ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

伊野天照皇大神宮 (Ⅰ)アマテラスが愛した聖地


伊野天照皇大神宮 (Ⅰ)
福岡県粕屋郡久山町
アマテラスが愛した聖地


c0222861_20472327.jpg

二日市古賀線で久山町に入ります。
下山田交差点から「九州の伊勢 伊野皇大神宮」の案内板に従って、
山の方に向かって行くと、大きな鳥居があり、
昔からの小さな町並みを抜けると、
赤い欄干の橋があります。
道はカーブしていますが、橋の正面が入り口です。

周りは桜、桜、桜。
五十鈴川の両脇には見事な桜並木が続きます。
桜のシーズンでもあまり人がいなくて、
桜の独り占めが出来る贅沢な春。

知らなければ見過ごしてしまうような、
何気ない参道の石段を上がると、
数歩で深山のたたずまいの中に入ります。
空気が一瞬で変わります。
全身の皮膚が深呼吸を始めるのが分かります。

ここが伊野天照皇大神宮。
名の通り天照大御神を祀っている神社です。

二つの石段を上れば、すぐに本殿前に出ます。
鳥居の横木がまっすぐです。
伊勢神宮と同じです。
伊勢の式年遷宮の後の神殿などを、ここで見る事が出来ます。

峻厳な空気ながらも、拝殿でお参りすると、
里山のあたたかさに包まれます。
そして、魂が鎮まるのが分かります。

右側の石段に惹かれて上ると、神殿です。
ここまで入れるお宮はなかなかありません。
有り難いです。

もう一つ、古い石段があって、それをさらに上ると、
古神殿跡です。
四角い敷地に、中央に「心(しん)のみ柱」が…。
ええっ?
こんな聖地に誰でも入れるの?


c0222861_20482460.jpg


腰掛けられるようなものがあります。
入ってもいいんだよね、と足を踏み入れると、
そこは何も建造物がありません。
足元は建物の基礎石と苔むした土。

中央に「古神殿跡地」と書かれた「心のみ柱」が立つだけです。
その背面に杉の木がまっすぐ、まっすぐ伸びていて、圧倒されます。
まるで天と地をつなぐような杉の木です。

ここでは手を合わせても、祈る言葉は浮かびません。
ただ、ここに居ればいい。
ここは聖地です。

ルナはこの聖地を公にしていいのかと、ずっと考えたのですが、
今の日本人のために、こんな聖地がある。
人々がお参りに行って、浄化されて、また、明日を頑張っていけるように、
こんな所が準備されていたんだと、思うようになりました。


c0222861_20492671.jpg


この神社には天照大御神と、手力雄神と萬旗千々姫命が祀られています。

この裏山は遠見岳と言い、また、神路山と言うそうです。
まだ、このお宮について何も知らない頃、
この山に何度か登りました。
30分ほど登れば、頂上です。
玄界灘が遠くまで見通せる、景色のよい所です。

足もとに
「神宮皇后 異国を眺められた由緒ある遠見岳 登山道」
と、案内の木があるのが、いつも気になっていました。

道は普通の登山道です。
天皇のお后さまがどうやって山道を登るの?
馬?駕籠?自分の足で?

自分の足でないと、とても登れないだろうな。
なんで、お后さまがこんな、誰も知らないような山に登ったの?
と不思議に思ったのを思い出します。

それから何度もお参りするうちに、このお宮の由緒が知りたいと思うようになりました。
すると、ある方から、神社史を頂きました。
そして、その本を手に、再びこの宮に来てしまいました。

今度は、神功皇后とアマテラスの伝承ととともに。

神社史を調べるうちに、アマテラスがこの地に
祀られる事を何度も望まれた事書かれていたのです。


                      (Ⅱ)につづく
                 
[PR]
by lunabura | 2009-11-11 21:06 | 伊野天照皇大神宮・粕屋 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/12926182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ルイヴィトン 激安 at 2013-07-08 04:29 x
匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_^;)ありがとう。。。
Commented by lunabura at 2013-07-08 21:04
ルイヴィトンさん、こんばんは。^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー