ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

朔旦冬至 ごほうびは沖ノ島♪


朔旦冬至

ごほうびは沖ノ島♪


19年に一度の冬至の新月。
今日は玄界灘の太陽祭祀線の確認のために、遠方からのお二人を御案内。

積雪の予報だったので志賀海神社からの日の出はあきらめ、渡半島へ。

c0222861_21242994.jpg

今朝の太陽光線は強かったですね!
強烈な寒風の中、楯崎神社へ。

カシミール3Dの冬至の日の入りの画像と実景の比較などをしました。

c0222861_2125119.jpg

楯崎神社の岬からは相島がこんな風に見えます。
今日、この方面に夕陽が沈むんですね。


そして、今朝は、なんと! 沖ノ島が見えました!

c0222861_21255291.jpg

向こうは晴れていて輝いています。
望遠でないのでやっとこさ、こんな画像。
実際には、かなり大きく見えます。

ここから60キロほどの所にあるのに、すごく近くに見えました。

いやあ、普段から見えていて気がつかなかったのかも。
一生見ることは出来ないだろうと思っていたので、御褒美を頂いた気分です♪



それから志式神社に参拝して、
高良玉垂宮の縁起絵巻に描かれた現地を確認。

続いて志賀島へ。
志賀海神社参拝のあと、島を一周。

c0222861_2129089.jpg

ずっと曇っていたのですが、一瞬、雲が切れて、二見岩の鵜と波がうまく撮れました。

元宮、金印公園のあと、火焔塚へ。
c0222861_21293729.jpg

チェリーさん、車の中から撮りましたよ。
ここは山の中で、現在、視界不良の場所でした。

モンゴル軍が攻めて来たとき、高野山の僧侶が護摩祈祷したのち、
不動明王の火焔部分を残して立ち去ったあとだそうです。


そして、山頂の潮見公園へ。

c0222861_21302473.jpg

最後に一瞬、光が差してくれました。



今日は新月と太陽が並びながら玄界灘を渡って行きました。
荒波と寒風を満喫。

二人に教わった事、少しずつ消化していきたいなと思います。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2014-12-22 21:31 | にっき | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/23241893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チェリー at 2014-12-23 00:53 x
おお、lunaさん、やはり行かれたんですね!
曇り空は残念でしたが、この時期太陽はほとんど同じ場所から昇るようですので、まだまだチャンスではあります。(「こよみの計算 国立天文台 天文情報センター 暦計算室」によると、12/25でも0.1°変わるだけです)
でも、もしもまた見に行かれることがあるようでしたら、くれぐれもお風邪など召さないようにしてくださいね… 
火焔塚の写真、ありがとうございます。かわいらしい社のようですが、森の中で、神秘的です…うっ…福岡に行きたい!博多湾を走り回って、「しばらく」のWチャーシューが食べたい!!…取り乱しました。
二見岩の真上に仏頂山(元宝満)がありますね。すぐ右が宝満山ですね。
最後の写真も感動的です。きれいだなぁ…
Commented by lunabura at 2014-12-23 19:13
島や半島から見える景色は陸からよりも距離的に近く見え、人々の営みの変化も感じられるだろうと思いました。
金印が何でこんな田舎にという発言する人もありますが、それは知らないからですね。
現地に立つと、政治的にも志賀島は重要拠点ということが肌で分かります。
お蔭で山の名前を覚えて、いっそう楽しいです^^
Commented by インドラ at 2014-12-24 23:56 x
lunaさん、行っていただいたのですね。 カシミール3Dを見ると日の出はたしかに仏頂山付近からのようですが、無料のプラネタリウムソフトのStellarium(精度は必ずしも高いと思いませんが)を使って1500年とか2000年前の冬至の日の出を調べると、歳差の関係で若干ですが宝満山に近いところから昇るようです。 宗像高宮のひもろぎや、沖ノ島の岩上祭祀を考えると当時から神社があったとは考えにくく宝満山のイワクラはどうにも気になるところです。
Commented by lunabura at 2014-12-26 20:24
インドラさんのコメントから思いがけず深い考証となりつつあります。
Stellarium 英語なんですね。
ダウンロードが見つからなかったので、後日トライします。
弥生時代前期など考えると、宝満山山頂は無視できないですね。
磐座祭祀はいつかはものにしたいと思いますが、やはり祭祀線から割り出すのが一番いいかもしれませんね。
(宗像大社高宮のひもろぎは昭和に創作されたもので、遺跡としては土器が出たという所だそうです)
Commented by インドラ at 2014-12-26 22:32 x
stellariumは日本語でも大丈夫です。 ホームページの一番上にペンギンやリンゴなどのマークがあります。 リナックスでもマックでもウインドウズ32、64でもそれぞれに対応しています。 とても美しい星空が見えます。 もちろん無料です。

http://www.stellarium.org/ja/
Commented by lunabura at 2014-12-26 23:29
そうなんですね。
やってみます ^^
Commented by インドラ at 2014-12-28 10:25 x
stellariumについてもう一言。
このソフトは多くの人の善意で作られており、各国の団体等も支援しているので、市販の天文ソフトとは違う利点もあります。
カーソルを画面の左に持ってゆくと設定用のアイコンがあります。 設定の中に「星の文化」と言うタイトルがあってデフォルトでは西洋になっています。 これを中国や韓国等々に変えた上で画面下の星座名や星座絵をクリックする事が出来ます。 時計のアイコンで現在過去未来の任意の時間を設定。 古文書に参宿に歳星がかかったとか書かれていれば再現が可能です。 儺の国の星拾遺を考察される時に役立つかも知れませんね。
Commented by lunabura at 2014-12-28 19:40
導入を検討していたソフトよりも利便性がありそうですね。
ありがとうございます^^
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30