ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

脇巫女 8 ジングウコウゴウ


脇巫女 8
 WAKIMIKO
ジングウコウゴウ

 
<ジングウコウゴウは「もののべ」に守られ戦いへ・・・>

星読は、ヤマトタケルや神功皇后の時代がさっぱり分からないという。

それは当然のことだ。
有識者が「それは神話だ」「実在しない」と決めつけて
研究をすることから逃げて来たためだ。

しかし、当事者である九州にはおびただしい記憶が残っている。
その光と影、トラウマを明らかにする必要があるのだ。
それが今なのだと思う。

大地に刻みこまれた記憶を明らかにすることで、
謎が解ける人もきっといるだろう。



さて、ヤマトタケルと神功皇后は関わりが深い。

ヤマトタケルは神功皇后にとっては舅(しゅうと)に当たる人だ。
ヤマトタケルの子供が仲哀(ちゅうあい)天皇。
この天皇に嫁いだのが神功皇后だ。


ヤマトタケルの時代、鞍手においては、行宮を立てて歓待し、
ヤマトタケルが武内宿禰とともに戦いに出立したのを見送った。
それから数年経って、ヤマトタケルはここに凱旋した。

さらに数年経って、ヤマトタケルは死んだ。

その記憶もまだ新しい頃、その子が天皇となって皇后を伴ってやって来た。
このときも武内宿禰が同行していた。

武内宿禰が軍勢を自由に動かせたのは、本人が物部氏だったからだ。


仲哀天皇の足跡を確認しよう。

仲哀天皇が下関の豊浦宮から都を遷すとき、直接香椎宮へ向かわずに、
いったん遠賀川流域を遡り、中間市の島(埴生)に停泊している。

そこを拠点として飯塚(撃鼓神社)や田川(鏡山大神社)に
祭祀や武器調達や出兵の依頼や確認に行ったと考えている。

当時、遠賀川流域の船運を司るのは岡族・遠賀族だ。

町誌によると、鞍手族は広い意味でこの岡族に属していたという。

思いがけず、町誌に「鞍手族」という単語が使われていた。
今、考察中の「星読みの民」=「鞍手族」(國栖)と、
町誌の「鞍手族」とではニュアンスがかなり違う。
町誌の場合は「物部氏を含んだ、鞍手在住の各族全体」というニュアンスだ。

「鞍手族」(國栖)という名称をどうしようか。
これは変えねばならなくなるかもしれない。
本来の「星読みの民」と書くのが間違いがないのかもしれない。


さて、鞍手の問題を考える時、遠賀川流域全体も視野に入れる必要がある。

仲哀天皇やヤマトタケルを支援した遠賀川流域の氏族の名を
思い出すまま書いてみよう。

香月氏、物部氏、岡族(熊鰐)、安曇族、住吉族。

夏羽も支援者だったが、のちに殺される。
夏羽は景行天皇の子か孫ではないかという気がしてならない。

田原麻瑠は田川から神功皇后の遠征に参加し、
凱旋後は皇后の出産の宮を警護した。
その時に担当して持っていた白旗を大事に田川に持ち帰っている。

ヤマトタケルの孫の種日子王(香月氏)もまた神功皇后に従軍した。



この地方は古代氏族の名が具体的に残っていることに驚嘆する。


天皇と皇后は島にあったヤマトタケルゆかりの剣神社に参拝して、
虫生津(むしょうづ)という古代湊から上陸した。

古物神社に宿泊し、神崎神社経由で白山嶺を越えて宮若市に向かった。

この時代の鞍手の物部氏は新北(にぎた)物部が中心である。



神功皇后の話は語り出すときりがない。
ほどほどで三番目の託宣の解釈を終わりにしよう。
星読は次々に続きを書いている。

この先はいよいよ、星読の世界を描き出すことになる。

                      (つづく)






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-11-22 23:59 | 「脇巫女」 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/24971120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-11-23 00:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-23 12:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2015-11-23 14:01
非公開1さん、楽しみにしています。
非公開2さん、大丈夫ですよ。過去記事でもどんどんコメントください。その方が楽しいです♪
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30