ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

八剣神社(2)三柱の神々に受け継がれたのは草薙の剣だったよ


八剣神社(2)
三柱の神々に受け継がれたのは草薙の剣だったよ

c0222861_1248197.jpg

それでは、『福岡神社誌』の続きを読んで行きましょう。
また、天智天皇七年十一月、新羅の沙門・道行が草薙の剣を盗んで帰る途中、筑紫まで着いた時に風雨に遭って、その剣は日本の境を出る事はなく、この山にしばらく安置していました。
昔は近郷に並び無い御社で、神徳はあまねく知られて、植木の庄・本社と称えられました。

おお、有名な草薙(くさなぎ)の剣(つるぎ)の話が出て来ました。

草薙の剣って盗難事件があったんですね。
取り返された後、しばらくこの神社に安置されたという事です。

この背景を調べてみました。

熱田神宮の御神体である草薙の剣を新羅の僧侶が盗み出すという事件が起こっています。
その僧の名前は道行で、途中で捕まって、草薙の剣は無事に戻って来ました。

この道行がどうなったのか、ネットで調べると、
大阪で剣を手放した。
牢屋に入れられたが、許されて、近くで寺を創建した。
博多で死刑になった。
新羅で死刑になった。

といろいろありました。 
この鞍手町の古物神社の由緒には「草薙の剣が古門に落ちて来た」
というのがありましたよ。

もし、道行が北部九州で捕まったとしたら、その剣の保管場所が必要です。
その時には、ここに届けられた可能性は十分にあります。
この鞍手町は物部氏の本貫地だったのですね。
物部氏は、代々、天皇家を補佐する役職についていたので、連絡網があったのは間違いないです。
(古物神社で少し調べてみましょう。)

祭神のミヤズ姫にこめられた暗号
ヤマトタケルには6人の后がいました。
ヤマトタケルの配偶神を選ぶとしたらオトタチバナ姫かなと思いましたよ。
だって、彼の為に命を投げ出したんだし、この人しか知りませんでしたし…。

ところが意外にも、この八剣神社ではミヤズ姫が選ばれていました。
なぜ、ミヤズ姫なんだろうと、理由を探しました。

そこで、ミヤズ姫とヤマトタケルの関係を思い出して、あっと驚きました。
ヤマトタケルはあの草薙の剣を彼女に預けたまま、亡くなっているんですね。

草薙の剣の歴史ってどうなってるの?
太刀っていろいろあるから、どれがどれか区別がつかなくなりました。
そこで草薙の剣に絞ってその運命をたどってみたいと思います。

草薙の剣を中心にストーリーを書き変えます。
ヤマトタケルの命は伊勢神宮で斎宮をしていた叔母のヤマト姫から草薙の剣を授けられました。
それから、東国を廻るのですが、相模の国で、国造の罠にはまって、野原で火を点けられます。
その時、太刀で草を刈り取って火打ち石で火をつけて、助かりました。
これでこの太刀を草薙の剣と言うようになりました。

そののち、尾張の国に行って、ミヤズ姫と結婚します。
それから、草薙の剣を彼女に預けたまま、伊吹山の神を討ち取りに行って失敗し、
だんだん病気がちになって、死んでしまいます。

最期に「乙女の 床の所に 私が置いた つるぎの太刀。その太刀はどうなっただろう。」
と、草薙の剣を詠んでいます。

古事記ではここまでしか書いてありませんでした。
この後、どうなったんでしょうか。
ミヤズ姫はこの剣の謂われ を知る事になります。
この草薙の剣はもともとスサノオの命が出雲でヤマタノオロチの腹の中から発見したものであり、天照大御神からニニギノ命に降ろされて、歴代天皇が所持していた由緒のものだったのです。
それを知って、ミヤズ姫は剣を熱田神宮に納めました。こうして草薙の剣は御神体になりました。
その後、それを新羅の僧・道行が盗みましたが、無事取り返されました。
ここまでが共通のお話です。
その後の事は、先ほど書いた通りです。
その草薙の剣がこの山に一時期保管されたという話が神社に伝えられていた訳です。

八剣神社の御祭神を思い出しましょう。
日本武尊(ヤマトタケル) スサノオの命 ミヤズ姫の命 です。
この神社の御祭神たちに共通のもの、それは草薙の剣でした。
昔の人はこの三柱の神を見ると、草薙の剣が、
スサノオの命 ⇒ 日本武尊 ⇒ ミヤズ姫
と渡っていった事を容易に思い起こしていたのでしょうね。(ですから、暗号でなくて常識でした…。)

この鞍手町には剣の字のつく神社が沢山あります。
調べて行くと、記紀に書かれていなかった歴史がいっぱい残されているようです。

c0222861_12564232.jpg

神殿の写真です。光が虹色に写りました。しかもカーブしているように見える?
c0222861_12571115.jpg

同じ神殿です。なんだか、ヤマトタケルの白鳥の翼のように見えました。

では、次回は、この上宮に行ってみましょう。


気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
[PR]
by lunabura | 2010-06-19 13:07 | 八剣神社・やつるぎ・鞍手郡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/14617399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30