ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

明日の資料



暑さ寒さも彼岸まで。


彼岸になるたびに、この言葉を思い出しては、
昔の人って、観察と描写が凄いなと思います。

今日は明日の資料を印刷しました。
テーマを竹内宿禰に絞っても、結構な量の資料があり、
それをまとめて行くと、面白い発見がいくつかありました。



c0222861_20462784.jpg


二つの丸、上は壱岐国、下は壱岐真根子の死地を示しています。
壱岐真根子の自害について、その理由に合理的な説明がつかず、
いくつもの説が出て来たことは先日書きました。

それでも、全体としては、真根子は「都」に向かう途中で死んだらしい。
え?都?
壱岐国から都に行くのに、なんで杵島郡を通過する?

真根子の死んだ現地で「ここから都ってどこ?」と思わず声を挙げると、
古川氏が間髪をいれず「高良山」
「あ、そうか」
それも在り?

ついつい、都を近畿に求める癖は直りません。

それどころか、都が志賀島にあった時代も…。
その場所は金印公園の上あたり。



明日は、これまでブログでは語らなかった話とかするので
面食らわないように、免疫をつけていただくために、
今日は、話題を小出しにしておきますね。



磯良は気比宮創建に関わった。
渡来人の秦氏と竹内宿禰の○○。
住吉族は報酬を求めた。
竹内宿禰が300歳なら、み~んな300歳^^
謎の九躰皇子は誰の子?


結論が出ないものもありますが、「ここで、こう繋がるの?」
という話題が続くので、どうお話したらいいか、一所懸命工夫している最中です。



明日は天気にも恵まれそうですね。
お会いできるのを楽しみにしています。

明日、飛び込み参加も大丈夫なように、資料を多めに刷っています。
でも、出来たら「森のオアシス」さんに御一報を♪






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-09-20 20:48 | にっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/22634042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30