ブログトップ

ひもろぎ逍遥

スサノヲ(1) カノープス 諏訪星



 
今日(20190121)は満月ですね。
福岡では雲に隠れたり出てきたりしています。

そのずっと右にキラキラとしたシリウスが出ています。
その真下にカノープスが出ているのですが、地平線に近い所に出るので、我が家からは見えません。
高いマンションなどに住んでいる人は、見てくださいませ。





c0222861_20431119.jpg


今日は過去記事から、カノープスがエジプトでは氾濫を知らせる星であり、それが日本ではスサノヲに比せられていく話です。真鍋大覚より。

スサノヲ(1) カノープス 諏訪星


カノープスは地平線すれすれを通るため、めったに見られない星ですが、
それを見たら長生きできるということで老人星と呼ばれています。

そのカノープスをスサノヲに例える古代の文化がありました。

スサノヲはアマテラスとツキヨミの弟。
アマテラスとツキヨミは目から生まれ、スサノヲは鼻から生まれます。

空ではカノープスは太陽と月に比べてずっと下の方を進みました。
そのカノープスはナイルの氾濫を告げる星、スハヒル星(諏訪星)でした。

スサノヲは佐太大神、諏訪大神、草木の神、蹈鞴の神。雨風の神。
(諏訪大社の祭神とは違っている)

マミさんがスサノヲに御挨拶に行かれたということが心に残り、
過去記事から真鍋大覚のスサノヲ関連をまとめてみました。

<古事記神代記に曰く、イザナギ尊は
天照大御神に「そなたは高天原を治めなさい」と言ってお与えになりました。次に月読命には「そなたは夜の食国(おすくに)を治めなさい」と言い、次に、建速須佐男命には「そなたは海原を治めなさい」と言われました。(るな訳)

月と星は夜に光を相争う存在であったから、月読命と須佐男命の永遠の仲違いは当然であった。

目は眼窩のなかで自由に動いても音はない。しかるに、鼻はイビキと鼻水を出し入れする。そのかしましい音を古人は「星、風を好むあり。星、雨を好むあり」の諺に則して、世の中に災いを残した須佐男命に見立てたのである。

そして、更に佐太大神或は諏訪大神の別称を奉って草木の神、或いは蹈鞴の神と祭ったのである。

日月が天空を通る道筋を黄道、白道と言う。鼻は目より下にあるから、古事記の須佐男命は地平線を徘徊する運命を背負わされた諏訪星、或いは大陸の言う老人星Canopus(カノープス)即ち雨風を司る神のことになる。

蒼穹の中枢たる北極星には永久に月日に隔てられて近づくを得ぬ存在であった『儺の国の星』「根堅洲国」p26>


イザナギの禊から生れた三貴神。
アマテラス・ツキヨミ・スサノヲ。

アマテラスとツキヨミは目から生れましたが、スサノヲは鼻から生れました。

スサノヲが音を出す鼻から生れたことと
カノープスが雨風を司る神だということと重なっていました。


c0222861_1944848.jpg

志賀島 伊邪那岐の禊の場




<サハラ沙漠の遊牧民族は、南の地平線の彼方にスハヒルの光芒を見出すと、たちまちにして駱駝と共に高所に居を移す。満々たるナイルの洪水が氾濫するからである。

スハヒルは水魔の象徴であった。そして永遠に天極から見放されて、大地の果てを放浪する運命を背に負わされた呪われた星であった。

何故に過去の宿業に悩まされているのか、近東の神話はその理由を語らない。しかしその鬱積した憤まんが天地晦冥(かいめい)のなかに暴水と怒涛をもって人類を漂没する悪神として敬遠されてきた。

前二十六世紀および前三十八世紀の二度にわたるノアの洪水も又、スハヒルの為すところと信ぜられている。>

ナイルの氾濫を知らせる星としてはシリウスが有名ですが、カノープスもまたその時を告げる星でした。
シリウスとカノープスは同じように南に出ます。

しかし、シリウスは道しるべのように天高く夜空を渡るのに対して、
スハヒル(カノープス)は地を這うように進んで、すぐに沈んでしまいます。

しかも、その星が出ると人々は肥沃な土地を捨てて、
水から逃れる旅に出なくてはなりませんでした。

自分たちの情けない姿とスハヒルの鬱屈した姿を重ね合わせたのでしょうか。
スハヒルは呪われた星という宿命を背負わされました。
日本神話でも同じ宿命を負った神がスサノヲでした。

c0222861_2324725.jpg



<『古事記』神代記にいわく、
(こうして、それぞれがお言葉に従って、授けられた国を治めておいでになる中で、)スサノヲの命は授けられた国を治めないで、ヒゲが胸のところに伸びるまでひどく泣きました。その泣く様子は、青い山は枯れるまで、川や海は干上がるほどでした。そのために、悪い神の声はハエがワンワンとたかるように満ちて、いろんな災いが起こるようになりました。

そこで、イザナギの命がスサノヲの命に尋ねました。
「どうしてそなたは授けた国を治めないで泣きわめくのだ」
「わたくしめは亡き母の国、根の堅洲国に行きたくて泣いています」
とスサノヲの命は答えました。すると、イザナギの大神は大変怒って言いました。
「それなら、そなたはこの国に住んではならない」
と言って、そのまま追放されました。(るな訳)

須佐男命はまさにスハヒル即ち諏訪星を神格化した存在であったかもしれない。天照大神は日神であり、月読命は月神であり、そして須佐男命は星神であった。遠い祖先が人間の生活に時間の区切りを教える空間的存在の一つであった。星暦は今はない。 
『儺の国の星』p78>

スサノヲは父から追放され、姉からも追放されます。
ナイルの氾濫を告げるスハヒルと、ナイル河畔から出て行かねばならない人々。
そして追放されるスサノヲ。すべてが重なるのですね。

毎年の洪水のために、ナイル流域の人々は家を建てることも出来なかったことでしょう。その地を捨てて東を目指した集団が出た理由はここにあったのかも知れません。

20150126





c0222861_15184581.gif

# by lunabura | 2019-01-21 21:00 | 真鍋大覚ノート | Comments(0)

「くまもと」とは観星台 


「くまもと」とは観星台 
京都の門の開閉時間の基準は熊本にあった


今日は「くまもと」という言葉が星の観測に関連ある言葉だという一文を
見つけたので、書き写します。
例の眞鍋大覺です。囲みの中はスルーして大丈夫です。

 
<天官は終夜の観測と事としていた。全天を隈なく見わたすところから、察するに宣命暦が公布された清和帝貞観3(861)年あたりの古語かと思われるが、観星台のことを隈本とよんでいた。

 「くま」はただちに近東の神話に出てくる斗極の熊の物語を思い浮べるのであるが、祖先は宇宙空間を九間(くま)と書いていた。

「くまもと」とは「くまのむち」即ち、天文観測の長者達人を言い、又「くまのまる」即ち天文台観星台の略でもあったかと思われる。

 九間とは八方と玄天、即ち八方の中心なる北辰の座のことであった。
  韓愈(かんゆ)(786~824)の作詩の一節に
   一封朝(あした)に奏す 九重の天
   夕に潮陽に貶(へん)せらるる路八千
は、まさに九間の言葉をよく表現している。

天官は星座をすべて暗誦して星位のみならず、新星の発見と動向には細心の注意をおこたることがなかった。「歳月人を待たず」の諺そのもののごとく、一寸の光陰に時のたつを賭けて一生を果したのであった。>
『儺の国の星拾遺』p173


<全天は水平線から天頂までが九尺となり、これが唐代(618~975)の詩文に出る九重天(きゅうちょうてん)の由来となる。>
『儺の国の星拾遺』p70 58磯城星 ヘルクレス座α(64)ラス アルゲーチ

今回注目したい内容をまとめましょう。

天官は一晩中星の観測をしていたのですが、
全天を「隈」なく観測していたことから、観星台を「隈本」と呼びました。
その「くま」とは「九間」と書きます。
北極星を中心に八方を描き、北極星+八方=九間と捉えていました。

また「九重の天」とは全天を水平線から天頂までを九尺としたということです。
地球儀に緯度と経度のラインを引きますが、
宇宙空間の場合は、北極星を中心として縦と横のラインと、
天頂を中心としたラインを想定していたわけですね。

それが「九間」と「九重」という言葉の由来だということになります。
「くまもと」とは天文観測の長者達人を言い、
「くまのまる」とは天文観星台の略ではないかと真鍋は言います。
「まる」って星の意味ですもんね。

「くま」の語源は普通、道や川の曲がりくねって入り組んだ所としますが、
これと合致しない地形もあり、
新たに天文観測所のあった地形を考慮すると上手く地名が説明できるかもしれません。

それにしても、クマモトとか、九重とか、熊本の地名と重なりますよね。

そこで思い出したのが、2014年の久留米大学公開講座での福山裕夫氏の発表です。

メモしかないのですが、
京都の門の開閉時刻は日の出と日の入に合わせられているのですが、
実際の時刻を調べたところ、京都の日の出日の入の時刻とは合っていないそうです。

これは、他の所で観測した日の出日の入の時刻を採用しているということになります。

そこで、基準となる緯度経度を調べると、
「熊本の玉名」付近辺りの観測値が当てはまるというのです。

その地に天文観測官がいて、正確な観測をしていたということになります。
そして、そのデータを京都では利用していたのです。

熊本に「隈本」がいた ( ´艸`)

絞り込むと玉名にいた。
神社とか丹念に調べていくと、天文観測所が見つかるかも知れませんね。
地名とか、地形とかが手掛かりです。
この近辺には安曇が入植したという話があります。

志賀海神社の遥拝所とか、香椎宮の古宮を把握して
安曇族の膳部の観測基準が明確になれば、
玉名との比較も可能になりますね。

ということで、追跡調査はTatsuさんに期待したいと思います。^^
(あいかわらず注文の多いブログです)

c0222861_2371277.jpg

玉名大神宮
ここには景行天皇がやって来た

<20150109>





c0222861_15184581.gif

# by lunabura | 2019-01-20 21:39 | <地名の由来> | Comments(4)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25