ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

「キトラ古墳」NHK


キトラ古墳


今、NHKで「キトラ古墳」の話を見て、面白かったです。
コンピューター・グラフィックのチカラはすごい。

イメージがつかみやすいですね。

被葬者が誰か、最後に二人に絞ってありました。
皇族派の先生が、その論拠として
天井画の「中央に北斗七星がある」と言われていましたが、
それは勘違いではないかな、と思いました。

内規という赤い輪の中に北斗七星はありましたが、端っこでしたよね。
北斗七星は天子の「乗り物」ですから、それを皇族の印とするのは勘違いでしょう。

天子はやはり北極星です。
不動の星。

もし、北斗七星が中央にあって、皇族のシンボルとするなら、
あの内規という円の中にある他の星についても、調べてみるべきでした。


c0222861_228912.jpg


出発点が残念なので、結果も残念です。



私が古墳壁画のデザイナーなら、
皇族の為には華やかな女官や官人、また豪華な乗り物とか描きます。

もう一人の候補者は、阿部御主人(あべのみうし)でした。
安部清明の父?と言ってましたね。

陰陽氏の一族の壁画ならどんなデザインにする?
やはり暦の根源である星座。
キトラ古墳の画は質実なデザインなので、阿部御主人の方に軍配を挙げたいですね。

しかも、地名が阿部山なら、なおのこと。
皇族なら、宮山とか、そんな雰囲気の地名だと思うな…。


で、番組全体はとても面白かった。
それぞれの古墳について、あんなふうな検証番組があればいいなあ。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-11-20 22:10 | にっき | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー