ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

玄海灘・玄界灘の黒船騒ぎ

玄界灘の黒船騒ぎ

黒船は玄界灘で何をしていたのか。


現在放映中のNHKの「龍馬伝」に黒船が出て来ます。
玄海灘の伝承を調べていると、黒船が出没した記録が出て来ました。
彼らの行動が記録されているので、今日はそれを紹介したいと思います。

黒船が来た
幕末のある日、神湊(こうのみなと)の浜に黒船が来ました。玄海町沿岸の漁民の中には長崎警固の水主として、毎年勤務があったので、外国船を見た者もいたはずですが、初めて黒船が煙を吐いて沖を通る姿を見た漁民の驚きは想像されます。

ペリー来航は嘉永6年(1853年)であり、幕末に近い文久元年(1860年)にはロシアの船が対馬の一部を占領、文久3年には長州藩がイギリスの船を砲撃、翌元治元年(1864年)には英米仏蘭四国連合艦隊が下関を砲撃しています。

この頃の神湊町の話で、年代を確定する事が出来ていませんが、玄海町沿岸の語り継ぎとして記録しておきます。文政10年(1827年)生れの曽祖父が40歳、祖父が13歳頃の話の聞き伝えと思われます。

幕末に近いある日、地島沖から黒煙を吐きながら、一艘の黒船が現れ、地島前に出て来ました。これまでは沖を通り過ぎる事はあっても湊に入ることはなかったのですが、黒船は湊の沖まで入って来たから沿岸では大事件です。

漁方の知らせで、神湊浦庄屋は決断の結果、早飛脚を飛ばして、浦奉行(福岡)に知らせました。

しばらく見守るうち、黒船は静かに地の島沖に去った。また報告を要するので、早飛脚が出されました。見守るうち、地島を一周して測量などをしたのでしょうか。

若松では、西洋人が沿岸を測量した記録があります。また英国船が近海を測量した事があると福間でも言います。

黒船は停泊したように見えるから、また飛脚がとばされました。三人目です。やがて、黒田藩の侍が数騎、馬にて駈けつけて来ました。髯をぴんと生やした豪傑らしい侍が刀を手にかけて、沖の船を見廻している姿がそりゃもう、偉くそりくり返って見えた、と漁方は言います。
黒田藩の侍が駆けつけるまで相当永い期間、船は測量をしていたと考えられます。

『玄海町史話伝説』玄海町教育委員会 (一部省略しました。)

これを見ると、対馬が一部占領されたり、山口県が攻撃されたりと
すでに戦争の状態になっていたのが分かりました。
しかも、黒船といっても、国籍はいくつもあって、
イギリス、アメリカ、フランス、オランダ、ロシアと各国から来ています。

これに対して、筑前黒田藩はイギリスと長州藩の戦いのあとに、
福間、須崎、若松、黒崎、姪の浜に砲台を設置する工事をしています。
これは、藩としての対応であり、幕府の防衛作戦は見えて来ません。
無策ではなかったのでしょうが、どれほど危険な状態だったのか、先週の「龍馬伝」を見ていてびっくり。

「龍馬伝の」長崎の話(2010年7月18日放送)の一部です。
イギリス人の武器商人のトーマス・グラバー
わずか3年の滞在で巨万の富を手に入れます。
その商売敵のウィリアム・オールトがグラバーに
「かせぐだけ稼いだら、日本から逃げろ。この国は終わりだ。」
と警告します。
「幕府はフランスのあやつり人形だ。これをイギリスは許さない。」
と言って、日本征服のあらすじを明かします。

そのイギリス軍日本上陸作戦とはこうです。
摂津の海を封鎖して、兵庫に歩兵1万2千人他を上陸させて、
大阪を制圧したら京都へ向かう。そして、ミカドを拘束する。
一方、本隊1万5千人で江戸を攻撃する。こうして1日で日本を征服する。

なんとも、具体的な作戦です。

この放送を見て、彼らが玄界灘で盛んに測量した理由が分かりました。
日本を占領するための上陸地点を捜していたのですね。
オールトの話が本当なら、ざっと足し算しただけで2万7千人以上の兵が船に乗っています。
軍艦の数はいったい何艘だったのでしょうか。
これが日本の周囲をうろうろとして、上陸作戦を練っていた。

一気に上陸するためには、港の深さ、広さ、など、事前の調査が必要です。
玄界灘は長州藩のすぐそばなので、念入りに調査したかったのでしょう。
その長州藩の高杉晋作
「長州は黒船と戦って惨敗してからは、戦う相手を幕府に変更した。独立する。」
と龍馬に話すシーンがあります。
しかし、情勢はそれどころではなかった?

新宮町の相の島には、黒船が実際に上陸しています。
理由はなんと、
「船に乗っている婦人が気分が悪くなったから、しばらく島で休ませてほしい。」
との事。
希望は届けられて、婦人と男と二人を上陸させて、島内の案内もしています。
まっこて、恐ろしかことで。

さあ、これがどうやって未然に防がれたのか。
日曜日は「龍馬伝」を見逃せません。

地図 砲台 福間、須崎、若松、黒崎、姪の浜
黒船目撃 若松、地島、神湊、相の島




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2010-07-25 15:45 | <地名・地形・伝承> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/14835211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30