ブログトップ

ひもろぎ逍遥

岩戸山古墳(6世紀前半)と岩戸山4号墳(7世紀前半)


バスハイク

岩戸山古墳(6世紀前半)と岩戸山4号墳(7世紀前半)




インターチェンジに近い広川町の石人山古墳を後にして、岩戸山古墳に行きました。

バスが来ると、スタッフの方が出迎えてくれました。

でも、ここでは墳丘巡りを先にしてから、展示館に行く予定にしていたので、別区にさっさと向かっていると、パンフレットを持って来て追いかけてくれました。

実は、私たちはバスの中で墳丘図を見たり、説明文を読んだりして予習しているのです。


でも、せっかく来てくださったし、スタッフの方に説明していただければもっと面白くなるので、「ご一緒にいかがですか」と、こちらからなんだか変なお誘いを♪








c0222861_2127408.jpg

で、スタッフの方の説明を聞きながら別区から右回りに墳丘の麓を回り、鳥居から墳丘に上がりました。


135mの前方後円墳ですが、ここでは前方部の脇から上ることになります。


画像は前回の訪問記に




円墳上には大正14年に大神宮の石碑が建てられています。

以前は不審に思ったのですが、あとで調べると大神宮は近くから遷されたものでした。


その玉垣の近くに石室の天井石らしきものがあるという話を聞きました。
土の下なので、見ることはできません。
また、盗掘されかかったが、石室には到達していないという話も聞いています。


古墳の上には石段を上がった所に松尾社があります。
神紋は三つの松があります。三階松ではなく、下二つ上一つです。
こちらが重要だと思っています。

c0222861_22562898.jpg





さて、墳丘を降りると、「4号墳は行かれましたか?」と尋ねられました。
「いえ」
「それなら行きましょう」
と即決しました。

岩戸山4号墳の存在さえ知らなかったのですが、前方部の角にある鳥居から外に出て行きます。

細い小道を通りながらゆるやかな坂を登ると4号墳がありました。

円墳です。





c0222861_2130967.jpg

そして裏に回ると、石室が開口していました。


奥行きがあまりなく、7~8人やっと入る広さですが、構成する石が大きくて驚きました。


掲示板より
岩戸山4号古墳(下茶屋古墳) 所在地 八女市大字押田字下山

岩戸山古墳前方部より浅い谷をへだてた西側150mの所にあり、墳丘の一部を削平されている。
昭和61年(1986)の調査によって、高さは不明であるが直径30mほどの円墳と判明した。

石室は全長7.5mでほぼ南に入り口がある。石室内は全室、中室、玄室と三室ある、特異な構造の横穴式石室で、全体に結晶片岩の一枚石を用いては古式に組合わせてつくられている。

遺物は出土していないが、石室等の構造より7世紀前半期に築造されたものと思われ、八女古墳群における最も新しい時期の大型古墳である。

平成4年3月 八女市教育委員会」


磐井君の百年後ですね。




正面奥の鏡石には「卍」が線刻されています。
仏教関係のものなので、開口してから付けられたと思われます。
信仰の対象になったということなので、不動尊などが祀られたのでしょうか。
ちなみに、八女津媛神社の神紋も「卍」です。


