21:29 | にっき | Trackback | Comments(0)

企画が通れば




今日は某マスコミとお話をしてきました。

歴史関係の番組があって、参画の依頼でした。

OKしましたよ。

ま、これから企画があって、通れば番組に、
というステップがあるので、
未定ではありますが、
ブログとは違う形で
皆さんにお伝えする楽しみがまた一つできました。


経過は順次報告しますね。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-08-19 21:03 | にっき | Trackback | Comments(0)

ファラオ展に行ってきました。




「黄金のファラオと大ピラミッド展」に行ってきました。




c0222861_20512095.jpg





今回の特徴は何と言ってもファラオの石像が何点も出ていることでしょう。
本物を間近に見られるのは幸運だと思いました。

漆黒のファラオ象の石材は黒砂岩です。
砂岩ですから、ある程度加工しやすいのでしょうが、
表情までも表現されていて、
つややかな肌と共に、魅力的でした。

メモ
水準器は木と石で作る。
石を切るのは石。
石の表面を削るのは銅器。のちに青銅となる。

銅の斧と木を結ぶのは皮のひも。
方解石(アラバスタ―)で器や壺を作っている。
やわらなか乳白色は自分的にも好きな石。



ビーズは石に孔を開けている。かなりの労力。
ラピスラズリはアフガニスタンから。
赤玉や金はアフリカ産。

太陽の船は二つあり、一つは十本のオールで漕ぐ。
もう一つは帆船。

夫婦像では妻が夫の肩に手をかける。
子供は裸で、人差し指を口に当てる。
どの像も裸足。サンダルは見かけなかった。

ミイラの木棺は木と漆。
顔料には鉱物。

筆遣いは絶妙。2ミリほどの線を一筆で迷いなく描いている。
面相筆のようなものを使っていたのではないか。
5ミリほどの線には筆先の跡が残る。

アメンエムオペト王の黄金のミイラマスクは実物大。
実見すると、微笑んでいるように見えた。

比較すると、
それより昔のツタンカーメンのマスク方が技術的には遥かに優れている。
象嵌や、地球でまだ製造法が分からない金属の存在などを考えると、
超技術は進化していくだけではなく、
失われていくものも多かったのだろうと思われた。

ファラオたちの時代は紀元前2558年とか、紀元前2331年とか、
驚くほど古代。




エジプト展は時々ありますが、
展覧会によって、全く違う世界が見えますね。

自分の関心も変化していきます。
今は素材に興味あるのがよく分かりました^^



8月27日まで。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-08-17 20:54 | にっき | Trackback | Comments(2)

第15回歴史カフェのご案内 新会場にて



第15回歴史カフェのご案内

新会場にて「二つの七支刀」





さて、歴史カフェの再開のお知らせです。

これまでの会場が日曜日に使えなくなったので、
新たな場所を探していましたが、友人の協力を得て、
福津市の福津市中央公民館を借りることが出来ました。

駐車場は145台分あり、部屋も広いです。
これまでは少人数しか入らなかったので二回に分けていましたが、
一回で行います。
パワーポイントも使えるので、画像もお楽しみに。

ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。



さて、歴史カフェも15回目を迎えます。
タイトルは
「二つの七支刀」-福岡と佐賀の物部氏と賀茂氏―
です。

「二つ」の七支刀というのは、奈良の石上神宮の「七支刀」と、
福岡旧山門郡の「こうやの宮」(磯上物部神社)の神像の持つ「七支刀」
のことです。

共通するのは「物部」と「いそのかみ」。

筑後と奈良にある物部氏の信仰や環境などを確認して、
その実像を描いていくための基礎準備をしていきたいと思います。

また、七支刀のデザインの元は「ヒカゲノカズラ」だという真鍋大覚の話を
検証して、これに関わる京都や佐賀の賀茂氏も確認します。


基本内容は一年前の「七支刀」と一緒ですが、
少し視点を変えて、
筑紫や肥前の物部氏と賀茂氏を見ていくことになります。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参くださいね。



日時 2017年9月17日(日)2時~4時

会場 福津市中央公民館 研修室1「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222

会費 1500円(当日払い)

申し込み
1 氏名 ヨミガナ(お持ちの方はハンドル名)
2 住所 市町村字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ917希望

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)をご希望の方はその旨書いてくださいね。
当日お持ちします。

申し込みはコチラ
あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から
1~3を記入してください。

メールが使えない方はコメント欄をご利用ください。
(必ず「非公開」にしてくださいね)

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)


福津市中央公民館 
所在地:福岡県福津市手光(てびか)2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。

 






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-08-09 21:49 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(8)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー