ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:飯塚市・宮若市 ( 37 ) タグの人気記事

ひめちゃご63 景行天皇の三女神祭祀



ひめちゃご63

 景行天皇の三女神祭祀
 



ヤマトタケルの父、景行天皇は九州の各地を回った。
その戦いの記録は『日本書紀』にも書かれているが、
祭祀については触れられていない。

パワーポイントをつらつらと流していると、
どうしてもここで止まってしまう。

何度も書いてしまうが、
今日も、水沼(みぬま)の話にお付き合い願おう。







c0222861_20512411.jpg

福岡県の筑後川。向こうに見えているのは耳納(みのう)山脈。
かつては水縄とも書かれていた。


こちら岸に赤司八幡神社が鎮座する。



c0222861_2051504.jpg








c0222861_2052780.jpg

主祭神は道主貴(三女神)だ。
『日本書紀』には水沼君がもちいつくと書かれている。

止誉比咩命は豊姫、すなわち神功皇后の妹。(武内宿禰の妻)
與止比咩命は淀姫、すなわち津波を知らせてくれる水の女神。






c0222861_20522845.jpg

古くは筑紫中津宮といい、止誉比咩神社となった。

しかし、守り続けた水沼氏はキリシタン大名の大伴氏に
神殿を燃やすか、名を捨てるか、選択を迫られて、名を捨てた。
今は宮崎氏となっている。

この時、八幡神社となった。


かつて景行天皇がここで三女神を祀り、皇子を御手代として残した。
その皇子が国乳別皇子だ。

神功皇后でさえ、妹の豊姫を神形代に立てた。
何度も書いた話だ。



この国乳別皇子(くにちわけのみこ)の墓所が在る所が高三潴。
だから、古代の連玉ビーズが出ても何の驚きもない地だ。





そして飯塚での話で、景行天皇は日尾山(ひおさん)でも
三女神を祀ったと聞いた。
それが飯塚の厳島神社の由来だ。







c0222861_20532012.jpg

これは飯塚市の日若(ひわか)神社だが、
右の画像に日尾山が写っているので、ご紹介。
右の道を走ると行き止まり。


車で走ってもかなり大きな山塊だ。
ひおさんは「日尾山、日王山、日思山」の表記があった。








c0222861_2055251.jpg

この日尾山の重要性は何を意味するのだろうか。




c0222861_20534556.jpg

右の画像の川の右手の方から山道があるという。
古代の銅の道だ。

この日若神社そのものには景行天皇関連の伝承はないが、
日尾山が写っていたのでUPしてみた。

何故、景行天皇はこの山に三女神を祀ったのか。

三女神に祈り続けた景行天皇は何を知っていたのか。

『日本書紀』からは全く伺えない、筑紫の女神信仰。
景行天皇より古い時代からの水の女神。

それを消し去ろうとしたキリシタン大名。

そこらへんにも手掛かりがあるんだなと思う。





(神社についている番号は
拙著『『神功皇后伝承を歩く』の掲載番号。
ゆっくりと読み直してくださいませ)





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-03-28 20:59 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(3)

明日19日は飯塚で羽白熊鷲、田油津姫との戦いの話です



明日19日は飯塚で

羽白熊鷲、田油津姫との戦いの話です。



明日は飯塚での古代史講座、「神功皇后講座」の3回目です。

前回までは仲哀天皇が崩御して、亡骸を忌宮神社に届けると、
小山田斎宮で教えを垂れた神々の名を尋ねたと『日本書紀』に
書かれた場所が実存することなど紹介しました。

3回目はその『日本書紀』に書かれた
荷物田村(のとりたのふれ)の羽白熊鷲を攻撃し、
山門(やまと)の田油津姫を攻めていくルート上の伝承を話します。

これらもまた書紀に書かれた所が神社となって残っていました。
そして、それを補う神社群がルート上にありました。

神功皇后が大本営とした夜須には松峡八幡宮(上巻41)があります。
皇后軍が敷いた七か所の陣営の跡地は「七ケ森」と呼ばれ、
そこを辿っていくと、羽白熊鷲の終焉地に着きました。

その終焉地には寺内ダムが出来ましたが、
幸いにも墓所は陸地にあります。(上巻50)

その墓が施設のプールに引っかかったため、
現在、直ぐ近くに大きく再興されています。






c0222861_18391181.jpg

地元で採取した話なども紹介します。




さて、神功皇后軍が羽白熊鷲を討伐したあと、寺内から下山すると、
武人たちは武器を研ぎ(太刀八幡宮下巻52)、
次なる田油津姫攻撃の準備をしました。

神功皇后は水沼水軍(下巻56)の出迎えを受けて、
山門に上陸し、ついに田油津姫を討ち取ります。





c0222861_18395093.jpg

(田油津姫あるいは葛築目の墓と言われる、女王塚。今は蜘蛛塚という)
下巻59


田油津姫が何故、殺されなければならなかったのか。


その理由は田川の若八幡神社(下巻60)に書かれていました。

田油津姫は神功皇后を暗殺しようとしたというのです。

『日本書紀』だけでは解けない神功皇后の謎。
今回は朝倉から山門にかけて、次々に現れてくる伝承を辿ります。





この古代史講座はスポット参加ができます。
興味をお持ちの方は、以下に連絡の上、ご参加ください。
パワーポイントで楽しむ古代史講座です。


2017年1月19日 13時半~15時

麻生西日本新聞TNC文化サークル 
アイ&カルチャ あいタウン飯塚
電話 0948-22-3356(申し込み先)

福岡県飯塚市吉原町6-1(あいタウン3階)








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-01-18 18:47 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

嘉麻市「筑豊の女神伝説探る」西日本新聞切り抜き20161007



「筑豊の女神伝説探る」 

西日本新聞切り抜き
20161007




c0222861_2058677.jpg


来週16日の古代史シンポジウムについて共催の西日本新聞に記事が出ました。

古代史で女神を扱うのは珍しいですが、
話者が三人とも女性という、前代未聞の企画です。

三人のリレーで、それぞれのテーマで話すことになります。

私は神功皇后の話をしますが、
他のお二人は壮大な話をされるようです。

地形や女神の話が新しい分野を拓(ひら)いていくのでしょう。

遠賀川の古代、魅力的です!






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-10-09 21:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

チラシ



今朝の新聞に入っていたチラシ。

――あんたの言うような「古代の女神」だよ、と、るなパパ。


c0222861_20133479.jpg

――おお、ブログで紹介した神社だ!!


いいね。
最近、筑豊の動き、早い。


バスツアーは便利。

ちなみに、大分八幡宮と撃鼓神社はガイドブックにも書いているよ。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-04-27 20:15 | にっき | Trackback | Comments(8)

古代の息吹



気が付くと、2月20日(土)21日(日)と、続けてお話しするんですが、
二つのテーマが同じ筑豊地区で、ほぼ同時代ということで、
両方が補完しあうような理解を与えてくれています。


21日の田川市「あをぎり」での遠賀水軍の話は
パワーポイントが使えるので、
大きな画面で、美しい神社の数々を紹介します。

列伝ですので、テキストは人物ごとの
簡単なまとめを準備しています。

1800年も前の人物たちの名前が沢山残っているのですから、
すごい地域ですね。
神功皇后の時代の群像です。


20日は古賀市「ひふみ」で「脇巫女」の話をしますが、
ヤマトタケルの時代なので、神功皇后のすぐ前の時代になります。

神功皇后のお舅(しゅうと)に当たるのがヤマトタケルです。

もちろん、三女神のことも。

「ひふみ」ではパワーポイントではなく、
原書を読みながらの解読になるので、
テキストに沢山の画像を準備しています。

どちらも、愛おしい古代のフクオカの話。

寒さ厳しかった古代に、彼らは何を守り、何を残そうとしたのか。
ひそやかな息吹に触れることが出来るのが楽しみです。

女神として祀られた女人や、それを守ろうとした武人たち。
連綿と繋がる生命の輝き。

忘れられた歴史にささやかな光を投げかけられたらと思っています。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-02-14 20:18 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

馬上の武人9「豊」隠し


馬上の武人9
WAKIMIKO
「豊」隠し

527年。
近江毛野臣が六万の兵を率いて新羅と戦おうとするのに、
筑紫国造磐井が協力しなかったために、兵は中途で留まっていた。

継体天皇大伴大連金村、物部大連麁鹿火、許勢(こせ)大臣男人らを呼び出し、
磐井討伐の大将にふさわしい人物を尋ねた。

大伴大連らは全員、麁鹿火(あらかひ)の名を挙げた。

8月にあらためて鹿火に磐井討伐の勅命が降りた。

麁鹿火は磐井について、西の戎(田舎)のずるがしこいやつで、
川や山を隔てていることを良いことにして、道にそむいていると言い、
続けて大伴氏が初代から天皇家を守ったことを称え、勅命を承った。

天皇は将軍の印であるマサカリを授け、
褒賞として筑紫より西を授けることを約束した。
そして、自らは長門(ながと)から東を取ることを告げた。


この部分が、最近問題になっている部分だ。

一つ目は、地理の問題。
以前に書いたように、麁鹿火の言葉からは、磐井とは川や山は隔てているが、
海は隔てていないことが分かる。
ここから、天皇の居場所は磐井とは陸続きだという解釈ができるのだ。

二つ目は、磐井戦後の褒賞として麁鹿火には筑紫を与え、
天皇は長門から東を取ると、山分けを約束している。

ここには豊(とよ)の存在が欠落していた。
豊の国から見て西が筑紫、東が長門なので、
「東西」の起点は豊となるのだ。

豊には景行天皇が都を置いた「京都」(みやこ)という地名が残っている。
これが無視できなくなってきた。



『神功皇后伝承を歩く』を書く時も、
筑紫と豊の境を明らかにする必要が出て来た時、少し調べたのだが、
はっきりしたのが到津(いとうづ)八幡神社(91)だった。

鎮座地は小倉北区で、その前に流れる板櫃川が境目だと分かったが、
その神社には「豊日別命」が祀られている。
「豊日別命」とは豊の国魂だ。

そして、この神社を含めた重要な神社の縁起につながるものが
『日本書紀』には書かれていない。


「豊隠し」
この言葉が『神功皇后伝承を歩く』を書いている間、
ぼんやりと浮かび上がってきた。

『日本書紀』には、香椎宮遷宮、羽白熊鷲戦、田油津姫戦などは書かれているが、
往復の時、筑豊を辿ったことが書かれていなかった。

『日本書紀』がダイジェスト版である以上、道筋のことは省略するのは当然なのだが、
それでは説明のつかない問題もあった。

それが位登(いとう)八幡神社(88)の付近での皇子の即位、
あるいは神功皇后の即位の噂だ。

これに関しては、自分だけでは調べ上げることが出来ず、
後世に調査を委ねている。

また、『日本書紀』では皇后の出産後、いきなり亡き天皇の皇子たちとの戦い
(忍熊王、かごさか王との戦い)が書かれているが、
筑豊の伝承を並べていくと、一年かけて八幡に戻っている。

思えば、歴史から「豊」の部分がすっぽりと抜けているのだ。

これは想定外だったので、掲載する神社はもともと80社ほどの
予定だったのが、100社を優に超えてしまった。
分かっていながら、掲載していない神社も10社を超える。

あらためて、本に掲載した100社の分布を調べると、
筑豊が4割以上を占めていた。

『日本書紀』の編者は筑豊の土地勘が無かったのか。
あるいは、従軍書記官の記述が無かったのか。

そう思っていたが、磐井の乱後の戦後処理でも
豊の存在が消されていることを考えると、
『豊隠し』があった可能性を無視できなくなった。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-02-11 22:31 | 「脇巫女」 | Trackback | Comments(0)

訂正とお詫び



2014年2月に出版した『神功皇后伝承を歩く 上』(初版) 綾杉るな 不知火書房出版
の写真説明に誤りがありました。


c0222861_1651328.jpg

p63 「21 笠松神社」上段の写真の説明に
「境内から靡山を見る」としていますが、山の名前は正しくは「城崎山」でした。

次は靡山を撮った写真です。

c0222861_22382659.jpg

右手前が城崎山。その奥、丸い山が靡山です。

御迷惑をお掛けしました。
謹んでお詫びを申し上げます。


追記

コピーして貼り付けるという方がありましたので、ほぼ同サイズをUPしました。
逆光で石碑の文字が見づらいとのことで、石碑なしの方をUPします。
晴れた日を待って撮影し直しに行ったのですが、時間帯が悪くて申し訳ありません。

c0222861_8522860.jpg


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-04-25 22:44 | 神功皇后伝承を歩く ガイド | Trackback | Comments(4)

若八幡宮 神功皇后が立ち寄った


若八幡宮
宮若市沼口195
神功皇后が立ち寄った


神功皇后のガイドブックの百社を選んだ後、どうしても伝承が確認できない神社がありました。

古い本に一行書かれていたのを調べ、参拝したのですが、宮の方は不在。
何度か電話をかけでも連絡がつかないので、別の神社にまで掛けました。

そこには石碑があったと教えていただいたので、再び電話をしてみても、
どうしても連絡が取れない。
未確認のまま本には出せないので、ついに断念。
図書館に行って、想定ルート上に伝承のある宮を調べる事にしました。

そして、『宮若町誌』についに伝承を見つけたのです。
それが、今日紹介する若八幡宮です。

昔、神功皇后が異国遠征のときにこの地に立ち寄った。そのゆかりの地に、保元二年(1157)九月二十四日、村人は力を合わせて神社を建立した。


こんな素朴な社伝に心ひかれます。

ただ、そこに存在する。
これこそ、「古代が、すぐ近くに息づいている」世界ですね。

神功皇后が通過しただけの神社は省いてもいいのではないか、と言われたのですが、
私にとってはそのような神社こそ宝です。

地図を広げて現地を探すと、何度もその前を車で通過している所だと分かりました。

c0222861_22135092.jpg

山口川の向こう。
近くの目印は工場が散見されるくらい。
その川の向こうに鳥居と灯籠がありました。
まっすぐ200m。

c0222861_22142015.jpg

それらしき杜(もり)。

c0222861_22144316.jpg

落ち葉が参道を彩っています。

c0222861_2215528.jpg

古木の間を通って境内に出ると、石垣の上に拝殿が見えました。

c0222861_22152546.jpg

氏神様の宮のようです。
御祭神は応神天皇 神功皇后 武内宿禰 ほか。
八幡宮の三柱目が珍しく武内宿禰ですよ。


c0222861_22155299.jpg

一目ぼれした古木。
名前が知りたい。

仲哀天皇と神功皇后が靡山(なびきやま)を見ながらゆるやかな勾配を下って来て、この川に出て来ました。

境内は川より少し高い地点。


c0222861_22162966.jpg

境内からわずか見える山々の稜線に、とても心が解放されました。
皇后たちもきっと同じ景色を見たことでしょう。

ちょうど、この正面辺り、わずか一キロの所に竹原古墳があるのです。
あの装飾古墳。

c0222861_22165193.jpg

馬を連れていた武人。ブーツを履いていたね。

仲哀天皇と神功皇后を迎えた時代から数百年たって、そこに眠る男。

歩いて15分。(川があるけどね)
どんな古代社会があったのでしょうか。
装飾古墳というものは何にもまして、驚きと真実を与えてくれます。

船に乗ってやって来た男。
もし、この武人がずうっと船に乗って来るとしたら山口川を遡って来なければなりません。
この川は遥か遠賀川に注ぎます。
ですから、玄界灘から岡の湊を通って来たことになります。
火を噴くドラゴンは夜空の星座だと、るなは確信しているんですがね。

竹原古墳(1)福岡県宮若市竹原 この優美な装飾壁画は通年公開!
http://lunabura.exblog.jp/15619249/

竹原古墳(2)日本の古墳に火を噴くドラゴンが何故描かれている?
http://lunabura.exblog.jp/15638086/

さて、仲哀天皇の一行は川を渡って、山口八幡宮に向かいます。
その後、いよいよ厳しい見坂峠を越えて福津市へ。
時は真冬。

車で走ると、途中、三か所ほど鳥居が見えます。
見坂峠のピーク付近とそれを挟んで前後二か所。
車が多いので止められないのですが、そこで一行は休息したのではないかと考えています。


若八幡宮
宮若市沼口195



「神功皇后伝承を歩く」 上巻 22 掲載神社


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-01-24 22:21 | (ヤ・ラ・ワ行)神社 | Trackback | Comments(0)

鹿毛馬神籠石(3)


鹿毛馬神籠石(3)


それでは、発掘現場の写真を紹介します。
(「あつまれ!!古代山城」古代山城サミット実行委員会より)

この神籠石は「神籠石系山城」というタイトルがついています。

c0222861_231422.jpg

地形図です。
長い方の直径が約500m程度。外郭線の総延長は約2キロだそうです。
標高線を見てみると、フラットなのは石祠がある辺りほどで、
山に居館の存在を示す地形が見当たりません。

c0222861_232165.jpg

A地点の発掘のようすです。暗渠(あんきょ)が2本あります。
第2暗渠は土塁の下を通っています。第1暗渠は土塁の切れた所。

c0222861_23249100.jpg

現地では「水門跡」と表示されています。

c0222861_233814.jpg

これが暗渠のようす。きちんと蓋が造られています。
周囲は石コロが多いですね。意図的に集めれている印象です。


c0222861_2333418.jpg

土塁の中から出土した柱です。
柱を分析したら、土塁の建造の時代が分かるのでは?


以上、パンフレットからコピーしました。
桜もちさん、報告書に載っていたかもしれませんね。


ついでに、杷木神籠石(はきこうごいし)(朝倉市)について。
これは平地に水門が2か所あり、鹿毛馬神籠石のツイン版に見えます。
筑後川のすぐ横にあります!

筑後国造さんが、杷木神籠石の現場報告をしてあります。
「山歩き古墳巡り」杷木神籠石 ここにも被害が…
http://riki82.blog78.fc2.com/blog-entry-406.html

やはり同じように水が必要な施設だと思いますが…。

また、アラさんの話では、その対岸に石垣神籠石が発見されて、今は消滅しているとのことでした。
以上、推理のヒントにしてください ^^





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-10-19 23:06 | <遺跡・史跡> | Trackback | Comments(9)

鹿毛馬神籠石(2)


鹿毛馬神籠石(2)

かけのうまこうごいし

福岡を中心に分布する神籠石(こうごいし)。
日本ではあまり知られていないとか。

先日探訪した神籠石、忘れないうちに、記録しておくことにしました。
何せ、写真を見直してみると、いったい何処を撮ったのか分からなくなりそうなんです。
筑後国造さんが行かれるので、情報提供でもあります。

c0222861_2138437.jpg

勢田から川沿いに車を走らせると、対岸にこのような山が次々と現れます。
まもなく案内板があり、壊れそうな小さな橋を渡ると、この山に入って行きます。
この山の中腹位に列石がぐるりと巡らされています。

道は未舗装ですが、すぐに車が数台止められそうな駐車場に出ました。
説明板があり、そこから赤い矢印に従って山に入っていくと、こんな感じ。

c0222861_21382316.jpg

神籠石に取りつく石段が現れます。

c0222861_21384530.jpg

ここから赤い矢印は左右どちらにも行けるようになっていました。
写真の右上はマウンド状になっていて、石祠があります。
後で行こうと思って右に行ったので、前回述べたように、戻りませんでした。


c0222861_2139886.jpg

これが神籠石。神籠石は高良山神籠石の名称から付けられた名前ですが、
このような列石は本来「八葉の石畳」と呼ばれていました。

高良山と比較して雰囲気はそっくりですが、列石は少し低い印象です。

c0222861_21393030.jpg

土砂が上から流れ込んでいるので、低くく見えるのでしょうか。
ここら辺のは、かなり長い石です。


c0222861_21394641.jpg

しかも、薄いです。このように押し出された石を見るとよく分かりますね。
これは列石の上に土塁を作ったり、何かを支えたりするものではなく、
単に境界を作り出しているのではないかと思われます。

簡単に構築するために、薄くて長い石を選ぶ、合理性が感じられます。


この列石は左にカーブします。すると、道路が見えました。

c0222861_21401649.jpg


山そのものが80m程度なので、ここの位置の標高はかなり低いのが分かります。


c0222861_21403146.jpg

このあと、50m程度でしょうか、山から出て、開けたところに出てしまいました。


正面に崩れかけた同じような風景があり、土手が先の方で切れています。
そして、列石は正面の山の中にもあるそうです。
手前に囲いが見えます。この囲いが水門跡です。

前回、「へ、平地じゃん」と驚いた地点です。


c0222861_214132.jpg

道路に出て写しました。
この山の地形は馬蹄形になっています。

c0222861_21412560.jpg

U字型になっていて、私は写真の左の山を廻ったことがわかりました。

この広場、見ての通り山城ではござんせん。
地形図を見る限りでは、居館を作るほどの平地も見当たりません。
作業場みたいだと前回書きましたが、この平地は発掘されていて、
右と左に水路があり、蓋がされているのが分かっています。(暗渠)



広い地形を見ると、古遠賀湾の近くなのが分かります。
るな的な推理は、
葦が生い茂る古遠賀湾から葦を刈り取って、船でこの遺跡に運び込み、
正面の土手の奥で燃やして、鉄と灰に分ける作業をしていた所ではないかと思いました。
だから水が必要なのでしょう。
近くには溜池があり、周囲にも水が沢山ある山でした。


その点で、同じ神籠石の名を持つ高良山神籠石とは目的が違うように思われました。
高良山の場合は「神が籠る石」と「列石による結界」が原義です。

ここの「結界」は「境界」という意識が感じられました。
そう言う点で、高良山より近代的な「合理性」が感じられたのです。
規模が小さい点でも、洗練された工房だというのが第一印象でした。

今、改めて地図を見直すと五分の一ほどしか歩いていませんでした。
大胆な推論ですが、備忘用にメモしておきます。
みなさんも推理してみてくださいね。

続きは筑後国造さんにバトンタッチで~す ^^





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-10-16 21:45 | <遺跡・史跡> | Trackback | Comments(4)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー