ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

鞍手古道


鞍手古道


今日は雨でしたが、鞍手の神功道の確認に行って来ました。
Furutsukiさんの御案内です。今日確認した神功道は虫生津から古門神社まで。

ガイドブックなら上巻18古物神社に登場するルートですが、想定ルートに寄り添うように古代道が伝わっていました。

その地形一つ一つに意味があり、伝承が伝わっている!感動しました。
今日は写真を整理しただけですが、後日紹介します。

るな的には、鳥栖の物部氏と市杵島姫の関わりを書いている最中に、このタイミングでもう一つの物部の里、鞍手の地を踏むことに驚いています。鞍手もまた三女神の降臨を伝える六ケ嶽(むつがたけ)があるからです。

しかも、ニギハヤヒと市杵島姫の関わりの解読がようやく出来たタイミング。




鞍手には神功道と太閤道の二つの古道がありました。
c0222861_0151089.jpg

これがその交差点。不思議な地形でしょ。
古代史の宝庫、鞍手!

この地が日本の歴史にどれほと影響を与えていることか!
しかも、地形がかなり残っているという貴重性。
ここもまた総合的な研究が待たれるところでした。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-04-11 00:16 | 古代の筑紫あれこれ | Comments(9)
Commented by のら at 2015-04-11 00:46 x
ほー、神功皇后の道と太閤道は別物なんですか?
同じ道だと思ってました。

今年に入って宮若から宗像に抜ける道を一本変えたら六ヶ嶽とか手書きの看板の古墳群とかに出たので新なご縁を感じました!

続きを楽しみにしてます!
Commented by lunabura at 2015-04-11 22:57
のらさん、鞍手の古道のこと御存じだったんですね。
鞍手の里山探訪さんが、調査してブログにUPしてあるので、それと神功道と突き合わせてみようと思っています。
Commented by のら at 2015-04-12 05:48 x
おはようございます?るなさん。

私もつい先日知ったばかりです。
宮若のHPかな?
確かこちら↓↓↓
http://fuji.pro.tok2.com/index.html#3

素人の行き当たりばったりには役場系のHPは助かります。
そしてるなさんの此処も大助かりなページの1つです\(^o^)/
Commented by furutsuki at 2015-04-12 13:14 x
貝原瑞軒の「続筑前風土紀」に「道筋は蘆屋より鞍手古門へ行、
それより南の嶺(たうげ)を越えて、四郎丸、倉久へ下り...」と
書かれていたのですね。知りませんでした。

先日は、神功道が主題だったので、太閤道については、交差する
ことをお伝えするに留まりましたが、古門の太閤道については、
他にもいろいろと聞いています。

数名の方から聞いた話を総合すると、今の鞍手クリニックの辺り
から浪内の集落の方へ向かい、今の豊翔館(天満宮があった)の所
で補給、松隈を抜けて道中(旧道の方)を通ったということです。
なお、天満宮は今、古物神社に合祀されています。
Commented by lunabura at 2015-04-12 20:46
のらさん、furutsukiさん、コメントありがとうございます。
若宮のHPは面白いですね。
太閤道探しもまた面白いことになりそうです。
少しずつ教えてくださいませ^^
Commented by furutsuki at 2015-04-17 12:08 x
誤記がありました(失礼しました. 寝ぼけていたようです)
誤) 貝原 瑞軒「続筑前風土紀」
正) 貝原 益軒「筑前国続風土記」

「筑前国続風土記」、中村学園アーカイブで読めるんですね。
http://www.nakamura-u.ac.jp/library/kaibara/archive05/
便利な時代になりましたね。
Commented by lunabura at 2015-04-17 22:56
あ、当方にもよく有る事です(^_^;)
中村学園の、時々お世話になっています。
国会図書館のも含めて、居ながらにしていろいろ助かっています。
Commented by furutsuki at 2015-08-16 15:27 x
るなさん こんにちは。先般ご案内した鞍手町古門古野谷の布留神社跡とその上の龍神社跡ですが、雨降りということもあって直接跡地にわけ入れなかったので、現在の様子が気になっていました。別途入手した1975年頃の航空写真でそこが茶色く映っていましたので、当時を知る人何人かにその写真を見せて訊いてまわりましたところ、どうもそこは昭和47年からの鉱害復旧工事に伴う土砂採取場にされて破壊されてしまったようです。とても残念なことです。そういえば、昭和47年くらいから土砂採取場で出たという2~4mサイズの巨石が30~40個くらい古門口交差点脇の空地に10年くらい置かれていました。また現在の航空写真と比較すると、すぐ近くの古門松ヶ元の前方後円墳も消失してしまっていました。重ね重ね残念なことです。
Commented by lunabura at 2015-08-16 22:47
2~4mサイズの巨石ですか (@_@;)
古墳の石材でしょうか。
無残!

鞍手の考古学的な歴史を資料館で講義してくれないかな、と思いました。
全体の流れがまずは知りたいですね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31