この鏡石の天井部が空いていて、他の古墳とちょっと違っているのです。

人が多かったので石室内は上手く撮れませんでしたが、筑後国造さんとか、すでに投稿していないかな。

岩戸山古墳から2、3、4号墳と並んでいて、2、3号墳は民家の庭にあるそうです。

4号墳は一番高い所にあって展望が良く、岩戸山古墳より少し高い所にあるのかもしれません。

でも、前回の「石人山古墳と弘化谷古墳」で感じた断絶感はそれほど感じなかったのです。



磐井の乱の後の八女の古墳群から各氏族の力学関係が分かると面白いですね。

スタッフさんのおかげで、岩戸山古墳を新たに立体的な視点で捉えるチャンスをいただきました。

ここも素敵な散歩道でしたよ。



ここから再び別区に戻り、磐井の郷へ。







c0222861_21314083.jpg

新しい資料館は美術館のようなライトで照らされて、素敵になっていました。
写真撮影もOKです。
以前は書類を書かねばならなかったので、簡単になりました。


資料館は行くたびに、少しずつ見るポイントが変わっていって、同じ出土物でも受け取る情報が変わっていくのがいいですね。



さて、午前中に古墳巡りを済ませ、午後からは女神たちの聖地へ行きましたよ。



20190324


<古墳シリーズ>




歴史カフェ福津
3月31日(日)2時~4時 江戸時代の志賀島の記録 ―志賀嶋所聞録を読むー
申し込み先 himorogi888@yahoo.co.jp 詳細




c0222861_15184581.gif

# by lunabura | 2019-03-24 21:32 | <古墳シリーズ> | Comments(0)

石人山古墳と弘化谷古墳の素敵な散歩道



石人山古墳と弘化谷古墳の素敵な散歩道



昨日のバスハイクは八女(やめ)に行きましたよ!


午前中は八女古墳群の中でも代表的な石人山古墳弘化谷古墳岩戸山古墳、そしておまけに予定外の4号墳に行きました。


石人山古墳弘化谷古墳(こうかだに)は八女郡広川町にあります。
かつてナビで調べ調べ行って、駐車場にも困ったのですが、まさかの至近距離。


しかも「こふんピア広川」に駐車すれば良く、出土品などを見学したあとに古墳巡りすれば、歩いて30分ほどのそれは素敵な散歩道でした。

資料館に予約をすれば展示品の説明を受けられるそうですが、HPに書かれていなかったので知らずに残念でした。

でも、古墳巡りはガイドをしていただけました。
何しろ団体なので、道を間違うと大変だったので、とても助かりました。




c0222861_18543100.jpg

「こふんピア広川」は資料館ですが、無料なのにこんなに沢山の資料をお土産にいただきましたよ。
ファイルには装飾古墳画が載っているし、絵葉書までいただきました。

特に、石人山古墳の家形石棺の絵葉書には直弧文がくっきりと。
現地でも撮影はもちろん出来るのですが、扉の手前から写すのでこんなに鮮明には取れません。
あとで観察するのにはもってこいです。







c0222861_186218.jpg

さて、資料館の入り口には弘化谷古墳の実物大レプリカがドーンとありました。正面に双脚輪状文が見えますね。




おまけに資料館の中は直弧文が沢山!




c0222861_1873980.jpg


こちらは石人山古墳の装飾文様です。

子供たちの作品がみんな直弧文なんです!(^^)!
各地の装飾古墳館ごとに個性的な文様があふれてます。これは面白い。

直弧文、謎杉!


また、絵葉書の一枚に鬼塚2号墳から出土した銀象嵌柄頭(つかがしら)が載っていました。(画像の緑の分)

資料館にも現物があり、写真撮影もOKでしたが、やはり上手く撮れないので、絵葉書に載っているのは有り難い。

刀身は日本刀ほどの長さで、新宮町で見た長~い刀に比べて小振りに思えました。






c0222861_187176.jpg

さて、古墳巡りはこの石人のレプリカの横を通って行きます。

遊歩道と思いきや、すでに石人山古墳の墳丘を登り始めています。

桜の間を抜けて登ると参道の途中に出ました。参道とはすなわち前方後円墳の前方部。

後円部に向かって参拝していく感じがよく分かります。

地元では「石人さんに手を合わせに行こう」という感じで参拝されていたそうです。








c0222861_1881624.jpg

石室を守って立つ石人。







c0222861_1873980.jpg

そして、巨大な石棺。高さは140cmほどですから、露出していたら人の身長ほどの高さです。




次の弘化谷古墳へは、登って来た道を反対側に降りて行きます。

そこからの方が古墳の全容がよく分かります。







c0222861_1885472.jpg

小道に出たら左手に歩いていくとため池がありました。これは周濠という訳ではありません。




ここから長い石段を上ると展望所に。
何々?弘化谷古墳に行くのに坂を登る!!!







c0222861_1891995.jpg

振り返ってみると、矢印の石人山古墳が低く見える。
弘化谷古墳は石人山古墳よりも高い所に造られた!








c0222861_18174156.jpg
後から造られた弘化谷古墳は意図的に高い所に造られている!

石人山古墳は筑紫君磐井の祖父ぐらいの世代です。
弘化谷古墳は磐井のちょっと後。

石人文化より上に立つように、わざわざ高い所に造られている。
ふむふむ。
現地に立つと気づくことがいろいろありますね。


頂上に立つことができるのも、前回は気づきませんでしたよ。








c0222861_1895665.jpg

奥の小山が石人山古墳。

周辺で一番高い所に立ち、石人文化を見下ろす装飾文化。その石室には肥後系の石屋形。
しかも、弘化谷古墳の装飾と石屋形は王塚古墳に似てる。

そして、あの双脚輪状文が重なっている。




c0222861_186218.jpg
肥後―八女―飯塚ー肥前
これは大きなヒントをくれています。

石人もまた肥後と筑後に多く分布する。

また時代的には
石人山古墳(石人・直弧文)-岩戸山古墳(石人)-弘化谷古墳(装飾・双脚輪状文)
となっていて、
三つの古墳は年代が連続しているのに、大きな隔たりがある。
「装飾古墳」という一括(ひとくく)りでは捉えられない断絶がある。

現地に立つと時代感と地域感が深く理解できますね。

八女の細長い丘陵の上の支配層の変遷。興味深いです。


私たちはこのあと車で15分ほどの岩戸山古墳に向かいました。



20190323

<古墳シリーズ>

歴史カフェ福津
3月31日(日)2時~4時 江戸時代の志賀島の記録 ―志賀嶋所聞録を読むー
申し込み先 himorogi888@yahoo.co.jp 詳細




c0222861_15184581.gif

# by lunabura | 2019-03-23 18:13 | <古墳シリーズ> | Comments(0)

第20回歴史カフェ「志賀島所聞録」のご案内



『香椎宮史』(広渡正利)の附録に「志賀島所聞録」(宮崎大門)が載っています。

幕末に糸島の老松神社の神職だった宮崎大門が志賀島で聞き取りをしたものです。

小さな書物ですが、目録には
○志賀嶋 ○神社 ○神号 ○安曇連 ○古戸清水 ○長生竹 ○神遊瀬 ○大戸小戸 …

などなど、志賀島の地名由来や家紋由来、二つの亀の由来、安曇連の城の場所、
安曇氏の紋が扇、中西氏の紋が舛である理由など簡潔に記されています。

その中に
○御手洗 伊邪那岐大神与美国の穢を洗清給ひし處と云。

という驚きの一文を見つけて、何度も志賀島に通い、神社に尋ね、また地元の方に教えていただいて、勝馬の沖津宮の海域の話だと分かりました。そこを大戸小戸とも云います。

イザナギ大神が大戸小戸でミソギをし、そして生まれた八百万の神々の内、ワダツミ三神が沖津宮、中津宮、表津宮に祀られています。

また豊玉彦の母系としては豊玉姫、玉依姫が知られていますが、父系の記録も書かれています。

志賀海神社の神楽歌に君が代が含まれていますが、これもこの史料に書かれています。ずっと変わらずに言上されているのですね。

また、香椎宮の綾杉はこれに干珠満珠を付けて奉納されたもの。


それぞれの内容については既にブログや拙著に書いていますが、今回あらためて史料を通して志賀島と安曇族を見ていきましょう。

パワーポイントで現地の画像を見るので、ガイドブック代わりになります。



タイトル
江戸時代の志賀島の記録 ―志賀嶋所聞録を読むー


日時 2019年3月31日(日)2時~4時(1時半開場)
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」

所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)

交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。

会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名 フリガナ(あればハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 タイトルに歴史カフェ331希望と記入。


申し込みは
himorogi888@yahoo.co.jp
(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。気にせずにご来場ください)

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。




c0222861_20030045.jpg





c0222861_20024029.jpg
拙著『神功皇后伝承を歩く』下巻より 志賀海神社


福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。




歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
3月22日(金) 岩戸山古墳と八女津媛神社


c0222861_15184581.gif

# by lunabura | 2019-03-23 08:44 | 歴史カフェ | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25