ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

きたきゅう発掘!「考古学ノート」を買った


きたきゅう発掘!「考古学ノート」を買った


昨日は御心配をかけました。
病院で診てもらったら、かすり傷があったけど、
明日には完全に修復するとのことです。
やはり、すぐに目を洗ったのが良かったということでした。

さて、るなさんは、そんな時でもシンクロの女神がほほ笑んでくれました。

先日、(財)北九州市芸術文化振興財団 発行の

きたきゅう発掘! 「考古学ノート」
が出版されたので、電話して取り寄せたのですが、
待合室にそれを持って行きました。

そして開いたページが「首のない死体」。
吉野ヶ里遺跡のあの有名な甕棺の首のない人骨の写真がありました。
各遺跡に出て来る石剣や銅剣の折れた切っ先が
遺体についたまま埋葬された遺跡が福岡では結構な数、出ているそうです。

それを読んで、何?何?

実は、とある歴史資料館で甕棺で人骨に刺さっているのは石剣だけだと言われたのです。
最初は、銅剣もあるはずでは?と尋ねたのですが、
何度も繰り返される内に、そうか、甕棺の時代は石剣しか使わなかったんだ。
と思い込んでしまいました。
神功皇后がよく奉納する銅剣って、何だろうと思いながら。

そうして、今日、ちゃんと銅剣も実際に武器として使われていた事が書いてあって納得。
しかも、原稿の訂正に間に合う。
何が幸運に繋がるかホント分かりませんね。

ところで、この「考古学ノート」は写真がたっぷりで、
読み切りの構成なので、読みやすいです。
でも、遺跡の地図と住所が書いていないので、いったい何処の話なのか、
分からないという欠点がありました。(・.・;)

それでも、古代の銅の精錬炉のイラストがあったりして、たまりません。(*^_^*)

☎093(562)3016
こちらに頼めば 本代1200円+80円で送ってくれて、
あとで郵便振り込みです。(150円)本のタイトルは
きたきゅう発掘! 「考古学ノート」
です。



ときどき、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-03-30 00:37 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/19756201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30