ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

皐月宮・瀬織津姫と速秋津姫と三女神


皐月宮
さつきぐう
瀬織津姫と速秋津姫と三女神


あの清らかな皐月宮が心に宿っていた。

日常の事をこなしながら、ふとした時に心に問うと、「皐月宮の事が知りたい」という思いが浮かぶ。

「「重々秘訣」で検索すると出てきますよ」
ユキさんが教えてくれたキーワードを入れると
三女神と比売大神と神功皇后の謎に触れられたページが出て来た。

「千時千一夜」というブログだった。
そこには瀬織津媛の名も出て来た。

瀬織津媛は天照大御神の荒魂ということらしい。

そうすると瀬織津媛は仲哀天皇に祟ったあの女神だということになる。
どういうことだろう。

仲哀天皇に祟った女神。
かつて、それを書こうとしてパソコンが音を立ててシャットダウンしたことがある。
その日以来、私はこの女神に触れるときには慎重になっている。

撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)
これが小山田斎宮で名乗った神の名だ。

小山田斎宮の祭神に天照大神の名があった。
その後、ガイドブックを書きながらも、ずっと注意して見ていたが、どの神社でも向津媛はアマテラスだった。

しかし、祖神が子孫に祟る理由が分からず、この問題を棚上げにした。



もっと、基礎から。
そう、皐月宮の祭神から押さえよう。

あらためて「皐月宮」で検索すると同じブログにヒットした。

そして、皐月宮は「辻八幡宮」に合祀され、そちらに祭神の名が書かれていたのを見つけてあった。

「皐月宮は今はこの神社に祀られています」
と車を走らせながらユキさんが教えてくれた宮が「辻八幡宮」だったんだね。

次は「千時千一夜」より
昭和十八年に初版刊行された『宗像郡誌』(上巻)は、「辻八幡社」「神湊村大字江口字皐月にあり」、同社には「境内神社五社」があるとして、そのなかの皐月神社の項を、次のように書いています。

皐月神社 
祭神 瀬織津姫命 宗像三柱神 速秋津姫命 神功皇后

由緒 祭神瀬織津姫命、宗像三柱神、速秋津姫命ハ無格社皐月神社トシテ、大字江口サツキニ祭祀アリ。古ヘ田島宗像宮ノ頓宮地ニシテ、五月五日大祭アリ。競馬ヲモ執行シアリシト。又祭神神功皇后ハ大字江口字原ニ、無格社原神社トシテ祭祀アリシヲ、大正十四年四月一日許可ヲ得テ合祀ス。
神功皇后は後に合祀されているので、皐月神社の祭神は「瀬織津姫命 宗像三柱神 速秋津姫命」ということになる。

私はユキさんに案内されて皐月宮へと向かった。



宗像市の釣川の河口の橋の右岸、宗像大社関連の建物の横から海に向かって歩いた。


c0222861_232405.jpg

そこある古木は枝打ちが古くになされていた。
このような広々とした所で枝が邪魔になるとしたら、かつては建物かなにか施設があったのではないか。

この杜の先に古社があるのかな…
そう思って進むと松林に出た。


c0222861_233431.jpg

白い案内板がここが境内だと教えている。
「あそこですよ」
「え?」
右手の奥に神籬(ひもろぎ)があった。


c0222861_2332577.jpg

まさに古式ゆかしい祭祀場。
瀬織津姫命 宗像三柱神 速秋津姫命。

ここに五月会の時、宗像五社(第一宮・第二宮・第三宮・織幡神社・許斐神社)
の神輿が集ったという。

織幡からは…竹内宿禰も。
これはただならぬ宮だ。

瀬織津媛を祀る宮としては、波折宮があった。
どちらも川が海に注ぐ所にあるという共通点がある。

大祓いの祝詞より(るな訳です)
天つ神は天の岩戸を開いて祓い清め、国つ神は高い山から低い山まで祓い清め、風の神があまねく吹き渡って、残っている罪穢れはないかと祓い清め、早川の瀬にいる瀬織津姫がそれを大海原に持ち出して、大海原にいるハヤアキツ姫が呑み込んでくれる。
それを息吹き戸主の神が根の国底国に吹き飛ばして、根の国底国にいますハヤサスラヒ姫という神が背負ってさすらって無くしてしまう。
こうして罪という罪がないように祓い清めて下さいと、天つ神、国つ神、八百万の神々に申し上げる。
ここには罪穢れを大海原に持ち出してくれる瀬織津媛と、
大海原でその罪を呑み込んでくれる速秋津姫命が祀られていた。

そして、川を一キロ半遡った所に鎮座する宗像三女神と。

c0222861_2341844.jpg


写真の対岸の山のずっと左に宗像大社はある。


棚上げしていた向津姫の問題。
「棚上げ」と書いて驚いた。

昨日の夢は「棚を空にして綺麗に拭き上げる夢」だったのだ。
白い棚に何を置く?

それがこの女神たちの事だったのだろうか。



地図 宗像市 皐月宮






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-06-18 23:08 | (サ行)神社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/22249577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by わたつみ at 2014-06-19 21:07 x
るなさん~こんばんは。
ここのところ、大注目の瀬織津媛さま!仲哀天皇との関係?すごく気になります。検証、楽しみにしています。
Commented by lunabura at 2014-06-19 23:47
わたつみさん、こんばんは。
仲哀天皇でしたね^^
向津姫と他の神々が同一神だというのは、私には全く分かってないんですよ。
皆さまの方が詳しいかも。
向津姫=瀬織津姫と考えるなら、ガイドブックの小山田斎宮(36)の天照大神を瀬織津姫と読み替えて読んでみてください。
それが唯一の情報です。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー