ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

魚鳥池神社・熊鰐があわてた皇后の船の座礁


魚鳥池神社
ぎょちょうがいけ
北九州市若松区払川
熊鰐があわてた皇后の船の座礁

日本書紀の神功紀でも印象深いのが、洞(くき)の海で皇后の船が立ち往生して、
熊鰐(くまわに)があわてて池を掘ったというお話です。
調べて行くと、なんとその現場が伝わっているではないですか!

そこで閃いてクミリンに案内を頼んだら、ばっちり彼女がよく知っている所でした!
ふふふ。彼女の案内なしには決してたどり着けやしなかった。誰もね。
だって、こんな所だもん。

c0222861_13531861.jpg

見渡す限り、田んぼです!ここは海だったのですが、江戸時代に干拓されました。
かつての岬は丘になっています。ここで皇后の船が立ち往生したと伝えています。
鳥が飛んでいる下辺りの黄色い田んぼの先にちょっと茂みがある所に石碑があります。

田んぼの真ん中への道案内をいったいどうしたらいいのだ…。

まずは県道26号線で快適に車を走らせると、福岡からだったら、
払川(はらいかわ)の信号から左折して、札幌ラーメン「えぞっ子」の横の道を右折。
(周りには人家がないからラーメン屋さんはすぐ分かる)
次に出て来る一軒家の隣に改良の記念碑が出て来ます。
その横に魚鳥池(ぎょちょうがいけ)の説明板があります。

c0222861_13535435.jpg

ここです。この石碑は関係なく、右にある小さな看板が説明板です。

c0222861_13541255.jpg

ガードレールの切れ目から奥に進むと井戸の跡がありました。
説明板から。
(前略)後の人は、この池を魚鳥池と呼び、石を組んで井戸にしました。
かつてこの付近は汐(しお)の入口でしたが、貞享年間(1684~1688)に干拓され、新田となりました。この池からはどんな日照りでもかれることなくおいしい水が湧き出、人々は飲料水としました。そのためこの池は、皇后の遺徳の賜(たまもの)と敬われました。(後略)
この海を江戸時代に干拓したけれども、湧水地が残って井戸になったようです。
皇后の遺徳の賜と敬ったという事なので、ここで起こった出来事を
江戸時代までは忘れられずにいたようです。

c0222861_1355283.jpg

さて、井戸から振り返って田んぼの向こうを見ると、遠くに石碑が見えます。
分かりますか?
目印として、すぐ隣に倉庫があります。この写真は入口になる道を撮ったものです。
これじゃあ分からない?
確かにね。でも幸いな事にこんな道は一本だけです。

c0222861_13552484.jpg

石碑に近づきました。
さきほどの説明板から。
この魚鳥池には次のような伝説があります。
むかし、仲哀天皇が熊襲征伐のため神功皇后と長門より筑紫へ向かいました。皇后は別の船で洞海(くきのうみ・洞海湾)から入りましたが、この辺りで潮が引いて船が進む事ができませんでした。

水先案内の熊鰐(崗県主・おかのあがたぬしの祖)は、恐れおののき、すぐさま魚沼(うおいけ)・鳥池を造り、魚や鳥をことごとく集めました。皇后はここに魚鳥のたくさん遊ぶさまをみられ、怒りの心もようやく和らぎました。(日本書紀)
まさに、ここのお話なんですね。
この何もない所に、よくぞ伝承が伝わっていました。
熊鰐たちが浅瀬に入って穴を掘ったのを、当時の人は遠くから見ていて、はらはらしたでしょうね。

説明板のつづき。(前掲の井戸の文が間に入る)
(中略)
このことを長く世に伝えるために明治35年、この池の西側に「魚鳥池の碑」が建立されました。

碑の中に「この魚鳥池は皇后の御心を慰め奉りし霊池なり。御休憩の間、御輿を掛けられたという御輿掛松の左側に魚鳥池神社あり、神功皇后を祀り奉れり。」と記されています。
この「魚鳥池神社」は、ここから北西の小高い松林の中にあります。
  北九州市教育委員会
そうか。皇后は船から降りて輿で岬の所に移動したんだ。
これじゃあ、ますます熊鰐は冷や汗もの。

c0222861_13575032.jpg

石碑から魚鳥池神社へと向かう道です。丘の右の方に鳥居があるのが見えますか?
この道をまっすぐ行くと三叉路になっています。
右に曲がってくねくねと丘を目指すと辿り着きました。道幅は車が一台通る程度です。

c0222861_1358998.jpg

魚鳥池神社です。この右に御輿掛の松があったそうですが、確認していません。

c0222861_13582857.jpg

石段を上るとけっこう広い境内です。両脇は斜面で、岬の地形です。
ご祭神は神功皇后 素盞鳴尊ほかです。

c0222861_135848100.jpg

拝殿から魚鳥池の方を見ました。緑の田が青い海だったんですね。
正面の山の向こうでは仲哀天皇が待っています。
次の満潮を待っていたら日が暮れそう…。何せ1月です。
日暮れは早いし、寒い事この上ない。

熊鰐が池を掘って慰めたというのがどうも気になるのですが。
大人の女性が鳥や魚で長時間楽しめる?

本当は脱出路を掘ろうとして間に合わず、
あきらめて満ち潮を待ったのだろうなと考えているのですが、
今では潮が引いた時に船が傾かないように、掘ったのかもしれないとも考えています。

それというのも大善寺玉垂宮の伝承に、新羅で津波の潮が引いて敵の船がひっくり返り、
皇后の船もひっくり返りそうになったという伝承があるのを知ったからです。
確かに潮が引けば船は傾くんだ。
だから熊鰐は必死で掘った。う~ん。軍配はどっちかな。

それにしても、日本書紀に書かれた現場がこうしそのまま残っている事に
けっこう感動したんですよ。
この近くを走る時、「ここは海だっただろう」といつも話していたのですが、
神功皇后の伝承地とは思ってもいませんでした。

さて、近くの神社伝承を調べていると、皇后の足跡がもう一つありました。
貴船神社です。次回はそちらに行きましょう。

地図 魚鳥池神社







ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-01-31 14:03 | (カ行)神社 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/17376844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くみりん at 2012-02-02 10:07 x
内容をわかっていたら色々と考えながら見れるわけですね…
おもしろいですね^_^
日本書紀に書かれてるとこが、しかもこんなに近くにあったなんて…
ここで読まなきゃ知りませんでした。
とてもわかりやすかったです(^^)
Commented by lunabura at 2012-02-02 10:21
くみりんさんに頼まなかったら、こんな場所、絶対分かりませんでした(^o^)/
(両手を合わせて拝んでいます)
日本書紀って福岡の事が沢山書かれていてびっくり。
とても身近に思えてきました。
Commented by eimori_museum at 2014-02-26 13:56 x
昨日ひびきの産学連携センターに出張仕事があった帰り、まわりの神社を検索したらこの魚鳥池神社がみつかり行ってきました。センターから歩いて約30分、るなさんの本を見て神功皇后の昔の海岸線を幻視しながら散策を楽しみました。誰を祭っているか説明版はなくわからなかったのですが本殿のまわりに幾つかある石塔のひとつに猿田彦の刻みがありました。るなさんを本やブログを読んで福岡の神社を知ると出張も楽しくなりますね。車だともう少し回れるのでしょうが歩くのもいいものですね、柑橘系の樹にみかん(八朔?)がたわわになっていました。
Commented by lunabura at 2014-02-26 22:21
歩きながらの探訪は、ステキですよね。
私は、最初の探訪は探して見つけるのに気が行っていましたが、
今度は祭神に思いを馳せて回りたいなと思っています。
これからも、レポ楽しみにしています。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー