ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

香椎宮(6)武内神社・不老水・高倍神社・竹内宿禰について


香椎宮(6)

武内神社・不老水・高倍神社
竹内宿禰について


武内神社
c0222861_21222853.jpg

本殿の左側に武内神社があります。

c0222861_2123094.jpg

拝殿です。

c0222861_21231782.jpg

拝殿と神殿です。祭神はもちろん竹内宿禰です。
タケシウチには「武内・竹内・建内」という表記があります。
私は「竹の一族」であり、「内の一族」であり、
竹斯(ちくし)の王者という意味を合わせて「竹内」と書いています。

c0222861_21235758.gif

竹内宿禰は記紀では最高位の大臣として、また知略に長けた武将として、
また霊力の優れた者として描かれています。

彼の両親を探すと父は佐賀県の武雄市武内の武雄神社に祀られていますが、
母の山下影姫も同じ武雄市の黒尾神社に祀られている事が
久留米地名研究会の古川清久氏の調査で判明しました。

「黒」と言えば竹内宿禰と言われますが、久山町の黒男神社もまた竹内宿禰です。
武雄市で両親が揃うとなると竹内宿禰の出身地の可能性が高いです。

武雄市の地名は父の名「ヤヌシ・オシオ・タケオ・ココロ」に含まれています。
徐福の上陸地に近く、早くから新進の大陸文化を受け入れた一族
という姿が見えて来ました。

武内屋敷
この香椎宮の境内を出て不老水に向かうと隣に「武内屋敷」があります。
末裔の家として知られていて、史跡になっていますが、今でも末裔の方が暮らしてあります。

不老水
その隣に不老水があります。

c0222861_21254814.jpg

c0222861_2126210.jpg

泉が今でもこんこんとわき出ています。

c0222861_21261992.jpg

その横に仲哀天皇と皇后、竹内宿禰などが描かれています。
「不老水」という名は長寿の竹内宿禰に因むのかと思っていましたが、
大善寺玉垂宮や赤司八幡宮に行ってからは、これは「変若水」(おちみず)という、
「月から降りて来る若返りの水」だなと思うようになりました。
仲哀天皇はわずか一年の滞在でしたが、二人はきっとこの泉で禊をした事でしょう。

c0222861_21264242.jpg

不老水の遠景です。

高倍神社(こうべじんじゃ)
この山の左の方に進むと、高倍神社があります。

c0222861_21271068.jpg

c0222861_21403224.jpg

御神体石に
「祭神 香椎武内家始祖 香椎廟廟司 大膳紀宿禰氏連命」
と書いてあります。当初から香椎宮を守り続けた一族です。

「武内宿禰は大和朝廷に従ったのか、それとも、朝廷と共に香椎に来たのか」
という質問をある方から いただいたのですが、

竹内家の発祥は佐賀県で、物部氏とともに血縁関係のあった仲哀天皇を支え、
神功皇后と共に近畿に行って、関西の開発に貢献したという姿が見えて来ました。
また久留米の方には、神功皇后の死後、再び筑紫に戻って来たという伝承もあります。


さて、まだまだ香椎宮には史跡が残っていますが、ひとまず おいとまして
次回は縁のある壱岐神社に行って見ましょう。 (^-^)




ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2009-10-20 21:42 | 香椎宮・かしい・福岡市 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/17464215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ばってんハカタ at 2012-02-15 08:34 x
>私は「竹の一族」であり、「内の一族」であり、
>竹斯(ちくし)の王者という意味を合わせて「竹内」と書いています。
なるほどそういう意味があったのですね。

宗像市の織幡宮に竹内宿禰が靴を残して昇天された靴塚がありますが、
現代の推理ドラマ風に考えるとここから身を投げたと考えてしまいますが、
ルナさんはどう思われますか?

次の壱岐神社楽しみです。
Commented by lunabura at 2012-02-15 10:08
ばってんハカタさん、私のこだわりに関心を持っていただいてありがとうございます。古典によって表記が違うので、自分で好きな表記を選べるんだと思いまして…。

織幡宮の沓塚の件ですね。竹内宿禰が靴を残して昇天した話はあと二か所ありまして、その一つは高良玉垂宮の神秘書です。

私は沓塚の話を知って、まず今、流行りのアセンションを思ってしまいました。肉体を残さずに昇天するという話です。高次元の人の死に方なのですね。キリストの死もその中の一つです。
靴を残すなら衣服は?となるのですが、神秘書では衣服も残されていたように書かれています。(うろ覚えですが)
「神としての死に方」と織幡宮に書いたのはこのアセンションの事なんです。
事実は不明ですが、「竹内宿禰は肉体のまま昇天した」という伝説になっていたというのだけは分かります。
るな探偵の推理は今のところ、こんなもんです (^-^)
Commented by きりん at 2012-02-17 13:12 x
>「武内宿禰は大和朝廷に従ったのか、それとも、朝 廷と共に香椎に来たのか」

私も個人的には、古代において筑紫から近畿への大規模な人々の移動があったのではないかと思います。そして、竹内宿禰もまたその一人だったのだろうと思っています。
古代の筑紫からの大規模な民族移動のなごりを、ある蝉の呼び名が今に伝えているのではないかと私は考えています。

夏の終わりを日本人に感じさせてくれるツクツクボウシという蝉がいますが、俳句では初秋の季語で、
「年とれば故郷こひしいつくつくぼうし」種田山頭火

などに詠まれています。このツクツクボウシには、別名「筑紫恋し」という呼び名もあります。
この「筑紫恋し」という蝉に覚える郷愁は竹内宿禰も山頭火も時代を越えて同じだったのでしょうね。
大和へ移住した人々が、いつしかツクツクボウシの蝉の声に郷愁を込めて「筑紫恋し」と名付け今に至るのではないかと、キリンは思うのです。
Commented by lunabura at 2012-02-17 17:32
ツクツクボウシが「筑紫恋し」と呼ばれていたとは!
なんてゆかしい言葉でしょう。

夏休み 宿題まだかと ツクツクボウシ

というパターンに陥っていたので、こんな美しい言葉に置き換えられるのは嬉しいな。
キリンさん、ありがとうございます。 (^-^)
Commented by g22 at 2018-04-16 01:12 x
なんとなくですが清らかな水を探せる技術だか霊力だかあった気がします。竹 内 その周辺
また 竹 という植物も なんだか不思議なものですし。
米や他の農作物作るのも、また川を灌漑するのも船乗るのも雲を見て気象条件を
把握し風の変化に敏感でなければ出来ないことですから。。。
ようやく 竹内宿禰のことがわかってきた☆デス。嬉しく思います。
次はイソラですね。
毎度ながら自由発言お許しください( i _ i )
Commented by lunabura at 2018-04-23 21:06
g22さん、返事が遅くなりました(;'∀')
竹内宿禰は裂田溝、猪野の井戸掘りなど、確かに、水脈や水の扱いに長けていますね。
土木集団を連れていただろうし、本人の能力もあったのでしょうね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー