ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

御手洗八幡宮・神功皇后は手を洗った


御手洗八幡宮
みたらい
福岡県糟屋郡志免町御手洗
神功皇后は手を洗った 

さて、前回の阿恵の日守八幡神社から御手洗八幡宮にやって来て驚きました。
そこはほんの一週間前に所用でこの傍を何度も往復した場所だったからです。
川に貼り付いたように鎮座するお宮の鳥居に見えていた「八幡宮」の字。
まさか、こうして参拝する事になろうとは。

c0222861_216844.jpg

細い参道の左は道路です。フェンスの右側は川です。

c0222861_2162333.jpg

車から見えていたのはこの鳥居でした。

c0222861_2164288.jpg

縁とは不思議です。ここもまた神功皇后の足跡を伝える宮だとは。
細長い境内でも緑陰があると空気が違います。
拝殿の奥が窓になっていて、向こうの石祠を拝するようになっています。

c0222861_217220.jpg

これが拝殿の後の神祠です。

御祭神は
応神天皇 神功皇后 玉依姫命
です。

説明板があったので、書き写します。
御手洗八幡宮
由緒
御手洗八幡宮は『筑前名所図絵』の亀山八幡宮を説示する処に、「別府枝村に御手洗と言う所あり。神功皇后が御手を洗い給いし所といふ。其の所に鎮め祀る神を弐所に崇め奉るなり」とあり。

又、『筑前国続風土記拾遺』には「亀山八幡宮は別府・御手洗両村の産土神なり…」とある。これらから推察すると御手洗八幡宮と亀山八幡宮とは同じ頃奉祭されたものと思われる。  (志免町誌より)

神功皇后が三韓より御帰還の砌(みぎり)、宇美にて応神天皇をご誕生の際、御手を洗い給いし土地故、八幡宮をお祀りしと言ふ。  (粕屋郡神社誌より)

(句読点などを補いました)
ここは神功皇后が出産の地に向かう途中、手を洗った所という故事により、
八幡宮を祀ったようです。

c0222861_2174454.jpg

境内から見える川が宇美川です。
皇后はまだ船だったのでしょうか。それとも輿だったのでしょうか。
前回の阿恵日守八幡神社から約1.3キロの所です。
川も須恵川筋から宇美川筋に変わっています。
プロットしようとしてみても、まっすぐではありません。
古代の旅は川があると、大変だった事でしょうね。

c0222861_2181363.jpg

細長い境内はあっという間に裏に出ました。
裏から撮った境内の全体です。
宮が川の土手にあって、道路が境内を迂回して通っている珍しい光景です。


地図 御手洗八幡宮





ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2012-08-24 21:09 | (マ行)神社 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/18378244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー