ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

隼鷹神社・鷹になった高木の神と仲哀天皇


隼鷹神社
はやたかじんじゃ
福岡県小郡市横隈
鷹になった高木の神と仲哀天皇

宝満川に沿ってずらりと神社が並んでいるのですが、その一つの隼鷹神社に行きました。

c0222861_15541059.jpg

小郡市は南北に西鉄天神大牟田線と宝満川が走っていますが、隼鷹神社はその中間に位置します。
道路からこんもりとした杜が見えたので曲がって見ると、
農道にハマり込みそうな予感に、歩いている人を捕まえて確認すると、
やはり道がヤバイ事が判明。大通りに戻って反対側から行く事に。
でも、立地が分かるいい写真が撮れましたョ。
そう、隼鷹神社は田んぼの中の鎮守の杜なのです。

次の信号から曲がって急カーブを下って、50mほどで小さな路地に入って行きます。
道はくねくねとしていて、古代の道が舗装された感じです。
途中から、舗装が無くなって…。ぬかったらどうしよう…。
でも、すぐに神社に出ました!

c0222861_15543975.jpg

神社の正面は宝満川を向いていました。

c0222861_15552376.jpg

いかにも古社らしい風情に幡が花を添えています。
雨の中ですが、雨つぶがいい感じに映ったかな。
参拝を済ませて境内を見廻すと、神社の名前通りに鷹が…。

c0222861_15555559.jpg

1800年記念と書いてあります。
1800年前といえば…仲哀天皇と神功皇后の時代です。
そう!なんと、ここは仲哀天皇のゆかりの神社なんです。

福岡県神社誌を紐解きましょう。
村社 隼鷹神社 三井郡三國村大字横隈字天神木
祭神 高御産巣日神、大己貴命、彦火々出見命、高皇産霊神

あれ?「高御産巣日神」と「高皇産霊神」は同じ神様じゃないかな…。
どうなってるんだろ。続きを読むと
祭神 大己貴命は字狐塚に無格社、大行事神社として、
祭神 彦火々出見命は字鬼川原に無格社、龍神社として、
祭神 高御産霊神は字元宿に無格社、天神社として
祭祀あったものを編入。

とあります。周囲の神社が合祀されて4柱になっていました。

c0222861_15571775.jpg

すると、境内のこの祠の左の石には「大行事」と彫ってあったので、
大己貴命が祀られているのかな。他にも摂社がありました。

結論としては、隼鷹神社の主祭神は「高御産巣日神」でした。

それでは続きを訳してみましょう。
(途中タカミムスビの表記が一つ一つ違っているのですがそのまま書いておきます。)
伝説に曰く
仲哀天皇が熊襲征伐の時、大保の仮宮で天神地祇を祀った時に、高皇産巣日神の姿をとって現れ、北を指して飛び去り、松の梢に止まって姿が見えなくなった。
その後、神功皇后の勅命で高皇産霊尊の神霊を祭り、鷹の姿で現れた事からこの神の名前を隼鷹天神と称して、御神体の鷹を安置した。この当時の松は朽ちてしまい、その後には楠があり、それが今の御神木である。


c0222861_15583050.jpg

境内の御神木の楠です。幹廻り8.5m、樹高33mです。説明板によると、
この場所が「もとみや」と呼ばれていて、かつては神殿があって、クスノキが植わっていたそうです。その木に鷹が止まったので隼鷹神社という名になりました

と書かれています。ここが謂われの地のそのものです。

神社誌の方に書いてある「大保の仮宮」は「御勢大霊石神社」の事になります。
なるほど、その神社はここから南3キロの所にあります。
今の田んぼはかつては干潟だったので、直線で3キロなら鷹が飛んで行くのが目視出来た事でしょう。

仲哀天皇が御勢大霊石神社の方で祭祀する時に
鷹が現れて北の方に飛んで行った時は、誰もが吉兆と思ったのでしょうが、
そのあとすぐに仲哀天皇は亡くなってしまいます。
すると、人々は「あれは祟りの神だった」と噂したと思われます。
神とは誰かと言うと、主祭神の高見産巣霊の神だと言うことになります。

神功皇后たちはこの鷹が祟り神だったと知って、
鷹が止まった木の所で丁寧に祀った事情が想像できます。
タカミムスビの神って…、そう、高良山から追い出された高木の神の事ですよ。
高良の神に一晩の宿を貸したら結界を作られて戻れなくなったという。(高樹神社)

高良山から追われた高木の神は、熊襲との戦という大事な時に出現して、
天皇に祟ったと考えられたのです。
何だか驚きの展開になって来ました。

さて周りの神社を調べて行くうちに、この宝満川の周囲には
この高木の神のファミリーがそれぞれ祀られているのが分かりました。
しかも、このエリアは高良山の真北にあたります。
しかもこの近くには、以前に報告した筑紫の飛鳥があります。
そして、織り姫で福津市とつながってくるのです。
いったいどうなってるの?何だかここは重要な所みたい。

はやる気持ちを抑えて、焦らずに一つずつ見て行くとしましょう。

尚、この神社には横隈早馬祭が12月16日(現在は11月第3日曜日)に
行われています。その年の新稲ワラで早馬を作ってお祓いを受けたあと、
氏子は宝満川でミソギをして、早馬をかついで神社に参るという祭だそうです。
米どころならではのお祭りです!

c0222861_15593436.jpg


c0222861_1662374.jpg

神社の正面には宝満川そして花立山が見えています。

御勢大霊石神社
高樹神社

地図 隼鷹神社 御勢大霊石神社 高良山






気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-06-27 16:08 | 隼鷹神社・はやたか・小郡市 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/16525125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2011-06-27 23:57
境内の御神木の楠、幹廻り8.5mってかなり大きいですね!
高木の神のファミリーって誰のこと?
Commented by lunabura at 2011-06-28 13:22
そうですね。この辺りの楠はどれも大きくて嬉しくなります。
さて、高木の神のファミリーですが、娘の万幡秋津師姫が天照大御神の息子の天の忍穂耳の命と夫婦です。
系図は馬見神社の方に出しているので、とりあえずそちらを見て下さいね。
次の記事であらためて書きましょう。
Commented by 松石 恭子 at 2014-06-24 08:47 x
志賀海神社で君が代を歌わせていただいたものです。ここの横の畑で採れるお野菜を毎週頼んで頂いています。
田植えのお手伝いで訪れました。検索していたら、やはりるなさんのブログに・・・(^-^)いつもありがとうございます。御神木が素晴らしいですね。
Commented by lunabura at 2014-06-24 23:37
志賀海神社での素晴らしい君が代。ありがとうございました。
この神社のそばの畑って、那珂川の方の畑のことですか?
その方なら、そこで不思議な出会いをしたのを思い出しました。
夢見力の方に書いたのですが。
違う方だったらごめんなさい。

また、いつかお会いできる日を楽しみにしています^^
Commented by ニギハヒ耕房 at 2014-06-26 23:59 x
松石さん、先日は本当にありがとうございました♪

るなさん、思い出してくださって嬉しいです。小郡の畑は卒業しましたが、那珂川の現人神社近くの畑と、中ノ島日吉神社そばにも新たに畑を借りました。

またお会いできましたら光栄です。今回はチャンスを逃してしまった夢見力セミナー、また開催してほしいです・・・。


Commented by lunabura at 2014-06-27 00:09
ああ、続けて読んでくださっていたんですか?
それは嬉しいです。
奇蹟の出会いでしたから、忘れるはずはありません。
ドリームレッスン、7月の分はまだ大丈夫ですよ。
時間があったらお越しください。

それにしても、繋がってますね~ ^^
Commented by ニギハヒ耕房 at 2014-06-27 00:16 x
はい、カメラを手にされたお姿、今もはっきりと覚えています^ ^

7月26日が仕事で参加できないので、また機会ありましたら是非参加させてくださいませ。

ありがとうございました。
Commented by 松石 恭子 at 2014-07-03 19:52 x
わあ!お返事ありがとうございます!
ニギハヒ耕房さんのコメントまで!
先日はニギハヒ耕房さんと2人で話をしてまして…

他にもそんなつながりがあったんですね(≧∇≦)
素晴らしい!
ニギハヒ耕房さん、志賀海神社にも
いつか是非ご一緒しましょうね!
るなさんもまたお会いしたいです。
いつかまた歌わせてくださいね(^-^)
Commented by lunabura at 2014-07-03 21:24
アクアさんとも繋がっていませんか?
何だか楽しいですね。
歌、是非また聞かせてください!! ^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー