ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

新聞切り抜きー弥生時代


新聞切り抜きー弥生時代編―



『宮地嶽神社と筑紫君磐井の末裔たち』、とりあえず、脱稿しました。
この言葉、何度目でしょうか (^_^;)


さて、今日は頭脳労働から離れたいので肉体労働を、と真っ先にやったのが窓ふきです。
毎朝、最初に開ける窓をきれいにしました。
これで良い風が入りますように~ ^^


古代史からも離れてと思って、車の点検を待つ間の暇つぶしに、新聞の切り抜きの整理をしました。やっぱり、古代史が沢山 (*^^)v


新聞の切り抜きって、ジャンル分けしないと、いざ必要な時に全く訳に立ちませんよね。探す事って、必要以上にエネルギーをロスします。

ラベルが貼れるってことは、理解していることと同じだなとよく思います。未分類のときって、やはり無理解な状態ですもん。

で、考古学的なもので九州のものに絞ると、けっこう面白いものが出土していました。


今日は、弥生時代を紹介します^^ 四つだけですが。

1 紀元前2世紀ごろ(弥生時代中期前半) 春日市 須玖タカウタ遺跡
多紐細文鏡の鋳型


鋳型ですぞ!!! 
鋳型片のサイズは5.1×2.5厚さ2.3センチ。重さ39グラム。滑石。

多紐細文鏡(たちゅうさいもんきょう)といえば朝鮮半島製と言われますが、その根拠が示されず、専門家に尋ねると、出土数が半島の方が多いからと説明する方もあって、納得いかなかったけど、日本で鋳型の一部が見つかりました。

出土数うんぬんに関しては、未発掘の遺跡が沢山あるし、科学的根拠にならないと思います。

出土した場所は須玖岡本遺跡の西約200mだそうです。
ここは弥生のハイテクランド。
昨年はここから有柄式銅剣の石製鋳型や、銅戈の土製鋳型が出土しています。

タイトル、見直して下さい!その鋳型片は「紀元前」のものなんです!

銅の道がここから豊の国まで続いています。
この鋳型の時代から数百年後、神功皇后はこの道を通って周防灘に抜けました。
(『神功皇后伝承を歩く下巻』86番「綱分八幡宮」にちらりと書いてます)

どんだけ古い (/・ω・)/ .



2 紀元50~250年(弥生時代後期) 鳥栖市藤木町 藤木遺跡(ふじのき)
ボタンの鋳型


青銅製のボタン状の飾り金具とみられる「銅釦」(どうこう)の石製鋳型が出土しています。


弥生時代にボタンです!

ここは環濠集落で、銅釦1点、矢尻の銅鏃2点、腕輪の銅釧(どうくしろ)1点の鋳型も発掘されています。

鳥栖市ですから、田代のハイテクランドの近くかな。また地図で調べないと…。
弥生時代のファッションが貫頭衣だけではない根拠となりますね。





3 紀元1~3世紀頃(弥生時代後期)壱岐市 カラカミ遺跡
鉄の地上炉跡


炉の大きさは直径約80センチ。同様のものは朝鮮半島で見られるそうです。

半島などで使われなくなった鉄製品を輸入して炉で溶かして加工したとみられると書いてありますが、精錬炉跡の可能性もあるとも書かれています。

精錬炉が国内で始まったのは6世紀以降とするのが定説と書かれています。これが精錬炉と確認されると定説が覆ることになります。(熊本、無視されています)


カラカミ遺跡は「原の辻遺跡」から約6キロ北西。一支国を構成するエリアだそうです。

「使われなくなった鉄製品を輸入した」というのは如何でしょうか。
何か変。
古代って、鉄はすごく貴重品。古い鉄は輸出するより、地元で再利用しそうだけど。
鉄鋌(てってい)を輸入するなんて発想はないのかなあ。




4 弥生時代後期後半 のろし通信網 「東九州―北部九州通信ネットワーク」


九州大分自動車道に重なるように弥生時代後期後半の高地性集落が発掘されていて、そこで溝やのろし跡が見つかっています。

白岩遺跡(大分県玖珠町)、若杉遺跡(同湯布院町)、西ノ迫遺跡(福岡県杷木町)


c0222861_2234798.jpg


これって、ちょうど邪馬台国の時代。
井上悦文氏の唱える邪馬台国の配下の国々のエリアに重なってますね。

現代の高速道路のデザイナーと弥生時代の狼煙台のデザイナーの注目するラインが同じだというのは大変興味深いです。

弥生時代に存在した狼煙ネットワーク!

『日本書紀』に書かれた烽火の記事を「天智天皇が初めて烽火を作った」と解釈してはいけないと言う、るなの根拠がこれです。天智天皇は整備したに過ぎないと思います。

ノロシの情報量ですが、相島の江戸時代の話を過去記事で紹介しています。

台風のために相島で61名が遭難して大変な時、壱岐から朝鮮通信使の一行を乗せた船が「今から出港する」という狼煙を上げたのを見て、困ったという話です。

烽火はいろんな意味を伝えられて、すごい速さで伝わるんですね。


以上、新聞切り抜きの一部を感想を交えつつ紹介しました。

ようやく平常モードです。( ´艸`) 辛口~。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-05-29 22:04 | <遺跡・史跡> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/24182544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HIKO at 2015-06-01 16:34 x
数年前NHKで、古代の官道と駅家(うまや)の特集をやっていました。全国的に現代の高速道路とルートがほぼ一致するということが触れられていました。東九州道のインターチェンジの工事現場だったか、官道を通すために立ち退きを強いられたと思われる住居跡なんかも見つかっていましたね。都市計画の考え方って昔も今も変わらないというのが面白いです。
Commented by lunabura at 2015-06-01 22:19
そうですね。
私もその番組見ました。本も出ていたような。
馬でもかなりのスピードで情報が伝わっていましたね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30