ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

山北と賀茂神社と田中幸夫コレクション

二年前の記事ですが、ちょうどこの浮羽の話だったので、再掲します。


山北と賀茂神社と田中幸夫コレクション


先日、くじらさんから「山北」についてコメントをいただいた翌日、
なんと、「山北」から出土した石戈皮袋型須恵器を見る事が出来ました。
このシンクロニシティを忘れないうちにメモしときます。

「山北」は福岡県浮羽市にあります。
まずは、くじらさんのコメントの概要。
これは神武天皇 伝承の宮々(1)でいただいたコメントです。
ところで、すでにご承知かもしれませんが、加茂大神がこの国に最初に光臨したといわれる神社が浮羽市にあります。
山北の加茂神社といいます。(http://ja.wikipedia.org/wiki/賀茂神社_(うきは市))

境内摂社の三次神社は浮羽でも最も古い神社とのこと。
アジスキタカヒコネの伝承とあわせて考えるとおもしろいですね。
境内には非常に古い古墳があり、かつてはこの付近が筑後川の河口だった時代があったと思われます。物部郷も近くにあり、大陸からの渡来系氏族の重要な拠点のひとつと考えられます。



くじらさん、こんばんは。
「山北」ですね。それなら知ってるかも (^-^)
物部氏はかなり古いですね。想像以上。
あれほど福岡の広いエリアに分布するには、100年200年じゃないような。

何々、アジスキタカヒコネですか。
この神は、大国主命と宗像三女神のタギリ姫の間に生まれた神ですよ。
高良山の麓にも祀られていて、気になる神です。

うきは市の賀茂神社は加茂大神が最初に降臨?
興味津津。

早速ウィキペディアを引用してみましょう。
縁起
当社の行直大宮司が慶安4年(1651年)に誌した旧記には、
「賀茂大神は最初にこの地に天降り鎮座され、神武天皇が日向から大和へ御東遷のみぎり、宇佐から山北へ来られ賀茂大神は八咫烏(やたがらす)となって御東幸を助け奉られたので、今も神武天皇と賀茂大神を奉祀する」
と述べている。

境内では縄文土器、石器、群集石棺群などが出土している事から鑑みこの旧記が有る真実を伝えているものと考えられる。

賀茂神社社家の初代は、武内宿禰(たけうちのすくね)(孝元天皇の曾孫)19世 波多臣広庭(はたのおみひろにわ)の後裔、波多次郎救家の嫡男 久家和州 としている。(熊懐氏参照)

祭神
神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)(神武天皇)
賀茂下上大神(賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)、
玉依姫命(たまよりひめのみこと)、
賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと))
う~む。
宇佐から山北へ。
そして八咫烏となった。

これは奥深い伝承ですね。
いつかチャレンジしたい…。

さて、この翌日に出会った山北の出土品は
九州歴史資料館の田中幸夫コレクションの中にありました。

c0222861_10184483.jpg


甕棺のイラストと石戈。
今回、このコレクションの撮影OKだったので載せておきます。
紀元前1世紀です。
もう神武天皇よりずっと後の人々です。

石戈を見ると刃先が折れています。
その後も使用した形跡がありますが、専門家はどう見るのでしょうか。

甕棺は二つ合わせて147センチになっています。
イラストの寸法が正しければ、かなり大柄な人です。
イラストの右上には石棺も見えますよ。

c0222861_1019105.jpg


山北からは皮袋の形をした土器も出土していました。
時代はぐっと下がって6世紀。
これは福津市の奴山古墳群にも出てたなあ。

これらは現在展示中ですよ!4月7日まです。(2013年)

第13回企画展「筑後考古学研究の黎明 田中幸夫コレクション展」

 今回の企画展で紹介する「田中幸夫コレクション」とは、昭和初期から戦後にかけ、福岡県内の遺跡を精力的に調査研究された故田中幸夫氏の考古資料コレクションです。 氏が生涯をかけて収集され、当館に寄贈された考古資料コレクションの中から、筑後考古学研究の黎明期を飾った県指定文化財3点を含む約100点を展示します。
会期:平成25年1月16日(水)~4月7日(月) 会場:第2展示室

九州歴史資料館 〒838-0106 福岡県小郡市三沢5208-3 TEL:0942-75-9575 FAX:0942-75-7834
http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/index.html


田中幸夫は立屋敷遺跡(遠賀郡水巻町)を発見した人なんですね!
珍敷塚古墳もですって!

出土地の地図があったので、とても分かりやすかったです。
(どの資料館の展示もこうして地図を出してくれるといいなあ。)

地図 山北




2013年2月8日投稿






ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-09-22 22:42 | 神武天皇伝承の宮々 | Comments(4)
Commented by 大石恒子 at 2013-02-09 01:11 x
昨年、偶然、山北の数百年続く河北家にお邪魔することになりました。賀茂神社の氏子の方ですが、お屋敷の敷地内に古墳があります。
これも偶然ですが、私の幼なじみは、その方の近い親戚でした。いつか賀茂神社や、河北家の方にお話を伺いに行きましょう。
Commented by lunabura at 2013-02-09 21:35
恒子さん、こんばんは。 
これはまた嬉しいお誘い。
是非とも御一緒させてください。
来週は、そちらに伺います。
またお会いしましょう (^-^)
パパさんに、大和のお土産まだ残っていたら、その時下さい、って
伝えてください。 (^。^)
Commented by チェリー at 2015-09-23 23:39 x
lunaさん、こんばんは。
そっかー アジスキタカヒコネと妹さんは、大国主命とタギリ姫の間のお子様なんですね…迦毛之大御神(かものおおみかみ)とも呼ばれるのですね。
アジスキタカヒコネが怒って蹴飛ばした喪屋がぐしゃっと落ちて喪山になったというのですが、候補地が岐阜県に2ヶ所あります。「地図でつなぐ聖地の旅 喪山伝説…3回キック説」というシリーズにまとめていますが、いつものようにトンデモ話ですので、どーしても気分転換が必要な時に、写真だけ御覧くださいな。(カテゴリの「出雲」から入れます)
Commented by lunabura at 2015-09-24 00:09
岐阜県なんですか。
思いがけない所です。
また拝見させてくださいね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31