ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

女神たちの午後


「女神たちの午後」
ということばが浮かんだ。
何故だか、それは九州の各地に祀られる女神たちのことだろうと思った。

古代日本の女王や巫女たち。
神話と思われた女神たちが筑紫で生きていた女性たちだと少しずつ分かってきた。

そしてそれぞれのクニで祀られて女神となって人々を守っている。
この言葉はそんな女神たちの歴史の掘り起こしを暗示している。

私はある時期から、女神たちを同じ人間として捉えるようになった。
多くは紀元前数百年から紀元後数百年。
弥生時代と呼ばれる時代に重なっているように思われる。

しかし、女神たちの生涯が分かったとして、いったい何になるだろうか。
小さなブログで書き綴っても、何か意味があるだろうか。
そんな思いも何処かにあった。

真実が明らかになっても、世の中にとってはどうでもよい事だろう。
軍靴の足音が聞こえ始めた今、歴史の真実なんかどうでもいいことかもしれない。

いや、正しいということが政治の世界では邪魔になったりもする。
それは長い歴史が証明していた。

しかし、ひょっとしたら、書き替えられた歴史の真実を取り戻す事は、
雛型を正しい形にすることになるかもしれない。

自問自答する日がある。


こんな時、検索をしてこのブログを見つけ、探す女神たちの社に行けたという
話を見聞きすると、ブログを書いてよかったと思ったりもする。

――私は女神たちの真実を明らかにしようとしている。
そして誰かがこのブログを見て、代わりに祈ってくれるだろう。

そう思い直した日、出会ったのは、やはり検索して私のブログを知った人だった。
カナさんとしておこう。

カナさんは、祈る人だという。
瀬織津姫の縁で回っているという。
師に言われて六甲山まで出かけ、ムカツ姫に祈って来たとの事。
その帰りに広田神社に行って葉山姫に祈ったとも。

その葉山姫は志式神社に祀られている女神。

神功皇后が瀬戸内海を渡る時、天照大御神から荒魂をそばにおいては行けないと託宣され、
葉山姫をその祀り人にして置いて行った。

私は歴史から見て、葉山姫は仲哀天皇の兄弟王の后ではなかったかと想像している。
兄弟王たちは皇位継承権があるために、新羅戦の帰りに、
玄界灘の島々に警護の名目で留められた。
そのいずれかの后が葉山姫ではないかと。


志式神社で祀られている哀しき六祭神。
豊玉姫もまだ全容が分からないが、縁ある人がそれぞれに祈ってくれているだろう。


私の思考はこのように取りとめもなく、ぐるぐると回っては、
「仕方ない、目の前のことをやっていけば、点が線になって、形が現れるだろう」、
と自分に言い聞かせたりする。

カナさんに私は言った。
「私は祈らないけど、誰か代わりに祈ってくれるだろうと思っていたけど、本当にいるのね。」
「そうです。古代の神々を知りなさいと言われました。それが地球を救済することだと」

カナさん以外にも、多くの人がこのように祈ってくれている。
それが「女神復活」でもあるのだろう。


その夜、ふとカナさんが言っていた「ムカツ姫」ってどこかで聞いた名だな、と思った。
そうだ。
撞賢木厳之御魂天疎向津媛の「向津(むかつ)」と同じだ。
「つきさかき・いつの・みたま・あまさかる・むかつひめ」と読む。

小山田斎宮(古賀市)で仲哀天皇に死をもたらした神々の名を問うた時に、
名乗りを挙げられた神々の一柱。

この女神が誰なのか、ガイドブックを書きながら気をつけていると、
斎宮や別の神社では「天照大御神」「天照皇大神」などとなっていたので、
やはりそうなのかと思っていた。

そして、この女神について記述するとき、うっかりとある単語を書いたとき、
パソコンが音を立ててシャットダウンした。

また、小山田斎宮で撮った写真を整理している時、急に画面が暗くなり、
復元した時、太陽の写真が勝手に壁紙になってしまった。

こんな物理現象を神は起こされるのだろうか。
それからは、ことばには一層気をつけるようになった。
あまりに眩しいので一応、削除したけど。

パソコンは幸いに壊れはしなかったけど、
私の行為を神々は見ておられるのかもしれないと思った瞬間だった。
もちろん、すべての人が見守られているように、という意味で。

この女神が瀬織津姫?
今日、また謎のミッシングリングがつながった思いがした。



c0222861_20194859.jpg

長野剛の女神のカレンダーもあと一枚で終わり。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2013-11-17 20:20 | にっき | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/20948119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-11-18 14:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-18 14:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-18 14:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2013-11-18 21:20
非公開さん、はじめまして。
同じ世界に住んであるようで、うれしくなりました。
だってキーワード、重なりすぎ ^^
これからもよろしくお願いします (^-^)
Commented by コクチヒク at 2014-11-21 12:30 x
面白かった。興味深い内容でした。
Commented by lunabura at 2014-11-21 20:13
コメントありがとうございます。
これを機に、自分の記事を読み直したのですが、こんなことを書いていたんだと、びっくりです。
この夢から逃れてはいませんが、現実のスピードが遅くて、思いについていかない、もどかしさがあります。
でも、やはり一歩ずつです。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30