ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

黒男神社(1)武渟川別命の子孫・阿部氏が武内宿禰を祀る宮・古代の陣営あと

黒男神社(1)
くろどんじんじゃ
福岡県粕屋郡久山町
武渟川別命の子孫・阿部氏が武内宿禰を祀る宮
ここは古代の陣営あと


c0222861_146342.jpg

久山町に久山トリアスという大きな商業施設があり、すぐそのそばにこんな山があります。
人工的にも思えるこの姿。地図を見ると黒男神社があります。
気になって仕方がない。ついに車を降りて探検に。
この車道の向こうに神社はあるだろうと思い込んで行くと、反対側だと教えられました。
この山裾を巡る道はなく、出発点へ戻って反対側へ。
でも、途中で、こんな姿が撮れました。見事な神奈備です。
c0222861_1471891.jpg

道路と山の間には川が流れています。

戻って川を渡ると大きな案内板が。(な~んだ。)
それに従って、新幹線のガードを二度くぐって、神社へ着きました。
参道の上には変電所らしき建物が建っていて、横には新幹線のトンネル。
神社は山の麓に肩を寄せるようにしてありました。

c0222861_1492750.jpg

鳥居は川の方にありました。
c0222861_141095.jpg

神殿です。後は黒男山です。
これですべてなのですが、ここには驚くほど古い歴史が残されていました。
境内にあった由緒書きを現代語にしながら写します。
黒男神社由縁の概略
第八代孝元天皇―太彦命―武渟川別命阿部家祖先
           L 第九代開化天皇―第十代崇神天皇
           L 彦太忍信命―屋主忍男武雄心命―武内宿禰

筑前国粕屋郡山田村字カタ山という山麓に黒男神社という社あり。鎮座の由来は人皇の始め神武天皇より第十四代の帝・仲哀天皇の御代に始まる。

仲哀天皇の御代、日向の国に熊襲という賊がいて、勅命に従わなかったので、之を討伐しようと、都より筑前国香椎村に行幸され、大宮を造られた。

皇后(神功皇后)諸大臣と国賊討伐の議を計られ之を討たれたが、利あらず、仲哀天皇香椎宮で崩御された。討伐についてのご神託をお聞き取らなかったせいでと、皇后は深く悲しまれ、ご神託の報いなのだろうと考えて、罪をあらためようと香椎村の隣である山田村(昔は小山田村と言う)に斎宮を造られた。これが聖母屋敷(上山田)である。

この斎宮に三月一日を吉日として主ら神主となり七日七夜籠られた。この御神事の隙をついて賊が襲ってくる事をおそれ、2月29日より武内大臣(宿禰)を大将として、カタ山に陣を張った。昔はかため山と言ったが、中昔よりカタ山という。

この時、皇后に随っておられた太彦命の御子武渟川別命もカタ山に陣を張り、しばし足を止められている内に一子を挙げられ、その子孫が年月と共に繁栄し、数十戸に及んでいる。これが阿部家の先祖である。

このような由縁で武内宿禰の薨去後、同氏人たちは祖先である事とて御社を新築し、大臣の霊を祭祀して黒男神社と唱え、29日は由縁のある日として祭日とし、祭儀を怠らなかった。

昔は本殿、拝殿、石の玉垣、石の鳥居が完備して神社として繫昌していたが、天正年中の世の乱れの時、薩摩の軍兵が立花城を征したおり、兵火にかかり、焼滅しその後、幾多の災禍を経て、文政8年本殿を再建した。今日の本殿がこれである。

明治の代に入り、玉垣と鳥居も再進された。同氏の人々の敬神厚く、遠近の郡村より参詣する人が絶えなかったという。

武内宿禰は第8代孝元天皇の御孫の屋主忍男武雄心命の御子で第12代景行天皇の御代より成務、仲哀、神功、応神、仁徳の6代におつかえした名臣であり、百司を統べ、万機を司る国家の棟梁であった。

祭日
毎年2月29日は祈念祭
6月29日は全氏人の祭籠

一年間、周囲の神社を逍遥した今、この由来書に何が書いてあるのか、
私は理解出来るようになっていました。

この神社は仲哀天皇が筑紫に来た時に随っていた武渟川別命
子孫の阿部氏武内宿禰を祀る宮でした。
西暦200年の頃から1800年も連綿として祀り続けてきたという、歴史ある宮でした。
古代の道である川と、登れば遠望できる黒男山、そして、山に向かって祭祀する神殿。
この神社の廻りは古代の風景が変わらず残っていました。

そして、ここは聖母屋敷とも呼ばれる山田の「斎宮」を守るための陣営の跡地でもありました。
ここに陣を構えるまでのストーリーを追ってみましょう。

熊襲征伐の為にやってきた仲哀天皇は香椎宮で亡くなってしまいました。
理由は、三韓征伐を勧める神託を受け入れなかったという事です。
(これは、矢の傷の悪化の為だとも言われています。)
ご遺体は武内宿禰によって、下関市に船で運ばれましたが、
彼が戻ってくると、天皇の崩御の原因を知る為に再び神託を求めました。
それは、「小山田の斎宮」でなされました。
そうして、それが天照大御神の神意による事が分かると、
神託の通りに祭祀をして、無事に南朝鮮での戦いに勝利を収めました。

その「小山田斎宮」を伝える斎宮が二か所あって、
この黒男神社の由来書では、この近くの「山田の斎宮説」を取り入れています。
由来書から伺えるのは、熊襲などの反撃を恐れて、
斎宮へのルートであるここに陣を張って守りを固めたという事です。

その時、武渟川別(たけぬなかわわけ)命もいました。
この人は父の大彦命とともに四道将軍と呼ばれた人で、
記紀にも登場します。
この武渟川別と地元の娘との間に子供が生まれて、阿部氏の祖になったという事です。

この阿部氏は武内宿禰が亡くなったと聞いて、
この黒男神社に武内宿禰を祀り、現在に至っています。
1800年もの間、兵火に遭いながらも、
変わる事なく祭祀が行われていた事は驚きです。
調べると、黒男神社は宇佐神宮や大野城市などにもあって、
やはり武内宿禰を祀っていました。

この由緒書きのお蔭で、山田の「斎宮」を守るための
古代の陣営のようすがはっきりと見えて来ました。    (つづく)
c0222861_1418349.jpg

黒男神社の全容


この歴史を理解するためのお散歩コース

◆香椎宮 (1)古宮を訪ねて
     (2)古宮はスピカを祀る日振宮(ひふりのみや)だった
     (3)天皇の崩御をどうやって隠す?
◆小山田斎宮 オキナガタラシ姫の神懸かりの地を捜して
◆山田の斎宮 (1)神功皇后の神懸かりの地を捜して 二つの斎宮候補地
       (2)二つの斎宮の謎が解けた

『古事記の神々』 神功皇后 武内宿禰


地図 黒男神社 香椎宮 山田の斎宮 小山田の斎宮



気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-01-14 14:32 | 黒男神社・くろどん・粕屋郡 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/15764294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by けい at 2011-01-14 17:19 x
ーrankのお誘いー
歴史、旅行が好きな
人との交流を願い、
rank作りました。
出来立てですが運営

頑張りますのでぜひ
参加お願いします!!
重複してましたら、
申し訳ありません。
お待ちしてます★+゚
Commented by lunabura at 2011-01-14 17:29
歴史、旅行のランキングを創設されたんですね!
お誘いくださってありがとうございます!
素敵な試みだなと思いますが、今回は見合わせますね。
これからの発展を楽しみにしています。
Commented by jumgon at 2011-01-14 21:27
山田の「斎宮」と小山田斎宮をみてきました。
伝説は二箇所あるのですね。
よく読まないと分からないので又じっくり読んで見ます。
聖母屋敷という漢字はいつから使われたのでしょうか?聖という字が使われるのは、平安時代位からかな?とおもっています。僧のことをヒジリというのを読んだ様な気がします。もしかしたら、キリスト教の影響があった時代に「ショウモ」を「聖母」と言う漢字をあてたのかな~。
Commented by lunabura at 2011-01-14 23:26
まず、斎宮候補が二つある点について、ブログを書き始めた頃で、地図を出してないみたいですね。少しずつ、見やすくしなくてはと思っている所です。貝原益軒は山田の「斎宮」説(久山町)ですが、香椎宮の木下宮司が「小山田斎宮」(古賀市)に決定されたようです。私も後者の説です。
「聖母」については、よく分かりません。「生母」が大元かもと、ふと思いました。すると、後の時代に「聖母」を当てた可能性はありますね。
ふたご座の二つの星を「神功皇后と御子」に見立てた時代があるそうです。「聖母の星」と言ったと記憶していますが…。その辺りを調べると、少し見えてくるかも知れません。気をつけておきます。
Commented by jumgon at 2011-01-15 19:00
細かいこといってスミマセン。なんとなく気になったんです。
それにしても九州には神社の由緒がよく保存されているのですね。
それに古代がいきてる景色のような気がします。
Commented by lunabura at 2011-01-15 19:39
<細かいこと、どんどん言ってください。「聖母」の字は私も初めて見た時、違和感があったのを思い出しました。そんな最初の違和感が大切なヒントになる事は多々あります。
神社の由緒は、驚くほど残っていました。これは嬉しい誤算です。はじめは、こんなに明らかになるとは想像もつかなかったです。志式神社で書いたように、「神功皇后日記」が書けそうですよ。 (^-^)v
景色が変化する前の最後のチャンスの時代のように思います。こちらも。
今夜は大雪かな。巣ごもりの準備は整いました。
Commented by ShrinePriest at 2012-05-18 23:28 x
こんばんは。
先日のコメントではご挨拶もせずに失礼いたしました。
最近此方のブログを拝見させていただくようになったので、
まだすべては閲覧することも出来ていないのですが、
こちらの方で少し気になったのでコメントさせて頂きます。

黒男神社、「くろおじんじゃ」とふりがな表記されていますが、
地元の方々は「くろどんじんじゃ」と呼んでいます。
Commented by lunabura at 2012-05-19 22:19
ありがとうございます!
黒男神社の表記は悩んでいました。
地元の方々の呼び方に従いたいと思います。
さっそく改めますね。
これからも、小さなことでいいのでどんどん指摘して下さい (^-^)
地元の話が一番の情報です。
Commented by こけこま☆ at 2016-01-09 12:20 x
るなさんこんにちわ
大野城市の「黒男神社」で大発見しました

いつもショボい私のブログですが
今回だけは見て下さい!!
Commented by lunabura at 2016-01-10 00:07
こけこまさん、すごい画像ですね♪

お姿が… 
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー