ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:祭り・イベント・遊び ( 204 ) タグの人気記事

16回歴史カフェ「ありなれ川」の準備の仕上げ中



16回歴史カフェ

「ありなれ川」の準備の仕上げ中





あと3日後、11月26日の歴史カフェの準備も仕上げの段階になり、今日は「ありなれ川」について、パワーポイントと資料の見直しを進めていました。

真鍋は水城の成立に関しては通説の防衛説ではなく、雪解けの洪水を防ぐ堤から発展したものと伝えています。この話一つを検証するために、数年かけて水城に関する講演や現地説明会に出かけました。その数は10回近くになります。

今夏の上大利水城の現地説明会に行って、ようやく真鍋の言う小水城の成立事情が理解できました。それに加えて、あいにくの朝倉の水害を目の当たりにしたことも理解を深める結果になりました。災害と利水。営々とした人々の営みを先人から学ぶことは大切ですね。

第1章ありなれ川
第2章針摺(はりすり)瀬戸
第3章宇佐島と左佐島(天原)
第4章水城は瀦水塘(ちょすいとう)だった(小水城と水城 上津土塁)
第5章大宰府と「とほのみかと」は別のものだった
第6章筑後川(千歳川)
第7章古代氏族の分布(蘆木・平群・曽我・葛城・巨勢・物部・中臣・国栖・賀茂)

このような順で話をします。

真鍋は中近東の言葉が倭語にたくさん残っていることを書いています。

テレビを見ていると、エジプトの漁師さんが網を引き揚げるとき、「アラヨッ」と言い、竜骨を大勢で持ち上げるとき、「セーノッ」と言ってました\(◎o◎)/!

こういう言葉を聞くと、真鍋の話が身近に感じられます。私たちの言葉にも案外たくさんの異国の古代語の化石が含まれているんですね。

前回から画像を駆使して話をしているので、以前の歴史カフェより分かりやすくなりました。また、会場が広いので人数制限も無くなりました。皆さんのご参加をお待ちしています。




会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。
ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。

日時 2017年11月26日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名 ヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ1126希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-23 21:21 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(2)

宗像大島の観光にはバスツアーが欲しい




宗像大島の観光にはバスツアーが欲しい




昨日の大島の旅はレンタカーを利用した。
予約はすぐに一杯。
あとは周回するバスを利用するしかないが、一時間に一本。
一か所に降りても5分か10分しか必要でなく、ひたすらバスを待つしかない。

それも12月からの冬季には土日だけしか運航しないというので、フェリー客は中津宮ぐらいしか観光できなくなる。いったんバスに乗って降りれば、夏の暑さや寒風の吹きさらす中でバスを待つことになる。

他には自家用車をフェリーに乗せていく手段があるが、初めての旅ならフェリーに乗って、島のガイドに案内してもらって島を一周するのが理想的だ。

島を巡ってみると、そのダイナミックな海岸や起伏のある島内、完備された遊歩道など、そのあふれる魅力に驚いた。遊歩道を歩きたくても、バスの時間が気になって歩くことはできない。

食事も平日は食べるところがない。あらかじめ知っていたので、パンや果物を持参した。

是非とも、フェリーの発着に合わせて、2時間から4時間の観光コースを作り、食事も含めたコースが選べるようにしてほしい。そうしないと、大島のフェリーターミナルで途方に暮れる人が出てくるだろう。

世界遺産に登録されて、多くの人々が憧れる大島になった。
観光協会など、関連のところに早急に対策を立ててほしいと思った。






c0222861_20352637.jpg








c0222861_2036575.jpg












c0222861_20361996.jpg











c0222861_20363556.jpg












c0222861_2037092.jpg













c0222861_20371485.jpg








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-22 20:38 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

第9回バスハイク 朝倉の紅葉狩りになりました



第9回バスハイク

 朝倉の紅葉狩りになりました








今日は「羽白熊鷲の里・秋月野鳥(のとり)」に
行ってきました。

ちょうど紅葉の始まり。





c0222861_22191532.jpg











c0222861_2219304.jpg











c0222861_22195523.jpg













c0222861_2220114.jpg


何処で撮ったかは、後日追記します。




朝倉の三連水車の里の周辺には、まだまだ流木が残っているところもありました。
野菜や果物がとても元気。
また1月に行きますね。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-20 22:21 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

RKBラジオ 「古代の福岡を歩く」の2回目の収録でした



RKBラジオ 

「古代の福岡を歩く」の2回目の収録でした



今日はRKBラジオ番組の収録に行ってきました。

「神功皇后伝承を歩く」の上巻の9番からです。

神功皇后の船が洞(くき)の海で立往生したあと、高倉神社などで祭祀をしたあと、遠賀川を遡って埴生神社を行宮とし、さらに鏡山大神社や撃鼓神社に出向くあたりです。

田川の鏡山大神社の前には香春岳三山がありますが、そのふもとにはツヌガアラシトを祭る宮などもあります。

たまたま、ラジオの方で、前回、気比神社の宮司さんのインタビューの放送があって、ツヌガアラヒトの話題が出たので、面白く思いました。

ラジオでは話が逸れるので言わなかったのですが、これに加えて糸島の宇美八幡宮も気比の神を祀っていますね。

気比の神。ツヌガアラヒト。天皇との名前の交換など、不思議な伝承を伝える宮々です。


ところで、アーカイブを聞く新しい方法を聞いてきました。
一つは、RKBラジオから「古代の福岡を歩く」を開くと、アーカイブに入れます。

もう一つ、「ラジオクラウド」という無料アブリでアーカイブが聞けるそうです。
スマホの方とか、こちらがいいのかな。
パソコンでは、まだトライしていません。
上手く聞けたら教えてください。


裏話も聞いてきましたよ。

この番組は、
出だしのテーマソングが神秘的でいかにも古代の雰囲気があって
センスがいいなあと思っていましたが、
この番組オリジナル曲で、
スナッピーのアナウンサーが即興で歌われたそうです。
神ってる♪
作曲もRKBの方だそうですよ。

古代の人が海を越えるような、はるかな思いをさせてくれる曲で、
大好きです(^^♪



私の1回目と2回目は日本シリーズの影響で昼下がりに放送がありましたが、
そのおかげで偶然に聞いたよ、と電話してくれる方がありました。
こちらも、のちのち不思議な展開になりそうですよ。(;’∀’)


あれ、3回目と4回目の放送日を聞き忘れた。
あとで聞いときます。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-17 20:47 | にっき | Trackback | Comments(2)

第16回歴史カフェ 真鍋大覚の世界「ありなれ川」のご案内




第16回歴史カフェ

真鍋大覚の世界「ありなれ川」
のご案内



今回は真鍋大覚の世界を紐解きます。

久留米市大善寺の広川を現代でも「ありなれ川」と言います。
この言葉は「高良玉垂宮神秘書」にも出てきます。
そして、「日本書紀」にも登場するのです。

真鍋によると、
「ありなれ川」とは空にあっては「天の川」であり、
古代福岡においては筑紫を左右に分ける川の名を指した
といいます。

赤司八幡神社の縁起には「九州二島惣鎮守」とあり、
九州が「二島」だったことを思わせる記述があります。

この「二島」を、「ありなれ川」によって左右に分かれた九州島
の描写と考えると、よく理解することができます。

福岡の古代史や魏志倭人伝を紐解くにあたって
必要不可欠の「ありなれ川」の理解。

そこには正史に伝わらぬ歴史がありました。

針摺瀬戸を埋めた土砂災害と大水害が起こり、
防災と灌漑用水のために水城が造られたといいます。

それを築造したのは磐井と稲目。
それから百年後の水城の崩壊、
疎水式に切り替える工事をした天智天皇。
など、大宰府の天官だった家系だからこそ伝わる歴史です。

また、ずらりと並ぶ「三」がつく地名の意味、
古代氏族たちの分布、
など、真鍋大覚の口伝を紐解き、整理していきます。

タイトルは

真鍋大覚の世界 「ありなれ川」
―針摺瀬戸、水城、大宰府、筑後川、古代氏族ー

です

会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。

ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。


日時 2017年11月26日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名とヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ1126希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-04 15:25 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

RKBラジオ「古代の福岡を歩く」の収録でした



RKBラジオ「古代の福岡を歩く」

収録でした


今日はRKBラジオの番組「古代の福岡を歩く」の
収録に行ってきました。

これは毎週土曜日午後8時から30分の番組で、
古代の福岡について案内する番組です。

毎週あるのですが、月に二回、私の話が出ることになりました。

『神功皇后伝承を歩く上下』を最初から順に話をするという、
半年の企画です。

今日の収録は忌宮神社からでした。

RKBは福岡の局ですが、
アーカイブをネットで聴けるようになっています。

放送後、しばらくしたら、全国の方も聴けるようになります。
本をお持ちの方は、掲載した画像を見ながら聴かれると、
現地の様子も分かりやすいと思います。

とりあえず、私の担当の放送予定は
2017年10月28日(土) 20:00~20:30 第1回
    11月4日(土) 20:00~20:30 第2回
です。

アーカイブの視聴は
1)RKBラジオのホームページを開く
2)番組表をクリック→ 土曜日をクリック
3)「古代の福岡を歩く」のタイトルをクリック。 

そこに出てくるリンクをクリックすると、
30分の番組がいつでも聞けます。

この番組はすでに2シーズン収録されていて、
これまでの神社や遺跡のインタビュー記事も聞けますよ。♪

RKBラジオ



HPで「ラジコ」をクリックすると、生視聴もできます。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-10-13 19:48 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

福岡古代の旅 終わりました



二日続けての講演が終わりました。

今日は思いがけず、たくさんの方が応援に来てくださいました。
ありがとうございます。

感動して、緊張してしまいましたよ♪
第二部は何とか、いつものペースに戻りましたが^^

改めて、ネットで皆さんとつながっていることを痛感しました。
ブログがなかったら、きっと寂しい思いをしたことでしょう。


今日の昼食は古代史の話をしながらでした。

古代史の各分野での芽生えが本格的な苗になっていることを
知りました。

各自が自分の好きな分野を深めていく事で、
近いうちに互いに分かち合う日が来ることを予感しました。

福岡県が古代史に力を入れてくれていることも、ありがたいですね。

飯塚、みやまのブースがありましたが、
パンフレットがとても豊富になっていました。

これを手にして各地の神社や遺跡、資料館を回ることを
想像するだけでもワクワクします。

「これらが他県の皆さんの手に入るようにすることも大事だね」
という話がありました。
確かにそうですね。

一枚の風景に惹かれて旅を始めることはよくあります。

私自身、まだまだ行っていない、素敵なスポットが
福岡にはたくさんあることを今日も知りました。




さて、
近いうちに私は某テレビ局の小さな番組のロケに出掛けます。

明日はセリフを覚えなきゃ。

テレビは苦手ですが、ロケ地があまりに好きな所なので、
断れなくなりましたよ。

解禁になったらお知らせしますね。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-10-08 22:39 | にっき | Trackback | Comments(0)

福岡古代の旅 講演 明日もです



福岡古代の旅 講演 明日もです


三越前の特設ステージで話をしてきました。


何人もの方が応援に来てくださって、
ありがたかったです。


プロのアナウンサーと一緒にステージに立ったりして、
新しい体験をしています。

ステージの写真を撮ったのですが、
この新パソコンにはメモリーを取り込むハブ(?)が
ついていないのが今わかりました。

う~ん、残念。


明日の目次と時間帯です。


第1部宗像三女神 -古代の福岡に広がった三女神信仰―

 1 プロフィール紹介
 2 宗像大社 見どころ みあれ祭
 3 『日本書紀』宗像三女神の誕生
 4 姉姫たちと大国主命との結婚
 5 市杵島姫も結婚した
 6 全国に祭られる宗像三女神
 7 宗像族と安曇族の交流
 8 天皇と筑後地方の三女神 水沼三女神

第2部女神たちに会える福岡の神社
―福岡は神話のふるさとだったー

1 宗像三女神と筑豊地方 新婚の宮と移動する女神
2 糸島に祭られている木花咲耶姫
3 子供を手放した豊玉姫
4 姉の子供と結婚した玉依姫 神武天皇を生んだ「国母」と仰がれる
5 神秘の山におわす八女津媛

2017年 10月8日(日)
11:30~12:15 
   第1部 宗像三女神 
       -古代の福岡に広がった三女神信仰―
14:00~14:45
   第2部 女神たちに会える福岡の神社
       ― 福岡は神話のふるさとだった ー 
                 
気軽に聞ける内容にしています。



皆さん、応援に来てくださいね。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-10-07 20:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

福岡来れば『福』が来る。福岡古代の旅 講演 10月7日・8日



福岡来れば『福』が来る。

福岡古代の旅 講演 10月7日・8日



先日からお知らせしている「福岡古代の旅」の講演の目次です。
10月7日(土)8日(日)の講演の部でお話をします。

『神宿る島』沖ノ島と関連遺跡群の
世界文化遺産登録記念イベントです。

宗像大社にちなんで、
福岡で広がっていった三女神祭祀のこと、また、
福岡に祭られている女神たちについて話すことにしました。

2部に分かれます。
目次を書きますね。

第1部宗像三女神 -古代の福岡に広がった三女神信仰―

 1 プロフィール紹介
 2 宗像大社 見どころ みあれ祭
 3 『日本書紀』宗像三女神の誕生
 4 姉姫たちと大国主命との結婚
 5 市杵島姫も結婚した
 6 全国に祭られる宗像三女神
 7 宗像族と安曇族の交流
 8 天皇と筑後地方の三女神 水沼三女神

第2部 女神たちに会える福岡の神社 
―福岡は神話のふるさとだったー


1 宗像三女神と筑豊地方 新婚の宮と移動する女神
2 糸島に祭られている木花咲耶姫
3 子供を手放した豊玉姫
4 姉の子供と結婚した玉依姫 神武天皇を生んだ「国母」と仰がれる
5 神秘の山におわす八女津媛

日時
2017年 10月7日(土)
11:30~12:15 
   第1部 宗像三女神 
-古代の福岡に広がった三女神信仰―
13:00~13:45
   第2部 女神たちに会える福岡の神社
  ― 福岡は神話のふるさとだった ー 

2017年 10月8日(日)
11:30~12:15 
   第1部 宗像三女神 
-古代の福岡に広がった三女神信仰―
14:00~14:45
   第2部 女神たちに会える福岡の神社
  ― 福岡は神話のふるさとだった ー 
                 

土曜日と日曜日は同じ内容を話します。

会場 天神 三越前 ライオン広場

明日から良い天気♪

ぜひ、応援に来てくださいね。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-10-06 20:48 | Trackback | Comments(0)

豊玉姫 『日本書紀』



豊玉姫

『日本書紀』



豊玉姫については、これまでは『古事記』の話を前提にしていました。
あらためて『日本書紀』を訳してみると、ずいぶん雰囲気が違います。

特に出産のシーンは「八尋ワニ」(神亀)ではなく、
「竜」になっていました。

豊玉姫を「竜女」というのはこれから来ているんですね。

志賀海神社を「龍の都」(たつのみやこ)というのも、
安曇族のトーテムが龍(たつ)だったことを示しているのでしょう。

『日本書紀』には、
海神(わだつみのかみ)豊玉彦が山幸彦に干珠満珠を渡すシーンが
書かれていますが、これは今回省略しています。


c0222861_2171375.gif



山幸彦は兄の釣り針を探しに海神(わだつみのかみ)の宮にやって来ました。

井戸のほとりに湯津(ゆづ)桂(かつら)の木があったので、
そこにたたずんでいると、
一人の乙女が屋敷から出て来て水を汲もうとしました。

山幸彦と目が合うと、乙女は驚いて屋敷に戻り、
父母に「珍しい客人が木の下にいました」と言いました。

父の海神が出ていって山幸彦に事情を尋ねると、
山幸彦は釣り針を探しに来た事を伝えました。

海神が大小の魚を集めて調べると、
鯛の口に釣り針が刺さっていました。

この縁で、海神は山幸彦を留めて娘の豊玉姫と結婚させ、
二人は幸せに暮らしました。

ところが、三年経つと、山幸彦は自分の国に戻ってしまいました。

豊玉姫は懐妊していたので、妹の玉依姫を連れて
海を越えて山幸彦の元にやってきました。

出産する時に「見ないでください」と言いました。

ところが山幸彦は我慢ができずに覗き見をすると、
豊玉姫は龍になって出産していました。

それを知った豊玉姫は、
「どうして約束を破ったのですか」
と嘆き、子供を萱(かや)で包んで海辺に捨て、
海の道を閉じて去ってしまいました。

生まれた子供は萱にちなんで「ウガヤフキアエズ命」と言います。


c0222861_2171375.gif




竜に戻って出産した豊玉姫が自分の姿を見られ、
恥じて子を捨てて戻って行ったという神話の真意は
何らかの政治的な事情で子を奪われたことを示しているのだろうと
いつも思っていました。

マーリンさんが、志式神社のビジョンで、
船に乗る直前、豊玉姫がずらりと並んだ兵士の前で
必死で話をしているようすを見たそうです。

その時、兵士たちは皆顔を伏せていたと。

(少々表現が違っていますが、リンク先、あとで探しておきます。)

そんな事情が込められたのが神話化されたのでしょうね。



さて、
10月7日(土)と8日(日)の講演の概要が決まりつつあります。

三越前のライオン広場というのは通路の一部のようです。
通行人にお話しするって、すごく難しそう。

音楽ではないので、足を止める方がいるのかどうか。

皆さん、応援に来てください (^^)/

サイドバーに日時を書いています。



『神功皇后伝承を歩く』志式神社 下巻72



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-10-01 21:10 | 豊玉姫と玉依姫 | Trackback | Comments(2)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー