ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

飛幡八幡宮・仲哀天皇は危険を察知して千曳の岩を祀った


飛幡八幡宮
とびはたはちまんぐう
北九州市戸畑区浅生
仲哀天皇は危険を察知して千曳の岩を祀った 

飛幡八幡宮は戸畑区の区役所や図書館、浅生球場に囲まれた丘陵地帯にありました。
区役所前の広い道から図書館に向かって坂を上り、
さらに上の駐車場を目指していくと、境内に出ました。

c0222861_2240132.jpg

広々とした境内と空です。

c0222861_22402993.jpg

菊の紋が目に入ります。
神社の由来が書かれていました。
飛幡八幡宮御由来
御祭神 右殿 須賀大神(須佐之男命)
     中殿 八幡大神(神功皇后・応神天皇・比売大神)
     左殿 名護屋大神(道祖大神)
後鳥羽天皇建久5年、遠賀郡花尾山城主・上野介重業(のち麻生と称す)は武を重んじ、敬神の志篤く城の鬼門に当たる枝光村宮田山に、八幡大神を崇敬、枝光―戸畑―中原の三村人の産土神として恭敬す。

天正年間、戸畑汐井崎より戸畑お坂(現鳥幡)に遷座せられ村人ことごとく崇敬の誠を尽くせり。

かくては戸畑は長足に進歩し、大正6年より現在の浅生を宮地と定め、御社殿の御造営に着手し、大正9年10月13日竣工並び同日御遷座を執行せられ現在に至る。
これによると、花尾山城鬼門を守るために八幡神を祀ったのが由来のようですね。
何カ所か遷座して現在地に至ったのでしょうか、これは地元の人でないと、よく分かりません。

さて、私がここに来たのは仲哀天皇の伝承があるからなんです。
神功皇后の名は各地に残っているけど、仲哀天皇の名は珍しい。
しかし由緒書きの祭神を見ても仲哀天皇の名前は出ていませんでした。

c0222861_22424187.jpg

陽光あふれる境内が丘の上にあるのは分かったけど、
古代の地形を想像するよすがもなく、手掛かりなく帰らないといけないのだろうか、
と思った時、石碑に気づきました。

c0222861_22435224.jpg

「霊厳」と彫られています。そして、説明板がありました!(訳します)
「千曳ノ岩」(ちえいのいわ)
日本書紀
名護屋大済(なごやのおおわたり)を西の門とし、(中略)皇后は別の船で洞の海(くきのうみ)より、ここに入る。」
ここには千曳の岩というものがあった。(仲哀天皇は)海路の妨げとなって危険だという事を配慮して、その岩を(岐)の明神として崇められて、海路の安全を祈られた。
名護屋の当社の縁起の写しに書いてある。また里の古老も言い伝えていた。

江戸寛文年間(霊元天皇1660年頃)、「お坂」に御遷座した時、名護屋社殿の下からこの岩が出てきた。
昔神霊の岩として、発見された御代にちなみ、「霊厳」と刻字された。
太古から幾多の年暦を積んだ野座の御神体として今に伝えられる慶事である。

泰山木 咲かせ千曳の 岩祀る  涼二
北九州文化連盟 戸畑郷土史会
 (日本書紀・仲哀天皇紀・筑前風土記・福岡県地理全誌・筑前名所書・古老伝記)
おお。これこれ。私が探していたのはこれです。
名護屋とは熊鰐が自分の領地を説明するシーンに出て来るんですね。

c0222861_22452222.gif

これは「ゆふま」という郷土雑誌に載っていた竹中岩夫氏の絵図に色を付けたものです。
右端に名護屋があります。
その南に戸畑がありますね。この神社はその付近のようです。
(この神功皇后のルートが少し違っていた事を、のちに紹介します。)

この千曳の岩は海の中に暗礁としてあったのでしょうか、
それを見て仲哀天皇は祀る事でかえって海路の安全の神に変えたようです。
説明板には明神と書かれていますが、「岐」が省略されています。
「岐」とはイザナギ神かなと思ったのですが、如何でしょうか。
(翌日、洞(くき)の海のクキかも…とも思ったのですが。)

この伝説の岩が名護屋の社殿の下から出てきたという事ですが、
そこの神社は今はどうなっているのでしょうか。
やっぱり埋め立てられてしまっているのかな?
地元の方、御存知でしたら教えて下さいね。

地図 飛幡八幡宮 






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-01-27 22:48 | (タ行)神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/17362643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30