ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

天忍穂耳神社・もともとはこちらが彦星だった?


天忍穂耳神社
あめのおしほみみ
福岡県小郡市今隈
もともとはこちらが彦星(アルタイル)だった?

小郡市の真ん中を大分自動車道が東西に走っていて、
その小郡ICの近くに天忍穂耳神社はあります。

c0222861_2142344.jpg

びっくり。
天忍穂耳神社の参道を甘木鉄道が横切っていました!

c0222861_21425527.jpg

そして、普通の道も横切っていました。

c0222861_21431664.jpg

境内は広くてシンプルです。その奥に、堂々とした拝殿がありました。
屋根の雰囲気などはお城のような感じです。
狛犬が歴史を見て来た証言者のように古い趣を残しています。

この神社で有名なのは楠の巨木です。
c0222861_21433758.jpg

平地の大きいクスノキ。

c0222861_2144854.jpg

その威風堂々とした姿には足を止めずにはいられません。
横には楠に向かってベンチがずらりと並べられていて、
木陰で心ゆくまで癒されるようになっていました。

市のHPによると、樹高30m、幹廻り8.7mです。樹齢およそ300年。
地元では江戸時代前期に今隈を開拓した田籠彦右衛門がクスを植え、
それを中心に村が形成されたという伝承が残されているそうです。

この神社の祭神についての資料がありません。
福岡県神社誌にも載っていませんでした。
主祭神は当然ながら天忍穂耳命でしょうが…。

前回の媛社神社からここに来た訳は、媛社神が万幡豊秋津師姫だとしたら、
この天の忍穂耳命と夫婦になるからです。

c0222861_16391888.gif

という訳で今日は媛社神社(七夕神社)の本当の彦星は
天忍穂耳神社じゃないかなというお話です。

媛社神社の現代の彦星は宝満川を挟んですぐ近くの稲吉老松神社です。
けれども、ずっと古代の広い川で見た時には老松神社では近すぎるから、
古代の川で対岸にあたる所に神社がないかなと地図を見ていたら、あった!
夫を祀るその名もズバリ、天忍穂耳神社がありました。
もしかしたら、この二つの神社の間には広~い川が流れていた?

c0222861_21453558.jpg

あれ?まさか。ぴったりじゃない?何とぴったりかというと星空の七夕さまとです。
c0222861_2146247.jpg

るなの目には天の川を挟んだベガ(織姫星)とアルタイル(彦星)が
万幡豊秋津師姫天の忍穂耳命の夫婦の神社に見えるのです。

古代はこの二社が七夕さまだったのが、時代が下がるにつれて忘れられて、
川幅も狭くなったので(大正時代に)稲吉老松神社が彦星になったんじゃないかな。
(大正時代に圃場整備のために牽牛社が老松神社に合祀されています。)

ここ小郡市は物部の里。物部氏は星見の氏族。
星を観測する人たちが中東からやって来た時、
発見した美しい宝満川を見て、親しんだ夜空の星を大地に映し出した…。

ま、もうすぐ七夕さまだし、こんな想像もアリだよね?

さあこれで、小郡市の高木の神ファミリー神社も四人目をめっけ。

(父)   高木の神 → 隼鷹神社
(娘と子)万幡豊秋津師姫 饒速日尊 → 媛社神社
(娘の夫)天の忍穂耳命 → 天忍穂耳神社

もしこれに加えてアマテラスとか、ニニギとかがあったらどうしよう。
完璧すぎる…。そこまでは期待してないんですけどね。


地図 天忍穂耳神社 媛社神社 稲吉老松神社(現代の彦星)






気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2011-07-04 21:55 | 神社(ア) | Comments(6)
Commented by しいなりんご at 2011-07-05 09:52 x
学校でもう一つ怖いのが、教員が創価の工作員になっている、または知っていることだな。

ダントツに秀でた人材を、創価学会の人材(?)で没落させて、テレビ局に就職した同級生を利用して、
金や女をあっせんして、それらに没頭させて創価学会の工作員に変えてしまう。

それで、日銀の手助けをして、弱小国や中国から金を抜いて、利益を得て、また金をロシア経由で流す。

工作員と化した人たちは、世間に対して何か言うべきだと思うよ。

追記 
これには日教組と日弁連もかんでいる。
だから法廷では負けるし(というか、議題にならない)、学校は創価工作員予備軍を紛れ込ませて、その時まで待機しているという感じ。



Commented by lunabura at 2011-07-07 08:16
しいなりんごさん。コメントありがとうございます。
でも、これからはブログの内容に関連したコメントを下さいね。 
よろしくお願いします。
Commented by じゅんじゅん at 2011-07-07 14:55 x
「天忍穂耳神社」って神社史にも載ってないのですか?
狛犬は古そうですね。当時は天忍穂耳の伝承が残っていて、そこに神社をを建てたのでしょうね。今の拝殿は何時のものかわからないけど~。
大木というのは霊性をかんじさせますね。
Commented by lunabura at 2011-07-07 18:21
このブログを見て教えて下さる方があればいいなと思います。
大木はたしかに素晴らしいですね。この木の下のベンチを見ると、如何にも地元の人々に愛されているのかが伝わってきます。木に向かって座れるベンチ、いいな。
樹は撮る人でまた表情が違うので面白いですね。
Commented at 2016-08-29 16:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-08-30 00:04
通りすがりさん、コメントありがとうございます。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー