ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

高良大社(2)玉垂命とは干珠満珠を授けた海の神


高良大社 (高良玉垂宮) (Ⅱ)
こうらたいしゃ  (こうらたまたれぐう)
玉垂命とは干珠満珠を授けた海の神  
高良山にはカペラの伝承があった


c0222861_2051353.jpg

「玉垂(たまたれ)」について気になる事があって社務所に電話で尋ねた事があります。
それは合気道の開祖の植芝守平の本『合気神髄』に「高良の神」の事が載っていたからです。

植芝守平氏はNHKドラマの『坂の上の雲』とちょうど同じ時代の人です。
明治から昭和を生きた人です。
その人の語録集に合気道の呼吸について述べる時の象徴として「玉垂」が出てくるのです。

玉依姫は白玉で潮干珠(しおひるたま)、豊玉姫は赤玉で潮満珠(しおみつたま)、その玉を使いこなすのが高良玉垂の神。


このような内容が合気道の本に書いてあったのでびっくりして、高良大社にお尋ねしたところ、
やはり、玉垂とはこの干珠(かんじゅ)、満珠(まんじゅ)を指すとの事でした。
ほんのこの前まで、玉垂のことについては、常識だったのでしょうか。

玉垂」が干珠満珠だとすると、高良玉垂命とは
潮の満ち引きを司る神と言う事になります。

人は潮が引くときに、息を引き取ります。潮が満ちる時に生まれます。
潮の満ち引きは月のなせる技です。
ですから、月の神様とも言われる訳です。これが御神徳の「延命長寿」にもつながってきます。


「玉垂」をよく考えると「玉を垂れる」という事ですから「玉垂命」とは「珠を与える神」という意味になります。
では、それは誰でしょう。
海神です。志式神社の神楽でそれを見て来たばかりです。

高良玉垂の神が海神だとすると、名前は綿津見(わたつみ)神という事になります。

志式神社の神楽の「磯良舞」、覚えてますか?

あの、インパクトのある白髪の神さまが出て来た舞です。同じ話をもう一度書きましょう。

 磯良舞   (いそらまい)   ( 武内神 豊姫神 磯良神 海神 )  
神功皇后らが新羅へ進軍する時のお話です。
48艘の船団でいよいよ新羅へ。
その時、武内神が干珠満珠を貰い受けようとしました。

磯良神は大和で40万年、ひたちで40万年、勝馬(かつま、志賀島)で40万年過ごされた神。

c0222861_2057611.jpg

いそら神が干珠満珠を海神のところに行って、貰おうとするが、
なかなかもらえず、豊姫が代わりに海神の所に行く。

c0222861_2057481.jpg

すると海神は「神楽を舞うならば、授けよう」と言う。豊姫は神楽を舞い、海神から干珠満珠を授かる。

c0222861_205834100.jpg

豊姫はそれを武内神に渡す。
でした。

ね、ほら干珠満珠が出て来たでしょ。
珠を授けている赤い髪がモシャモシャした神が海神です。
(同じような話は海彦山彦にも出て来ます。⇒豊玉姫)

玉を授ける神は海神なのです。
これが、タイトルの「玉垂命とは干珠満珠を授けた海の神」の理由です。

干珠満珠は星空にもありましたよ。

今の北極星はポラリスです。『冬のソナタ』でぺ・ヨンジュンがチェ・ジュウに
雪の玉に隠してプレゼントしたネックレスがポラリスンでした。

えっ?そんなの関係ない?
いえいえ、ポラリスは現在の北極星だと覚えやすいでしょ。

しかし、5000年前の北極星は龍座のツバーンでした。(そう、北極星は変化するのです!)

北極星は徐々に場所を変えてしまい、2500年前は北天には目立つ星がなくなって、
ポラリスとツバーンが暗黒を中心にぐるぐると回っていました。神功皇后の頃もそうです。

このポラリスとツバーンを干珠満珠だと言い伝える氏族がいたのです。

ポラリスは白い星…白い干珠
ツバーンは青い星…青い満珠

海の神は青玉と白玉を祭壇に供えて、船人の海路が無事でありますようにと祈ったそうです。

北極星がない時代には、この白い星と青い星が北を教えてくれていたという事なのですね。

ですから、植芝氏の言う赤玉白玉はもっと昔は青玉白玉だった訳です。
ちなみに、神楽では金玉銀玉でしたよ。

干珠満珠は海神の持つ珠で、水と命を司り、それは星空にもあった。という事です。

そして、これらは背振山でも祀られたそうです。すると、高良山と背振山と、筑紫の主な山々では
海神が祀られていた事になります。

海から遠い久留米に海神?

久留米は盆地で海は近くにありません。そんな所に何故、海の神?

不思議に思ったのですが、手掛かりが奥宮にありました。
そこには水分(みくまり)の神が祀られています。
水を司るのは海神です。宝満宮竈門(かまど)神社の上宮でも同じでした。

玉垂宮と竈門神社は似た祭神の組み合わせです。並べて比べてみましょう。
高良玉垂宮                 宝満宮竈門神社
 高良玉垂命  海神              玉依姫命(海神の娘)
 八幡大神 (応神天皇の別名)       応神天皇      
 住吉大神 (神功皇后の旅の守り神)   神功皇后  
 
このように高良玉垂宮と宝満宮竈門神社の主祭神は「海神の父と娘」でした。
応神天皇は名前を変えて、どちらの宮にも祀られていました。
ただ、住吉大神については裏の日本史では武内の宿禰ではないかとも言われています。

この神社の御神徳が「延命長寿」という事から、それらが混同して伝えられて、
高良玉垂命が誰だか分からなくなってしまったものと思われます。

高良の星はカペラ星だった。

真鍋大覚氏によると、
銀河はカペラのある所で細く縊(くび)れて、漢人は上を北河、下を南河に区分する。(別名として)韓門(からと)の星、高良星の名がきかれた。

有明海と玄界灘の潮高を見合わせて往来(やりくり)する水城(みずき)を筑紫のひとびとは「からとぼし」と言った。

カペラは極東に来て、記紀の天の御中主の神になり、カイベラの神になり、カワベラの星になったと語られている。
真鍋氏の文章は難しいですねえ。言い換えると、
夜空の天の川の細くなった所にカペラ星があります。

古代中国ではその上下を北河と南河と呼んだそうです。
そして日本では、カペラを高良の星とも呼び、神話では天の御中主の神となったという事です。

古代の人は、その天の川を地上に反映させました。
福岡県の筑紫の真ん中を縦に走る水路を天の川に見立てたそうです。
針摺瀬戸(はりずりのせと)と名付けられました。

今ではもちろん陸地になっていますが、古代日本では玄界灘と有明海が水路でつながっていて、
潮の高さを見合わせてやりくりした所が水城でした。
水城にも広い湖が広がっていたそうです。

天の川のように水路が細くなった所にあるのが高良山。

ですから、空から写し取って高良の山にカペラ山と名付けました。
それがなまってカウラ、コウラと変化しました。

カペラなる高良山の北が玄界灘、南が有明海。
そして、カペラとは天の御中主の神だと言う事になります。

そんなロマンチックな話を誰が言っていたかというと、それが、海人族の人たちです。
それを、暦を作る真鍋家が伝えていたのでした。

地図を見てみましょう。高良山、針摺瀬戸、水城、宝満宮竈門神社の位置関係です。
(地図をクリックしながら動かすと写真が出て来ます。)



市街化した灰色の平野部がかつてはかなりの所まで海だったという事です。
高良山がかつては海と縁が深く、海神族の人たちが海の神を祀ったのもうなずけます。
天の川に見立てるとは、なるほどですねえ。

そういえば、小郡市には彦星と織姫の神社があるのを思い出しました。


(Ⅲ)につづく

[PR]
by lunabura | 2010-01-04 00:00 | 高良大社・玉垂宮・久留米市 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/13396106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-12-29 11:35
「高良玉垂命とは潮の満ち引きを司る神」の記事には感嘆しました。
北九州にその神が祀られているのは納得です。
そして、有明海と玄界灘が繋がっているのが良くわかりました。
海岸の地形も天体の星も現在とは位置が違ったのでしょうか。
何年頃のことでしょうか?
神武、スジン、神功皇后の時代は少しの時間差で重なっているようにも思えます。ほんとうにわからない事だらけですね。
Commented by lunabura at 2010-12-29 13:31
一年前の記事で、自分で読みなおして、こんな事書いたんだと驚いてます。結構大胆に書いてますね。今の方が遠慮してるのが分かりました。(反省)
年代は、このあたりの言い伝えでは、神武が2600年前、神功皇后が1800年前というイメージで、まだ、私もこれを訂正する材料が見つかっていません。神功、竹内宿禰が200年頃の人だというのは、プロの眞鍋氏が計算しているのですが、だから、尚の事、日本書紀を訳していて、いつのまにか400年代の話が混じっていたので、ショックでした。日本書紀さん、書き換えるにしても、計算を失敗しないでよってね。
Commented by lunabura at 2010-12-29 13:45
天体の星は23000年ぐらいで、同じ場所に戻ります。歳差運動のせいで、2000年ごとに太陽が昇って来る後ろの星座が変わっていって、今はアクエリアスの時代になりかけ?(うろ覚えで、怪しいです。)
北極星もやはり、変わり続けて、13000年前(?)は琴座のベガ。それから龍座のツバーン、ポラリスとなってます。
あの竹原古墳の火を噴くドラゴンはこの龍座だと思ったのは、これらの流れからです。
質問の何年頃のこととは、どの時代の事か分からないので、おおまかな答えをしました。答えがずれているかな?
Commented at 2010-12-29 15:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2010-12-29 17:21
え!そうなんですか。大事にしてください。
大掃除は、普段の家事で、1~2時間ずつ時間を取って少しずつしています。ターシャ・チューダさんのTVを見て、掃除もゆっくりとした気分でやってます。間に合わなくても、気にしない、気にしない。
非公開さん、大掃除なんかより、人生を楽しみましょ!
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー