ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

(4)「なかて」はメイポールと同起源



(4)「なかて」はメイポールと同起源


「なかて」とは「神を先導する器」というテーマで書き続けていますが、まーりんさんからもコメントをいただきました。

「神を先導する」「紅白を巻いた竿」で、女神フライアに関係するといえば、メイポールがどうしても思い浮びます。
メイポールは世界軸または世界樹を模しているとも言われているそうです(wikiなど)。

いまどきのメイポールはカラフルなようですが、『メイポールは通常は白、よくあるのはさらに赤と青(red, blue)のストライプに塗られている』。

また、その周りを男女が『赤、白そして青のリボン』の端を持って踊りながら回ることで、リボンはポールに複雑なパターンを織り上げながら巻き付く。(The English Village: History and Traditions 著者: Martin Wainwright)


これを読んで福岡女学院のメイポールダンスを思い出しました。
youtubeを見ると、なるほど、紅白のリボンをダンスをしながらポールに巻いています。


c0222861_2195164.jpg

画像出典https://www.youtube.com/watch?v=ZPNQfLbXcss

これを見て思ったんですが、もし、「なかて」を作るとしたら、二人でそれぞれ紅と白の布を持ってぐるぐる回るのが一番合理的なんですね。始まりはそんな形だったのかもしれません。

のちにヨーロッパでは春の祭典としてリボンの数が増え、ダンスが加わって複雑化しながら発展していったみたいですね。


c0222861_21101217.jpg

ウィキペディアより イギリス



c0222861_21103842.jpg

画像出典 株式会社SPI あ・える倶楽部 篠塚千弘の「にこにこ日記」



春の女神フライヤの色は赤となったり、白となったり。冬の神も民族によって異なったりしています。それでも共通するのは春の祭典であること。



そして、Fさんから、メールが!

「福岡県筑紫野市山家の宝満宮で催される神楽。岩戸神楽なのに磯羅が出てきて、赤と青の玉も出てきます。https://www.youtube.com/watch?v=ea8X7hn5G_4
 この磯羅の持ち物が赤と白の「なかて」風なのです。ちょっと面白かったのでご報告まで。」



c0222861_21113286.jpg

画像出典https://www.youtube.com/watch?v=ea8X7hn5G_4

YOUTUBEを見ると、磯良は白装束なのですぐに分かりますね!その手には確かに「なかて」が。\(◎o◎)/!

これが古式を伝えているとしたら、意外にも「なかて」はハンディなサイズでした。もっと大きなものを想像していましたから。


宗像大菩薩が振ったのは「なかて」の方みたいですね!


そして、「なかて」は北欧から発して東西に広がり、サイズを変えながら地球を一周した♪







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-12-17 17:42 | 宗像大社・むなかた・宗像市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/23746277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー